メイク

【眉メイクのお悩み解決】ナチュラルなのに時間が経っても落ちにくい!眉メイク方法をご紹介《ケイト・イプサ・ダイソー》

2018年08月21日更新
【眉メイクのお悩み解決】ナチュラルなのに時間が経っても落ちにくい!眉メイク方法をご紹介《ケイト・イプサ・ダイソー》

眉はメイクの印象を決める大事なポイント。

眉を描くときと描かないときでは、メイク全体の印象が違うと感じる方も多いのではないしょうか。

しかしせっかく描いた眉も、夕方には皮脂や汗でにじんでしまうということも。

そんなメイクのお悩みを解決してくれる「時間が経っても落ちにくい眉の描き方」をご紹介します! 眉で顔の印象が変わる! ナチュラルメイク アイブロウ 眉メイク 下がり眉や上がり眉、平行眉など、眉の形次第で顔の印象は変わっていきます。

自眉だけで理想の眉に近づけるのは難しい。

そんな時味方になってくれるのがアイブロウアイテム。

アイブロウペンシルやアイブロウパウダーを使って、毛がない部分に描き足すだけで、理想的な眉に近づくことができます。

眉で顔全体のバランスをとる ナチュラルメイク アイブロウ 眉メイク また眉には、顔全体のバランスを取ってくれる役割もあります。

キリッとしたクールメイクの時は、眉山をしっかり作ってあげることで、メイク全体のバランスが整います。

反対にナチュラルメイクの時は、眉の形も優しくふんわりと仕上げることで、メイク全体に統一感が生まれます。

皮脂や汗で落ちやすい しかし眉メイクは皮脂や汗で落ちやすく、せっかく綺麗に描いても、いつの間にか落ちてしまっていたなんてことも。

特に眉を薄くしていたりカットしている方は、眉メイクがいつの間にか消えていたというのは、極力避けたいですよね。

そんな眉メイクのお悩みを解決してくれる「ナチュラルなのに、時間が経っても落ちにくい!眉メイク方法」をご紹介します♪ 用意するアイテムは4つ ナチュラルメイク アイブロウ 眉メイク 用意するアイテムは、アイブロウペンシル、アイブロウパウダー、アイブロウコート、アイブロウマスカラの4つです。

今回は、・ケイト アイブロウペンシルN BR-3・イプサ アイブロウクリエイティブパレット・ダイソー エバビレーナアイブロウコート・ケイト アイブロウカラーN BR-1これら4つを使っていきます。

アイブロウペンシルで型取り ナチュラルメイク アイブロウ 眉メイク ケイト アイブロウペンシル ではさっそく、眉メイク方法をご紹介!まずは、アイブロウペンシルで眉の形を取っていきます。

ナチュラルメイク アイブロウ 眉メイク 黒目の延長線上から、眉尻に向かって描いていきましょう。

ポイントは眉頭を避けること。

眉頭もアイブロウペンシルで描いてしまうと野暮ったい印象になってしまいます。

アイブロウパウダーで隙間を埋める ナチュラルメイク アイブロウ 眉メイク イプサ アイブロウパウダー 次にアイブロウパウダーで眉の隙間を埋めていきます。

アイブロウパウダーは1色を眉全体に付けるのではなく、眉頭・眉山・眉尻で付ける色を変えていきます。

そうすることで、より自然で立体的な眉を作ることができます。

眉頭・眉山・眉尻ってどこ? ナチュラルメイク アイブロウ 眉メイク 眉頭とは、小鼻の延長線上にあたる眉が始まる部分のことをいいます。

眉山は、眉の一番高い部分のこと。

通常、黒目の外側から白目の外側の間にくるのが理想と言われています。

そして眉尻は、眉が終わる部分のことを指します。

アイブロウパウダーの使い方 まず、パレットの中間色を眉山中心に付けていきます。

次に、一番濃い色を眉尻に付けていきます。

最後に、一番薄い色を眉頭にささっと馴染ませるように優しく付けていきます。

なぜアイブロウペンシルとアイブロウパウダーを使い分けるの? アイブロウペンシルとアイブロウパウダーを使い分ける必要はあるの?どちらか一つだけでも良いんじゃないの?と思われる方もいるのではないでしょうか?しかしこの使い分けもとっても大切なんです。

アイブロウパウダーよりアイブロウペンシルの方が、細かいところまで描きやすいと同時に、肌にしっかり密着します。

かといってアイブロウペンシルのみで眉を描いてしまうと、眉全体が同じ色になり、立体感がなくなります。

なので、アイブロウペンシルとアイブロウパウダーを使い分けることで、よりナチュラルで綺麗な眉を描くことができるんです。

今回のメイクの重要ポイント! ナチュラルメイク アイブロウ 眉メイク アイブロウコート ダイソー 次に今回の眉メイクの重要ポイントとなる、アイブロウコートを使っていきます。

アイブロウコートとは? アイブロウコートとは、眉メイクの最後にさっと塗って乾かすだけで、綺麗な眉を一日キープしてくれるという優れもの。

水や汗にも強いので、眉メイクが崩れやすいという方にとってもオススメです。

アイブロウコートの使い方 ナチュラルメイク アイブロウ 眉メイク アイブロウコートの使い方はとっても簡単。

眉メイクの最後にさっと塗って乾かすだけ。

これだけで、1日中綺麗な眉をキープすることができます。

アイブロウマスカラで眉カラーチェンジ ナチュラルメイク アイブロウ 眉メイク ケイト アイブロウマスカラ 最後にアイブロウマスカラで眉に色を付けていきます。

アイブロウマスカラはアイブロウコートの前ではなく後に使うことがポイント。

アイブロウコートの前に使ってしまうと、眉の立体感が出にくくなります。

眉マスカラの使い方 ナチュラルメイク アイブロウ 眉メイク まず毛流れに逆らって、眉尻から眉頭に向かって付けていきます。

今度は反対に、眉頭から眉尻に向かって毛流れを整えるように付けていきます。

最後に、眉頭を上に立てるように流れを作ってあげることで、眉の立体感もアップしますよ♡ ナチュラルで落ちにくい眉♡ ナチュラルメイク アイブロウ 眉メイク 落ちにくい いかがでしたか?ナチュラルなのに落ちにくい眉メイク♡この方法で眉メイクをすると、1日中お直しいらずなので、メイク直しの時短にも繋がります。

あなたも、ナチュラルなのに落ちにくい眉をゲットしちゃいましょう♪

キーワード

  • 眉メイク
  • アイブロウ
  • ナチュラルメイク
  • アイブロウペンシル
  • アイブロウパウダー
  • メイク
  • アイブロウコート
  • 眉頭
  • ナチュラル
  • 眉尻
  • アイブロウマスカラ
  • 眉山
  • ケイト
  • 使い方