恋愛

他人の不幸は蜜の味の意味は?人の不幸は蜜の味の女の心理3選は?

2018年09月09日更新
他人の不幸は蜜の味の意味は?人の不幸は蜜の味の女の心理3選は?

他人の不幸は蜜の味とは?意味や類義語や英語表現や反対語は? 他人の不幸は蜜の味①意味 他人の不幸は蜜の味という言葉の意味は、文字通り他人が不幸になることを悪いこととは知りながらついつい喜んでしまうことをいいます。

この意味だけを聞くと、他人の不幸は蜜の味と感じることがただの性格が悪い人の妬みや嫉みのように感じるでしょう。

しかし、他人の不幸は蜜の味という感情は、脳科学的に証明されたものです。

他人の不幸に遭遇した時、本来であればその他人に対して同情の感情を抱くのが普通です。

しかし、その不幸に陥った他人に対して妬みの感情があった場合、脳内ではその他人の不幸を喜びの感情へと変化させるのです。

他人に対して妬みや嫉みの感情を抱くことは、良くないことですがそう簡単にやめられるものではありません。

妬みから他人の不幸を喜ぶこともありますが、他人の幸せに対して辛いと感じることもあります。

下記の記事ではそんな人の幸せが辛いと感じたり喜べない心理についてかかれていますので、ぜひチェックして下さいね。

他人の不幸は蜜の味②類義語 他人の不幸は蜜の味の類義語には、「人の不幸は蜜の味」や「他人の失敗を喜ぶ」という言葉があります。

他にも、「片頬に笑みを浮かべる」や「いい気味」や「溜飲(りゅういん)を下げる」という言葉も類義語になります。

どの言葉も、他人がの不幸に遭遇した時に、同情するのではなく妬みの感情からいい気味だと思ったり、せいせいしたり、スッキリするなど同情とはかけ離れた感情を抱くものです。

他人の不幸は蜜の味という言葉やその類義語には、他人の不幸に遭遇して1人ほくそ笑む姿や「ざまあみろ」とあざ笑う姿、うすら笑いを浮かべる姿やニヤリと笑う姿やニタニタが止まらない姿などが想像できると思いませんか。

他人の不幸は蜜の味③英語表現 他人の不幸は蜜の味という言葉は、英語表現では「schadenereude」という単語1つで表現することができます。

この英単語1つに対して、「他人の不幸を喜ぶ感情」という意味が含まれており、まさに他人の不幸は蜜の味という言葉の英語の表現だといえるのではないでしょうか。

もちろん、「schadenereude」という単語だけではなく英語の文章として表現することもできます。

英語の文章で他人の不幸は蜜の味を表現すると「take pleasure in the misery of others」となり、意味は他人の不幸に喜びを感じるとなります。

他人の不幸は蜜の味④反対語 どの言葉も他人の不幸を喜ぶのではなく、人の不幸を見て自分の行動を省みよという意味は含まれています。

他人の不幸は蜜の味という言葉の反対語というと「他人の不幸に同情せよ」という言葉になりそうですが、同情するのはもはや当たり前のことで、その先の行動を表しているのでしょう。

他人の不幸は蜜の味の反対語には、「人の振り見て我が振り直せ」や「明日はわが身」などがあります。

また、「反面教師」や「人を以って鏡と為す」や「上手は下手の手本、下手は上手の手本」なども人の不幸は蜜の味の反対語となるでしょう。

他人の不幸は密の味と感じる心理4選!人の不幸を喜ぶ理由は? 他人の不幸は蜜の味と感じる心理①他人より自分の方が幸せで喜ぶ 他人の不幸は蜜の味と感じる心理には、他人より自分の方が幸せで嬉しいという気持ちが表れています。

この心理の人は、不幸になる他人が自分と仲が良い人であろうが知り合い程度の人であろうがかまわず他人の不幸は蜜の味と感じます。

このことから、他の誰より自分が常に幸せでありべきだという自己中心的な考えが見えます。

また、他人より自分の方が上でありたいという負けず嫌いやプライドが高い性格でもあるでしょう。

このような性格が、どんな他人より自分の方が幸せでありたい、幸せであるべきだという完璧主義な考え方をさせ、他人の不幸な話に喜びを感じさせます。

時には、他人の不幸な話に快感すら感じるのがこの心理の人の特徴です。

他人の不幸は蜜の味と感じる心理②他人と比べることで優越感を感じたい 他人の不幸は蜜の味と感じる心理には、他人と自分を比べることで優越感を感じたいという気持ちが隠されています。

人間は少なからず、他人と比べて優越感を感じたいという気持ちをもっているものです。

しかし、この心理に陥る人は、他人と比較して優越感を感じたいという気持ちが非常に強いのでしょう。

したがって、普通の状態で他人と比べるだけでは飽き足らず、他人が不幸でマイナスである状態でも比べて、その差の大きさに優越感を感じるのでしょう。

しかし、この他人と比べて優越感を感じるという心理は、自分より優れている人がいる限り永遠に続いてしまいます。

どこかで断ち切る努力をしましょう。

他人の不幸は蜜の味と感じる心理③他人が不幸になるのを面白がっている 他人の不幸は蜜の味と感じる心理には、他人が不幸になるのを面白がっている場合もあります。

この心理の人は、性格が天邪鬼でひねくれている傾向にあります。

したがって、不幸に陥った他人が困ったり悩んだりしている姿を思い浮かべた時、普通であれば可哀想などの同情すべきところ、面白いという感情を抱きます。

この感情は、不幸になった他人がどのように困っていて、どのように悩み、そのように解決していくのかに対しての好奇心から他人の不幸は蜜の味と感じます。

したがって、困っている姿や悩んでいる姿に興味を持つ人は性格が悪いといえるでしょうけれど、どのように解決するかに興味がある人は性格が悪いとはいえないでしょう。

他人の不幸は蜜の味と感じる心理④他人に対する妬みや劣等感 他人の不幸は蜜の味と感じる心理には、他人に対する妬みや劣等感からそう感じる場合もあります。

この心理におちいるのは、自分が妬みや劣等感を抱いている他人が不幸になった場合に限られます。

したがって、妬みや劣等遺憾を抱いていない他人が不幸になった場合には、他人の不幸は蜜の味とは思わず、キチンと同情できます。

しかし、この他人に妬みや劣等感を抱いていた時には、不幸になった他人に対して鬼の首を取ったかのように喜びを感じるでしょう。

妬みや劣等感を抱く相手というのは、何かしらのライバル関係にあたる場合が多いです。

ライバルである以上、足の引っ張りあいや蹴落としあいの一環として相手の不幸を喜んでしまうのでしょう。

妬みというのは、抱く方も抱かれる方も気持ちの良いものとはいえません。

下記の「妬みを抱く心理9選」では、妬みを抱くメカニズムについて詳しくかかれています。

妬みを抱いてしまう人にも妬みを抱かれてしまう人にも参考になる内容となっていますので、ぜひこの機会にチェックしてみて下さいね。

他人の不幸は蜜の味と感じる女が周りから思われていることは? 他人の不幸は蜜の味と感じる女が周りから思われていること①好きになれない ひどい場合には、女性として好きになれないどころか女性として最悪だと思われる場合もあります。

他人の不幸を蜜の味と感じただけで、女性としての尊厳まで否定されてしまいかねません。

それだけ、他人の不幸を蜜の味と感じる女性は周りから見ると見苦しいと感じるのでしょう。

他人の不幸は蜜の味と感じてしまって、女性として好きになれないと思われてしまっては、今後の人間関係に支障が出てしまいます。

汚名返上するためにも、下記の「人から好かれる人の性格や特徴」の記事で好きになってもらう勉強をして見てはいかがでしょうか。

他人の不幸は蜜の味と感じる女性が周りから一番思われていることは、女性として好きになれないということです。

本来であれば、他人が不幸に遭遇した場合、その他人に対して「可愛そう」や「大丈夫?!」という同情を抱くものです。

しかし、そこで喜んだり興味を持ったりしてしまえば女性として好きにはなれないでしょう。

他人の不幸は蜜の味と感じる女が周りから思われていること②嫉妬深い女性 他人の不幸は蜜の味と感じる女性が周り方思われていることとしては、嫉妬深い女性であるということです。

他人の不幸を蜜の味だと感じる女性は、自分が好きで、そんな好きな自分より他人が幸せであると嫉妬を抱いていることに周りは気付いています。

そんな自分好きで他人の不幸を待ちわびている姿を見て、他人のちょっとした幸せを認められない嫉妬深い女性だと思われているでしょう。

また、ちょっとした事で嫉妬心を抱く女性に対して、他人を認められない心の狭い女性だとも思われています。

どちらにしても、女性として好きに合ってもらうどころか、好感度は皆無です。

他人の不幸は蜜の味と思わないための対処方法は? 他人の不幸は蜜の味と思わないための対処方法①他人に自分を置き換える 他人の不幸は蜜の味と思わないための対処方法として、不幸に陥った他人に自分を置きかえて考えてみることが大切です。

自分がその不幸に陥った時、どう考えるか、どのくらい辛いだろうか、どのような気持ちになるかを考え感じてみましょう。

不幸に陥った他人に自分を置きかえて考え感じることで、不幸に陥った他人が今どうして欲しいか、そのような言葉をかけて欲しいかが自ずと分かるはずです。

これさえ分かれば、他人の不幸を蜜の味と感じ喜んだり笑ったりすることなく、キチンと同情を抱き、優しく対応できるでしょう。

他人の不幸は蜜の味と思わないための対処方法②他人と自分を比べない 他人の不幸は蜜の味と思わないための対処方法として、他人と自分を比べないことも必要です、他人の不幸に対して、喜んだり笑ったりしてしまうのは、他人と自分の度リラが幸せであるかを常に比べているからです。

したがって、他人と自分のどちらが幸せであるかを比べ負ければ他人の不幸は蜜の味と思うこともなくなります。

しかし、人間は他人と比べて自分が優位にいることを確認したがる生き物ですから、他人と比べないで生きるということは簡単なことではありません。

しかし、できた暁にはコンプレックスを感じることもなくなります。

他人の不幸は蜜の味と思わないための対処方法③他人に対して無関心になる とはいっても、今まで他人に対して関心を持って生きてきたのに、いきなり無関心になるというのは難しいものです。

そこで下記の「他人に無関心な人の性格と心理10選」で他人に無関心な人について勉強してみてはいかがでしょうか。

他人の不幸は蜜の味と思わないための対処方法として、他人に対して無関心になることもある程度必要です。

他人の不幸は蜜の味と思ってしまうのは、他人に関心があるからこその行動です。

したがって、関心を持たないようにすれば自ずと他人の不幸は蜜の味と思う機会も減ってくるでしょう。

他人の不幸は蜜の味と思う以外の幸せになる方法を見つけよう! 今回は、他人の不幸は蜜の味と感じる心理についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

他人の不幸を喜ぶ多くの場合は、自分の方が幸せだと感じたい思いが隠されています。

しかし、他人の不幸の上に成り立つ幸せはもろいものです。

他人の不幸を喜ぶ以外の幸せを感じる方法を探しましょう。

キーワード

  • 他人
  • 不幸
  • 心理
  • 幸せ
  • 同情
  • 感情
  • 性格
  • 姿
  • 対処方法
  • 周り
  • 優越感
  • 意味
  • 無関心
  • 劣等感