ヘアスタイル

ダメージのないヘアカラーの頻度は?美容院で髪を染める間隔・周期は?

2018年08月31日更新
ダメージのないヘアカラーの頻度は?美容院で髪を染める間隔・周期は?

適切なヘアカラー頻度を守らないとどうなる? ヘアカラー・リタッチの頻度を守らないと髪の毛が傷みやすくなる Instagram 正しいヘアカラーの間隔や頻度を守らないと、髪の毛が傷みやすくなります。

ヘアカラーは、髪の毛のキューティクルを開いた中に、自分の染めたいカラーの色素を入れて髪の毛が染まります。

キューティクルは一度開くとなかなか閉じてはくれません。

すぐにまた髪の毛を染めてしまうと、キューティクルが閉じなくなってしまう可能性があります。

キューティクルが閉じないと、枝毛や切れ毛の原因になってしまうので、正しいヘアカラーの間隔や頻度を守るのと同時に、ヘアカラー後の傷んだ髪の毛にもしっかりとトリートメントをつけるなどケアをしましょう。

ヘアカラー・リタッチの頻度を守らないとカラーリングの染まりが悪くなる ブリーチをして明るい髪色にすると頭頂部の部分から黒い新しい髪の毛が生えてきますよね。

この新しく生えてきた髪の毛は、前に染めた髪の毛と比べると、色を入れても染まりにくいです。

なので、一度染めたのに何か月も染めないでいると、新しい髪の毛が増えて次にヘアカラーした時にムラになってしまう可能性があります。

伸びてきた部分だけ染めたい場合は、リタッチで美容院でお願いすると全体カラーで染めるよりも安い値段で染めることができます。

全体で染めるときと違って根元の伸びてきた部分だけ染めるので、髪へのダメージも抑えられます。

リタッチの場合のカラーリング頻度は、頭頂部が気になってくる3か月ほどの周期がいいでしょう。

自分で染めることもできますが、染めた髪色と同じ色にするにはかなりの技術が必要となってきます。

前染めた部分も多少なりとも色落ちをするので、前と同じ色で入れたとしても同じ色にならなかったりします。

なので、失敗したくない方は美容院で染めることをおすすめします。

ベストなヘアカラー(カラーリング)の頻度とは? 髪色を優先させる正しい頻度・間隔は1~2か月周期 ヘアカラーはカラーを繰り返すことにより髪色を前よりもさらにきれいに発色させることができます。

カラーリングの効果を優先させたいと考えている方は、個人差はありますが大体1~2か月の頻度でカラーリングをするといいでしょう。

髪色だけでなく髪のダメージも気になる方は、カラーリングと一緒にトリートメントもお願いするといいでしょう。

トリートメントには、髪の毛のキューティクルを整え傷んでしまった髪を滑らかにする効果があります。

カラーリングで傷んだ髪にはぴったりのヘアケアアイテムでしょう。

使用頻度としては毎日使うといいでしょう。

髪と頭皮のダメージを考えた正しい周期は3か月ごとの周期 カラーリングをしたばかりの髪の毛は、キューティクルが開いてしまってパサついてしまってかなり傷んでいます。

そんな髪の毛に、すぐにカラーリングしてしまうと、さらに髪の毛にダメージを与えてしまうでしょう。

このような間違ったカラーリング頻度で染め続けると髪にもよくありません。

髪の毛はダメージから回復することはできませんが、頭皮であればある程度の期間を開ければ回復できます。

そのカラーリングの頻度が、個人差はありますが大体3か月ごとだといわれています。

ヘアカラーのダメージを考えてカラーリングをしたい方は3か月ごとの周期にすることをおすすめします。

カラーリングによって傷んでしまった髪の毛をケアするためのトリートメントは、どう選んでいいか迷いますよね。

市販で売っているものでいいものはないのか気になる方も多いのではないでしょうか。

こちらの記事で、詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

セルフよりも美容院で髪を染める方がおすすめな理由は? 美容院で髪を染めるメリット①カラーリングの技術が高い Instagram 美容院には、自分でやる時とは違い、髪の毛のことを把握している美容師が1人1人の髪の毛の状態にあったカラーリングを提案してくれます。

なので、もしセルフで染めた時に思ったような色にならなかったという失敗はないでしょう。

自分で市販のカラー剤を買ってきて、カラーリングをする時よりも値段は高くなってしまいますが、すべてやってもらえるのでとても楽です。

そして、自分の髪の状態にあったカラーリングの間隔や頻度のアドバイスももらえるので安心して任せることができます。

美容院で髪の毛を染める最大のメリットは、自分で染めた時よりも希望の色や色ムラになったりしないことでしょう。

そして、市販のカラー剤にはない特殊な色でも染めることができるので、きれいな仕上がりと自分好みの特殊な色合いを求める方には、美容院で染めることをおすすめします。

美容院で髪を染めるメリット②セルフよりダメージを抑えられる Instagram 市販のカラー剤だと、1人1人の髪の状態に合わせたカラー剤ではなく、すべて同じ。

薬剤も強めに設定してあるので髪の毛が傷みやすいです。

ですが、美容院だと1人1人の髪の状態に合わせたカラー剤を作ることができるので、髪の毛のダメージのことを考えながらカラーリングをすることができます。

髪へのダメージは最小限で、髪の毛のことを知り尽くしたプロが施術します。

髪へのダメージだけでなく、市販のカラー剤より選べるカラーも増えるので、個性的なカラーを楽しみたい方は美容院で染めたほうがいいでしょう。

美容院で髪を染めるメリット③髪の毛だけでなく頭皮のケアもできる カラー剤には、「パラフェニレンジアミン(ジアミン)」という成分が入っています。

この成分は地肌にとって良くないのでアレルギーを起こす場合があります。

ヘアカラーをした際に、肌がピリピリするような痛みを感じたことがある方は少なくないでしょう。

市販のカラー剤には、頭皮を守るスプレーなどはついてきたりはしませんが、美容院で染める場合には、事前に頭皮を守るスプレーをつけてくれたり、カラー剤が頭皮になるべくつかないように工夫して施術してくれたり、どのくらいの頻度や間隔で染めたらいいのかのアドバイスもくれます。

なので、次にカラーリングを頼むときでも安心してお願いできることでしょう。

頭皮のダメージが気になる方は市販のカラー剤で染めるより、頭皮ケアもしっかりしてくれる美容院を利用したほうがいいでしょう。

美容院で髪を染めるメリット④しっかりとシャンプーできる Instagram 自分でやると、見えない部分の襟足や耳の裏などに薬剤がすすぎきれず残ってしまう経験はありませんか。

美容院ですと、美容師の方にやってもらうので薬剤が落としきれていなくて残ってしまっているという状態は避けることができます。

そして、自分ではなく他人にやってもらうので、とてもリラックスして安心することができるでしょう。

セルフで染めるよりも美容院でやってもらったほうが、安心安全で髪のダメージも抑えられていいこと尽くしです。

仕上がりもきれいなのでヘアカラーを自分でやろうか迷っている方は美容院で染めることをおすすめします。

カラーリングの色落ちを防ぐための方法3つ|適切なヘアカラーの頻度は? カラーリングの色落ちを防ぐ方法|カラーシャンプーを使用する Instagram カラーシャンプー自体は、カラー剤と比べるとそこまで髪の毛を染める効果はありません。

ですが、使った場合の髪の毛と使わなかった髪の毛の色落ち具合は全く違います。

カラーシャンプーは続けることによって効果を表すので、染めてから間隔を開けることなく毎日の頻度で使うようにしましょう。

ちなみに、髪の毛の黄ばみをおさえたい方は紫シャンプー。

アッシュ系の色持ちをよくしてくれるのはシルバー。

赤やピンク系の色持ちをよくしてくれるのはピンクシャンプーといったようにそれぞれの色のシャンプーによって、効果が違うので自分の髪色に合ったカラーシャンプーを選んでください。

カラーリングの色落ちを防ぐ方法|ブリーチで傷んだ髪はすぐに乾かす 濡れたままの髪の毛は染めた後の髪の毛と一緒で、キューティクルが開いている状態です。

すぐに乾かさずにほかっておくと、キューティクルに入れた色素が出て行ってしまいます。

そして、すぐに乾かさないのは髪の毛が傷んでしまう原因にもなります。

なので、髪の毛をすぐに乾かさず放置している方はやめるようにしましょう。

乾かす前に、洗い流さないトリートメントなどをつけて、ヘアカラーによって傷んでしまった髪の毛のケアをすることを忘れないようにしましょう。

洗い流さないトリートメントはいっぱいあって迷ってしまいますよね。

こちらの記事で詳しく説明しているので自分にぴったりの洗い流さないトリートメントを見つけましょう。

カラーリングの色落ちを防ぐ方法|アイロンやコテをなるべく使わない Instagram 髪の毛は熱に弱いことを知っていましたか。

アイロンやコテなどは高い温度で、髪の毛をまっすぐにしたり巻いたりするのでその分、髪の毛を傷ませてしまったり色落ちの原因にもなってしまいます。

毎日スタイリングをする人には難しいかもしれませんが、MAXの温度で使う場合は時間を意識していつもより早いペースでスタイリングしてみたり、いつもより低い温度で使ってみたりしましょう。

そして、休みの日は使わないなど、髪の毛のダメージを最小限にできるようアイロンやコテの使用頻度を少なくしていきましょう。

正しいヘアカラーの周期でカラーリングを楽しもう! 髪色を優先したいか、ダメージから髪の毛を守りたいかによってもヘアカラーの周期はそれぞれ違ってくることはわかりましたか。

自分の髪の毛の状態にあった周期のカラーリング間隔や頻度を美容院で確かめることも大切ですが、自分で染める場合は髪へのダメージが大きいことを覚えておきましょう。

きれいな髪色や頭皮のケアを求めるのであれば、自分で染めるよりも髪の毛に詳しいプロがいる美容院で髪の毛を染めることがおすすめです。

髪色や髪の毛、頭皮のダメージのことで失敗することがないように正しいヘアカラーの周期でカラーリングを楽しみましょう。

キーワード

  • 髪の毛
  • カラーリング
  • 美容院
  • ダメージ
  • 頻度
  • ヘアカラー
  • キューティクル
  • 周期
  • 頭皮
  • 髪色
  • トリートメント
  • 間隔
  • 状態
  • 市販
  • 色落ち