ヘアスタイル

黒髪インナーカラー19選|赤や紫などバレないおすすめのポイントカラー

2018年08月22日更新
黒髪インナーカラー19選|赤や紫などバレないおすすめのポイントカラー

黒髪インナーカラーの魅力とは? 派手になりすぎない Instagram 黒髪インナーカラーの最大の魅力は、派手な色を使ってもやんちゃになりすぎないところです。

黒髪自体が他人に清楚で上品な印象を与えるため、多少目立つ色を使っても悪目立ちする心配はありません。

もちろん、全く目立たないわけではありませんが、茶髪や金髪など他のベースカラーと合わせるよりは大人しい雰囲気に仕上がります。

それでも、しっかりインナーカラーの存在感は出るので、おしゃれなヘアスタイルにしたい人にもおすすめですよ。

さり気なくおしゃれをアピールできる Instagram 黒髪インナーカラーは、全体的に控えめな印象になるので、さり気なくおしゃれポイントを織り交ぜたいときに最適なヘアアレンジです。

サラッと髪がなびいたタイミングでインナーカラーが見えると、普通に表面にカラーを入れているときよりもぐっとおしゃれ度が増しますよ。

このように、さり気ない大人なインナーカラーは、以下の記事に詳しく載っていますよ。

黒髪に合う色もたくさんあるので、ぜひチェックしてみてください。

地毛のままでもおしゃれヘアーが作れる Instagram 黒髪インナーカラーは、地毛の色で一部分だけ染色すれば良いので、髪の健康という点でも魅力的なアレンジ術です。

他のベース色は一度髪の毛全体を染髪してからインナーカラーを施すしかありませんが、黒髪ならベースに足すだけなので時間も費用も節約できます。

また、他の髪色のようにベースの色が落ちてしまうこともないので、髪の毛全体を染め直す手間も省くことが出来ます。

地毛はブリーチをしていないので染まりにくいですが、その分自然な発色になりますよ。

バレない目立たない黒髪インナーカラー6選 バレない・目立たない黒髪インナーカラー①青 Instagram バレない・目立たない黒髪インナーカラーの1つ目は、青です。

暗色系の青は、同じく暗い髪色の黒に上手く溶け込むインナーカラーです。

もちろん、完全にバレない・目立たないカラーというわけではありませんが、数あるインナーカラーの中では目立ちにくい色です。

よりバレないインナーカラーにしたいときは、紺色に近い青にするのがおすすめですよ。

ネイビー系にすることで、青系インナーカラーが楽しめるだけではなく黒髪全体がブルージュ系の髪色になったかのように見えます。

バレない・目立たない黒髪インナーカラー②紫 Instagram 青と同じく暗めの紫も、バレない・目立たない黒髪インナーカラーの一つです。

紫の場合は赤系のカラーなので青よりもやや目立ちますが、それでも原色に近い赤よりは黒髪にスッと馴染みますよ。

黒髪に紫のインナーカラーを合わせると、まるでロックスターのようなかっこ可愛い雰囲気になります。

それでもインナーカラーなので、パンクさが薄れて街中も堂々と歩けるおしゃれヘアーに仕上がります。

バレない・目立たない黒髪インナーカラー③グレー Instagram バレない・目立たない黒髪インナーカラーの3つ目は、グレーです。

「黒髪にグレーを合わせると白髪みたいになりそう」と不安に思うかもしれませんが、インナーカラーなので老けて見えることはありませんよ。

それでも白髪っぽさが気になるようであれば、やや濃いめのグレーがおすすめです。

濃い色にすればするほど目立たないインナーカラーになるので、仕事でもおしゃれヘアーを楽しみたい人は、ダークグレー系にすると良いかもしれませんね。

バレない・目立たない黒髪インナーカラー④赤 Instagram 意外にも、赤は黒髪と合わせるとバレない髪色になります。

もちろん、あまりにも広範囲に染めていると目立ちますが、ポイントカラーとしてちょこっと色があるくらいでは目立ちません。

それどころか、黒髪をより深みのある色に見せてくれます。

明るい白系の色が混じった赤だと目立つので、ボルドーやワインレッド系の濃い赤をチョイスしましょう。

ロングヘアとショートヘアでは全く異なる印象になるので、色々な髪の長さで取り入れてみてくださいね。

バレない・目立たない黒髪インナーカラー⑤グレージュ Instagram バレない・目立たない黒髪インナーカラーの5つ目は、グレージュです。

グレージュとは、グレーとベージュを掛け合わせたややくすみのあるグレーヘアーのことを指します。

近年人気が高まっているこのグレージュカラーは、バレない・目立たないとしてインナーカラーとしての評判も上々です。

パッと見ではほぼ黒髪と変わりませんが、よく見ると微かにグレー味が混じっているのが分かります。

それくらい黒髪にマッチするインナーカラーなので、染める範囲が広くても目立ちにくいのが特徴です。

バレない・目立たない黒髪インナーカラー⑥ゴールド Instagram 意外に思うかもしれませんが、ゴールドも黒髪に合わせると目立ちにくいインナーカラーです。

金色の場合、バレないという点で言うと色が薄めのほうがおすすめです。

色が薄いほうがグレーのようなカラーになるので、より黒髪に馴染むようになります。

この他のバレない・目立たないインナーカラーやバレにくい髪型に関しては、以下の記事を参考にしてみましょう。

インナーカラーの上手な入れ方や目立たないヘアアレンジなど情報が盛りだくさんです。

おすすめインナーカラー!ポイントカラー7選 おすすめインナー・ポイントカラー①赤紫 Instagram 赤紫は、黒髪に合わせるとロックでかっこいい印象になるインナーカラーです。

インナーカラーとして赤紫を使えば、黒髪と合わせても毒々しい髪型にはなりません。

ちょっとしたポイントカラーとして赤紫を取り入れることで、黒髪の地味になりがちな見た目が一気に豪華になりますよ。

赤紫は原色の赤に近いカラーでも良いですが、よりナチュラルに仕上げたい場合はピンクに近い赤紫のほうがおすすめです。

赤紫のインナーカラーは、ボブやショートヘアが可愛らしく見えますよ。

おすすめインナー・ポイントカラー②ピンク Instagram インナーカラーのピンクは赤紫にも似ていますが、それよりもフェミニンで柔らかい印象になるのが特徴です。

特に色の薄いオレンジ系のピンクは、黒髪の重たい雰囲気を軽くしてくれる効果がありますよ。

色の薄いサーモンピンク系のカラーは黒髪では染まりにくいので、インナーカラーやポイントカラーを入れる前にしっかりブリーチして色を落としましょう。

髪全体をブリーチすると黒髪も傷んでしまうので、インナーカラーを入れる部分だけにしましょうね。

おすすめインナー・ポイントカラー③水色 Instagram 水色は青系のカラーですが、明るめなのでインパクトのあるポイントカラーにもなります。

特に黒髪と合わせると、暗さと明るさのコントラストが可愛い特徴的なヘアカラーになるのでおすすめですよ。

画像を見ても分かりますが、チラっと見えるだけなのに思わず目を引きつけられる迫力がありますよね? 水色のインナーカラーは、短い髪型だと少女っぽく、ロングヘアーだと大人っぽく見えるカラーです。

爽やかさが出るので、夏に染めるヘアカラーとしても良いかもしれませんね。

おすすめインナー・ポイントカラー④緑 Instagram 緑は、今最も勢いのあるポイントカラーの一つと言えます。

他のインナーカラーと比べても、とりわけ黒髪系のベース色との組み合わせが多く、グラデーションカラーとしても人気です。

黒髪との合わせ方は、ミント系よりも深緑系のほうがおすすめですよ。

緑系の髪色があまり想像できないという人は、以下の記事を見てから髪色を決めましょう。

暗い髪色と合わせたときの緑の印象がよく分かりますよ。

おすすめインナー・ポイントカラー⑤黄色 Instagram 黒髪に黄色を組み合わせると、意外にもおしゃれなインナーカラーヘアになります。

危険色という印象の強いコンビですが、髪色として取り入れるとそのイメージが嘘のように前衛的な印象になりますよ。

それでも派手さが気になるという人は、ポイントカラーとして毛先にちょこっと黄色を足せば目立たないのでおすすめです。

上級者になると前髪に黄色を入れていたりするので、気になる人は試してみてくださいね。

おすすめインナー・ポイントカラー⑥ダブルカラー Instagram 最近では、1色だけではなく2色取り入れるダブルインナーカラーがメジャーになってきました。

ダブルインナーカラーは2色になった分見た目のインパクトも強くなりますが、おしゃれな雰囲気もぐっと増します。

ポイントカラー初心者という人は、「ピンクと白」、「青と紫」というように、似た色の組み合わせから始めてみましょう。

慣れてきたら、色々なインナーカラーの組み合わせに挑戦してみてくださいね。

おすすめインナー・ポイントカラー⑦カラフル Instagram 3色以上の色を使ったカラフルなインナーカラーは、まさに上級者向けのインナーカラーです。

画像を見ただけだと、インパクト大で浮いてしまいそうに思うかもしれません。

しかし、黒髪で隠せば、意外にも目立たないカラーになります。

このインナーカラーのやり方は、似た色同士のトリプルカラー、グラデーション、レインボーカラーなど自分好みのヘアカラーが作れるのが魅力です。

暗い髪色のほうが色味がはっきりと出るので、ぜひ黒髪でカラフルに染めてみましょう。

インナーカラーを生かした黒髪ヘアアレンジ6選 インナーカラーを生かした黒髪ヘアアレンジ①パーマ Instagram インナーカラーを生かした最も手軽に出来る黒髪アレンジと言えば、パーマです。

パーマにして髪の毛に隙間を作りインナーカラーをチラ見せすることで、ストレートよりもインナーカラーが目立つおしゃれヘアになりますよ。

インナーカラーの色は何でも良いですが、ゴールドやグレージュ系のカラーにすると、それがハイライトのような見た目になり目立ちにくいのでおすすめです。

インナーカラーを生かした黒髪ヘアアレンジ②お団子 Instagram インナーカラーの髪と普通の髪色が混ざり合ったお団子ヘアは、一風変わったヘアアレンジとして人気です。

アレンジの仕方は色々ありますが、おすすめは画像のように髪を上げた部分にインナーカラーが見えるやり方です。

あえて後ろから見たときにおしゃれに見せるのが面白いですよね? インナーカラーを強調させるなら、お団子は高めのほうがおすすめですよ。

そうとは言っても、なかなかきれいなお団子ヘアを作るのは難しいですよね?以下の記事には簡単にお団子ヘアが作れる方法が載っているので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

インナーカラーを生かした黒髪ヘアアレンジ③フィッシュボーン Instagram 編み込みを一本のポニーテールにしたフィッシュボーンも、インナーカラーの黒髪ヘアアレンジとしておすすめです。

上記2つのアレンジよりはやや難度が上がりますが、インナーカラーをより効果的に使うことが出来ますよ。

自分でフィッシュボーンを作るのは難しいので、やる場合は誰かほかの人に頼んでアレンジしてもらいましょう。

完璧にきっちり編み込まなくても、軽く巻いたポニーテールでも可愛く仕上がりますよ。

インナーカラーを生かした黒髪ヘアアレンジ④編み込み Instagram フィッシュボーンが難しいようであれば、普通の編み込みヘアでもおしゃれになります。

編み込みにも色々なやり方がありますが、ヘアアレンジに慣れていない人は画像のようにサイドの編み込みをまとめる方法から始めてみましょう。

編み込みヘアに慣れてきたら、徐々にギブソンタックやフィッシュボーンにも挑戦してみてくださいね。

初歩的な編み込みは以下の記事がとても参考になるので、手順を確認しながら練習してみましょう。

インナーカラーを生かした黒髪ヘアアレンジ⑤ウェットヘア Instagram 最近話題のウェットヘアも、インナーカラーを上手く生かした黒髪ヘアアレンジにおすすめです。

ウェットヘアとは、実際に髪の毛を濡らしたスタイルではなく、ワックスなどの整髪剤を使ってウェット感を出した髪型を言います。

ウェットヘアにすれば、普通のサラサラヘアよりもインナーカラーがきれいに発色します。

また、ウェットヘアは黒髪と合わせると大人っぽくなるので、赤やピンク系でも子供っぽくならないのが特徴です。

インナーカラーを生かした黒髪ヘアアレンジ⑥ツインテール Instagram インナーカラーを取り入れれば、幼く見えがちな黒髪のツインテールも大人可愛く変身します。

「もうツインテールが出来る年齢じゃないし」と控えめな人でも、インナーカラーのやや奇抜なツインテールなら手が出しやすいですよね?髪の毛を少し巻くと、ストレートよりも一般受けする髪型になりますよ。

インナーカラーで黒髪におしゃれをプラス! 青や紫といった暗色系以外にも、グレーやゴールドも見方によっては黒髪と合わせて目立たないインナーカラーになります。

青や赤などの定番カラーから、緑やレインボーといった流行りのカラーまで、色々なインナーカラーを取り入れて黒髪をおしゃれに可愛くアレンジしましょう!

キーワード

  • インナーカラー
  • 黒髪
  • 黒髪インナーカラー
  • バレ
  • 黒髪ヘアアレンジ
  • インナー・ポイントカラー
  • ポイントカラー
  • 髪色
  • グレー
  • 赤紫
  • アレンジ
  • フィッシュボーン
  • 編み込み