ライフスタイル

【失恋の夢占い】落ち込まないで!失恋の夢診断の本当の意味12選

2018年09月16日更新
【失恋の夢占い】落ち込まないで!失恋の夢診断の本当の意味12選

失恋の夢占いが意味することは 一般的には恋愛がうまくいく暗示 失恋の夢占いは、実は一般的には逆夢であると考えられています。

つまり、夢のイメージとは反対に、恋愛がうまくいく暗示なのです。

失恋の夢は逆夢? 失恋の夢を見るのは、相手のことが好きで好きでたまらないから。

相手への想いが募り、つい不安な気持ちに駆られて失恋の夢を見てしまう、と考えられているのです。

そんな気持ちなら、恋愛がうまくいかないわけありませんよね。

「別れたい」という思いの表れの場合も ただし、例外もあります。

それは、あなたが「恋人と別れたい」「そろそろ別れるべきでは」と考えているとき。

そんな悩ましい思いを抱えているとき、その気持ちが夢に反映され、実際に失恋している夢を見る場合もあるのです。

どちらの解釈を選ぶかは、あなたの気持ち次第。

あなた自身が一番よく分かっていることなのかもしれません。

自分の気持ちに向き合ってみる必要があるでしょう。

恋人のいる人が見る失恋の夢占い 恋人に振られる・恋人と別れる夢 実際の恋人に振られたり、別れてしまったりして失恋する夢は、典型的な逆夢の可能性が高いでしょう。

つまり、あなたが恋人のことを大切に想っている証拠です。

今のまま、二人は愛情を維持していくことができるということを示しています。

もし何かアクシデントに見舞われたとしても、心配はいりません。

そのことがかえって、二人の絆を強くするはずです。

恋人への愛に自信を持ち、今の関係を維持してください。

恋人を失う・恋人が死ぬ夢(解釈1) 恋人が死ぬなど、何らかの形で恋人を失って失恋する夢を見た場合、いくつかの解釈が考えられます。

まず代表的な解釈としては、振られる・別れてしまう夢と同様に、あなたの恋人への想いが強いということを示しています。

恋人が愛しすぎて、「失うのが辛い」と考えているのかもしれません。

今のその気持ちを大切に、これからも恋人に接していくようにしましょう。

恋人を失う・恋人が死ぬ夢(解釈2) もう一つの解釈は、あなたに恋人以外に好きな人がいることを示しています。

恋人への罪悪感から、このような夢を見ると考えられているのです。

もし今、恋人がいるにも関わらず他に気になる人がいるならば、その迷いの気持ちが夢にまで表れているという証拠なのかもしれません。

また、今他に好きな人がいなくても、これから現れることを暗示している場合もあります。

本当に大切な人は誰なのか、改めて考えるべきときなのでしょう。

恋人を失う・恋人が死ぬ夢(解釈3) 後の解釈は、あなたが「恋人に振られそうだ」と考えている場合です。

実際に恋人から別れを切り出され、失ってしまうときのための「予行演習」や「気持ちの準備」をしていると考えられます。

もしも今、あなたと恋人の仲がうまくいっていないとしたら、無意識のうちに別れを覚悟しているのかもしれません。

夫婦として離婚する夢 実際の恋人が、夢の中では夫婦となっていて、離婚する形で失恋するという夢を見た場合。

これは吉夢で、二人の仲が強く結ばれていることを示しています。

「絶対に別れない」「いつまでも一緒にいる」という、強い覚悟の夢なのです。

今の二人ならば、本当の夫婦となっても、いつまでも一緒にいることができるでしょう。

過去の失恋を再現している夢 昔の恋人や、好きな人との失恋の場面を夢で見ると、とてもブルーな気分になってしまいますよね。

このような、過去の失恋の場面が夢に表れた場合は、あなたが今の恋と過去の恋を重ね合わせて見ていることを示しています。

今の恋人と過去の恋人を、比べてしまってはいないでしょうか。

過去は、もう終わってしまったこと。

今目の前にいる恋人だけを、真っ直ぐに見つめましょう。

二人の問題は、二人で解決するものです。

恋人のいない人が見る失恋の夢占い 好きな人に振られる夢 片想いの相手に振られて失恋してしまう夢を見たら、正夢になってしまうのではと心配になるかもしれませんね。

けれど、その可能性は低いです。

この夢は、あなたが相手を真剣に想っていて、「自分の恋は実るか」と不安な気持ちになっていることを示しています。

あなたの強い想いを、思い切ってぶつけてみてはいかがでしょうか。

また、この夢は「実際に相手から好意を抱かれている」場合にも見ることがあるようです。

架空の恋人に振られる夢 恋人も好きな人もいない人が、架空の恋人相手に失恋する夢は、自分のことを過小評価していることを示しています。

「どうせ自分なんて」と、自信をなくしてしまうような出来事があったのではないでしょうか。

考え過ぎなのかもしれません。

もっと気楽に行動してみましょう。

あなたが考えているより、あなたを評価し、好意を持っている人がたくさんいるのかもしれませんよ。

過去の失恋を再現している夢 今特定の相手がいない人が、過去に失恋した場面を再現している夢を見たら、前向きな気持ちになっていることを示しています。

昔の失恋という出来事を夢で思い出すことにより、気持ちの整理をつけ、新しい恋に向けて準備をしようとしているのです。

もし過去の恋に未練があるとしても、近いうちに新しい素敵な出来事が起こることを暗示しています。

前向きに、新しい出会いを楽しみましょう。

配偶者のいる人が見る失恋の夢占い 離婚する夢 既婚者が、実際の配偶者と離婚する夢は、典型的な逆夢の可能性が高いでしょう。

配偶者への愛が強く、想いが募っていることを示しています。

愛のある家庭を築けているのではないでしょうか。

さらに距離が縮まり、仲の良い夫婦でい続けられるはずですよ。

実際に離婚する夢ではないので、心配はいりません。

離婚で失恋する夢を見た方はこちらもチェック! 離婚してすっきりする夢 実際の配偶者と離婚したあと、すっきりした気分になる夢を見たら、「離婚願望があるのかも」と考えてしまうかもしれません。

しかしこの夢の場合、配偶者への想いにはあまり関係がないと考えられます。

この夢は、あなたの「自立心」を示しています。

自立して、自分自身で運命を切り開きたいと考えているということなのです。

自分自身が納得できる生き方を、模索するべきときが来たのかもしれません。

離婚届を渡される夢 実際の配偶者から離婚届は渡されてしまう夢は、実は複数の解釈があります。

まずは、今の人間関係がうまくいっていないということ。

あなたの過干渉が原因で、周囲の人たちとうまく関係が築けていないことを示しています。

思い当たることはあるでしょうか。

もう一つの解釈は、「離婚届」を失恋のシンボルではなく「公的な書類」として見た場合です。

その場合は、契約などで何らかのトラブルが起こることを暗示しています。

今のあなた自身の状況を判断し、自分なりの解釈をする必要があるでしょう。

失恋の夢で恋人への想いを再確認 失恋の夢は、見てしまったときの気分とは逆に、良い意味合いを持っている場合が多いものです。

あなたの恋人や好きな人への募る想いが最高潮に達し、夢にまで反映されてしまっているということなのですから。

飾らない想いを相手に伝えれば、きっと良い関係を築けていけるのではないでしょうか。

ただし、自信のなさや不安な気持ち、過小評価していることを示していたり、本当に別れを予感していたりする場合も、少なからずあります。

失恋の夢を見たら、あなたの恋人への本当の気持ち、今の心理状況などとしっかりと向き合うチャンスにしてみましょう。

愛する人とより良い関係を築いたり、新しい出会いを楽しんだりするための、きっかけになるかもしれません。

あなたの好きな人は本当に運命の人? 片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人が誰なのか、知ってみたくないですか? あなたの心にそっと寄り添い、安心感を与えてくれる凄腕鑑定師が悩みの根本と解決策を見出してくれる『幸せのレシピ』が大好評です! いつ、どこで、運命の人と会えるのかも、今なら≪初回無料鑑定≫してもらえます。

運命の人が気になる方は、ぜひお試しを!

キーワード

  • 恋人
  • 失恋
  • 解釈
  • 離婚
  • 過去
  • 配偶者
  • 二人
  • 夢占い
  • 暗示
  • 夫婦
  • 逆夢
  • 離婚届
  • 運命
  • 出来事
  • 場面