恋愛

彼氏彼女から友達に戻るには?別れた恋人と復縁するきっかけや心理も

2018年09月16日更新
彼氏彼女から友達に戻るには?別れた恋人と復縁するきっかけや心理も

彼氏彼女の関係から友達に戻る別れ方5選 彼氏彼女の関係から友達に戻る別れ方①潔く別れる 「潔く別れる」ということは、彼氏彼女の関係から友達に戻るための最低条件です。

別れの理由というのは色々あるものですが、理由が何であれ、きちんとした謝罪や素直な感謝の気持ちを述べて、綺麗な別れにしてください。

また、どんなに相手に未練があったとしても、未練を伝えないことも綺麗な別れには必要です。

潔く別れるためには、相手を傷つけたり、お互いに後悔をしないようにすることも大切です。

下の記事では傷つけたり後悔したりしないためのポイントや、上手な別れ方を紹介していますので、あわせて読んで参考にしてみてくださいね。

彼氏彼女の関係から友達に戻る別れ方②友達に戻りたいという意思を伝える 別れた後というのはお互いに多少なりとも遠慮や気まずさが生まれてしまうものです。

別れ際には、「お互いの気持ちが落ち着いたら、いつかまた友達として付き合えたらいいな!」と伝えておくと、別れた後に連絡を取りやすいです。

出来る限り明るく伝えて、相手に重たさを感じさせないように気をつけましょう。

彼氏彼女の関係から友達に戻る別れ方③相手に拒まれても一度受け入れる 場合によっては、相手に「友達に戻るなんて無理!」と拒まれてしまうこともあります。

そういった場合には、「そんなこと言わないでくれ!」と言いたい気持ちをぐっと堪えて、相手の意見を受け入れましょう。

意見を否定したことで相手の感情が高ぶってしまっては、綺麗に別れることが難しくなってしまいます。

彼氏彼女の関係から友達に戻る別れ方④カフェで別れ話をする 別れた後の印象というのは、別れ際の印象で決まります。

今後の関係を良好に築くためには、別れ際には好印象を残す必要があります。

家などのふたりっきりの空間だと、お互いに感情的になりやすいです。

他の人もいる場所のほうが冷静に話せるため、最後には笑顔で別れるような好印象な別れ際を作り上げることができます。

彼氏彼女の関係から友達に戻る別れ方⑤別れたら一ヶ月は連絡しない 綺麗な別れをすることができたら、そのあと一ヶ月は自分から連絡をしてはいけません。

相手から来た連絡を無視する必要はありませんが、なるべく時間を空けて連絡を取ることによって、相手にも自分にも、「彼氏彼女の関係ではなくなった」ということを改めて認識させることが、円満に友達に戻る近道となります。

友達に戻るために気持ちを割り切る方法5選 友達に戻るために気持ちを割り切る方法①ひとりの時間を楽しむ 別れた彼氏彼女と友達に戻るには、まずは自分がひとりの時間を楽しめるようになることが大切です。

別れたあとは、振ったほうも振られたほうも、ネガティヴな感情が生まれることが多いです。

沈んだ気持ちのままだと、友達としての付き合いも上手くいかなくなってしまうので、まずは別れた後の自由な時間を楽しみましょう。

最近、自分磨きの一環として「シンデレラノート」というものがSNSで流行しているのをご存知でしょうか。

外見も内面も磨けると話題のシンデレラノートについて、以下の記事で詳しく紹介しています。

ぜひ内容を読んでみて、ひとりの時間を楽しむヒントにしてみてくださいね。

友達に戻るために気持ちを割り切る方法②しばらくはふたりで会わない 友達に戻るのであれば、別れた後は自分も相手も気持ちの区切りがつくまでは会わないようにしましょう。

気持ちの区切りがついていないと、何らかのトラブルに発展しやすいです。

もし、どちらかの気持ちの区切りがついていない状態であれば、相手から会いたいと誘われても上手にかわしてください。

友達に戻るために気持ちを割り切る方法③連絡するときは用件を明確にする 連絡を取るときには、相手への用件を明確にして、他愛もない話をダラダラとしないようにすることが重要です。

そして、キリのいいところできちんとやり取りを終わらせます。

彼氏彼女であれば、話の内容よりも連絡を取っているという事実が大切ですが、友達の場合は、連絡を取っていることよりも話の内容が大切だからです。

友達に戻るために気持ちを割り切る方法④悩み相談をしてみる 仕事のことや別の友達のことで何か悩みがある場合には、思い切って元恋人に悩みを相談してみてください。

男女の友情において、悩み相談というのは友情を深めるきっかけとなります。

そして、相手の考え方や人間性が改めてよく分かるので、友達に戻るために自分の気持ちを整理する糸口にもなります。

友達に戻るために気持ちを割り切る方法⑤過去は過去と認識する 「過去は過去」とお互いが認識することが大切です。

連絡を取っている最中で、付き合っていたときの思い出話などが出ることもあるかと思いますが、楽しかったことや悲しかったこと、腹が立ったことや昔は言えなかったことなども、包み隠さず話すことによって、お互いに「過去は過去」と認識することができます。

友達に戻った彼氏彼女と復縁するきっかけ5選 友達に戻った彼氏彼女と復縁するきっかけ①別の異性が現れる 別の異性の存在は、関係を大きく変えるきっかけとなります。

相手に別の異性が現れたときはもちろんですが、自分に別の異性が現れたことによって元恋人との復縁を意識するケースもあります。

別れたあと、恋人から友達に戻る場合、お互いがもう他人であるという感覚が薄いことが多いです。

友達といえども、なんとなく特別な存在として相手を見ているなかで、自分や相手に別の異性の存在が出来るというのは、元恋人とはもう別れたという実感を強く感じさせてくれます。

元恋人と友達に戻っている場合、別の異性の話も切り出しやすいので、友達という立場を上手く利用しましょう。

友達に戻った彼氏彼女と復縁するきっかけ②久々の再会 久々に会ってみたら、元恋人の外見が以前よりも素敵になっていたりして魅力を感じることが多いです。

外見だけではなく、久々に同じ時間を過ごすことによって、会話のテンポやふとした行動などの些細なことが、「やっぱりこの人が一番いいかも」と、お互いに復縁を意識するきっかけになります。

別れた後というのは、お互いに別の友達や異性との関わりが増えるものです。

お互いの関わりが薄くなり、別の人と関わっている日々のなかでは、一緒にいるときの心地よさは徐々に忘れてしまいます。

しかし、久々の再会では、彼氏彼女として過ごした日々の思い出や心地よさが、いっそう強く思い出されるのです。

友達に戻った彼氏彼女と復縁するきっかけ③共通の友達からの後押し 共通の友達からの後押しはふたりの関係性を変えるきっかけになります。

「復縁しちゃえば?」なんていう軽い冗談でも、復縁を意識しているふたりであれば、大きなきっかけとなります。

もし、「お互いに気持ちが残っている気がするけれど、後一歩が踏み出せない」という状況でしたら、共通の友達の力を借りましょう! 友達に戻った彼氏彼女と復縁するきっかけ④連絡の頻度を変える 恋人から友達に戻ったあとに復縁のきっかけを作りたいときは、まずは連絡の頻度を増やしてみましょう。

一ヶ月に一回を一週間に一回、三日に一回と増やし、自然と毎日連絡を取るようにします。

毎日連絡をとることに慣れたら、連絡を途絶えさせます。

そうすることで、相手に自分の存在を強く意識させることができます。

友達に戻った彼氏彼女と復縁するきっかけ⑤復縁の意思を伝える 復縁のきっかけを作るには、素直に復縁の意思を伝えることも有効な手段です。

別れた恋人と友達に戻ることが出来ている場合、相手は自分に対して悪い印象は抱いていません。

「やっぱりあなたと恋人になりたいと思っている。

考えてみてほしい」ということを伝えて、相手に復縁について考えるきっかけを与えましょう。

友達から恋人に戻ると決めた時の心理3選 友達から恋人に戻ると決めた時の心理①相手を他の人に取られたくない 恋人から友達に戻ったあとで、また恋人になりたいと強く思うきっかけはさまざまです。

きっかけこそさまざまでも、復縁を決意するときに多いのが、「元恋人を他の人にとられたくない」という心理です。

友達としての関係というのは、一定の距離感が心地よい反面で、彼氏や彼女として相手を独占することは出来ないからです。

元恋人に他の異性が現れたとき、久々に再会した元恋人が以前にも増して素敵になっていたとき。

そんなとき、元恋人と自分以外の誰かが恋愛に発展することもありえるということが、現実味を帯びて感じられます。

友達関係のままでは、それを止める手立てもないということに気付き、復縁を決意するケースが多いです。

友達から恋人に戻ると決めた時の心理②友達ではないということに気付く 友達関係を続けているなかで、やはり相手はただの友達ではないと気付いて、友達から恋人に戻るケースも多いです。

ふたりで遊んでいる最中に、スキンシップを取りたいと思ってしまったり、相手と遊んでいるときが一番居心地がいいと感じたり、普通の友達ではないと気付くシーンは多々あります。

元々は何でも知っていたのに知らないことが増えてくる、いつも一緒にいたのにいつも一緒にはいられなくなるなど、恋人から友達になると、以前の関係からのギャップが大きいです。

そういった部分から、普通の友達ではないと改めて感じ、恋人関係が一番しっくりくると考え、友達から恋人に戻ろうという心理が芽生えます。

友達から恋人に戻ると決めた時の心理③別れた後の失恋から立ち直れない お互いが別れに対して、「失恋した」と感じているケースで一番多いのがこのパターンです。

納得して別れた後、失恋の痛手を感じながらも、相手はもう立ち直っていると考えて友達関係を続けます。

友達として付き合っているなかで、些細なことから、相手も自分と同じように失恋の痛手を負っていると気付けば、復縁はすぐです。

お互いに気持ちが残っていながらも、お互いのためを思って気持ちを押し殺していただけなので、同じ気落ちであることに気付くことができれば、もう何も障害はありません。

ふたりの気持ちを確かめ合うだけで、友達から恋人に戻ることができます。

恋人から友達に戻るのは難しいけれど友達から恋人に戻るのは簡単! 恋人と別れて友達としてうまくやっていきたいという人もいれば、恋人に別れを告げられたけれどせめて友達でいたいという人もいるでしょう。

どちらにしても、恋人から友達に戻るには、別れるときにも別れたあとにも色々と気をつけなければいけないポイントがあり、恋人から友達になるのは簡単なことではありません。

しかし、恋人から友達になった相手というのは、自分のよき理解者になってくれますので、うまく友達関係を築けた場合には大切な存在となります。

また、復縁を望む場合であれば、友達から恋人に戻るというのは、通常の復縁よりも難易度がぐっと下がるので、復縁方法としてはオススメです。

経緯や目的は人それぞれですが、恋人から友達に戻りたいと考えている人は、今回紹介した内容を元に相手と上手な関係を築いてくださいね。

また、以下の記事でも恋人と友達に戻る方法や、友達に戻ってからの上手な付き合い方について紹介していますので、ぜひこちらも参考にしてみてください!

キーワード

  • 友達
  • 恋人
  • 復縁
  • きっかけ
  • 彼氏彼女
  • 連絡
  • 異性
  • 別れ方
  • 心理
  • 過去
  • あと
  • ふたり
  • 久々
  • 存在