恋愛

目が合うと脈ありと勘違いする瞬間は?好きな人が視線をそらす心理は?

2018年08月29日更新
目が合うと脈ありと勘違いする瞬間は?好きな人が視線をそらす心理は?

よく目が合う男性心理は? よく目が合う男性心理①好きな人や関心がある相手を目で追ってしまう Instagram よく目が合う男性心理1つ目は、あなたに関心を抱いているからです。

男性は関心や興味がある相手を、自然と目で追ってしまうという習性があります。

自分のタイプだったり、魅力的に感じている女性を目で追ってしまうのは、男性の本能です。

男性は女性に比べて、好意がある場合あまり目をそらさないので、目があってニコッとしたり、頻繁に目が合う場合は、あなたに関心があると考えていいでしょう。

ただし、シャイな男性の場合は、好きな人と目が合うと、照れたり、恥ずかしくなったりして、目をそらす事もあるでしょう。

相手の性格を踏まえて、判断しましょう。

よく目が合う男性心理②気になる事がある Instagram よく目が合う男性心理2つ目は、気になる事があるからです。

容姿が目立っていたり、不思議な行動をとる人がいると、つい目で追ったり、チラチラ見てしまう事があります。

これは、関心というより好奇心が強い心理状態といえます。

この場合は、自分に好意があると勘違いしないようにしなければいけません。

短い時間に何度も見られたり、同じ日に何度も見てくる場合、「顔や服に何か変なものがついていないか」、「露出が多かったり、奇抜すぎるファションをしていないか」、「自分の行動や発言がその場から浮いていないか」など、一度自分自身をチェックしてみましょう。

勘違い女になってしまわないように、男性からモテる女性とモテない女性の違いや、モテる女子の特徴などもチェックしておくといいでしょう。

よく目が合う男性心理③無意識に視線を送っている Instagram よく目が合う男性心理3つ目は、無意識状態に視線を送っている状態です。

人は無意識のうちに、周りを見ていたり、動いているものを目で追ってしまう習性があります。

あなたと目が合って、なんのリアクションもなかった場合は、「たまたま目が合っただけ」という無意識の心理状態である可能性が高いでしょう。

考えごとをしてぼーっとしていたり、見ていた視線の先に、「たまたま誰かがいた」という事はよくありますよね。

そういった時は、目があっても、特に驚いて目をそらす様子もなく、平然としている場合が多いです。

この場合は、好意も悪意もない無意識の状態なので、勘違いしないように気をつけましょう。

よく目が合う男性心理④頼みや言いたいことがある Instagram よく目が合う男性心理4つ目は、あなたに何らかの用事があって会話できるタイミングを伺っている状態です。

頼みごとがあって、お願いするタイミングを伺っていたり、何か言いにくいことを伝えるチャンスを伺っている場合もあります。

特に少し頼みにくい頼みごとの場合などは、いつだったら声がかけやすいか、あなたを観察してタイミングを伺っている事もあるでしょう。

相手の様子が普段と違っていたり、なんだか話を聞いてほしそうにしている場合は、あなたから声をかけてあげるといいですね。

好きな人と目が合う(視線が合う)と脈ありだと勘違いする瞬間は? 遠くから目が合う Instagram 遠くから目が合う場合は脈ありの可能性が高いです。

「遠くからなら気づかれないだろう」という安心感から、少し離れた距離から視線を向けているのです。

離れた所からでも、よく目が合ったり、自分では気づかなかったけど、友達から「あの人あなたの事、よく見てるよね」なんて言われる場合は、勘違いではなく、あなたに関心があると判断していいでしょう。

まっすぐ目を見る Instagram まっすぐ目を見てくるからといって、すぐに脈ありだと判断するのは危険です。

人と話す時、目を見て話をするのは人間関係の基本です。

人間はコミュニケーションをとるとき、必ずと言っていいほど対面する相手の目を見ています。

恋愛感情のない友達や知り合いと話す時でも、目をそらさないで相手の目を見て会話をしますよね。

確かにまっすぐに目を見て話をされるとドキドキして、自分に好意があると勘違いしてしまいがちです。

しかし、会話の最中に目を見てくるからといって、すぐ脈ありだと判断せずに、様子を伺いましょう。

頻繁に目が合う Instagram 頻繁に目が合うのは脈ありと考えていいでしょう。

男性は感心のない女性に頻繁に目を向ける事はありません。

好意をもっている女性であれば、自然と目で追ってしまいます。

なんらかの気になる事があって目を向けている場合はその時限りなので、頻繁に目が合うという事は、あなたにそれだけ関心があるという事です。

特に飲み会などのプライベートの場で、よく目が合う場合は勘違いではなく、あなたに関心があると判断していいでしょう。

目をそらす Instagram 目が合って、すぐそらされる場合は、目が合う頻度や相手の性格によって判断しましょう。

男性は自分が感心をもっていない相手に対して、防御反応があります。

そのため、対象外の人と目が合うと、「勘違いされたくない」などといった感情から、すぐに目をそらすという傾向があるのです。

しかし、相手がシャイな男性の場合、好きな人に視線を送っていても、思いがけず目が合った事に「驚き」や「恥ずかしさ」を隠せず、とっさに目そらす事があります。

一回限りであれば、脈ありと判断するのは危険ですが、目が合う回数が多かったり、よく視線を感じる場合は、「あなたに関心があるが、シャイな性格である」という可能性が高いでしょう。

あなたも相手に好意がある場合は、思い切って話しかけてみるといいですね。

話している時に目をそらす Instagram 会話の最中に目をそらすのは、興味がない証拠です。

「話を早くきりあげたい」「その他の用事を有先させたい」「好意があると勘違いされたくない」などという意思の表れでしょう。

あなたが話をしている時に、目をそらされたり、興味がなさそうに振る舞われたりした場合は、一旦話を切り上げて、様子を見てみましょう。

職場で目が合う Instagram 職場で目が合うからといって、すぐに脈ありと判断するのは危険です。

特に相手が上司などの場合は、「あなたの仕事状況を目で確認しているだけ」という事もあるでしょう。

もしくは、「あなたに何か頼みたい仕事がある」という場合もありますね。

また、会話をする時、相手の目を見て話すというのは、ビジネスマナーです。

特に会議や仕事の打ち合わせをしているときは、ビジネスマナーとして相手が紳士に話していると認識する方が無難です。

職場では誰しも、礼儀を重んじているものです。

職場でよく目が合うからといって、あなたに好意があると安易に判断しない方がいいですね。

このケースで勘違いしてしまうと、あなたの仕事に対する意識なども疑われてしまう可能性がありますので、特に職場での勘違いには注意しましょう。

飲み会で目が合う Instagram 飲み会でよく目が合う場合、脈ありの可能性が高いです。

飲み会などのプライベートな場では、興味や関心が態度に表れやすいでしょう。

特に合コンなどの出会いを探す場でよく目が合うのは、あなたに関心があったり、魅力を感じている可能性が高いです。

男性は、好きな人や、気になる相手に視線を送ることで、「相手にも同じように興味をもってほしい」と考えています。

脈ありのサインを感じた場合は、あなたから話しかけてみるのもいいでしょう。

合コンで会話が進む話題などをあらかじめリサーチしておくといいですね。

勘違いじゃない!目が合う異性が脈ありの時は? 勘違いじゃない!目が合う異性が脈ありの時は?①目をそらさない Instagram 脈ありの異性と目が合った時はの対処方1つ目は、目をそらさないで事です。

目が合ったときの効果的な対処方は、「できれば8秒間程保ち、見つめ合うこと」と言われています。

目が合った時、目をそらさないで相手を見つめ返すようにジッと見つめると相手をドキドキさせる事ができます。

「ドキドキする」というのは、恋愛に発展する上で非常に大切な感情の一つです。

少しハードルが高い対処方ですが、思い切って相手を見つめ返してみて、ステキな恋愛に発展させましょう! 勘違いじゃない!目が合う異性が脈アリの時は?②照れながら目をそらす Instagram 脈ありの異性と目が合った時の対処方2つ目は、少し照れながら目線をそらす事です。

ここで大切なのは、「好きな人と目が合って、恥ずかしくなって照れている」という状態をアピールする事です。

照れながら目線をそらすことで、相手に「自分に好意があるけど、シャイなんだな」と解釈してもらう事ができて、相手から話しかけてくれるなどの何らかのアプローチも期待できます。

勘違いじゃない!目が合う異性が脈ありの時は?③ニコッと微笑む Instagram 脈ありの異性と目が合った時の対処方3つ目は、ニコッと微笑んでみる事です。

笑いかける事によってあなたの好意を相手に分りやすく示す事ができます。

笑顔を見せられて、相手に嫌な印象を抱く人はいないでしょう。

ニコッと微笑んで相手に好印象を与え、二人の距離をグッと縮めてみましょう。

目が合う時の相手の心理を賢く判断してステキな恋愛を! 目が合う時、様々な心理がある事が分かりましたね。

恥ずかしい勘違いをしてしまわないように、相手の態度や目が合った時のシチュエーションから、相手の心理を賢く判断しましょう。

同じと相手と度も目が合うと、人は少なからずその相手の事を意識するようになります。

気になる人と目があった時は、すぐに目をそらさないで、アイコンタクトからコミュニケーションを初めてみましょう。

好きな人には、積極的に自分から視線を送って、距離を縮めてみるのもいいですね。

キーワード

  • 勘違い
  • 判断
  • 関心
  • 好意
  • 視線
  • 男性心理
  • 異性
  • 会話
  • 可能性
  • 心理
  • 職場
  • 頻繁
  • 興味
  • 状態