ライフスタイル

読書すると眠くなる!眠気を吹き飛ばす方法6つ|本を読むと眠い原因は?

2018年09月11日更新
読書すると眠くなる!眠気を吹き飛ばす方法6つ|本を読むと眠い原因は?

もしかして病気?読書すると眠くなる原因は? もしかして病気?読書すると眠くなる原因①本の内容が面白くない Instagram 読書をしよう!と、自分で選んで購入した本のはずなのに、「内容がいまいちつまらない」「思っていた内容と違った」「自分にとって役に立つ情報が載っていない」等の理由で、読む気が失せてしまうことがありませんか?内容に興味を示せないと、ただひたすら活字を読んでいるだけで飽きてしまい、眠くなる原因になります。

また、集中して読み進められないと「自分で選んだ本のはずなのに」「すぐに眠くなるなんて病気?」と、自己嫌悪に陥ってしまいがちです。

そうすると、読書をすること自体にマイナスのイメージがついてしまいます。

もしかして病気?読書すると眠くなる原因②単純作業で集中力が途切れる Instagram 読書は「目で活字を追う」という単純作業です。

仕事でも、同じ作業を行う単純作業は眠気を誘い、集中力を失います。

特に読書に慣れていない人には「活字を読む」という作業は「退屈」「飽きる」というイメージがあるため、慣れるまでに時間がかかります。

「眠くなるなんて病気?」と疑ってしまうのも仕方ありません。

もしかして病気?読書すると眠くなる原因③難しい言葉や文章が出てくる Instagram 読み物をすすめていくうちに、分からない言葉や難しい文章が出てくる時があります。

読み飛ばし方にはコツが必要ですが、分からない表現を全て読み飛ばしてしまうと、だんだん話の内容が分からなくなり、「読んでいてもつまらない」「内容が理解できない」状態になり、読書に飽きる原因になります。

また「読書する」とい行為は、本の中にある活字だけを読んで情報を得て、ストーリーをイメージしなくてはいけません。

映画やテレビとは違って、視覚でイメージできない分、分からない表現が出てくると思考が停止してしまい、集中できなくなってしまいます。

もしかして病気?読書すると眠くなる原因④眠る前に本を読む Instagram 寝る前に読書をする人は多いと思います。

夜は静かで暗いため、落ち着いて本を読むにはいいタイミングかもしれません。

「なかなか寝付けないから本を読む」という人にはいいですが、読書を進めたい、という人にはいいタイミングとは言えません。

また夜は部屋が暗いため、眠気を誘う「メラトニン」という物質が分泌されています。

眠くなる環境が整っているうえ、「活字を読む」という単純作業が加わり、ダブルで眠くなる原因が揃ってしまいます。

もしかして病気?読書すると眠くなる原因⑤読書をする環境 Instagram 「静かで誰もいない場所の方が落ち着いて本を読める」という人もいれば、「カフェでのんびり読書をしたい」といように、読書をする場所、環境は人によって様々だと思います。

自分に合わない環境での読書は、「読書をしないといけない」という義務感に襲われ、飽きて眠気を誘います。

読書すると眠くなる!眠気を吹き飛ばす方法6つ 読書すると眠くなる!眠気の吹き飛ばし方①時間を決めて読書する Instagram 活字を読むことに慣れていない場合は特に、だらだらと読書をするより、時間を決めて読書に取り組む方が眠気を感じずに読み進めることができます。

読書以外のこと、例えば勉強や仕事をする時でも、時間を区切って取り組むということは、パフォーマンスを向上させ、効率よくこなせるようになります。

時間を決めることによって「その時間内に集中しよう」という意識が働くので、読み物の内容も頭に入りやすく、眠気を感じずに読書を楽しめます。

読書すると眠くなる!眠気の吹き飛ばし方②活字に慣れる Instagram 「読書に慣れていない=活字に慣れていない」ということです。

はじめから長文を読もう!と意気込むと、読書が義務のような感覚になり、本のストーリーを楽しめず、眠くなる原因になります。

まず活字に慣れるために、分厚い本を選ぶのではなく、少しハードルを下げて、簡単に読めそうなものから読んでみてください。

少しづつ慣らしていくと、本を読むことが楽しくなり、眠くなることもなくなります。

読書すると眠くなる!眠気の吹き飛ばし方③背筋を伸ばして姿勢を正す Instagram 「ソファで本を読む」「寝ながら読書する」これらもリラックスしながら読むにはいいですが、どうしてもリラックスし過ぎて眠くなります。

自宅で本を読む場合は「机に向かい姿勢を正して読む」ということを意識するといいです。

また「カフェで読書する」「電車内で読む」など、野外で読書することで他人の目を意識すれば、自然と姿勢も正しくなり、眠くなりにくくなります。

野外での読書におすすめな場所を紹介する記事がありますので、こちらを参考にして、休日に読書を楽しんでみるのもいいと思います。

読書すると眠くなる!眠気の吹き飛ばし方④興味のある本から読む Instagram 小説やミステリーなど、ストーリー性がある本を読む場合は、自分の興味がある本から読みます。

どうしても興味が持てない読み物だと、飽きて眠くなる原因になります。

また、自己啓発本など自分の知識を増やすための読み物の場合は、まず目次に目を通して、自分の興味のある項目から読み進めます。

順番に読み進めてしまうと、最初の項目に興味のない内容が出てくると飽きて眠くなってしまいます。

そういう場合は読み飛ばし、興味のある項目から読んでいきます。

そうすれば、「すぐ眠くなるなんて病気?」と不安になることもなくなります。

このように、読み飛ばし方が上手くなれば、飽きて思考停止状態にならず、本を読み進めていくことができます。

読書すると眠くなる!眠気の吹き飛ばし方⑤声に出して音読する Instagram どうしても読書をすると眠くなる場合は、声に出して音読してみましょう。

学生の頃、国語の時間に教科書を音読しましたよね?その頃のように、一字一句声に出して読みます。

「活字を目で追う」だけでなく、更に「声を出す」ことによって集中力も高まり、次第に読書モードになります。

そして音読すると、集中力が高まった分、本の内容がしっかり頭に入り、より濃い読書の時間を過ごせます。

そうすれば先を読みたくなって、眠気も吹き飛びます。

読書すると眠くなる!眠気の吹き飛ばし方⑥読書ノートを作ってみる Instagram 「読むだけでは飽きて眠くなる。

」そういう場合は、自分オリジナルの「読書ノート」を作ってみるのも一つの手です。

まずはノートとペンなど、自分の好きな文房具を用意します。

読書をする時はいつもこのセットを側に置いて、すぐメモを取れるようにしておきましょう。

「読書ノート」に書く内容は、その本の感想文や、気に入ったフレーズを書いておきます。

また、本から得た知識や教養は大事な自分の財産になるものです。

たくさんの本を記憶することは難しいですが、「読書ノート」に重要な部分だけを記入しておけば、後で見返してまたすぐに得た知識や情報を思い出すことができます。

「読書ノート」に、「本のまとめ」を書き出すことによって、「この本から何かしら得よう」という意識が自然と芽生え、集中して本を読めるようになります。

眠くなるのは病気ではなく、本を読むことに集中できていれば眠くなることはありません。

まずは下記の関連記事を参考にお気に入りの文房具を探してみてください。

眠れない夜におすすめな心地良い眠りに誘ってくれる読み物・書籍は? 眠れない夜におすすめな読み物①「ムーミンシリーズ」トーベ・ヤンソン Instagram 夜の読書におすすめなのは、読んでいて心地いいと感じる本です。

童話などもいいですが、中でも、大人でも楽しんで読めるムーミンシリーズの本はおすすめです。

ムーミン谷の仲間達のセリフは、心にとどまるような素敵な言葉が多いです。

ムーミンの本を読んで、心がホッと温まれば自然に眠りにつけます。

眠れない夜におすすめな読み物②「眠れぬ夜に読む本」遠藤周作 Instagram 本のタイトル通り、眠れぬ夜におすすめなこちらの本は、遠藤周作のエッセイ集です。

思わず笑ってしまうような話、考えさせられるような話と、どちらも重すぎず、さらっと読めます。

眠る前に、毎日少しづつ読みたくなるような本です。

眠れない夜におすすめな読み物③「れんげ荘シリーズ」群ようこ Instagram 眠る前の読書は頭を空っぽにして読みたいものです。

群ようこの「れんげ荘」シリーズの本は、仕事で疲れたり、ストレスがたまっている時に読むと、体の力が抜け、リラックスできます。

働かないと決めた主人公「キョウコ」の穏やかなスローライフが描かれていて、ほっこり温かい気持ちになります。

読書すると眠くなる!は解消できる 読書をして眠くなるのは病気ではなく、このようなちょっとした方法を取れば解消できます。

読書は「しなくてはいけない」のではなく「楽しむ」ものです。

自分にとって「いい本」「価値のある本」に出会えると、それだけで心も豊かになります。

そうすれば、読書は「飽きて眠くなる」ものではなくなり、むしろ本の虜になります。

ぜひあなたにとっての素敵な一冊を見つけて下さい!

キーワード

  • 読書
  • 眠気
  • 病気
  • 活字
  • 読み物
  • 興味
  • 読書ノート
  • 集中
  • イメージ
  • 音読
  • 意識
  • 環境
  • 集中力
  • 単純作業