美容

免許証写真に可愛く写るメイクのコツ9選|化粧や服装や髪型は?

2018年09月06日更新
免許証写真に可愛く写るメイクのコツ9選|化粧や服装や髪型は?

免許証の写真を撮る際の注意点は? 免許証写真を撮る際の注意点①軽くあごを引く Instagram 免許証写真を撮る時に、顎を上げてしまうと写真写りが悪くなってしまいます。

人間は顎の角度によって与える印象がガラッと変わってしまうものなのです。

顎を上げると見下された印象に、顎を引くと控えめな印象を与えます。

自然な印象を与える写真をとるには、顎を軽く引いて少し微笑むことを意識してみると良いでしょう。

自然に写るコツを更にご紹介しましょう。

おでこを前につきだして、軽く顎を引いてみましょう。

そうするとカメラに対して角度がつくので、小顔効果が得られ自然な写りになります。

シンデレラ角度と言われるこの角度は、小顔テクニックとして知られています。

免許証写真を取る際のテクニックとして取り入れましょう。

免許証写真を撮る際の注意点②顔を衣類で隠さない Instagram 運転免許写真の基準では、顔を衣類などで隠してしまうと免許証の写真として使えないようです。

フードやバンダナなどはもちろん、タートルネックなどで顔の一部が隠れてしまっている場合も認められないようです。

衣服以外にも髪などで顔が半分隠れている場合も注意されてしまうようです。

免許証写真を撮る際の注意点③著しく大きなイヤリングなどをしない Instagram 意外な盲点ですが、著しく大きなピアスやイヤリングなどは免許証写真では外さなくてはいけません。

たとえ自分のトレードマークになっていたとしても、免許証写真の撮影時には外しておいたほうが良さそうです。

その他にも、イヤホンやヘッドホンなども着用していると外すように指示されます。

自分で写真を持ち込みする際は、眼鏡の場合は要注意です。

メガネが撮影時のフラッシュで反射して目が見えなくなっていることがよくありますので、メガネ着用で写真を撮る際は注意が必要です。

写真写りをさらに研究したい人のために「写真写りを劇的に良くする方法10個!写真写りが悪い人必見のコツとは?」の記事を紹介します。

ぜひご覧ください! 免許証写真に可愛く写る!メイク(化粧)のポイントやコツ3つ ベースメイク(基礎化粧)は念入りツヤ肌に!が可愛く写るコツ Instagram 免許証写真を撮る場所は蛍光灯の明かりくらいで証明写真機のように照明が充実していません。

ベースメイクは念入りに、しっかり目の化粧を心がけましょう。

下地をしっかりつくることで、照明がなくても肌艶で顔を明るく可愛く見せることができます。

下地は化粧の基本と言われますが、ベースをしっかり作ることでその後の化粧ノリも乗りがよくなりますので、念入りに行いましょう。

厚塗りにならないように自然に仕上げたあとは、鼻や顎のにシェーディングをして、鼻や目元にハイライトを入れると、立体的に見えて、メリハリのあるメイクにできます。

チークは少し濃い目に!が可愛く写るコツ Instagram 免許証写真は、暗く写るためチークはほとんど効果が出ません。

免許証写真メイクのチークは、少しやりすぎたかなくらい濃い目に入れるくらいがちょうどよいです。

血色がよく見えるように、色はコーラル系にしましょう。

チークを濃い目にすると子供っぽく見えるということで敬遠する方も多いですが、免許証写真メイクでは別です!ナチュラルなベースと濃いめのチークでメリハリメイクを目指しましょう。

リップも濃いめで大丈夫です。

目を大きく見せるアイメイク!が可愛く写るコツ Instagram カラーコンタクトは禁止の免許証写真。

アイメイクのポイントは目を縦に大きく見せることです。

まつげエクステやつけまつげは目元に影ができるので免許証写真メイクには逆効果です。

自毛まつげを使ったナチュラルアイメイクを目指しましょう。

ビューラーを使ってしっかりまつげを持ち上げると目元が強調されますよ! ただし間違ってアイメイクを濃くしてしまうと逆効果です。

アイシャドーを入れるときも薄い色をチョイスしてください。

目元が黒すぎるとそこだけ強調されてしまい、その他のメイクが際立たなくなってしまいます。

全体のバランスを考えて目元メイクをするようにしましょう。

証明写真メイクの参考に「美人に見えるメイク方法13選!大人可愛い色気のある女子アナメイクとは」の記事を紹介します。

ぜひ以下の記事をご覧ください。

免許証写真に可愛く写る!髪型のポイントやコツ3つ 前髪は目にかからないように!が髪型のコツ Instagram 前髪が目にかかるような髪型だと、顔が暗く見えてしまいます。

前髪は左右どちらかに流して、目の周りに髪がかからないようにしましょう。

前髪を意識するだけでもかなり顔が明るい印象になります。

サイドの髪の毛は、ポニーテールにしてまとめると顔の周りがスッキリして顔が引き締まった印象になります。

前髪ぱっつんの髪型や、前髪の長いのがこだわりだという人も、免許証の撮影のときだけは、前髪を流して目や顔を出してはっきり写るように意識したほうが良いでしょう。

こだわり派の人は前髪をアレンジしてアップしてみるのもいいかもしれません。

前髪が長い人のために、「オールバックポニーテールのやり方7つ|前髪なしやおでこ出しのアレンジ」の記事を紹介しますので、ぜひご覧ください。

デコルテ周りもスッキリ!が髪型のコツ Instagram デコルテ周りにも髪の毛がかからないようにしましょう。

顔の輪郭をしっかり出すようにしたほうが、免許証写真を撮るときは効果的です。

免許証写真の髪型は、顔周りに影ができないようにスッキリ見せることを意識するのがコツです。

首周りをスッキリさせておくと、首が長く見せる効果も相まって可愛く小顔に見せることができます。

服装も、程よくデコルテがあいている服装をチョイスしてみると良いでしょう。

決して顔の輪郭を髪で隠さない!メガネも基本NG!が髪型のコツ Instagram 髪で顔の輪郭を隠すテクニックは小顔効果を狙うには常套テクニックですが、免許証写真においては逆効果です。

胸から上しか映らない写真では、逆に顔が大きく見えてしまいます。

顔周りはスッキリ見せて、輪郭がはっきりわかるようにすることを心がけましょう。

メガネも輪郭をはっきりさせるためにかけないのが好ましいです。

免許証写真に可愛く写る!服装のポイントやコツ3つ 服装のコツは、太って見える服を選ばないこと Instagram 最近流行りのオーバーサイズのシルエットの服や、ニット素材のものやボーダー柄は太って見える服装の代表格です。

黒系の服も顔周りが暗く見えてしまうので避けたほうが良さそうです。

ベストカラーは白または、ベージュがいいでしょう。

服のデザインとしては、体のラインがはっきりわかる薄手のものでスッキリ見えることを意識してみると良いです。

首周りはスッキリとしたデザインの服を選ぼう Instagram タートルネックや、首元にボリュームのある服を選ぶと、首が短く見えて太く見える原因となります。

首元はなるべくスッキリしたデザインで、UネックやVネックのものをセレクトすると首が長く見えて細身効果が得られます。

裸に見えてしまう服装はNG Instagram チューブトップだと、胸より上の写真をとる免許証写真においては、裸に見えてしまいますのでNGです。

何かを羽織って撮ってくださいと指示されることもあるようです。

肩がでている服装は基本的に避けたほうが良さそうです。

免許証写真を可愛く撮って愛着が持てる免許証にしよう! 免許証写真を可愛く撮るコツを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

納得行く写真が撮ることが難しいとされている免許証写真もここまで紹介してきたポイントを抑えていけば次の更新まで愛着が持てる免許証写真を撮れるはずです。

メイクや髪型、服装のコツを押さえればきっと良い写真が取れると思います。

公的証明書として掲示する機会も多い免許証。

次回の更新まで写真は変更することもできず3〜5年はこの苦悩を抱えたまま生活すると思うと気が重いですよね。

今回のポイントを参考にして、免許証の写真を可愛く撮れれば、愛着をもてる免許証にしてみてくださいね。

キーワード

  • 写真
  • 免許
  • コツ
  • 前髪
  • 服装
  • スッキリ
  • メイク
  • ポイント
  • 輪郭
  • チーク
  • 紹介
  • 意識