美容

シミ隠しにおすすめコンシーラー12選!使い方や人気なプチプラも

2018年09月20日更新
シミ隠しにおすすめコンシーラー12選!使い方や人気なプチプラも

小さいシミ隠しにおすすめなコンシーラー3選 小さいシミ用コンシーラー①|IPSAクリエイティブコンシーラー Instagram 小さいシミ隠し用のおすすめコンシーラー1つ目は、IPSAの「クリエイティブ コンシーラー」です。

パレッドに3色ありますので、肌色に関わらずこちら1つでどんなシミでも隠すことができます。

単色で使うことはもちろん、自身のシミの濃さに合わせて3色を混ぜて使いこなしましょう。

固形コンシーラーにしてはテクスチャーは柔らかめで、付属の筆につけてシミに乗せると、簡単に消えてくれます。

コンシーラー独特の重たい感じがないので、サラッと自然に肌になじんでくれるアイテムです。

\ POINT / 小さいシミ用コンシーラ色の選び方 小さいシミや、色が薄いシミにつけるコンシーラーは、自身の肌に近い色または、少し暗めの色を選びましょう。

肌との境目がわからないよう、 ぼかすことが大事です。

小さいシミ用コンシーラー②|カバーマークブライトアップコンシーラー Instagram 小さいシミ隠し用のおすすめコンシーラー2つ目は、COVERMARKの「ブライトアップ ファンデーション」です。

「よれない・パサつかない・小ジワが目立たない」とCOVERMARKが謳っている通り、シミ以外にも、クマやニキビ、ピンポイントで隠したい部分を綺麗に消してくれます。

イエローベースとブルーベース、自身の肌に合う色を選び、指に乗せてシミに塗りましょう。

テクスチャーが固めなので、筆やスポンジよりも肌の体温で少し溶かしてから使うのがおすすめです。

小さいシミ用コンシーラー③|shuuemuraカバークレヨン Instagram 小さいシミ隠し用のおすすめコンシーラー3つ目は、shuuemuraの「カバークレヨン」です。

コンシーラーには珍しいペンシルタイプですが、そのまま気になるシミをなぞるだけなので、初心者でも上手く使いこなせます。

ペンシルタイプですが、驚くほどテクスチャーが軽く、気になるシミをピンポイントで隠してくれます。

また一本で2色使うことができ、暗い茶色でシミを消し、明るいベージュの方はハイライトとして使用可能です。

ポーチに入れておけば、こちら一本で肌の気になる部分を隠しつつ、立体感も持たせてくれます。

濃いシミ隠しにおすすめなコンシーラー3選 濃いシミ用コンシーラー①|theSAEMカバーパーフェクション Instagram 濃いシミ隠し用のおすすめコンシーラー1つ目は、the SAEMの「カバーパーフェクション」シリーズです。

美容大国韓国のコスメ用品ですが、日本でも購入可能になる程人気があるコンシーラーです。

カバーパーフェクションシリーズは幾つかありますが、今回おすすめしたいコンシーラーは「アイディールコンシーラーデュオ」です。

こちらはスティックタイプのコンシーラーと、リキッドタイプの2wayとなっており、あらゆる肌の悩みに対応してくれます。

濃いシミに、まずはリキッドタイプを薄く乗せ、伸ばしていきます。

その後スティックタイプの方で更に気になる部分に塗り重ねましょう。

\ POINT / 濃いシミ用コンシーラ色の選び方 濃いシミにつけるコンシーラーの使い方は、まず地肌よりワントーン暗めの色でシミ全体を消し、上から明るい色でなじませ、自然に見せることが重要です。

濃いシミ用コンシーラー②|M・A・Cプロロングウェアコンシーラー Instagram 濃いシミ隠し用のおすすめコンシーラー2つ目は、M・A・Cの「プロ ロングウェア コンシーラー」です。

こちらのコンシーラーはカバー力があるので、濃いシミや広範囲のシミを一気に隠したい時におすすめです。

少量でも伸びが良いので、デパートコスメですが、コスパも抜群です。

ポンプ式のコンシーラーの使い方は、少量をシミに乗せ、筆やスポンジで伸ばした後、指先でなじませるように押さえましょう。

カラー展開は9色なので、一度M・A・Cのカウンターでタッチアップをしてみましょう。

濃いシミ用コンシーラー③|資生堂スポッツカバー Instagram 濃いシミ隠し用のおすすめコンシーラー3つ目は、資生堂の「スポッツカバー ファウンデイション」です。

こちらは約40年間も販売されてるコンシーラーです。

ベースカラーの6色と、コントロールカラーの2色の、全8色の展開となっています。

ベースカラーでも全体用と部分用、色の明るさで分かれていますので、自身の肌の色に合わせて選びましょう。

スポッツカバーファウンデイションはとてもこってりとしたテクスチャーなので、少量を指でとり、気になるシミにポンポンとなじませてください。

赤み隠しにおすすめなコンシーラー3選 赤み隠しにおすすめコンシーラー①|セザンヌ赤み補正コンシーラー Instagram 赤み隠し用のおすすめコンシーラー1つ目は、セザンヌの「赤み補正コンシーラー」です。

一般的に、赤みには緑色のコンシーラーやコントロールカラーを使うと綺麗にカバーすることができます。

小鼻や頬の気になる赤みに広げると、自然に赤みを押さえてくれますので、その上から普段お使いのファンデーションを重ねて下さい。

薄づきなので厚塗り感もでず、綺麗に赤色を消してくれます。

600円と手が出しやすいお値段なので、赤みに悩んでいる方は是非試してみて下さい。

セザンヌは他にもプチプラで、隠したい部分をしっかりとカバーしてくれるコンシーラーが沢山ありますので、興味がある方は是非以下の記事をご覧になって下さい。

赤み隠しにおすすめコンシーラー②|RMKベーシックコントロールカラーN Instagram 赤み隠し用のおすすめコンシーラー2つ目は、RMKの「ベーシックコントロールカラー」です。

こちらはピンポイントでのコンシーラー使いもできますが、広範囲の赤みを消したい方におすすめです。

2018年にリニューアルし、より軽い着け心地で、毛穴も綺麗に隠してくれます。

赤み隠しにおすすめコンシーラー③|Diorフィックスイットカラー Instagram 赤み隠し用のおすすめコンシーラー3つ目は、Diorの「フィックスイットカラー」です。

赤みが気になる方は、画像右上の400グリーンを選びましょう。

赤みのカバーをしつつ、透明感も求めている方におすすめのコンシーラーです。

Diorのこの可愛いデザインも、メイク時にテンションを上げてくれます。

ポーチにも入るかわいいサイズなので、夕方の化粧なおしや、急にできてしまったニキビなどにも対応してくれる、人気のあるアイテムです。

コンシーラーの中にプライマーが埋め込まれていますので、使い方に悩む方は是非Diorのコスメカウンターで相談してみましょう。

プチプラで人気のシミ隠しコンシーラー3選 プチプラメイクのコンシーラー①|CANMAKEカラーミキシング Instagram プチプラのおすすめコンシーラー1つ目は、CANMAKEの「カラーミキシングコンシーラー」です。

プチプラコスメと言えばCANMAKE。

カラーバリエーションは4色あり、小さいですが鏡もついていて、750円とは思えない仕事をしてくれます。

固めのテクスチャーなので、使い方としては気になる部分に、ピンポイトで乗せなじませていくのがおすすめです。

3色を上手く混ぜて、シミを隠してみましょう。

プチプラのメイクコンシーラー②|mediaコンシーラーa Instagram プチプラのおすすめコンシーラー2つ目は、mediaの「コンシーラーa」です。

カネボウ化粧品から出ているmediaですが、ドラッグストアで800円手に入るアイテムです。

シミだけでなく、クマや毛穴も消してくれるこちらのコンシーラーは、無香料でお肌にも優しい成分です。

指で少量をすくい、気になるシミに軽くポンポンとなじませたあと、スポンジで上から押さえれば、跡形もなく消えて行きます。

今回紹介したコンシーラーの中では一番小さいサイズで、手の平に乗るくらいの大きさです。

プチプラメイクのコンシーラー③|KATEスティックコンシーラーA Instagram プチプラのおすすめコンシーラー3つ目は、KATEの「スティックコンシーラーA」です。

幅広い年代から支持を得ているKATEが出す、コンシーラー。

ライトべージュとナチュラルベーシュの2色展開なので、色も迷わず選択できます。

シミだけでなく、ニキビ跡やソバカス等、ピンポイトで隠したい部分にスティックを当て指でぼかすと、高いカバー力で綺麗に消してくれます。

値段も800円とお手頃で、ポーチに入る大きさなので、手をあまり汚さずにメイク直しができるアイテムです。

プチプラのコンシーラーについてより詳しく知りたい方は、以下記事をご参考にして下さい。

シミ以外にも、クマやニキビにおすすめのコンシーラーも紹介しています。

シミ隠しのコンシーラーの種類と使い方 人気コンシーラーをテクスチャー別に使いこなす Instagram ピンポイントで消したいシミがある場合は、一般的に固めのテクスチャーのものを選びましょう。

タイプではスティックやパレット、ペンシルコンシーラーが向いています。

肝斑等、広範囲で気にあるシミがある場合は、乾燥を防げるリキッドタイプやテクスチャーが柔らかめな練りコンシーラーと、使い分けることも重要です。

コンシーラーの様々な使い方をマスターすること Instagram シミはただ、コンシーラーを塗れば隠せると思っていませんか?コンシーラーにはテクスチャー以外にも、塗り方の使い分けがあります。

指先だけでなく、ブラシやスポンジ、綿棒を使って綺麗になじましょう。

また、部位やシミの濃さによって、複数の色を混ぜ、自身のシミ隠しにベストな色を見つけることも大事なことです。

是非、独自のシミの消し方を見つけてみましょう! コンシーラーを使いこなしてシミ0の肌へ デパートコスメからプチプラコスメまで、シミ隠し用のコンシーラーと使い方を紹介致しました。

コンシーラーは値段に関わらず、自身の肌色に合うもの、上手な使い方をマスターすれば、綺麗にシミを消すことができます。

また、できてしまったシミをメイクで消すことも大事ですが、ビタミンC等を積極的に摂取しシミを薄くしたり、シミができにくいよう、紫外線対策をしたりと、日頃のケアにも気をつけたいですね。

キーワード

  • コンシーラー
  • シミ
  • 赤み
  • テクスチャー
  • プチプラ
  • 使い方
  • 綺麗
  • 自身
  • カバー
  • Dior
  • ピンポイント
  • KATE
  • media
  • ベーシックコントロールカラー