恋愛

自分の顔が嫌いな男女の心理5つ|気持ち悪いから鏡も見たくない!

2018年09月05日更新
自分の顔が嫌いな男女の心理5つ|気持ち悪いから鏡も見たくない!

気持ち悪い!自分の顔が嫌いな男女の心理5つ 男性|気持ち悪い!自分の顔が嫌いな心理①自分に自信がなく大嫌い 男性の多くは自分の顔が嫌いや気持ち悪いと感じる心理として、自分に自信がないことが挙げられます。

この心理では、自分の顔が嫌いというよりは自分自身が大嫌いである可能性もあるでしょう。

したがって、周りから見ればキレイな容姿をしているにも関わらず、自分の顔が嫌いや気持ち悪いと感じている場合もあります。

自分に自信がなくて自分の顔が嫌いな心理の人は、ヘアメイクを変えるなどの外見を良くしても自分の顔を好きになるという可能性は少ないです。

この心理の裏側には、自己肯定能力の低さが露呈していますから、自己肯定能力を高めるところかが始めなければなりません。

男性|気持ち悪い!自分の顔が嫌いな心理②ブサイクで見たくない顔である 男性が自分の顔が嫌いや気の血悪いと感じる心理として、ブサイクで見たくない顔だと感じている場合もあります。

この心理の持ち主の男性は、自分の顔が本当に嫌いで鏡ではもちろん、ふとした瞬間にガラスなどに写る自分の顔ですら見たくないと感じます。

いわゆる、自分の顔を生理的に受け付けないというタイプでしょう。

しかし、この心理の男性の中には、周りから見るとさほどブサイクでもなく、むしろイケメンの部類に入るのではと思うような男性もいます。

イケメンの部類に入るにも関わらず自分の顔が嫌いや気持ち悪いと感じる場合は、醜形恐怖症という心の病気である場合も考えられますので注意が必要です。

女性|気持ち悪い!自分の顔が嫌いな心理③流行に乗り遅れた顔 このケースで自分の顔が嫌いや気持ち悪いと感じる女性は、メイクなどを駆使すれば流行に乗った今風の自分が好きになれる顔に変えることは可能です。

また、流行に乗ったファッションやヘアスタイルを取り入れると、流行に乗り遅れた顔だということが目立ちにくく大嫌いという感情が湧きにくくなるでしょう。

女性が自分の顔が嫌いや気持ち悪いと感じる心理として、自分の顔が流行りに乗り遅れた顔である場合があります。

この心理を持つ女性は、パッと見た感じではきれいな顔立ちをしている女性が多く嫌いや気持ち悪いと感じる要素がないように思えます。

しかし、よく見ると流行に乗り遅れた顔、いわゆる今風ではない顔でしょう。

女性|気持ち悪い!自分の顔が嫌いな心理④一部にコンプレックスがある 女性が自分の顔が嫌いや気持ち悪いと感じる心理として、顔の一部にコンプレックスを感じている場合もあります。

もしかすると、歯並びが悪く笑うたびにのぞく歯が嫌いだと感じているのではないでしょうか。

または、頬に目立つしみがあったり、目元に深いシワがあるために自分の顔が嫌いだと感じているのではないでしょうか。

顔の一部とはいえコンプレックスがあるとなると、自分の顔を好きに離れませんし、素直に向き合うことができなくなるでしょう。

ひどい場合には、顔の一部のコンプレックスのために、気がめいってしまうこともあります。

ここまでコンプレックスを感じて大嫌いになるようであれば、コンプレックスを解消する必要があります。

女性|気持ち悪い!自分の顔が嫌いな心理⑤悩み事がある 女性が自分の顔が嫌いや気持ち悪いと感じる心理として、悩み事が影響している場合もあります。

心の中に悩みごとがある場合、この悩み事が心理的に作用して、自分の顔を見たくないほど大嫌いだという気持ちにさせます。

具体的には、仕事で失敗した情けない顔や失恋して泣いてばかりいる自信を喪失した顔などです。

このような心理で自分の顔が嫌いになるケースは、気持ちの問題であると同時に一時的なものでもありますので自分の気持ちを穏やかにさせるように努めましょう。

まずは、休息をとるなどして自分がリラックスできる時間を大切にしましょう。

悩み事が解決し気持ちが穏やかになれば、自然と自分の顔が好きになれるでしょう。

しかし、自分の顔が嫌いになるような悩み事を解決しようと穏やかな時間を過ごしていても、なかなか解決に向かわないというケースもあるでしょう。

このような場合には、下記の記事の塩まじないがおすすめです。

どこのご家庭人もある塩で悩み事を解決できる効果の高いおまじないですので、ぜひチェックしてみて下さいね。

自分の顔(容姿)を気にしなくていい理由は? 自分の顔(容姿)を気にしなくていい理由①カバーすることが可能 自分の顔が嫌いになる心理というのは色々なものがありますが、自分の顔(容姿)というものは、カバーできるケースが多いので気にする必要はありません。

顔ですからメイクによってカバーできることはもちろんですが、ヘアスタイルを変えたり服装次第でも顔(容姿)をカバーすることは可能です。

ヘアスタイルでは顔の大きさや輪郭をカバーすることができますし、服装では顔移りによって顔を華やかに見せる効果が期待できます。

さらには、笑顔でいることによっても顔(容姿)はカバーできます。

笑うことによって印象が良くなり、例えその顔に欠点があったとしても、笑顔はそれを上手に隠してくれるでしょう。

顔(容姿)はカバーできるとはいっても、その方法を間違えればカバーどころではありません。

そうならないために、メイクによってカバーしようと考えている方には下記の「化粧初心者の垢抜けメイク方法」の記事がおすすめです。

化粧初心者ではなくても、基本を抑えた自然なメイク術ですのでぜひチェックしてみて下さいね。

自分の顔(容姿)を気にしなくていい理由②誰かと比べるものではない 自分の顔(容姿)を気にしてしまうのは、他の誰かと比べてしまうからですので比べるのをやめましょう。

とはいっても、全く他の誰とも自分の顔(容姿)を比べずに生活していくということは難しいでしょう。

したがって、どうして他の誰かと比べてしまうのかの理由を理解して比べないようにすることが大切です。

しかし、自分に近い誰かや似ている誰かばかりの狭い範囲に目を向けていると視界だけではなく成長の幅も狭くなってしまいます。

こうならないためにも、自分に似た誰かと比べるばかりではなく、明らかに自分より優れた誰かに目を向けるようにしましょう。

そうすれば、自然と誰かと比べる事も少なくなるでしょう。

人間は、自分とかけ離れすぎている誰かと比べるということはまずありません。

自分に似ている誰かや近い誰かと比べてしまう傾向にあります。

これは、比べるからには自分に勝てる見込みがある相手がよいという無意識の選別です。

自分の顔が大嫌いで鏡も見たくない!コンプレックスへの対処方法5つ 自分の顔が大嫌いで鏡も見たくないコンプレックスへの対処方法①笑顔でいる 自分の顔が大嫌いで鏡も見たくないコンプレックスへの対処方法として、まず笑顔でいることが大切です。

笑顔は、人間の印象を非常に良くするものです。

人間としての印象が良くなれば、コンプレックスすらもよく見えます。

また、笑顔でいることで自分自身が明るい気持ちになり、コンプレックスへの意識が薄れます。

そんな不思議な力を持った笑顔ですが、無理にでも笑った方がよいとはいっても無理には笑えないという人もいるでしょう。

そんな方には、下記の「接客業に活かせる自然な笑顔の作り方」の記事がおすすめです。

こちらの記事では、笑顔の詳しいトレーニング方法も掲載されていますので、ぜひチェックしてみて下さいね。

自分の顔が大嫌いで鏡も見たくないコンプレックスへの対処方法②恋人を作る 自分の顔が大嫌いで鏡も見たくないコンプレックスへの対処方法には、恋人を作るということもあります。

恋人ができると、自然と顔が明るくなったりキレイになります。

また、気持ちが明るくなったり自身が持てるため、自分の顔が嫌いな心理の多くを払拭してくれます。

自分の顔が大嫌いで鏡も見たくないコンプレックスへの対処方法③個性である 自分の顔が大嫌いで鏡も見たくないコンプレックスへの対処方法は、コンプレックスを個性だと捉える必要があります。

現に、現在活躍中の芸能人やモデルなどの多くは、自分のコンプレックスを個性としてアピールすることで活躍しています。

ですから、コンプレックスを個性とし、さらにはチャームポンへと変えていきましょう。

自分の顔が大嫌いで鏡も見たくないコンプレックスへの対処方法④受け入れる 自分の顔が大嫌いで鏡も見たくないコンプレックスへの対処方法は、コンプレックスを受け入れることが大切です。

コンプレックスというのは、だいたい誰にでもあるものです。

自分だけが悩んでいるわけではありません。

そして、外見より内面を磨く方が大切な時間だということに気付きましょう。

自分の顔が大嫌いで鏡も見たくないコンプレックスへの対処方法⑤克服する 自分の顔が大嫌いで鏡も見たくないコンプレックスへの対処方法には、コンプレックスそのものを克服することも大事です。

自己啓発によって自分に自信を取り戻したり、何かに挑戦して自分にもできるという自信が育てばコンプレックスは自然と薄れ、やがては克服できるでしょう。

自分の顔が嫌いな人の心理が詳しく分かる書籍は? 自分の顔が嫌いな人の心理が詳しく分かる書籍①自分の顔が嫌いですか? Instagram 自分の顔が嫌いな人の心理が詳しく分かる書籍には、写真の右隅の「自分の顔が嫌いですが?」という書籍がおすすめです。

こちらの書籍は、精神科医であり医学博士である町沢静夫氏が医学的な観点から書かれたものですので、説得力があるとともに症例などには共感できるものが多いです。

自分の顔が嫌いな人の心理が詳しく分かる書籍②自分の顔が好きですか? Instagram 自分の顔が嫌いな人の心理が詳しく分かる書籍として、「自分の顔が好きですか?」という書籍もおすすめです。

こちらの書籍では、「顔は心の窓」という観点から、心理学的にいうよい顔や魅力的な顔というものを解き明かしている興味深い内容となっています。

自分の顔が嫌いというコンプレックスを乗り越えよう! 今回は、自分の顔が嫌いな男女の心理についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。

自分の顔が嫌いな心理には、様々な気持ちが隠されています。

これを踏まえたうえで、コンプレックスを乗り越え自分の顔を少しでも好きになってみませんか。

そうすれば、明るい気持ちになれ、人生を変えるきっかけがつかめるでしょう。

キーワード

  • コンプレックス
  • 嫌い
  • 心理
  • 対処方法
  • 容姿
  • 書籍
  • 笑顔
  • カバー
  • 自然
  • 悩み事
  • メイク
  • 流行
  • 個性