恋愛

結婚を前提に付き合うの意味と期間|男性の心理と付き合い方は?

2018年09月09日更新
結婚を前提に付き合うの意味と期間|男性の心理と付き合い方は?

結婚を前提に付き合う意味と期間とは? 結婚を前提に付き合う意味とは:結婚が確立したお付き合い 「結婚を前提に付き合う」とは、端的に言えば「将来的に結婚することが決まっているお付き合いのこと」です。

お付き合いには様々な種類が存在しますが、恋愛関係では大きく「遊び・結婚する気は無い・まだ分からない・結婚を前提」の4種類に分かれます。

端から「遊び」であったり「結婚する気は無い」という結論に至っている場合は結婚の可能性はとても低くなりますが、一般的には「まだ分からない」カップルが多く、この段階では結婚するorしないがハッキリしていません。

しかし、「結婚を前提に付き合う」場合は結婚することがハッキリしており、将来性が確立されているお付き合いになります。

結婚を前提に付き合うことは、結婚という次のステップが明白に存在しており、その次ステップ(結婚)に向けて付き合っていく関係性のことなのです。

結婚を前提に付き合う期間とは:半年〜1年(長くて2年) 「結婚を前提に付き合うことが始まってから、結婚に至るまでの期間はどのくらいなのか?」という疑問が生じる方もいることでしょう。

正確な決まりは存在しませんが、結婚を前提に付き合うカップルのほとんどは「付き合い始めから約1年」で結婚に至るケースが多いそうです。

また、半年以上1年未満で結婚に至るカップルも多いとされます。

結婚を前提としたお付き合いではない場合は、いつ結婚するのか?しないのか?も分からないまま、ズルズルとした関係性が続くこともありますが、結婚を前提に付き合うカップルはズルズルしません。

しかし、半年では短いと感じたり、1年過ぎた場合でも個人やカップルの中にある事情により、2年くらい先に結婚をするケースもあります。

また、結婚を前提に付き合う告白が成功した時や、改めて結婚についての話をした際に、何ヶ月後〜何年後と期間を決めているカップルもいるでしょう。

普通のお付き合いとはどう違う:現実的な結婚につなげる期間 結婚を前提に付き合うことは、普通のお付き合いとどう違うのか?深く考えてしまう方も少なくないようです。

しかし、そう深く考える必要はありません。

真剣な交際という感じで、これから結婚に至る者同士として、互いに自分を伝え合っていけば良いのです。

とにかく隠し事をせずに、言葉は考えますが、言いたいことはちゃんと伝えることが大事です。

獲得しようと結婚する前は猫を被り、結婚した後に我を強くして崩壊する若い夫婦が増えているようですが、それが良い結果だとは誰も思わないでしょう。

結婚を前提に付き合うなら、隠し事は無しです。

それで合わなければそれまでであり、結婚を前提と言っても、価値観の不一致・相手家族との不仲・その他問題などで結婚前に別れているカップルもいますから、末長い苦悩を得ないように、結婚前に素の状態や人間的相性を確かめ合うことは大事なのです。

男性が結婚を前提に付き合いたいと思う女性は? 男性が結婚を前提に付き合いたい女性①家庭的 「家庭的」というのは「家庭に関する」や「いかにも家庭らしいさま」を意味し、「家庭」は「夫婦や親子など家族の集まり」のことを言います。

つまり、「家庭的」が表すことは「家族としての集まりに違和感無く居られる感じ」です。

結婚には「家庭を築くこと」や「生活を共にすること」といった要素が含まれているため、家族として存在することに違和感の無い感じがある家庭的な女性は、家族が家族らしく過ごせる結婚を考えている男性の結婚対象に入りやすいのです。

一般的には家事に対する意識から家庭的さを推測する人が多いとされますが、夫婦や子供などの家族は謂わば一種の仲間であるため、家族として在ることへの意識・思考・価値観・実際の言動も「本来の家庭的さ」へとつながる部分になるでしょう。

男性が結婚を前提に付き合いたい女性②価値観が合う 結婚すると、生活・行動・時間を共有することがとても増えます。

それらを共有する中では、そのことについてどう思うのか?どうしたら良いと思うのか?といった価値観が重要になります。

友達でも価値が合う同士が群れを作りますし、家族でも価値観が相対的なために仲が悪くなっているケースもあります。

そのように、価値観が合わないと「一緒には居られないかも」とか「一緒に居続けることは嫌だな」といった心理を抱きやすいため、結婚を前提に付き合う相手には選ばれる可能性が低いと考えられています。

とは言っても、価値観は千差万別です。

人間性を疑うレベルでなければ、問題はないでしょう。

男性が結婚を前提に付き合いたい女性③心が明るい 男性が結婚を考える女性には、「笑顔が明るい」「生活を楽しく過ごせそう」「前向きで元気をもらえる」といったタイプもいます。

要は、性格的に明るいタイプです。

家庭を築くことを考えた時には、明るい家庭を望む人のが普通ですので、明るい女性と結婚をしたいと思うのも通常なことだと言えます。

また、「自分が仕事などで疲れて帰った時に元気をもらえる」とか「自分が明るい方ではないから明るい女性の方が良い」と考える男性もいます。

多くの人が平和を願うように、穏やか・平和的・仲の良い・明るいなどの要素がちゃんとある良い家庭を築きたいと考える男性が多いのは、ごく自然なことでしょう。

男性が結婚を前提に付き合いたい女性④思いやりや包容力 男性か結婚を前提に付き合いたいと思う相手には、「思いやり」「優しさ」「包容力」というものを持っている女性もいます。

言い換えれば、人としての温情(人としての温かい心・情け深い心)を持つ女性です。

伴侶として共に過ごす中では平和が一番と考えるのが普通と言えますが、本当の平和で過ごすためには、互いに思いやる心が必要になります。

男性側に思いやりがない場合は「自分を理解してほしい」気持ちだけが強い単なる我儘男ですが、思いやり男性なら、本当の意味で平和的に過ごしたい気持ちが強いのでしょう。

男性が結婚を前提に付き合いたい女性⑤しっかりした印象 夫婦は、平等に協力し合いながら家庭を支えていく人たちです。

男性側が「俺は男だ!」と主導権を握りたがったり、「男として女性や子供を養いたい(守りたい)」気持ちを強く持っている場合も少なくはありませんが、とにかく「夫婦は平等」です。

夫婦も人としての人間関係の1つであることを意識的・無意識的に認識できている人は、「自立心のある女性」や「しっかりした女性」を選びます。

中には「自分がナヨナヨしているからしっかりした女性に惹かれる」という場合もありますが、しっかりしている=キツいではなく、思慮深く状況に応じた正しさを見出せる人です。

男性が結婚を前提に付き合いたい女性⑥居心地が良い 結婚すると一緒に居る時間が増えるので、まず、居心地が悪い女性は選ばないでしょう。

既にお付き合いをしている相手との結婚を考える際は「居心地が悪くはない程度」であれば「まぁいいか」と思うかもしれませんが、誰ともお付き合いしていない場合は「居心地の良い相手が良い」と決めて相手を選ぶ男性もいます。

結婚を前提に付き合うことを考えている人であれば、「居心地が悪い相手は嫌だな」と思って当然でしょう。

初めから居心地の良さは分からないこともあるため、居心地を重視する男性は、共にいる時間や会話を何度か経てから、結婚を前提に付き合いたいと思うようになることが多いと思われます。

男性が結婚を前提に付き合いたい女性⑦結婚生活が想像できる 以上を通して、「この人となら良い結婚生活が送れそうだな」とか「この人とは結婚生活が想像できるな」などと感じた女性は結婚対象になる可能性がとても高いです。

どの要素を重視するのかは人それぞれですが、共に生活した時に苦が無さそうだと思う女性は結婚対象に入りやすいとされます。

世の中を見ていると「この人は結婚向きじゃないな(良い家庭が築けなさそうだな)」と思ってしまう女性もいるように、「この人は家庭向けな感じだから結婚生活が想像できるな」という女性もいるのです。

「結婚を前提に付き合ってください」と告白する男性心理は? 「結婚を前提に付き合ってください」と告白する男性心理①本気 「結婚を前提に付き合ってください」と告白されたら、多くの女性は「交際に対する本気さ」を感じるでしょう。

その通り、「結婚を前提に付き合ってください」と告白する男性には「本気・本命・一途」な心理を持っている人が多いのです。

ただし、「自分と結婚するのはあなた以外いない」「将来の夢を一緒に追ってほしい」「落ち着いた恋愛をしたい」「親に紹介したい程あなたが誇りだ」など事情は様々です。

「とりあえず結婚したい」だけの人もいますので、「どうして本気なのか?」の真実は確認すべきでしょう。

「結婚を前提に付き合ってください」と告白する男性心理②安心させたい 中には「結婚を前提に付き合ってください」と告白することで、女性に安心感を与えたい心理が働いている男性もいます。

女性側が結婚について焦っている様子が見られた場合に、「結婚を前提に付き合ってください」と告白することで落ち着かせようとしているわけです。

また、「自分はあなただけだから心配しないで」の意味を込めて「結婚を前提に付き合ってください」という告白をする男性もいます。

どうなるかは分かりませんが、その込められた気持ちが本当であるなら、その男性は良い人と言えます。

不安や焦りに苛まれず、良き関係性を育んでいきましょう。

「結婚を前提に付き合ってください」と告白する男性心理③思いを知りたい 「結婚を前提に付き合ってください」と告白する男性の中には、女性側の気持ちを知りたい心理が働いている人もいます。

「結婚を前提に」という言葉を使うことで、「相手が自分との将来をどう考えているのか?(どの程度の恋愛感情なのか?)」を知りたいのです。

悪く言えば、気持ちを測っているわけです。

もっと言えば、一方的な駆け引きになります。

それくらい相手から自分に対する不安があると言えばそうですが、この心理は「結婚を前提という言葉は本気なのか?」が疑われます。

大体は「結婚対象だけど相手は自分をどう思っているか」が気になっているとされますが、本気度は確かめるべきでしょう。

「結婚を前提に付き合ってください」と告白してきた男性の心理や、結婚を前提に付き合う男性の本気度を確かめたい場合には、以下の記事が参考になります。

男性が結婚を前提に付き合う際にチェックしているポイントは? 男性がチェックするポイント①処女性および貞操観念 要は、「他に相手がいないか?」「自分だけを見てくれるのか?」「浮気性ではないか?」ということです。

結婚前から配偶者以外と浮気や不倫をする可能性がある人は選ばないでしょうが、そういう面を隠して結婚を得る女性も少なくはないので、男性側も気を付けないとです。

男性がチェックするポイント②物理的距離に伴う気持ち 「一緒に居ても心理的に大丈夫か?」という話です。

端的に言えば「居心地の良さ」であり、生活をする上で大事なことになります。

一緒に居たくない人と結婚と言っても、結婚する意味がよく分からなくなりますから、互いに「相手へ抱く居心地がどうか?」は重要です。

男性がチェックするポイント③性格や価値観の一致度 性格や価値観は、居心地の良さにつながるチェックポイントでもあります。

どのような性格や価値観を求めるのかは人それぞれですが、自分と似たタイプを求める人もいれば、自分とは違うタイプを求める人もいます。

男性が「この人と結婚したい」と考えた時、表に見える恋愛心理的行動があると言われています。

どのような行動なのか?については、以下の記事に記述されています。

女性が結婚を前提に付き合う際にチェックすべきポイントは? 女性がチェックすべきポイント①仕事や給料など金銭事情 「結婚を前提に付き合ってください」と言われても、現実的に気にするべき点はいくつかあります。

逆に「結婚を前提に付き合ってください」と言いたい場合にも、結婚を考えるに際して、相手のことについては知るべき点があります。

まずは、「収入や借金」についてです。

収入に関しては、「収入はどのようになっているのか?いくらくらいなのか?」「仕事の業種は?」「仕事に対する姿勢や考え方は?」などがチェックポイントとなります。

借金は配偶者も被ることになるため、「借金の有無」チェックは欠かせません。

女性がチェックすべきポイント②親族との関係性 結婚するとなると、特殊な問題がない限りは、どうしても相手の親族と多少は関わることにはなります。

チェックポイントのは「親族の性質」も含まれますが、最近は「マザコンの可能性」もチェックすべきポイントに挙がります。

女性がチェックすべきポイント③趣味や休日の過ごし方 趣味や休日の過ごし方からは、「お金の使い方」が分かります。

そのため、配偶者として生活を共にすることを考えると、結婚を前提に付き合う男性の趣味や休日の様子もチェックすべきです。

また、金銭感覚や、自己の時間配分に際した優先度(趣味が大事か家族との時間が大事かなど)も見えてきます。

女性がチェックすべきポイント④結婚生活に対する価値観 以上までのチェックポイントも含めた上で、相手に確認したい重要なポイントになります。

そもそも結婚を望む人にとって、相手と結婚・結婚生活への価値観が合わないことは大きな問題となります。

似ている部分が多い場合でも、聞いてもないのに勝手に判断せず、ちゃんと質問しましょう。

結婚相手の人・結婚を考えている相手・結婚を前提に付き合う相手・交際未然の好きな人が転勤族であった場合、覚悟すべきポイントがあります。

以下の記事に記述されていますので、参考にしてみてはいかがでしょう。

結婚を前提に付き合う際の付き合い方は? 結婚を前提に付き合う際の付き合い方①隠し事はしない 結婚をすると、法律的な共同責任や結婚における倫理性が生じてきます。

そのため、結婚前の付き合い方として「隠し事をしないこと」は大事なことになります。

隠し事のある夫婦関係は信頼や責任が損なわれている状態なので、本当の意味で上手くいきません。

つまり、隠し事暴露により合わないのであれば、それまでなのです。

結婚を前提に付き合う際の付き合い方②将来設計を考える 結婚生活のこともそうですが、結婚した先のことも考える付き合い方をした方が良いでしょう。

子供についてや老後の話など、結婚を人生に関わることなので、その辺の価値観も大事になると言えます。

互いを伝え合い、結婚する考えを固めていくのが正しい付き合い方です。

固まらない付き合い方なら、何かが違うのでしょう。

結婚を前提に付き合う際の付き合い方③親族と対面・交流する 結婚をすると籍を入れるので、相手親族と戸籍上身内になります。

そのため、とりあえず、相手の親族と改まって会う日は必要になるでしょう。

その後の付き合い方(交流頻度)は、相手親族との相性によって決まります。

また、相性は、結婚に至れるか?に影響を与えることもあるため、結婚を前提に付き合う際は重要です。

結婚を前提に付き合う際の付き合い方④責任感や信頼を築く 結婚して、夫婦として平等な立場で協力し合い、家庭を支えていくためには、責任感と信頼関係が必要不可欠なものです。

自分の家庭を持つ責任と良い環境を保ち続けるための信頼関係があって、家族関係は長く成り立つのです。

それは、互いに同じように必要なものとなります。

信頼と責任を成立させる付き合い方は、自然とできるものですが、意識的にも正しい付き合い方をしようとするのは大事なことです。

付き合い方を意識し過ぎてもぎこちない状態になりますが、結婚を考えるカップルとしての付き合い方をしましょう。

結婚を前提に付き合う際の付き合い方⑤確認の目的も含むお付き合い期間 以上を踏まえて「本当にこの人と結婚しても良いのか?」を確認するのが、結婚を前提に付き合うお付き合いの付き合い方です。

「結婚を前提に付き合ってください」と告白したから誠意あるとは限らないため、ちゃんと現実的かつ冷静な見極めは必要になります。

結婚を前提に付き合う時も相手との兼ね合いと今後を考えることは大事! 結婚を前提に付き合う意味は、「この人と結婚したいと思うけど本当に結婚しても良い相手なのかを確かめるため」です。

あるいは「結婚したいけど秩序を重んじてまずは交際から」という場合もあります。

「結婚を前提に付き合ってください」と告白する男性にも、そういった心理がある可能性が高いとされます。

お付き合いせずに「結婚しよう」では、浅はかであり、秩序が無いと言えます。

しかし、結婚を前提に付き合うお付き合いの中でも偽りや隠し事をする男性・女性もいるため、戸籍上身内になる法的な責任も視野に含めて、隠すことなく伝え合うべき部分はあります。

「互いに隠し事なく責任感や信頼関係を築いていく時期」が結婚を前提に付き合う段階ですので、その時期で合わないなら「結婚を前提に付き合う」は撤回しても良いです。

無理して結婚する方が、後先おかしなことになります。

何より、人が健やかで朗らかな心を育めるような幸せな家庭を築くための結婚を考えてほしいものです。

キーワード

  • 結婚
  • 前提
  • 付き合い方
  • ポイント
  • 告白
  • お付き合い
  • 家庭
  • 価値観
  • 居心地
  • 家族
  • カップル
  • 意味
  • 心理
  • 結婚生活
  • 夫婦