美容

肌を綺麗にするには?高校生にも簡単な美肌になる保湿方法は?

2018年08月24日更新
肌を綺麗にするには?高校生にも簡単な美肌になる保湿方法は?

美肌とは? ニキビや乾燥などの肌トラブルのない肌 ニキビや乾燥、皮脂の過剰分泌などの肌トラブルに悩まされている方も多いでしょう。

そんな肌トラブルが起こっている肌は残念ながら美肌とは言えません。

まずは目に見えるような肌トラブルを改善する必要があるのです。

美肌とは健康的な肌 肌トラブルがない肌でも、血行が悪かったりくすんだりしていれば美肌とは言えません。

潤いがあり、血色の良い肌が美肌なのです。

また、肌のハリと弾力がないとしわやたるみの原因になります。

キメの細かさや潤い、ハリなど健康的な状態こそが美肌と呼べる状態といえるでしょう。

肌を綺麗にする簡単な方法【洗顔】 洗顔で肌を綺麗にする簡単な方法|水はぬるま湯を使用する 洗顔で肌を綺麗にする簡単な方法は、水はぬるま湯を使用するということです。

冷たい水を使うと毛穴閉じてしまうので、汚れをしっかり落とせず清潔な状態になりません。

逆に熱いお湯は肌に必要な皮脂を落としてしまいます。

さらに水蒸気と一緒に肌のうるおいまで逃げていくのです。

肌へのダメージとなり乾燥を引き起こすので、水は温度調節をしてから使用してください。

水は冷たすぎても熱すぎても肌の負担になってしまいます。

洗顔で肌を綺麗にする簡単な方法|たっぷり泡立てた泡で洗顔する 洗顔で肌を綺麗にする簡単な方法は、たっぷり泡立てた泡で洗顔するということです。

キメ細かな泡はクッションの役割を果たし、肌への摩擦や負担を軽減することもできます。

皮脂が多いという方や肌を綺麗にしたいという思いが強い方は洗顔に力が入ってしまうこともあるでしょう。

肌を清潔に保つことは大切ですが、肌をいたわりながら洗顔することを心がけてください。

そのやめにも、洗顔料はしっかり泡立てからせん断しましょう。

手のひらでも良いのですが、洗顔ネットや泡立てるアイテムを使用するとよりキメ細かな泡を作ることができます。

脇は摩擦によって黒ずみができることもあります。

黒ずみは一度できてしまうと改善するのに時間がかかることもあるので、予防策をチェックして対策を取りましょう。

詳しい情報は下の関連記事からチェックしてください。

洗顔で肌を綺麗にする簡単な方法|メイクはしっかり落とす 洗顔で肌を綺麗にする簡単な方法は、メイクはしっかり落とすということです。

クレンジングを使用して、メイクとなじませるように落としていきます。

指の腹を使って優しく行い、できるだけこすらないよう意識してください。

メイクが肌に残っていると皮脂や汗と混ざって酸化し、肌に刺激を与えます。

それが原因で肌荒れやニキビができることもあるのです。

メイクをしたまま眠ってしまうと3歳老けると言われているほど影響が大きいので、しっかり落として洗顔や保湿をおこないましょう。

しっかり保湿や洗顔をしても、メイクが残っていては美肌から遠ざかってしまいます。

肌のコンディションが悪いときは、ナチュラルメイクを心がけるのも1つのポイントです。

しっかりメイクをしていると、それだけクレンジングでこする回数が多くなります。

できるだけ肌に負担をかけないように、肌に優しくするのが美肌への近道といえるでしょう。

洗顔で肌を綺麗にする簡単な方法|皮脂の落としすぎ・こすりすぎに注意 洗顔は1日2回と決めておこないましょう。

肌をこする回数が増えるということは、その分摩擦による負担が増えるということです。

また、必要な皮脂まで落としてしまうので、乾燥などの肌トラブルが起こります。

カサカサの肌は美肌とは呼べないので、肌を綺麗にするためにも朝と夜の2回の洗顔を大切にしてください。

スクラブやピーリングを取り入れたスキンケアは、古い角質を取り除きターンオーバーを促すこともできます。

しかし、このスキンケアもやりすぎると必要な角質まではがしてしまい、肌を傷つけることになるのです。

特に粒が入っているスクラブは肌への刺激が強いので、敏感肌の方は痛みやひりつく感覚を覚えることもあります。

化学的な成分のピーリングも負担になることがあるので、天然由来の成分を使ったものがおすすめです。

肌に優しいものでも使用頻度は守らなければなりません。

商品によって推奨している頻度が異なるので事前に確認しておきましょう。

スクラブの使い方や頻度について詳しく知りたい方は、下の関連記事も参考にしてください。

肌を綺麗にする簡単な方法【保湿】 保湿で肌を綺麗にする簡単な方法|パッティングよりはプレスがおすすめ 化粧水や乳液を付ける際に、パチパチと肌をたたくパッティングをしている方も多いのではないでしょうか?そうすることで化粧水をしみこませることができると言われていますが、たたくという行為は肌にとって負担になります。

刺激によって毛細血管が広がると赤ら顔になってしまったり、シミの原因になることもあるのです。

肌を綺麗にするには優しく化粧水を浸透させる必要があります。

手のひらでたたくのではなく、優しく包み込むようにプレスしてみてください。

手の体温でしっかり肌に浸透させることができます。

特別な道具も必要ないので今日からでも始められる簡単なコツです。

保湿で肌を綺麗にする簡単な方法|脂性肌でも保湿は大事 保湿で肌を綺麗にする簡単な方法は、脂性肌でもしっかり保湿するということです。

皮脂が多いからと化粧水だけつけて乳液はつけないという方や、しっかり洗って保湿は少なめにしている方も少なくありません。

しかし、皮脂が多いからといって保湿をしないと、かえって皮脂が過剰分泌されてしまいます。

肌が乾燥するとバリア機能が低下し、些細な刺激にも敏感になります。

そんなデリケートな肌を守るために皮脂をたくさん分泌しているのです。

皮脂の過剰分泌を止め、肌を綺麗にするには保湿で肌のコンディションを整えなければなりません。

保湿不足はニキビなどの原因になるので、保湿は肌を綺麗にする簡単な方法といえます。

肌が乾燥するとバリア機能が低下し、些細な刺激に反応してしまいます。

また、乾燥が原因で皮脂が過剰分泌されれば毛穴詰まりからニキビになってしまうのです。

ニキビケアの化粧水を探しているのなら下の関連記事もおすすめです。

自分の肌質や肌悩みに合う化粧水をチェックしてください。

\ POINT / 肌のバリア機能とは? 肌のバリア機能とは肌の潤いを維持し、外部の刺激から肌を守る機能のことです。

0.02mmという薄さの角質層には天然保湿因子があり、それを細胞間脂質がつなぎ合わせることで成り立っています。

天然保湿因子はアミノ酸で作られており、細胞間脂質はセラミドが50%を占めています。

その上を皮脂巻くが覆うことで潤いを守り、閉じ込めているのです。

乾燥や肌荒れを起こすと角質の間に隙間ができて、そこから潤いが逃げてしまいます。

バリア機能が崩れ、低下することで乾燥や肌トラブルが起こりやすくなるのです。

肌を綺麗にする簡単な方法【日焼け対策】 日焼け対策で肌を綺麗にする簡単な方法|紫外線はシミ・乾燥の原因 日焼け対策で肌を綺麗にする簡単な方法は、紫外線はシミ・乾燥の原因を予防することにつながります。

肌が紫外線にさらされると活性酸素が増えてしまうことが分かっています。

活性酸素は老化の原因とも言われており、若々しい美肌を目指すには日焼け対策は欠かせないのです。

日焼け対策で肌を綺麗にする簡単な方法|日焼け止めを塗って紫外線対策 日焼け対策・紫外線対策と聞いてまず思い浮かぶのは日焼け止めだと思います。

帽子や日傘も紫外線対策になるので、積極的に使用したいアイテムです。

しかし、男性にとっては使いにくいアイテムかもしれません。

荷物にもなるので、面倒だという方もいるでしょう。

その点、日焼け止めならクリームを塗るだけで簡単に日焼け対策ができます。

男性でも女性でも始めやすいのではないでしょうか?また、紫外線が多いは夏だけではありません。

涼しくなってくると紫外線対策の手を抜いてしまう方も多いので、しっかり対策を取りましょう。

そして1日の終わりには洗顔でしっかり洗い流してください。

洗い流しきれず、肌に日焼け止めが残っていると肌トラブルの原因になることもあるので注意が必要です。

日焼け止めの選び方やおすすめの日焼け止めは下の関連記事で確認できます。

日焼け止めの成分も知っていれば、商品選びの1つの目安となるでしょう。

肌を綺麗にする簡単な方法【食生活】 食生活で肌を綺麗にする簡単な方法|腸内環境を改善して美肌を目指す 食生活で肌を綺麗にする簡単な方法は、腸内環境を改善して美肌を目指すということです。

食べ物から栄養を吸収し、不要な老廃物や毒素を排出するためにも腸内環境は重要になってきます。

腸の中には善玉菌と悪玉菌、日和見菌の3種類があるのですが、悪玉菌が増えると腸内環境が悪化するので善玉菌を増やす必要があるのです。

善玉菌を増やすためには食べ物から善玉菌のエサとなるオリゴ糖を摂取するのがおすすめです。

オリゴ糖はバナナや大豆、玉ねぎなどにも含まれているので毎日の食事に取り入れてみてください。

また、発酵食品を食べると腸内が弱酸性に傾き、悪玉菌が増殖しにくい環境になります。

ヨーグルトはビフィズス菌などが入っているものを選ぶと、腸内環境を整えて改善する効果が期待できるでしょう。

他にもぬか漬けや味噌、キムチ、納豆も発酵食品です。

ご飯のお供にもなるので、比較的取り入れやすいのではないでしょうか? 食生活で肌を綺麗にする簡単な方法|食物繊維を摂取する 便秘には食物繊維が良いと聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?食物繊維には水溶性と不溶性のものがあり、摂取できる食べ物が異なります。

水溶性食物繊維は水に溶け、ゲルのような状態になります。

便を柔らかくしてくれるので便が固いという方は積極的に摂取しましょう。

また、不溶性食物繊維は水を吸って便のかさを増やす働きがあります。

便のかさが増えることによって腸が刺激され、蠕動運動が盛んになるので腸の動きが悪いと感じている方は不溶性食物繊維を積極的に摂ってください。

せく持つ繊維の1日の摂取量は女性で18g以上、男性で20g以上が目安になります。

食物繊維は意識しないと目安の量を摂取することは難しいようです。

特に洋食やジャンクフードが多いという方は食生活を見直してみましょう。

水溶性食物繊維を含む食品 こんにゃく 昆布 わかめ 大麦 リンゴ キャベツ 納豆 不溶性食物繊維を含む食品 穀類 豆類 芋類 きのこ おから ごぼう 食生活で肌を綺麗にする簡単な方法|たんぱく質を摂取する 食生活で肌を綺麗にする簡単な方法は、たんぱく質を摂取するということです。

もちろん食事全体の栄養バランスを取りながら、美肌に必要な栄養素を取る必要があります。

たんぱく質は美容だけでなく体を健康に保つために不可欠な栄養素です。

体の不調や代謝の低下、ホルモンバランスの乱れがおこると健康からも美肌からも遠ざかってしまうでしょう。

また、たんぱく質はコラーゲンの原料にもなります。

肌の潤いを保ち、乾燥から守るためにもしっかりたんぱく質を摂取してください。

食生活で肌を綺麗にする簡単な方法|ビタミンを摂取する 食生活で肌を綺麗にする簡単な方法は、ビタミンを摂取するということです。

ビタミンも美肌には欠かせませんが、日常の生活でビタミン不足になっている方も多いのです。

特にビタミンCやビタミンAビタミンBは意識して摂取しましょう。

ビタミンCには強い抗酸化作用があり、シミを予防してくすみのない肌に導きます。

ビタミンAは肌や粘膜を正常に機能させるために必要な栄養です。

ビタミンBは直接的な働きではありませんが、たんぱく質の代謝に必要なので美肌には欠かせません。

キウイにはビタミンCがたっぷり含まれています。

サプリメントなども良いですが、キウイから美容効果を得るのもおすすめです。

詳しい情報は下の関連記事からチェックしてください。

食生活で肌を綺麗にする簡単な方法|高校生の思春期ニキビは栄養バランス 食生活で肌を綺麗にする簡単な方は、栄養バランス重視するということです。

特に思春期ニキビは高校生頃の成長に伴い、ホルモンバランスが乱れることが原因です。

ホルモンバランスを整えるために規則正しい生活を心がける必要があります。

また、高校生は友達と遊んで外で食事をしたり、甘いものを食べに行く機会も多いと思います。

ジャンクフードばかり食べて栄養バランスが偏っていると、皮脂の分泌量が増えてニキビができやすくなります。

年齢的にも高校生はTゾーンの皮脂分泌量が増えるので、脂っぽい食べ物は控えるように気を使いましょう。

しかし、食べてはいけないということではありません。

栄養バランスを考えて食事をとるべきということです。

楽しみがなくなってしまったり、我慢がストレスになったりするとそれもニキビの原因になることがあります。

成長期でもあるので必要な栄養はしっかり摂取しましょう。

肌を綺麗にする簡単な方法【睡眠】 睡眠で肌を綺麗にする簡単な方法|シンデレラタイムを意識しよう 睡眠で肌を綺麗にする簡単な方は、シンデレラタイムを意識するということです。

肌荒れやニキビなどの原因の1つといえるのがターンオーバーの乱れです。

ターンオーバーが乱れると古い角質が溜まり、毛穴のつまりやニキビ、乾燥などさまざまな肌トラブルを引き起こします。

また、古い角質が溜まっていくことで透明感が失われ、くすんだ肌になってしまうのです。

そんな肌では美肌とは呼べません。

ターンオーバーを洗顔や保湿で整えることも大切ですが、睡眠時間も重要なポイントです。

ターンオーバーは眠っている間に活動が盛んになります。

睡眠不足は美肌の天敵とも言えるでしょう。

特に22:00~2:00にかけてはシンデレラタイムとも呼ばれ、ターンオーバーが活発になる時間帯です。

肌を綺麗にするためにはしっかり睡眠を取ることが大切なのです。

\ POINT / ターンオーバーとは? ターンオーバーとは肌が生まれ変わるサイクルのことです。

目で見て確認することはできませんが、肌の表面にある古い角質ははがれて新しい肌に生まれ変わっているのです。

このターンオーバーは肌トラブルや乾燥、加齢に伴いサイクルが乱れていきます。

美肌を保つためにはターンオーバーのサイクルを守ることも重要なポイントなのです。

睡眠で肌を綺麗にする簡単な方法|男性と女性のホルモンバランスを整える 睡眠で肌を綺麗にする簡単な方法は、男性と女性のホルモンバランスを整えるということです。

ホルモンバランスの乱れは自律神経の乱れと深く関係しています。

睡眠不足は自律神経を乱すので、ホルモンバランスを崩して肌トラブルが起こりやすくなるのです。

男性ホルモンであるテストステロンが増えると皮脂の分泌量が増えるので、毛穴詰まりやニキビなどの肌トラブルの原因が増えてしまいます。

もともと、男性ホルモンは女性の体でも分泌されているものです。

その量が増えすぎるとトラブルを引き起こすので、バランスが大切なのです。

睡眠時間をしっかりとっていれば、自律神経が整ってホルモンバランスも正常になります。

また、ストレスも自律神経が乱れる原因になるので、ストレスは上手に発散していきましょう。

恋愛でストレスが溜まっているという方には下の関連記事もおすすめ。

ストレスが溜まる理由と発散方法をチェックしてください。

肌を綺麗にする方法で美肌を目指そう! 肌を綺麗にする方法は洗顔や食事、睡眠、保湿、日焼け対策などいくつもありました。

肌のコンディションを整え、美肌になるためには自分の体質に合わせて改善方法を試してみる必要があります。

また、乾燥から皮脂が過剰分泌されたり、そこからニキビができたりと原因が関連しているトラブルも多いです。

美肌を目指すのなら、ニキビを一時的に治すだけではなく健やかで健康的な肌を目指してください。

基本的なスキンケアをおこない、生活習慣を見直すことは肌を綺麗にするだけではなく健康にも嬉しい効果をもたらすでしょう。

今回ご紹介した肌を綺麗にする方法は特別な道具も必要ありません。

自分の普段の行動を振り返り、悪い部分は改善していきましょう。

もしも、自分のスキンケアだけでは解決できないと思ったら、美容皮膚科などで専門的な知識を持つプロを頼るのも1つの手です。

まずは、美肌を目指して身近なことから始めてみましょう。

キーワード

  • 綺麗
  • 美肌
  • 洗顔
  • 皮脂
  • 保湿
  • 乾燥
  • 摂取
  • ニキビ
  • 肌トラブル
  • ターンオーバー
  • 食生活
  • ホルモンバランス
  • 睡眠
  • 日焼け止め