恋愛

最近急に彼氏が冷たい態度になった理由と心理8選|彼女の対処法は?

2018年08月23日更新
最近急に彼氏が冷たい態度になった理由と心理8選|彼女の対処法は?

最近急に彼氏が冷たい態度になった理由4選 最近急に彼氏が冷たい態度になった理由①気持ちが冷めた 最近急に彼氏が冷たい態度になった理としては、恋愛に対する気持ちが冷めたということが挙げられます。

何をきっかけにそうなってしまったのかはそのカップルの状況によるかもしれませんが、男性と女性の心は往々にしてすれ違うものです。

また付き合う前に想像していた理想と現実のギャップもあるのかもしれません。

恋愛を続けて行く中でお互いの気持ちがすれ違い、その恋愛に対する気持ちが冷めてしまったという部分はあるのかもしれません。

けれども、彼が冷たくなったというのは相対的な感じ方であり、もしかしたら付き合う前は無理にテンションを上げていて、今の彼が素の彼なのかもしれません。

そうであれば問題はないでしょう。

最近急に彼氏が冷たい態度になった理由②別れたい 最近急に彼氏が冷たい態度になった理由としては、彼氏が別れたいと思っている可能性があります。

彼氏の性格によっては中々別れを切り出すことが出来ないということもあります。

また、別れる気持ちはなくても「いつ別れてもいい」と、割り切りながら付き合っている可能性もあります。

恋愛の温度感の共有は難しいものです。

彼氏が冷たくなったと感じる内容が「私に興味を示さなくなった」「私に対してつらく当たるようになった」というような感じ方であれば、彼氏は別れたいと思っている可能性が高いかもしれません。

彼氏が冷たくするのは「自分を振ってほしい」という気持ちの表れである可能性が高い状況と言えるでしょう。

最近急に彼氏が冷たい態度になった理由③余裕がない 最近急に彼氏が冷たい態度になった理由としては、彼氏側に余裕がないという状況が挙げられます。

彼氏側の仕事が急に忙しくなり、中々会う時間や電話をする時間が取りづらくなったという可能性は往々にしてあるでしょう。

理由を言ってくれれば少しは安心するのですが、理由を説明する余裕がない状況も十分にあり得ます。

この場合うまくいかなくなる危険性があるのが、彼氏が今だけ余裕がない状態で冷たく感じているのに、女性側が強硬に「何で私に冷たいの?」と迫るような場合です。

自分が余裕を持てない状況で女性からそういう迫られ方をすると、男性側の気持ちがすっかり冷めてしまう可能性が高くなります。

彼氏側が忙しくて余裕がなくなるという状況に思い当たる節があれば、まずはそっとしておいてあげた方がいいのかもしれません。

状況としては決していいとは言えませんが、元の状態に戻る可能性は十分に残されている状況であると言えるでしょう。

まずは一旦、自分の気持ちを落ち着けることが大切です。

最近急に彼氏が冷たい態度になった理由④彼女との関係に飽きた 最近急に彼氏が冷たい態度になった理由として、彼女との関係に飽きたということが挙げられます。

男性の方が移り気な傾向がありますので、単純に飽きている懸念があります。

ちなみに彼氏に大事にされていないと感じる状況については、様々なシチュエーションがありますので、下記の関連記事も参考にしてみてください。

最近急に彼氏が冷たい態度になった心理4選 最近急に彼氏が冷たい態度になった心理①距離を置きたい 最近急に彼氏が冷たい態度になった心理として距離を置きたいということが挙げられます。

彼氏側にもいろいろと理由があるのかもしれませんが、距離を置きたいと思っている可能性があります。

そのため、彼氏が冷たいと感じた時にあなたが彼氏へのコンタクトを取りすぎると、逆にもっと避けられる結果になるかもしれません。

彼氏が冷たいと感じたら、一旦距離を置いて見て反応を観察してもいいかもしれません。

そうすることで、よりお互いが付き合いやすい距離感が分かって関係性がより深くなったり、観察することで彼氏が冷たくなった他の原因が分かるかもしれません。

彼氏が冷たいと感じたら一度距離を置いてみてはいかがでしょうか。

最近急に彼氏が冷たい態度になった心理②彼女への関心が薄れている 最近急に彼氏が冷たい態度になった心理として彼女への関心が薄れているということが挙げられます。

これは決して悪い意味合いだけではありません。

とても甘えん坊な女性側と、大人としてある程度ベタベタし過ぎない付き合いをしたい彼氏側の距離感の違いが明確になっているだけで、愛が薄れている訳ではないかもしれません。

その場合は話をする時間をとっていくことで実は彼氏側の思いとこちら側の思いを合わせていけばむしろ長く付き合える関係になっていくのですが、一方で彼女側への関心が薄れている可能性もあります。

その場合は彼氏側からの連絡が極端に減るかなくなることでしょう。

直接、何で彼氏から連絡しないのか聞いてみましょう。

彼氏が冷たくなった背景として彼女への関心が薄れたと感じる場合も、それが彼氏の恋愛のスタイルだという可能性も疑うようにしてみましょう。

どんな場合も恋は熱しやすく冷めやすいものです。

そのため、そのスピードも男女で差が付いてくる状況も少なくないので、長い関係を望むならしっかり合わせていく努力をしましょう。

最近急に彼氏が冷たい態度になった心理③面倒臭い 最近急に彼氏が冷たい態度になった心理として、面倒臭いということが挙げられます。

一般的に女性よりも男性の方が移り気です。

彼氏が恋愛に一番の重きを置きたい時期から、それが他のものに変わって、今までと同じスタンスで恋愛に力を入れるのが面倒臭くなっている可能性があります。

やはり恋愛は始まった時が一番熱くいい意味でも悪い意味でも冷めてくる時期が必ずあります。

あなた側としては彼氏が冷たく感じた時に何とか彼氏と心をすり合わせて行こうと努力をするのか、その彼氏とはこれ以上の関係継続は無理なのかを判断する時期なのかもしれません。

冷たくなる原因は彼自身にある可能性もあります。

最近急に彼氏が冷たい態度になった心理④イライラしている 最近急に彼氏が冷たい態度になった心理として、イライラしているということが挙げられます。

男性には2種類のスタンスがあって、仕事のことも何でも話をする人と、仕事のことは恋人に話をせず、恋愛と仕事は完全に分けるタイプの人に分かれます。

あなたの彼氏が仕事の話をあまりしない人の場合は対応が必要かもしれません。

仕事の話を彼女にしないスタンスの場合、彼女側に仕事の状況があまり分からないため、イライラの原因が分からない可能性も高くなります。

また「仕事の調子はどう?」と聞くようにしていても「順調だよ」と、どんな時でも彼女には答えるようにする男性も少なくないものです。

彼氏がこういうタイプの人物の場合は、あなたに気付かれないような形でストレスを溜め、それが冷たくなったという形で出る可能性がありますので、あまり性急に彼氏に詰め寄るようなことはせずに、彼氏のペースに合わせて会うようにして、しっかり彼氏の話を聞いてあげるようにすると自然と元に戻ることも少なくありません。

【電話】彼氏が冷たいと感じる瞬間4選 【電話】彼氏が冷たいと感じる瞬間①声が低い 電話の対応で彼氏が冷たいと感じる瞬間は、声が低いと感じる時です。

やはり男性も女性もその時の心境が声のトーンに出ます。

女性の方がプライベートな時の声のトーンと余所行きの声のトーンが違うことが多いのですが、男性にもそういった傾向があり、声が低いということは逆にあなたに心を許している可能性もあります。

しかし、声が低くなっているということは、あなたから心が離れている可能性も決して否定はできませんので、声が低くなっている場合は一旦距離を置きつつも、彼と話をする機会を作りつつ、彼の話をしっかり聞くようにしましょう。

その中で対応策を講じるといい方向に進む可能性は高くなるでしょう。

【電話】彼氏が冷たいと感じる瞬間②返事がそっけない 電話の対応で彼氏が冷たいと感じる瞬間は返事がそっけない時です。

今までは彼女側が何か話をすると親身に返事をしてくれていたのにもそっけなさが増してくる場合というのが少なくありません。

ただしこれは一般的に女性よりも男性の方がそういう会話が面倒に感じる傾向にあるので、心が離れていることを示すとは限りません。

しかしながら、返事がそっけなくなるというのは、彼女側からしたら冷たく感じますしこれが、彼氏が彼女から心が離れているサインであることも示す可能性は決して低くはないのです。

特にこれば続くようだと心が離れている可能性が高いので、電話ではなく一緒にいる時にさりげなく返事がそっけないことを伝えてみましょう。

【電話】彼氏が冷たいと感じる瞬間③彼氏から電話して来ない 電話の対応で彼氏が冷たいと感じる瞬間は彼氏から電話して来ない時です。

基本的に付き合い始めた時から彼女側がずっとしている場合はもちろん問題がないことなのですが、彼氏側からも電話が来る状態だったのにその頻度が減っていたり、あるいは電話をしてくることが無くなっている場合は危険信号と言えます。

電話をして来る回数の減少は、その恋愛から気持ちが離れていることをダイレクトに示しているので、危機感を持った方がいいでしょう。

ただし、この可能性を否定できる状況としては、彼氏側が仕事で忙しくなっている場合です。

その場合はまた回数も戻るかと思いますので、状況をきちんと見極めることが大切です。

【電話】彼氏が冷たいと感じる瞬間④間が多い 電話の対応で彼氏が冷たいと感じる瞬間は、電話をしていて会話の間が多い時です。

元々口下手な彼氏であればこれでいいと思うのですが、元々会話が弾むことが多かったのに間が空くことが多くなったら危険信号です。

ただし、彼氏側のメンタルが落ち込んでいる場合もあります。

そのため、こういう傾向を感じた時に女性側からまくしたてるようにしゃべると逆効果になります。

彼女側は動揺を見せないようにして、会話を楽しんでいる空気感をしっかり出しながら、間を怖がらないで話をするようにしましょう。

これを続けるだけでいつの間にか冷たいと感じることがなくなっているかもしれません。

【LINE】彼氏が冷たいと感じる瞬間4選 【LINE】彼氏が冷たいと感じる瞬間①返事が遅い LINEの対応で彼氏が冷たいと感じる瞬間は、返事が遅い多い時です。

既読になっているのになかなか返事が来ない場合や、いつもは返事が早いのにあるタイミングを境に返事が遅くなるような場合は気持ちが冷めている可能性を疑った方がいいかもしれません。

電話の場合と違い、気になる場合はLINEのこちらからのメッセージで「最近返事遅いね。

忙しいのかな?」などとさり気なく送ってみるといいでしょう。

多くの男性はこういう送られ方をすると一旦は返事が早くなります。

そして、それが続かない場合は、何らかの危険信号と見た方がいいかもしれません。

ただし、LINEのようなテキストメッセージが面倒で嫌いだと思っている男性も少なくないので、そのあたりは彼氏とコミュニケーションを取っていきながら探っていくと良いでしょう。

【LINE】彼氏が冷たいと感じる瞬間②返事が常に短い LINEの対応で彼氏が冷たいと感じる瞬間は、返事が常に短い時です。

今までは長いメッセージも短いメッセージもあったのに、「何か長いメッセージがなくなって返事がそっけなくなったな」と感じたら危機感を持ちましょう。

ただしこの場合はその点にLINEメッセージでツッコむようなことはしない方が良いでしょう。

何故ならこの聞き方をすると、彼氏はあなたとのLINEが急激に面倒臭いと感じるようになるからです。

もしかしたら付き合い始めはあなたに対して気を遣って長い返事をしていただけかもしれません。

元々そういう人なのか、愛が冷めているのか、会って話をしながら見極めていくようにしましょう。

【LINE】彼氏が冷たいと感じる瞬間③既読にならない LINEの対応で彼氏が冷たいと感じる瞬間は既読にならない時です。

既読にならない場合、彼氏が忙しくてLINEの着信ごとに開いていられないという可能性もあります。

また当然恋愛に冷めている場合もあります。

既読にならないことを怒ったりせずに会った時に「すぐに見てくれないと寂しいな」等と切り出してみましょう。

【LINE】彼氏が冷たいと感じる瞬間④スタンプや絵文字の使い方の変化 LINEの対応で彼氏が冷たいと感じる瞬間はスタンプや絵文字の使い方の変化があった時です。

これは実際に私も感じたことがあるのですが、気持ちが冷めてきていると、今までスタンプや絵文字をたくさん使っていたのに、それがパタリと止まります。

面倒な場合もあるでしょうが、これは相当な危険信号です。

一旦自分自身もあまりスタンプや絵文字等を送らずに様子を見つつ、次に直接会った時に突っ込んでみましょう。

おそらく「実は絵文字やスタンプがあまり好きじゃない」と言われる可能性は高いですが、デートの話等を盛り込んでいきながら、彼氏の恋愛に対するモチベーションを図るようにするといいでしょう。

冷たい彼氏への対処法4選 冷たい彼氏への対処法①直接状況を聞いてみる 冷たい彼氏への対処法として、直接状況を聞いてみるということが挙げられます。

これをやる時の注意点としては、差し迫った感じで問い詰めるようなことはしないことです。

「どうしたの?」も、多すぎると彼氏が負担に感じるので、1回につき1つくらいにした方がいいです。

それよりかは「〇〇と一緒にいられない時間が寂しいな」とか「次に会えるのが本当に楽しみだね」という形で反応を見ていくところからはじめて、もう聞かないとどうしようもないなと思ったタイミングで、ダイレクトに質問を投げてみましょう。

冷たい彼氏の対処法②急に家に行ってみる 冷たい彼氏への対処法として、急に家に行ってみる方法があります。

これは彼氏が切れる可能性もあるので、慎重を期す必要があります。

「寂しかったから酔ってみたんだ。

忙しかったらゴメンね」などと言う形でもいいでしょうし、「今近くにいるんだけど、ちょっとだけ会いたい」という感じでもいいかと思います。

このアクションを起こすことで、浮気をしている場合はかなりの手がかりを得ることができるでしょう。

ただし相手からするとやり方を間違ってしまうと、自分のことを疑っていると感じるので、相手の負担にならないように、突撃訪問をどう実施するのかをしっかり練った方がいいでしょう。

冷たい彼氏への対処法③一方的に思っていることを伝える 冷たい彼氏への対処法として一方的に思っていることを伝えることが挙げられます。

これは差し迫った感じではなく「寂しいな」「もっとLINEのメッセージくれたら私いつもテンションあがっちゃう」などとポジティブな言い回しにすることは意識してください。

こういう伝え方なら相手も負担に感じることが少ないでしょう。

冷たい彼氏への対処法④プレゼントと手紙を送ってみる 冷たい彼氏への対処法として、プレゼントと手紙を送ってみるという方法があります。

これは気持ちが冷めている時にとても有効な手段になります。

何故なら会って話すことよりもLINEのメッセージよりも、手紙やプレゼントは形に残る重いものと感じるからです。

彼氏が自分の今までの態度にはっとなる可能背が期待できます。

冷たい彼氏の態度が戻ることはあるの?見極め方は? 一時的な要因なのか恋愛自体が終息しかけているのかを判断する 彼氏の態度が戻るかどうかは、一時的な要因なのか恋愛自体が終息しかけているのかを判断する必要があるでしょう。

忙しい、メンタルが下がってる等の一時的な要因だと分かれば、焦らずに時間を置くことが大切ですし、恋愛が終わりに向かっていると感じるのであれば、復縁に向けて何等かの手を打つべきでしょう。

適度な距離感が大切 彼氏が冷たいと感じたら、女性側としても一度適度な距離感を見極めて、距離を置くことが大切です。

彼氏の態度が冷たくなるのは恋愛の終わりを示している場合だけではなく、恋愛を続けて行く上で付き合い方を変えていかないといけないサインである可能性も含んでいるのです。

冷たい彼氏も心変わりする可能性は残されている 彼氏にもいろいろな状況が想定されますので、最近冷たい彼氏も心変わりする可能性は残されています。

まずは焦らずに彼氏の状況がそうさせているのか恋愛に対する心理的な部分がそうさせているのかを見極めて、必要な手を打つようにしていきましょう。

キーワード

  • 彼氏
  • 可能性
  • 最近
  • LINE
  • 電話
  • 状況
  • 返事
  • 恋愛
  • 理由
  • 対処法
  • 心理
  • 対応
  • 仕事
  • 余裕
  • スタンプ