恋愛

彼氏との結婚に迷いがある原因5つ|悩む時の対処法ややめる決断材料も

2018年08月22日更新
彼氏との結婚に迷いがある原因5つ|悩む時の対処法ややめる決断材料も

結婚に迷いがある理由・原因5つ 結婚に迷いがある理由・原因①:彼氏の収入が不安定 結婚に迷いがある理由1つ目は、彼氏の収入が不安定なことです。

家庭を築いていくためには、ある程度のお金が必要です。

特に男性は、一家の大黒柱として家族を養うのが一般的であるため、収入が不安定だと結婚に迷いが生じるのも無理はありません。

結婚すれば「いつ頃家を建てるか」「子供は何人欲しいか」など、将来設計も考えなくてはなりません。

その時必ずついて回るのが、お金です。

旦那の給料が安定しなければ、結婚生活の計画を立てることができません。

結婚に迷いがある理由・原因②:彼氏を好きかわからない 結婚に迷いがある理由2つ目は、彼氏を好きかわからないです。

「誰もいなくて寂しいから彼氏と付き合っている」「私を好いてくれるから付き合ってる」など、彼氏に対してハッキリした気持ちがわからないままズルズルと付き合っている彼女も珍しくありません。

恋人関係のままなら何とか気持ちを誤魔化せても、結婚となればそうはいきません。

好きかどうかわからない相手と、衣食住を共にしたり子供をつくることに抵抗を感じる人もいるでしょう。

また、好きかどうかわからない場合「もっと他に良い男性が現れるかも」と考え、なかなか結婚に踏み込めません。

結婚に迷いがある理由・原因③:彼氏が浮気性 結婚に迷いがある理由3つ目は、彼氏が浮気性なことです。

「好みの女性がいるとすぐに声を掛ける」「浮気した過去がある」など、浮気性な彼氏は結婚に向いているとは思えません。

このようなタイプは、妻が妊娠中にも浮気をしたり、夫婦ケンカの腹いせに浮気をする心配があります。

下記にある浮気性な人の特徴と照らし合わせて参考にしてみましょう。

結婚に迷いがある理由・原因④:彼氏の家族とそりが合わない 結婚に迷いがある理由4つ目は、彼氏の家族とそりが合わないことです。

交際している間は、彼氏との相性が良ければうまくいくでしょう。

しかし結婚となれば、彼氏の両親や兄弟、さらには兄弟が結婚していれば、その家族とも付き合っていかなければなりません。

彼氏の両親や兄弟たちと会った時に、何となく歓迎されていない感じを受けたり、会話が噛み合わないなど違和感がある場合、結婚を迷う大きな原因になるでしょう。

結婚に迷いがある理由・原因⑤:彼氏とのケンカが絶えない 結婚に迷いがある理由5つ目は、彼氏とのケンカが絶えないことです。

いくら好き同士でも、何かにつけて二人の意見が衝突しケンカばかりしているカップルも珍しくありません。

交際中でさえケンカが絶えないのに、結婚して生活を共にすることで、お互いの気に入らない部分がさらに気になるのは目に見えています。

せっかく結婚しても、ケンカばかりですぐに離婚する羽目になりかねません。

彼氏との結婚に迷いがある時に考えるべきこと6つ 彼氏との結婚に迷いがある時に考えるべきこと①:結婚しても仕事を続けるか 結婚に迷いがある時に考えるべきこと1つ目は、結婚しても仕事を続けるかどうかです。

前述したように、彼氏の収入が不安定な場合には、結婚後も旦那の給料を当てにできませんよね。

そうなればあなたも働くことになるため、専業主婦を希望している人にとっては不満に感じるでしょう。

また逆に、彼氏の方が彼女に専業主婦になって欲しいと望むケースもあります。

その場合には、キッパリ仕事を辞めて主婦に専念できるのか考えておく必要があります。

彼氏との結婚に迷いがある時に考えるべきこと②:彼氏を失っても平気か 結婚に迷いがある時に考えるべきこと2つ目は、彼氏を失っても平気かどうかです。

特に、彼氏を好きかわからない人は、彼氏の存在がどのくらい必要なのか冷静に考える必要があります。

結婚をしない場合、彼とは別れなければならないかもしれません。

彼との別れを想像しても平気ならば、結婚するべきではありません。

しかし、彼氏と離れることなど考えられずこの先も一緒に居たいと感じたならば、思い切って結婚に踏み込んでも良いでしょう。

彼氏との結婚に迷いがある時に考えるべきこと③:旦那として信用できるか 結婚に迷いがある時に考えるべきこと3つ目は、旦那として信用できるかです。

結婚生活には夫婦の信頼関係が大切です。

「彼氏の浮気を疑って、行動を詮索してしまう」「彼氏の金遣いが荒く、家計が破綻しそう」など、彼氏の行動に不審感を抱いたまま結婚しても悩むことばかりで苦労が目に見えています。

彼氏との結婚に迷いがある時に考えるべきこと④:親よりも彼女の味方か 結婚に迷いがある時に考えるべきこと4つ目は、親よりも彼女の味方かどうかです。

親を大事にする気持ちは必要ですが、どんな時でもあなたよりも親の味方をするような男性は要注意です。

このタイプの男性は、あなたの意見は聞き入れず親の言うことがすべて正しいと判断します。

また、彼氏の親があなたに嫌なことをしても、彼氏は決してあなたを庇ってはくれません。

このまま結婚しても、あなただけが孤立する可能性もあるため、結婚は避けた方が無難です。

彼氏との結婚に迷いがある時に考えるべきこと⑤:きちんと話し合えるか 結婚に迷いがある時に考えるべきこと5つ目は、きちんと話し合えるかです。

ごみ捨てや掃除などの家事分担や、財布の管理はどちらがするかといった話を面倒がらずに聞き入れる男性は結婚後も協力的でしょう。

また、ケンカした時や意見が食い違った時などに、しっかり話合い和解しようとする姿勢が見れるかも重要です。

下の記事と照らし合わせ、参考にしてください。

彼氏との結婚に迷いがある時に考えるべきこと⑥:彼氏の短所を許せるか 結婚に迷いがある時に考えるべきこと6つ目は、彼氏の短所を許せるかどうかです。

「彼氏の優柔不断なところにイライラする」「私の料理にいちいちケチをつける」など、彼氏に対して不満を抱えている人もたくさんいます。

そんな彼氏に不満を持ちつつも「まぁいっか」「仕方ないな」と嫌な部分も許せるならば、結婚しても上手くいきやすいでしょう。

逆に、常に彼の短所が頭から離れず、彼へのイライラが収まらない場合には結婚はおすすめできません。

結婚をやめる決断をしてもいいパターン・事例5つ 結婚をやめる決断をしてもいいパターン・事例①:彼氏に借金がある 結婚をやめる決断をしてもいいパターン1つ目は、彼氏に借金がある場合です。

普通、欲しい物があってもお金がなければ、買うのを我慢するか貯金が貯まるまで待ちますよね。

しかし、このタイプの人は、我慢できずに借金をしてでも手に入れようとします。

多くの場合、何度も借金を繰り返し、莫大な金額の返済に追われることになります。

いくら周囲が注意しても、聞く耳を持ちません。

仮に「二度としない」と誓っても、しばらくするとまた借金を繰り返すケースがほとんどです。

そのため、結婚前に借金が発覚したならば別れた方が身のためです。

結婚をやめる決断をしてもいいパターン・事例②:彼氏がDV・モラハラする 結婚をやめる決断をしていいパターン2つ目は、彼氏がDV・モラハラな場合です。

普段から彼女を見下すような発言が多かったり、気に入らないことがあると暴力を振るうような男性とは、結婚はもちろん、恋人関係もすぐに解消するべきです。

このタイプの男性と交際を続けていても、何一ついいことはありません。

下記にある、別れた方がいい彼氏の特徴20選を参考に、あなたの彼氏にも当てはまる特徴があるか確認してみましょう。

結婚をやめる決断をしてもいいパターン・事例③:浮気癖が直らない 結婚をやめる決断をしてもいいパターン3つ目は、浮気癖が直らない場合です。

借金と同様に、浮気をする人は何度も繰り返す傾向にあります。

「結婚して旦那になれば、浮気もおさまるかも」「子供ができれば浮気しなくなるのでは」と、期待して結婚する人もいますが、多くの場合は結婚後も浮気をくり返す人がほとんどです。

浮気をされても許せる人ならば結婚しても良いでしょう。

しかし、実際は浮気をされて悩むのが目に見えています。

旦那の浮気が本気になり離婚になる可能性も捨てきれません。

それならば、初めから結婚せずに別れを選んだ方が無難でしょう。

結婚をやめる決断をしてもいいパターン・事例④:彼女を介護要員と見ている 結婚をやめる決断をしてもいいパターン4つ目は、彼女を介護要員として見ている場合です。

「将来は同居して親の介護をして欲しい」「嫁は旦那の親の介護をするのが当たり前だ」と、彼氏や彼氏の両親があなたを当然のように介護要員としているならば結婚は考え直した方が良いでしょう。

たしかに、旦那の親も自分の親同様に大事にすることは必要です。

しかし、結婚したからと言って嫁の考えや都合も考えず、一方的に介護を押しつけようとするのは時代錯誤と言えます。

こういった親は、嫁との同居も当然と思っているため、結婚当初から同居を迫られる恐れもあります。

更にこのケースの場合、彼氏も親の言いなりなことが多く、あなたの意見を聞いてもらえない可能性も高いでしょう。

ゆくゆく介護になるのは、時と場合によっては必要かもしれません。

しかし、初めから介護要員として見られる結婚ならば絶対にやめるべきです。

結婚をやめる決断をしてもいいパターン・事例⑤:彼氏の親や兄弟が意地悪 結婚をやめる決断をしてもいいパターン5つ目は、彼氏の親や兄弟らが意地悪な場合です。

彼氏の両親をはじめ、小姑や彼氏の兄弟の結婚相手、甥や姪など、結婚するにあたり親戚が一気に増えます。

その中には、あなたを良く思わず、つれない態度をとる人もいるかもしれません。

直接いびられるのはもちろんですが、皮肉めいたことを言われたりまったく視線を合わせてもらえないなど、意地悪をしてくる人が親族にいる場合、親戚付き合いにも悩むことになります。

結婚すれば、嫌でも義親や義兄弟らと顔を合わせなければなりません。

いくら夫婦仲が良くても、周囲のせいでケンカが絶えなくなり離婚に追いやられた人も多くいます。

そうならないためにも、結婚はおすすめできません。

好きかわからない!結婚に迷い&悩む人に贈る名言は? 好きかわからない!結婚に迷い&悩む人に贈る名言①:倉橋由美子さんの名言 結婚の問題は、なによりも「生活」の問題です。

それはかならずしも愛を条件とはしません。

倉橋由美子(日本の女性作家 / 1935~2005) 引用元:名言+Quotes 好きかわからない!結婚に迷い&悩む人に贈る名言1つめは、日本の作家・倉橋由美子さんの言葉です。

結婚は生活することであり、かならずしも愛が必要とは限らないと書かれています。

「彼氏を好きかわからないけれど、この人となら安定した家庭を築けそう」と思える相手ならば結婚を考えても良いかもしれませんね。

好きかわからない!結婚に迷い&悩む人に贈る名言②:モンテーニュ 美貌や愛欲によって結ばれた結婚ほど、早く紛争を起こして失敗するものはない。

結婚には、一定して変ることのないしっかりとした土台と、堅実にして慎重な行動が必要である。

沸き立つような歓喜は、何の役にも立たない。

モンテーニュ(フランスの哲学者、モラリスト / 1533~1592) 引用元:名言+Quotes 好きかわからない!結婚に迷い&悩む人に贈る名言2つ目は、フランスの哲学者・モンテーニュさんの言葉です。

結婚相手を外見だけで選んだり、好きという気持ちだけで選んでは失敗しやすいと言えます。

彼氏がしっかり家庭を築ける堅実さがあるかどうか、人間性を見極めることが必要なのでしょう。

旦那になった彼氏をイメージしてみよう 彼氏との結婚に迷いや悩む原因や、その対処法と判断材料を紹介しましたがいかがでしたか?好きかわからない人や迷いや不安がある人は、旦那になった彼氏をイメージすることで、彼氏が結婚相手に相応しい男性かどうか判断しやすくなるでしょう。

キーワード

  • 結婚
  • 彼氏
  • 浮気
  • 決断
  • 理由
  • 旦那
  • ケンカ
  • 借金
  • パターン
  • 名言
  • 事例
  • パターン・
  • 兄弟
  • 介護