ライフスタイル

LINEの退出しましたの意味とは?退会・ブロックとの違いや退出方法も

2018年09月19日更新
LINEの退出しましたの意味とは?退会・ブロックとの違いや退出方法も

LINEの退出しましたの意味とは? 退会と退出の違い 皆さんも日ごろお使いのことと思われるLINE。

無料でメッセージも電話もできて便利なアプリですよね。

そんなLINEの退出、退会についての説明をしていきたいと思います。

LINEについてもっと詳しくなって、一段と使いこなせるようになりましょう。

まずLINEの退会と退出の違いについて説明していきたいと思います。

LINEの退会とは、アカウントの削除を行うことです。

アカウントを削除してしまうと、今までの友達やトーク、写真などがすべて消えてしまうことになります。

そしてそれを復元することはできなくなってしまいます。

機種変更の際には注意しましょう。

では、LINEの退出はどうでしょうか。

これは、グループラインや個人ラインから抜けるときに使われる言葉です。

グループの場合は単にそのグループから抜けることを意味しますが、個人ラインからは退出することが出来ないので、個人ラインの退出はつまりその人のアカウントの削除=退会を意味します。

LINEのトークに「~が退出しました」と書いてある意味 LINEのトークをさかのぼって見てみるとグループラインの途中や、トークの最後に「~が退出しました」と書かれてあるものがあると思います。

ブロックされてしまったのではないかと不安になってしまいがちですが、決してブロックされたわけではありません。

ブロックされていたらそのような表示にはなりません。

では、なぜ「~が退出しました」と表示されるのでしょうか。

これは、グループラインと個人ラインで意味が異なります。

グループラインでの退出は単にグループラインのメンバーから抜けたことを意味します。

もしアカウントを削除してしまった場合は、退出ではなく、「~が退会しました」と表示されるようになります。

個人ラインについては、トークを退出=アカウントの削除となります。

トークルームを削除することもできますが、それでは相手にはなにも表示されず変わらないままです。

個人ラインの一番下に「~が退出しました」と書かれていたらそれは相手のアカウントが一度削除されたことを意味しています。

トークのタイトルが「メンバーがいません」となっている意味 では、同じくトークの最後に「~が退出しました」となっているのに、トークのタイトルが「メンバーがいません」となっている場合はどうでしょうか。

この場合はそのトーク相手のアカウントが存在していないことを示しています。

機種変更をする際にうまくアカウントを引き継げなかったり、LINEのアカウント自体を退会してしまった場合にこのような表示になります。

つまりそのアカウントとはもう連絡を取れないことを意味しています。

そのため相手が分からない状態なので、「メンバーがいません」と表示されるようになります。

LINEの「退出しました」と退会・ブロックの違いは? LINEの退会とは? LINEの退会とはどのようなことを指すのでしょうか?これは、LINEアカウントの削除を意味しています。

先ほども述べたように、LNEのアカウントを削除してしまうと、もうそのアカウントの友達の情報、トーク履歴、購入したスタンプの情報、連動アプリの記録などすべてがなくなってしまいます。

つまり、トークを退出することとは全く意味が異なります。

アカウント自体がなくなってしまいますので、新たにやり取りを再開することはできません。

しかし、LINE退会したメンバーとやり取りを交わしたトークは、その相手側には残ったままなので、閲覧することはできます。

LINEは電話番号と紐づけられているので、万が一アカウントを削除してしまっても、電話番号を知っていればまた同じ相手を探し出すことはできます。

ただし、これは相手が電話番号で検索されることを許可しているときにのみ使えるやり方なので、その設定を相手がしていなければ探すことはできません。

LINEのブロックとは? LINEには「ブロック」という機能があります。

これは特定の相手を指定してその相手とのみやり取りができなくなるシステムのことです。

セキュリティなどの面から活用していきたい方法ですね。

では、ブロックしたらどうなるのか、ブロックされたらどうなるのかご説明していきたいと思います。

まず、ブロックした側から見ていきます。

ブロックした側はその相手とのトークの入力欄にブロック中と表示されて、その相手にトークを送ることができません。

また、その相手から届いたトークも見ることができません。

ただし、他の人を含むグループラインでは通常通りその相手からのトークを見ることができます。

ではブロックされた側はどうでしょうか。

こちらはブロックされたことが分かりません。

トークも通常通り送ることができます。

しかし相手はそのトークを見ることができなくなってしまっているため、ブロックを解除しない限り既読が付くことはありません。

LINE通話も発信できますが、相手が出ることはありません。

LINEの「退出しました」と退会の違い グループラインの「退出しました」は、ただそのトーク画面を終了しただけの時に表示されます。

退会した場合は、グループラインでは「~が退会しました」と表示されます。

個人ラインの場合、表示は退会の時にも同じものが出ますが、その場合は相手のアカウント名が「メンバーがいません」となります。

LINEの「退出しました」とブロックの違い ブロックされた時はどうでしょうか。

ブロックされた時には「退出しました」の表示は出ません。

個人ラインで通常通りのトーク画面と変わりがないのにトークを送ってもしばらく既読が付かない時にはブロックされたかもしれないと疑ってみましょう。

グループラインではブロックされている相手に気づくことは難しいでしょう。

LINEのトークルームから退出する方法は? LINEのトークルームとは? LINEのトークルームとはどのようなものでしょうか。

これは、相手とのやり取りを表示する場所のことです。

LINEを開いて、下のメニューから「トーク」を選ぶと、相手別にトークルームの一覧が表示されます。

そこからトークを開始したい相手を選ぶか、新たな相手とのトークルームを作成することもできます。

このトークは1対1でトークをする方法と複数人でトークをする方法の2つがあります。

どちらでも同じように利用することができます。

また、LINEの公式アカウントや企業のアカウントからの広告もこのトークルームに表示されます。

基本的に相手とのやり取りを行う場所がトークルームなのです。

また、複数人のトークはグループ化する方法もあります。

この場合はグループ名を決めます。

グループを作ると、友達のリストのところのグループリストに自分が入っているグループが表示されるようになります。

グループラインのトークルームから退出する方法は? LINEのトークルームから退出するには、グループラインの場合でないとできません。

個人ラインの退出=アカウントの削除となってしまいます。

なのでここではグループラインからの退出方法についてご説明していきたいと思います。

まずは退出したいグループラインを開きます。

右上のメニューボタンを押します。

その中に「トーク退出」というボタンがありますのでそれをタップします。

これでグループラインから退出した状態となりました。

グループラインの退出方法 退出したいグループラインを選ぶ 右上のメニューボタンをタップする メニューの中から「トーク退出」を探し、タップする グループラインの退出完了 グループラインのトークから退出すると、他のメンバーには「~が退出しました」との表示がされるようになります。

また、トークから退出した本人はそのグループラインの履歴も見ることが出来なくなります。

退出したつもりはないのに「退出しました」と表示された!その原因は? いつの間にか退出している原因①アカウントを削除してしまった いつの間にか退出している原因の1つ目は間違ってアカウントを削除してしまったというケースです。

これは不慮の水没や損壊でスマホが使えなくなってしまい、データのバックアップを取ってなかったがために使っていたアカウントがなくなってしまうことです。

データのバックアップを取っていればこうなることはありません。

新しくLINEのアプリをダウンロードしてしまい、違うアカウントでログインしてしまうと新しく上書きされてしまいます。

基本的にLINEのアプリは電話番号につき1つとなっているからです。

機種変更の際にもうまくこのデータの引継ぎが行えないと同じ事が起こってしまう可能性がありますので気を付けましょう。

このようにして使用していたアカウントがなくなってしまった場合、そのアカウントでの友達のLINEからあなたのデータはなくなり、すべてのトークが「退出しました」という状態になってしまうのです。

もちろん新しいアカウントで今までの友達を見つければまた同じようにやり取りできますが、以前のやり取りは見れません。

いつの間にか退出している原因②グループラインから誰かに退出させられた いつの間にか退出している原因の2つ目は、グループラインから誰かに退出させられたということです。

これは、自らグループラインから退出するのとは異なり、同じグループ内の誰かがあなたをそのグループから強制的にあなたを退出させたということになります。

退出させられたグループラインは見ることが出来なくなってしまいます。

そして退出させられた人は、誰に退出させられてしまったかはわからないままなのです。

また、そのグループラインに残っている人のトーク画面には、「~が~を退会させました」との表示が残るようになっています。

当の本人にはわからず勝手に退出させられてしまうので、ちょっと恐ろしいですね。

退出させられてしまったグループラインに復活するためには、またそのグループに招待してもらわなければなりません。

この機能を使ったいじめなども実際に起こってしまっているのが現状です。

LINEの退出しましたを理解して、もっとLINEを使いこなしましょう! LINEの退出しましたという表示についてご説明してきましたが、このほかにもLINEの機能はたくさんあります。

使いこなせるようになればもっと様々な形でコミュニケーションをとることが出来るようになります。

しかも、それがすべて無料なんて素晴らしいアプリですね。

しかし使い方を間違ってしまうと、いじめに発展してしまったり、相手を傷つけるツールとなってしまう可能性もあります。

それではせっかくのコミュニケーションツールが台無しとなってしまいますね。

きちんとマナーを守って楽しくコミュニケーションをとれるようにしていきたいですね。

また、文章でも述べましたが、機種変更をする際には注意が必要です。

今までの友達やトーク、写真などを消さないためにもきちんと引き継ぎの方法を理解して行ってください。

そうすればトークの退出をすることなく使い続けることが出来ます。

もっとLINEを知って楽しくコミュニケーションをとりましょう。

キーワード

  • 退出
  • LINE
  • トーク
  • グループライン
  • ブロック
  • 表示
  • 退会
  • グループ
  • トークルーム
  • 意味
  • 削除
  • 個人ライン
  • やり取り
  • メンバー
  • 違い