美容

毛穴の黒ずみで悩んでいる人へ。自宅で毛穴ケアするアイテム

2018年09月10日更新
毛穴の黒ずみで悩んでいる人へ。自宅で毛穴ケアするアイテム

By 深井麻実 毛穴の黒ずみはさまざまな原因で起こります。

ここでは、毛穴の黒ずみに悩んでいる人に向けて、黒ずみの原因や解消法、おすすめの美容家電についてご紹介します。

【目次】 毛穴の黒ずみの原因は? ・■皮脂が詰まっている ・■古い角質が溜まっている ・■皮脂の過剰分泌 ・■メラニン色素 毛穴の黒ずみ対策は? ・■毛穴パック ・■クレンジングを見直す ・■洗顔を見直す ・■保湿をしっかり行う ・■紫外線対策の徹底 毛穴の黒ずみには美容家電を! ・■美容家電の魅力 ・■毛穴の黒ずみ対策になる美容家電の選び方 毛穴の黒ずみにおすすめの美容家電 ・■温冷美顔器 KBE-1620 ・■ツインエレナイザーPRO2 ・■サークルピーリングプロ ・■ビザピュア ・■毛穴洗浄 角栓クリア EH-SP55 毛穴の黒ずみの原因は? 毛穴の黒ずみは汚れが溜まっていることだけが原因で起こるのではありません。

原因を知って正しく対処し、毛穴の黒ずみを解消しましょう。

毛穴の黒ずみの主な原因は4つです。

■皮脂が詰まっている クレンジング不足などが原因で毛穴に皮脂やメイク汚れ、ホコリなどが溜まると、黒ずみが目立ちます。

皮脂などの詰まりが原因の黒ずみ毛穴は、触るとザラザラしていることが特徴で、Tゾーンなどにできやすいです。

■古い角質が溜まっている 角質はタンパク質でできたもので、肌の表皮の一番外側にあります。

肌は外側から表皮、真皮、皮下組織で構成されていますが、表皮の一番下にある基底層では、日々新しい細胞が作られています。

新しい細胞は角化しながら徐々に肌の表面に向かって押し上げられ、最終的に角質となって外部の刺激から肌を守っているのです。

外部の刺激から肌を守る役割を終えた角質は、通常、垢として排出されます。

しかし、何らかの原因で古い角質が肌に残れば、毛穴に詰まって黒ずみにつながります。

また、毛穴に詰まった角質が肌で皮脂と混ざり合えば、角栓になって毛穴を広げたり、黒ずみを悪化させたりすることも多いです。

■古い角質が肌に残る原因 ・肌の乾燥 ・紫外線のダメージ ・洗顔やクレンジングをする時の摩擦 ・ビタミン不足 ・加齢 ■皮脂の過剰分泌 皮脂は毛穴から分泌されています。

そのため、ホルモンバランスの乱れや偏った食生活などが原因で皮脂の分泌量が増えると、毛穴が広がり、汚れが溜まりやすくなります。

また、皮脂が過剰に分泌されている人は顔のムダ毛が濃い人が多いです。

ムダ毛が濃ければ、毛の色で毛穴も黒く見えてしまうでしょう。

皮脂の過剰分泌はオイリー肌の人に起こりやすいイメージですが、乾燥肌の人も皮脂が過剰に分泌されることがあります。

乾燥で肌の水分量が減ると、水分を守るために皮脂の分泌量が増加するため、乾燥肌の人も皮脂が増えて毛穴が広がりやすいです。

■メラニン色素 汚れが詰まったり、角質が残ったりしていないのに、毛穴の黒ずみが気になる人はメラニン色素が沈着しているのかもしれません。

メラニン色素は、摩擦や紫外線の刺激を感じた時に肌を守るために生成されるものです。

通常は肌の細胞の生まれ変わりと共に肌から排出されますが、何らかの原因で肌に残ると、肌が黒く見えます。

元々、メラニン色素を生成する組織は毛穴の近くにあります。

そのため、メラニン色素が肌に沈着すると、毛穴が黒ずんでいるように見えるのです。

■メラニン色素を肌に沈着させる要因 ・紫外線ダメージ ・クレンジングや洗顔の摩擦 ・ストレス ・ホルモンバランスの乱れ ・睡眠不足 毛穴の黒ずみ対策は? 毛穴の黒ずみが気になる時はしっかりと汚れを落とし、保湿や紫外線対策で肌の状態を整えることが大切です。

■毛穴パック 汚れや角栓が溜まって小鼻の毛穴がザラザラとしている場合は、シートタイプの毛穴パックで汚れを取ると、黒ずみの改善を期待できます。

■毛穴パックの使い方 1.洗顔後、蒸しタオルで肌を温めます。

2.小鼻をぬるま湯で濡らします。

3.パックを乗せて、肌と密着させます。

4.所定の時間パックを置いて、洗い流します。

5.化粧水や乳液、クリームなどで保湿します。

■毛穴パックの注意点 毛穴パックは毛穴の汚れをごっそりと取れる優れものですが、使い方を間違えると、乾燥肌を招いたり、肌を傷めたりすることがあります。

毛穴パックを使用する時は、必ず、2つの注意点を守りましょう。

・使いすぎない 毎日、毛穴パックを使うと、必要な皮脂や角質が取り除かれて、肌がダメージを受ける可能性があります。

毛穴の汚れが目立つ場合も、パックは一週間に1度位の使用にとどめましょう。

・保湿を怠らない 毛穴パックをした後は、すぐに化粧水や乳液、クリームで水分と油分を与えましょう。

毛穴の開きが気になる場合は、冷蔵庫で冷やした化粧水でパッティングするのもおすすめです。

■クレンジングを見直す クレンジングが不十分で皮脂やメイクの汚れが残ると、毛穴の黒ずみが悪化します。

また、強い力でクレンジングをしている場合も、メラニン色素が生成されたり、乾燥による皮脂の過剰分泌が起こったりして、毛穴が目立っていることが多いです。

毛穴の黒ずみに悩んでいる人は、クレンジングを見直して、肌の状態を整えましょう。

■正しいクレンジングの方法 1.適量のクレンジング剤を肌につけます。

2.くるくると優しくマッサージするように汚れを浮かせます。

3.ぬるま湯で洗い流します。

ウォータープルーフタイプのコスメを使っている人は、始めにポイントメイクリムーバーでポイントメイクを落としておきましょう。

ポイントメイクリムーバーを使えば、肌をゴシゴシと擦らず、綺麗にメイクを落とせます。

■洗顔を見直す 毛穴の黒ずみ対策では、洗顔の見直しも大切です。

正しく洗顔すると、ほこりなどの汚れを落とせるので、少しずつ毛穴の黒ずみの改善を目指せます。

■正しい洗顔の方法 1.洗顔料をしっかりと泡立てます。

2.TゾーンからUゾーンの順に泡を乗せて優しく洗います。

3.最後に目の周りや口の周りも優しく洗います。

4.ぬるま湯でしっかりと洗い流します。

手で洗顔料を泡立てるのが難しい場合は、泡立てネットや泡だて器を使うのが良いでしょう。

キメの細かい泡を作り、泡を潰さないように優しい力で洗えば、肌へのダメージを軽減できます。

■保湿をしっかり行う 保湿が不十分で乾燥肌になると、潤いを守るために皮脂が過剰に分泌されます。

また、乾燥で肌がたるむと、毛穴が重力に引っ張られて大きく見えることもあります。

毛穴の黒ずみに悩んでいる人は、毎日のケアでしっかりと肌を保湿して、乾燥を予防しましょう。

肌が乾燥している時は保湿成分が配合された化粧品でケアするのがおすすめです。

■保湿成分 ・ヒアルロン酸 ・コラーゲン ・セラミド ・イソフラボン ・アミノ酸 ■紫外線対策の徹底 紫外線のダメージを受けると、メラニン色素が生成されたり、肌が乾燥したりする可能性が高いです。

毛穴が黒ずんでいる時は、紫外線対策を徹底して、肌へのダメージを軽減しましょう。

■紫外線対策の例 ・日焼け止めの使用 ・日傘の使用 ・帽子の着用 ・美白化粧品の使用 毛穴の黒ずみには美容家電を! 毛穴パックを使っても汚れが取れない時や、黒ずみ対策で効果を感じられない時は、美容家電を使ってみるのも良いでしょう。

■美容家電の魅力 美容家電はいつでも手軽に使えて、自分では難しいケアができることが魅力です。

■いつでも手軽に使える 毛穴の黒ずみをケアするためにエステへ通う場合、スケジュールを調整しなければなりません。

また、継続してケアをしたい人は何度もエステに通う必要があるので、費用もかかります。

一方、美容家電を使った毛穴ケアはいつでも自宅で行えます。

専用ジェルなどが必要な美容家電を使っても追加費用がエステと比べて安いことが多いので、手軽にケアを継続できます。

■自分では難しいケアができる 毛穴の奥に入り込んだ皮脂やメイク汚れを自分で落とすのは簡単ではありません。

しかし、美容家電を使うと、効率的に汚れを落とせます。

また、美容成分を肌の奥に届ける機能がついた美容家電を使えば、美白成分も浸透しやすくなるため、ハンドケアよりも効率よくメラニン色素による黒ずみの改善を目指せます。

■毛穴の黒ずみ対策になる美容家電の選び方 現在はさまざまな美容家電が販売されていて、期待できる効果は商品によって違います。

毛穴の黒ずみが気になる人は、毛穴のタイプに合わせて対策に役立つ美容家電を選びましょう。

■皮脂や角質などが溜まっている人 毛穴に皮脂や角質などの汚れが溜まっている人には、自分で取り除けない汚れを効率的に落とせる美容家電がおすすめです。

肌の奥の汚れを落とすのに効果的なイオン導入美顔器や洗顔ブラシを使えば、毛穴の汚れが目立たなくなるでしょう。

■肌が乾燥している人 肌が乾燥して皮脂が過剰に分泌されている人には、スチーム美顔器やイオン導入美顔器が役立ってくれるでしょう。

美容家電を使用して肌の奥が潤えば、皮脂を抑えられる可能性があります。

■メラニン色素が沈着している人 メラニン色素の沈着が原因で毛穴が黒ずんでいる人は、美白成分を肌の奥まで届けられるイオン導入美顔器などを選びましょう。

美白成分を届けることで、メラニン色素の生成を抑えて黒ずみの悪化を予防できます。

毛穴の黒ずみにおすすめの美容家電 毛穴の黒ずみ対策におすすめの美容家電を5つご紹介します。

■温冷美顔器 KBE-1620 www.koizumiseiki.jp 皮脂や角質の汚れで起こる毛穴の黒ずみに悩んでいる人にも、乾燥による毛穴の黒ずみに悩んでいる人にもおすすめの美容家電。

肌を温めて毛穴を開き、汚れを取った後に肌を冷やして毛穴を引き締める効果を期待できます。

温冷ケアをすることで肌に潤いも与えられるので、水分と油分のバランスも整えられるでしょう。

■使い方 1.電源を入れてモードを選択します。

2.ヘッドを肌に当ててケアします。

クレンジングする時は、ヘッドにコットンを装着して使いましょう。

「KOIZUMI(コイズミ)」温冷美顔器 KBE-1620 ■ツインエレナイザーPRO2 www.ebis-cosme.co.jp 汚れやメラニン色素による毛穴の黒ずみのケアに使える美容家電。

手で落とせない汚れを取れるイオンクレンジング、化粧品の浸透力を高めるツイン導入、肌を温めて引き締めるツインリフトの機能が備わっています。

3つの機能を使っても10分でケアを終えられて、週に2~3日のケアで効果を期待できるので、手軽に使えて便利です。

■使い方 1.本体にコットンをつけて化粧水を染み込ませます。

2.クリーンモードに設定し、肌を引き上げるように動かします。

3.美容液を肌に塗ります。

4.ツインモードに設定し、内側から外側に向かって滑らすように動かします。

5.リフトモードに設定して、内側から外側に動かします。

「EBIS(エビス)」ツインエレナイザーPRO2ホームエステEXセット2 ¥27,000 販売サイトをチェック ■サークルピーリングプロ www.ya-man.com 一台で毛穴の黒ずみと乾燥をケアできる美容家電。

毎秒90,000回の超音波振動とイオンケアでPM2.5などの細かい汚れも取り除き、肌にハリを与えてくれます。

生活防水に対応していてお風呂の中でも使用できるため、リラックスしながら毛穴ケアできることも魅力的です。

■使い方 1.クレンジング料を肌に塗り、本体を優しく滑らせます。

2.ぬるま湯でクレンジング料を洗い流します。

3.POREモードで肌の奥の汚れを取り除きます。

4.ぬるま湯で顔を洗います。

5.TIGHTENINGモードで肌を引き締めます。

「YAMAN(ヤーマン)」サークルピーリングプロ ¥19,440 販売サイトをチェック ■ビザピュア www.philips.co.jp 皮脂や角質で毛穴が黒ずんでいる人におすすめの電動洗顔ブラシです。

手洗顔の10倍の洗浄力で汚れを落とし、透明感のある肌に導いてくれます。

肌の汚れが取り除かれると、化粧品の浸透力も高まるので、乾燥やくすみなどの肌悩みがある人にもおすすめです。

■使い方 1.顔を水で濡らし、本体に洗顔料を付けます。

2.右頬、左頬、おでこの順で顔を洗います。

3.洗顔料をぬるま湯で洗い流します。

「Philips(フィリップス)」ビザピュア ■毛穴洗浄 角栓クリア EH-SP55 ec-club.panasonic.jp 皮脂と古い角質が混じり合ってできた角栓が毛穴を塞いでいる人におすすめの美容家電。

独自の高圧ジェットが優しく角栓を取り除いてくれるので、肌にダメージを与えずに毛穴をケアできます。

お風呂で肌が温まり、毛穴が開いている状態で使えば、高い効果を期待できるでしょう。

■使い方 1.専用のアルカリ毛穴洗浄水にお湯を足して洗浄水を作ります。

2.塗布モードで顔に洗浄水をつけます。

3.毛穴が気になる部分にノズルを当てて、洗浄水を噴射します。

4.顔をすすいで保湿します。

「Panasonic(パナソニック)」毛穴洗浄 角栓クリア EH-SP55 ¥21,384 販売サイトをチェック 毛穴の黒ずみは皮脂や角栓の汚れ、皮脂の過剰分泌、メラニン色素の過剰生成などが原因で起こります。

毛穴が目立ってきた人は原因に合った美容家電を使って美肌を目指しましょう。

キーワード

  • 毛穴
  • 皮脂
  • 美容家電
  • メラニン
  • クレンジング
  • 色素
  • 角質
  • ケア
  • 乾燥
  • 洗顔
  • 毛穴パック
  • 分泌
  • 保湿
  • 使用