ライフスタイル

一人バーベキューの魅力|ソロBBQ向きコンパクトなグリルや道具は?

2018年08月19日更新
一人バーベキューの魅力|ソロBBQ向きコンパクトなグリルや道具は?

一人バーベキュー(BBQ)の魅力は? 好きな時に好きな場所で気軽に楽しめる一バーベキュー(BBQ)! Instagram 大勢でするバーベキューはワイワイと賑やかで楽しいですが、みんなの予定を合わせて時間を合わせたり、場所の計画をする必要がありますよね。

一人バーベキュー(BBQ)はメンバーが自分だけなので、思いたったらすぐにバーベキューができます。

時間も場所もすべて自由に決められるのが、一人バーベキューの一番の魅力! 一人バーベキュー(BBQ)はコンパクトな道具で身軽にできる Instagram バーベキューってさまざまな道具を準備しないといけないので大変、荷物が多くなるからちょっと面倒、などという方も多いでしょう。

一人バーベキュー(BBQ)は道具も一人分でいいのでコンパクトですみます。

また、どの場所でやるのかによって、持っていく道具を必要最低限にすることもできます。

一人バーベキューにおすすめのコンパクトなコンロやグリル10選! CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)七輪「炭焼き名人万能水」 Amazonで詳細を見る CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)七輪「炭焼き名人万能水」は、軽くて持ち運びも簡単で女性一人でのバーベキュー(BBQ)にもおススメです。

網のほかにゴトクもついているので鍋での調理も可能、炭の下に水を入れるスペースがある水冷式なので断熱性も高く、底や本体の外側が熱くなりません。

<重量:3.1 kg、網:275×275mm> Weber(ウェーバー)バーベキューコンロ Amazonで詳細を見る 「Weber(ウェーバー)バーベキューコンロ」は、フタを使えば火加減も調整でき、集めの焼肉やスモーク料理も楽しむことができます。

分厚い鋼鉄にホーロー加工されていて耐久性もあり、本体底に灰落とし穴があって手を汚さずに後片付けもできます。

見た目も機能性も優れたコンロです。

<重量:3.5kg、網:直径370mm> Iwatani(イワタニ)カセットガス式網焼き「炉ばた大将炙家」 Amazonで詳細を見る 「Iwatani(イワタニ)カセットガス式網焼き”炉ばた大将炙家”」は、バーベキュー(BBQ)をするのに炭の準備や後片付けがちょっと面倒という方におススメ!カセットボンベ1つでバーベキュー(BBQ)を楽しめるコンロです。

食材に直接火が当たらないようになっているので、ゆっくり中まで火を通すことができます。

<重量:2.2kg、:幅395×奥行き198×高さ117mm> QCJGバーベキューコンロ折り畳み式 Amazonで詳細を見る 「QCJGバーベキューコンロ折り畳み式」は、折り畳むとコンパクトになり持ち運びにも収納にも便利です。

ステンレス板も厚くしっかりしていて、鉄板を置いてもしっかり安定してくれます。

正規品は3年間品質保証があり安心して使えます。

<重量:2.0kg、:幅325×奥行き215×高さ150mm、(収納時:幅325×奥行215×高さ20mm)> DOD(ディーオーディー)BBQグリル「秘密のグリルちゃん」 Amazonで詳細を見る 「DOD(ディーオーディー)BBQグリル”秘密のグリルちゃん”」は、折り畳むとポケットに入るくらいコンパクトに収納できとても軽い!シンプルな作りのグリルなので後片付けもしやすいです。

メッシュの焚き火網は耐熱1000度、焚火台としても使えるのでソロキャンプにもおススメ!<重量:590g、網:幅240×240mm、(収納時:幅300×奥行き70×高さ50mm)> BBQコンロ焚火台コンパクトグリルブラック折り畳み開閉式 Amazonで詳細を見る 「BBQコンロ焚火台コンパクトグリルブラック折り畳み開閉式」は、使い終わったら閉じて折りたたむだけ!折りたたむと炭をいれる部分が内側になるので汚れもあまり気にせずにすみます。

網と炭の距離もある程度あるので、火加減も比較的調整しやすいです。

初心者にもおススメ。

<重量:2.6kg、網:295×460mm、(収納時:240m×460mm)> CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)バーベキューコンロ1台3役 Amazonで詳細を見る 「CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)バーベキューコンロ1台3役」は、一人バーベキュー(BBQ)には少し大きめかもしれませんが、折りたたむと厚さ6cm程までコンパクトになります。

40cmくらいの薪も入ります。

機能性重視の方も満足いただけるでしょう。

網を外せば焚火台になります。

<重量:2.0kg、網:285×255mm、(収納時:幅300×奥行265×高さ220mm)> Conterior(コンテリア)屋外バーベキューコンロ Amazonで詳細を見る 「Conterior(コンテリア)屋外バーベキューコンロ」は、鉄筋コンクリート製で丈夫で長持ち、シンプルな作りのコンロです。

片付けをせず屋外にそのまま置いておくこともできるので、バルコニーでの一人バーベキューのために常設しておくのもいいですね。

風穴もあり火がおこしやすいのも嬉しい!<重量:29.0kg、網:約265×500mm> FIELDOORバーベキューコンロバーベキューグリル Amazonで詳細を見る 「FIELDOORバーベキューコンロバーベキューグリル」は、一人バーベキュー(BBQ)に少し大きめかもしれませんが、10人までの対応も可。

左右どちらにもスライドができ、途中で炭を足したり火加減を調節したりするのにとても便利!高さも調整できるので、場所によって使い分けてみてください。

<重量:5.2kg、幅660×奥行き320×高さ340/710mm> LOTUSGRILL(ロータスグリル)無煙炭火バーベキューコンロ Amazonで詳細を見る 「LOTUSGRILL(ロータスグリル)無煙炭火バーベキューコンロ」は、煙が気になるから場所を選ばないとバーベキューができない、そんな方におススメです。

食材の油などが炭に付かないような作りなので煙が少なくすみ、自宅の庭はもちろん屋内でも使用できます。

グリルの内部に電池で動くファンがあり炭に空気を送り込むので着火もスピーディー!<重量:3.7 Kg、網:直径370mm> バーベキューコンロはダイソーやセリアなどで購入できる100円グッズで自分で気軽に作ることもできます。

挑戦してみたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

一人バーベキューでコンロ以外の必須の道具は? 火をおこすための道具 Instagram バーベキュー(BBQ)の手順として一番重要なのが火起こしです。

うっかりライターやマッチなどを忘れてしまうということがないように、手際よく準備を進めるためにも火起こしのための道具はきちんと揃えておきましょう。

炭が不要なコンロやグリルを選べば、バーベキューの道具をもっとコンパクトにすることもできますね。

火起こしのために必要な道具 軍手 炭 炭バサミ うちわなど(炭に空気を送るため) ライター、マッチなど 着火剤(あると便利) バーベキューに必要な炭は自分で作ることができます。

一斗缶を使って炭を作る方法を、こちらの記事で紹介しています。

興味のある方は是非参考にしてみてください。

調理するための道具 Instagram 食材を切ったり調理をする時に必要な道具や調味料などは、細々したものが多いので忘れないよう準備しましょう。

ただしバーベキュー(BBQ)の道具を少なくしたいなら、あらかじめ食材を切るなど下ごしらえをしておくのもよいですね。

調理をするのに必要な道具 まな板、包丁 トング、菜箸、串など アルミホイル、キッチンペーパー 油、水、調味料など 食材を保存するための道具 Instagram 肉や魚介類、野菜など保冷が必要なデリケートな食材を使うときには保存に注意しましょう。

特に夏場は屋外の気温も高くなるので保冷剤は必須です!また、余った食材を使いきれず、持ち帰ることになった時のためにも、タッパーなどのフタ付の容器もあるといいですね。

食材を保存するのに必要な道具 保冷剤 クーラーボックス ジップロック、タッパーなどの容器 食べる場所をつくるための道具・一人分のスペースを作れればOK! Instagram バーベキュー(BBQ)の時間をリラックスして楽しむために、食べる場所を快適にするアイテムは必要です。

場所によってはテーブルや椅子が使えない場合も多いので、レジャーシートは必ずあると便利です。

食べる場所を快適にする野に必要な道具 レジャーシート テーブル、椅子(折り畳みができるものを選びましょう) 後片付けのための道具 Instagram バーベキュー(BBQ)の後はきちんと後片付けしましょう。

次回に気持ちよくバーベキューをするために、グリルやコンロなど道具の掃除をすることも大切です。

バーベキューをするのに選ぶ場所としたところに洗い場がある場合は、洗剤やスポンジも準備しておくといいですね。

後片付け・掃除のために必要な道具 ゴミ袋 洗剤・スポンジ(洗い場所がある場合に必要) ウェットティッシュ 忘れないで!虫除け対策のための道具 Instagram バーベキュー(BBQ)は屋外ですることが多いので、蚊などが気になりバーベキューを楽しめないのは残念ですよね。

虫除けスプレーや蚊取り線香など、虫除け対策の道具は忘れないようにしましょう!ハーブなどの植物を使った虫除けについて、こちらの記事で紹介しています。

うっかり忘れてしまった時に参考にしてください。

一人バーベキューをするのにあると便利な道具は? 幅広いグリルメニューを楽しむために鉄板があると便利 Amazonで詳細を見る 網で焼肉や串焼きは十分に調理できますが、バーベキュー中級者以上の方はぜひ鉄板にも挑戦してみてください。

鉄板は保温性が高いので、焼肉をするなら、外はカリッ中はジューシーに出来上がります。

また、焼きそばやお好み焼などもでき、調理の幅も広がります。

後片付けの時は焦げが残らないよう気を付けましょう。

これで苦労なし!一人でもストレスなく火起こしできる便利な道具 Amazonで詳細を見る Amazonで詳細を見る バーベキュー(BBQ)するならまず火起こしですが、これが一番苦手という方も多いでしょう。

筆者もバーベキューはよくしますが、火起こしがうまくいかないこともしばしばありました。

でも安心してください!簡単に火を起こすことができるさまざまな道具があるので、ぜひ活用して気楽にバーベキューを楽しみましょう。

バーベキュー道具一式を運ぶ道具・一人だとたくさんの荷物を運ぶのも大変! Amazonで詳細を見る Amazonで詳細を見る 一人バーベキュー(BBQ)の道具はコンパクトで済みますが、揃える道具がいくつかあるのでまとめて収納したり、持ち運べたら便利ですよね。

キャリーカートの場合は、バーベキュー以外の時にも使えるので1台あるとおススメです。

一人バーベキューを楽しめる場所は? 一人のソロキャンプでのんびりバーベキュー(BBQ)をする Instagram 一人バーベキュー(BBQ)をするなら、一人でするキャンプ(ソロキャンプ)も一緒に楽しんでしまいましょう!キャンプ場ならバーベキューに必要な設備が揃っていることも多いので、手ぶらでバーベキューも叶いますね。

おすすめのキャンプ場について、こちらの記事で紹介しています。

参考にしてみてください。

ふらりと近所で実現・公園で一人バーベキュー(BBQ)をする Instagram バーベキュー(BBQ)が可能なエリアのある公園も最近よく見かけます。

突然に閃いた一人バーベキューで、ソロキャンプはできないけど、アウトドアの雰囲気を味わうために「バーベキューはやっぱり屋外でしたい!」「自然の多い場所でバーベキューをしたい!」などという場合には公園がおススメです。

海辺やビーチでのソロキャンプで一人バーベキュー(BBQ)をする Instagram 海辺でのバーベキュー(BBQ)のおススメの季節は秋!筆者は湘南エリアに住んでいて四季を通して海を観察していますが、秋の海辺はまだ水温も日差しもほんのり暖かく穏やかです。

長めの時間ゆっくり時間を過ごすなら秋の暖かな日差しの下でのバーベキューやするのがおススメ。

海ならではの海鮮にも挑戦してみてください。

コンパクトグリルを使えば便利・山や川で一人バーベキュー(BBQ)をする Instagram 海水浴場などはここ最近バーベキュー(BBQ)禁止の場所も増えています。

その点山や川は比較的場所を選ばずにすみ、キャンプ場なども多いのでソロキャンプ初心者の方の場合も安心して利用できます。

登山やハイキングのついでにバーベキューを楽しみたいなら、道具は軽くて小さくなるものを選びましょう。

自宅のバルコニーや庭先の場所を使ってソロキャンプの雰囲気を楽しむ Instagram ソロキャンプはまだちょっと抵抗があるという方でも、自宅のバルコニーや庭で気軽にできてしまうのが、一人バーベキュー(BBQ)のメリットのひとつ。

いつもの食事がアウトドアの時間に早変わり!ただし、煙や匂いが気になる場合は、調理する食材や道具を選ぶ必要があるので注意です。

自宅にウッドデッキがある方は、こちらの記事を参考にして、一人バーベキュー(BBQ)を楽しんでみてください。

ソロキャンプもいいけれど、自宅でおしゃれにグランピング風バーベキューもおしゃれですね! 一人バーベキュー(BBQ)をもっと楽しむための方法は? 食材を楽しむ・焼肉の食材もいつもより贅沢に選んでみましょう! Instagram 食材の量も少なく済むので、いつもよりちょっとだけバーベキュー(BBQ)の食材にお金をかけてみるのもいいですね。

カキを焼いてみたり、ワンランク上の肉で焼肉をしてみるのも贅沢な楽しみ方です。

お酒を楽しむ・好きなお酒で自分だけの特別な時間を過ごしてみましょう! Instagram バーベキュー(BBQ)にはお酒は欠かせないものの一つでしょう。

ワイン、焼酎、ビール、ウイスキー、日本酒など、食材に合わせてお酒を選ぶのも楽しいです。

一人バーベキューなので、いつものバーベキューで飲むお酒よりも質の高いお酒でゆっくりした時間を過ごしてみましょう。

音楽を楽しむ・好きな音楽があれば自分だけの空間がより輝きます! Instagram 大勢でバーベキュー(BBQ)をする時は、おしゃべりがBGMになることがほとんどですよね。

誰かが一緒だど、つい話すことに夢中になります。

一人でバーベキューをする時には、自分の好きな音楽をかけてみませんか? テーブルセットを楽しむ・道具を機能性以外でも選んでみて! Instagram テーブルクロスや食器など、テーブル周りのものにこだわってみるのも一人バーベキュー(BBQ)だからできること!グリルやコンロなど、バーベキューは外で使う物なのでどうしても使いやすさを重視しますよね。

一人なら少し特別なテーブルセットを使って、贅沢な一人バーベキューを楽しみましょう。

お気に入りの場所やソロキャンプで一人バーベキュー(BBQ)を楽しもう! 音楽や食材などいつものバーベキューとは違う自分だけの特別なものを選んで、より一人で過ごす時間を充実させてみてください。

グリルやコンロ、その他一人バーベキュー(BBQ)やソロキャンプに必要な道具は、意外と簡単に揃えることができます。

ぜひ一度気軽に挑戦してみてくださいね。

キーワード

  • バーベキュー
  • BBQ
  • 道具
  • 一人バーベキュー
  • 場所
  • 食材
  • グリル
  • 一人
  • ソロキャンプ
  • コンロ
  • 重量
  • 便利
  • 後片付け