恋愛

勘違いブスの特徴20選!うざいデブスの女のあるあるやエピソードは?

2018年09月20日更新
勘違いブスの特徴20選!うざいデブスの女のあるあるやエピソードは?

勘違いブスの内面や性格の特徴10選!│前半 勘違いブスの性格の特徴①ナルシストで自分大好き 勘違いブスの内面や性格の特徴の一つ目は、ナルシストで自分が大好きだというものです。

実際に自分の見た目が誇りに思えるレベルかどうかが疑問という客観的な事実は関係ありません。

勘違いブスは自信家というだけではなく、激しい自己愛を持っているという表現がぴったりです。

愛は全ての基準を変えてしまうので、自己愛もすべての美醜の基準を変えるでしょう。

自分を至高の存在だと思っていると、自分とは違う部分を持っている人間のことは不細工に見えますよね。

自分より上の存在というものがいないほどの自己愛が、ずれた言動や痛い行動を生み出すこととなります。

勘違いブスの性格の特徴②人の話を聞かない傾向がある 勘違いブスの特徴の二つ目は、人の話を聞かない傾向があるということです。

どこにでも優しい人間はいますから、勘違いブスにも、そっと現実を諭してくれる人はいるはずです。

ですが、基本的に勘違いブスはそれを聞いていません。

良かれと思ってしたアドバイスが右から左というのは、勘違いブスのあるあるです。

勘違いブスの性格の特徴③客観的に自分を見れない 勘違いブスの内面や性格の特徴の三つ目は、客観的に自分を見ることができないというものです。

もし、他の人から見た自分の言動が分かるのなら、痛い行動はしないはずですし、自分が美しくないことも理解するでしょう。

ですが、客観視ができないので、自分という究極の贔屓目を通した自分しか知らないのが勘違いブスです。

勘違いブスでも、ある日いきなり目から鱗が落ちることがあり、その瞬間に今までの人生が黒歴史になるようです。

思わず、人生を捨てて逃げ出したくなったというエピソードもよく見受けられますね。

勘違いブスは主観的な目でしか自分を見られず、自分を中心に世界が回っていると考えるタイプということになります。

勘違いブスの性格の特徴④思い込むと他の視点を得られない 勘違いブスの内面や性格の特徴の四つ目は、思い込むと他の視点では物事を見られないというものです。

勘違いブスが自分を魅力的だと思うのは、究極の思い込みです。

普通の人でも思い込みから逃れるのは難しいのに、勘違いブスはさらに難しく、一度自分を可愛いと思い込んだら冷静になることはできません。

勘違いブスの性格の特徴⑤自意識過剰 勘違いブスの内面や性格の特徴の五つ目は、自意識過剰であるというものです。

勘違いブスを素敵だと気に欠ける人は稀ですが、自分は全員に注目されていると思うのが勘違いブスのあるあるでしょう。

勘違いブスは、自分の容姿に対する勘違いをしているだけではなく、色々な場所で勘違いを引き起こしているということですね。

勘違いブスの内面や性格の特徴10選!│後半 勘違いブスの性格の特徴⑥他の人を見下している 勘違いブスの内面や性格の特徴の六つ目は、勘違いブスは他の人をナチュラルに見下しているというものがあります。

大して可愛くもない人に上から目線で話しかけられたというエピソードは、勘違いブスにはあるあるでしょう。

自分という最高の存在の前においては、その他の人間が下になるのは当たり前なのです。

面白いのは、勘違いブス自身は悪気があって相手を侮蔑しよう、見下そうと思っているわけではないというところでしょうか。

ただ、自分を自然に一番だと考えているので、普通に接しているつもりでもどこか尊大になってしまうのです。

悪気がなく人を見下せるというのは高貴な身分のようですね。

勘違いブスの内面や性格の特徴の六つ目は、勘違いブスは他の人をナチュラルに見下しているというものがあります。

大して可愛くもない人に上から目線で話しかけられたというエピソードは、勘違いブスにはあるあるでしょう。

勘違いブスにとっては、自分という存在が至高なので、その他の人間が下になるのは当たり前なのです。

勘違いブスの性格の特徴⑦究極的にポジティブ 勘違いブスの内面や性格の特徴の七つ目は、究極的にポジティブな性格をしているというところです。

勘違いブスはどう見てもブスなので、現実に直面しないということはあり得ません。

また、勘違いブスとしての生き方をバカにされることも、珍しくない「勘違いブスライフのあるある」の一つです。

ところが、そんな中でも勘違いブスは明るく勘違いをし続けたままで生きることができます。

ガツンと勘違いについて言われたはずなのに、全く言動が変わらないまま自分を可愛いと思っているという勘違いブスのエピソードには枚挙にいとまがありません。

全てをポジティブにとらえて自分を全肯定できる性格は得かもしれません。

勘違いブスの性格の特徴⑧自分には恐ろしく甘い 勘違いブスの内面や性格の特徴の八つ目は、自分には恐ろしく甘いというものです。

勘違いブスは基本的に自分に対して贔屓目で甘く見ています。

このフィルタがある限り、真実を映す鏡を見ても、現実が勘違いブスに襲い掛かってくることはありません。

自分という存在にはどこまでも甘く点数をつけるのが勘違いの原因です。

勘違いブスの性格の特徴⑨意外と打たれ弱い 勘違いブスの内面や性格の特徴の九つ目は、元の性質自体は意外と打たれ弱いところもあるというところです。

ポジティブに痛い人間でいられるのは、自分をだまし続けているからかもしれません。

自分という存在の真実に気づけば、現実は辛くなりますよね。

勘違いを続けるのは、自分を守るためかもしれません。

勘違いブスの性格の特徴⑩プライドが高い 勘違いブスの内面や性格の特徴の十個目は、プライドが高いというものです。

自分より上のものを認めることができないのです。

自分より上をだれ一人として認めることができないのなら、全員自分より下で、自分が最も魅力的ということにしなければいけません。

これが勘違いブスの性格を作り上げる要因の一つとなります。

勘違いブスの外見や言動の特徴10選!│前半 勘違いブスの外見・言動①可愛いアピールを過剰にする 勘違いブスの外見・言動の特徴の一つ目は、可愛いアピールが多いという特徴です。

謙虚さを知っている人ならできないはずの「私は可愛いでしょう」という主張を恥ずかしげもなくできるのです。

時には、勘違いが度を過ぎてしまい、「自分が可愛いこと」を前提として話をしてくるかもしれません。

勘違いブスの外見・言動②ゆるふわで可愛く見えるアイテムを身に着ける 勘違いブスの外見・言動の特徴の二つ目は、ゆるふわで可愛く見えるアイテムを身に着けるというものです。

勘違いブスはゆるふわでフェミニンな雰囲気を好みますので、とにかくそれを身に着けて「可愛い」と主張してくるのが勘違いブスです。

「身に着けている物だけは可愛い」と言いたくなったというエピソードも聞きますね。

勘違いブスの外見・言動③常にやりすぎでのメイクやヘアスタイル 勘違いブスの外見・言動の特徴の三つ目は、常にやりすぎのメイクやヘアスタイルというものです。

勘違いブスは、自分が引くということを知りません。

常に押せ押せでメイクをします。

その結果、妙な迫力のある「足しすぎメイク」「過剰な巻き髪」などが出来上がってしまうのです。

普通の人がしないようなレベルでの可愛さの追求は、ある意味では素晴らしい熱心さだと言えるのですが、この特徴を誰もが歓迎しているわけではありません。

むしろ、「可愛いアピール」「過剰な可愛さの追求でやりすぎになったメイク」「貴族のようなヘアスタイル」に食傷気味になるというのはあるあるですね。

勘違いブスの外見・言動④一般的には可愛いが似合わない服を選ぶ 勘違いブスの外見・言動の特徴の四つ目は、似合わない服を選ぶというものです。

勘違いブスは可愛い服を選びます。

確かに可愛い服は可愛いものです。

ですが、似合っていない可愛い服を着たブスは可愛くありません。

それを理解していれば勘違いブスとはなりませんので、「可愛い服」であれば良いと思っている傾向があります。

勘違いブスだった人でも、自分にぴったりのスタイルを見つけることができれば若干マシになるというのは、勘違いブスのあるあるです。

ところが、そのようなエピソードはよく聞くものの、その境地に至れる勘違いブスは多くありません。

可愛い服と、可愛い服を着ている自分の可愛さが等号で結ばれないことを知らないのです。

勘違いブスの外見・言動⑤自撮りが多い 勘違いブスの外見・言動の特徴の五つ目は、自撮りが多いというものです。

自分を可愛いと思っていれば、可愛さをアピールしたくなるのは当然ですが、残念ながら、そこまで過剰にアピールするのは勘違いブスです。

以下の関連記事では勘違いブスの自撮りについて特集していますので、ぜひこちらも合わせてご覧ください。

勘違いブスの外見や言動の特徴10選!│後半 勘違いブスの外見・言動⑥口調が間延びして要領を得ない 勘違いブスの外見・言動の特徴の六つ目は、口調が間延びしていて要領を得ないことが多いというものです。

勘違いブスの口調は特徴的です。

自分が可愛いと思っている喋り方をするので、話し方が妙にゆるふわで甘ったるく、要領を得ない頭の悪そうな話し方をします。

可愛いと思っているのなら、当然、逆効果です。

勘違いブスの外見・言動⑦人のルックスにアドバイスをする 勘違いブスの外見・言動の特徴の七つ目は、人のルックスにアドバイスをするというものです。

勘違いブスは、可愛さに恵まれた者が、恵まれないブスにアドバイスをして可愛くしてあげるというのが、素敵なことだと思っています。

ところがここには重大な問題があります。

勘違いブスは可愛くありません。

勘違いブスのアドバイスをありがたがる人は滅多にいないでしょう。

勘違いブスが本物の美人に上から目線でアドバイスをしていたというエピソードは良く聞きますね。

このエピソードから読み取れるのは、勘違いブスの性格の良さではなく、黙って聞いている周囲の優しさでしょう。

勘違いブスの外見・言動⑧体型は残念 勘違いブスの外見・言動の特徴の八つ目は、体型自体は残念である人が多いというものです。

勘違いブスは、多くの場合は、太っています。

この理由は簡単で、勘違いブスは現実を見れないからです。

自分の現実を見ることができない甘さを持っている人間は、ストッパーがないために、体型管理もできなくなってしまうのです。

勘違いブスの外見・言動⑨モテると口にすることが多い 勘違いブスの外見・言動の特徴の九つ目は、自分はモテるのだと主張することが多いというものです。

勘違いブスが実際にモテることはないのですが、自分を美人だと思い込んでいる人の前では、全ての事実は歪んで見えてしまいます。

自分が好きな人は自慢も好きなので、事実ではない勘違いを自慢していることになりますね。

勘違いブスの外見・言動⑩天然を装っている 勘違いブスの外見・言動の特徴の十個目は、天然を装っているというものです。

天然女子はモテますし、可愛らしい雰囲気がありますよね。

それを真似して天然を装った言動をすると言うのは、勘違いブスのあるあるです。

最も、周囲にしてみれば、自分を可愛いと主張していること自体が天然のボケだと思えているでしょう。

勘違いブスに対する周囲の本音は? 周囲の本音①デブスがうざいと思っている 勘違いブスに対する周囲の本音の一つ目は、デブスがうざいというものです。

勘違いブスは積極的に他人に危害を加えるようなタイプではありませんが、だからと言って周囲が温かく見守ってくれる存在と言うわけではありません。

むしろ、言動が一般の人間の中では浮いており、うざいと感じる人も少なくはないのです。

周囲の本音②見ていて痛くて辛い 勘違いブスに対する周囲の本音の二つ目は、見ていて痛くて辛いというものです。

主張する可愛さがただの「勘違い」ですから、自分がその立場だと考えると身もだえしたくなるでしょう。

ところが、勘違いブスはその勘違いに気付かないので、周囲は自分のことのように想像してしまった恥をいつまでも感じることになるのです。

周囲の本音③面白過ぎて遠くから見ていたい 勘違いブスに対する周囲の本音の三つ目は、面白過ぎて遠くから見ていたいというものです。

テレビのドッキリ企画などが流行するのは、勘違いして滑稽な言動をしているところが面白いからですよね。

勘違いブスの言動は、それよりもさらに、ナチュラルで滑稽でしょう。

ヤラセではなく、本気で勘違いしているからです。

全くかわいいとも思えないようなデブスが「私は可愛い」と主張しているところは、確かに、お笑いのように思えなくもありません。

真面目に受け取ると、痛さを感じたり、困惑を感じたりしますが、真面目に受け取らなければジョークのようですよね。

遠くから見る分には害もなく、見世物を見ているような気分になるでしょう。

周囲の本音④恋人にするのは絶対に嫌 勘違いブスに対する周囲の本音の四つ目は、恋人にするのは絶対に嫌だというものです。

勘違いブスのことをうざいと思っていようが、面白いと思っていようが、どちらにいても、自分の恋人として考えることはできないのです。

なぜなら、恋人の評価が低いと自分の評価も低くなってしまうものだからです。

類は友を呼ぶと言いますが、付き合っている友人や恋人の質によって、その人の真価が定まると考える人もいます。

何に価値を見出しているのかが、恋人を見ると分かるのです。

世間的に勘違いブスの評価は低いですから、当然、その恋人となる人も「こんな勘違いしたデブスを選ぶのだから」と思われ、評価が下がるでしょう。

周囲の本音⑤近しい友人にしたくないタイプ 勘違いブスに対する周囲の本音の五つ目は、近しい友達には欲しくないというものです。

見ている分には面白いですが、いつも一緒にいる友達だと考えると、勘違いブスは「面白い友達」ではありません。

近しいところにいる友人は、勘違いブスの「ナチュラルな見下し対象」となってしまう可能性がある点でリスクがあります。

勘違いブスの男のあるあるは?デブスのうざいエピソードは? 勘違いブスの男のあるあるエピソード①女性の外見を批判してくる 勘違いブスの男のあるあるエピソードの一つ目は、女性の外見を批判してくるというものです。

勘違いブスは、自分の外見を棚に上げて人の批判をしますが、相手が異性であるのなら余計にその傾向は強くなります。

合コンの時などに、勘違いブスに外見を批判されたという経験のある女性は少なくないでしょう。

人の外見を批判する権利のある人間は、誰もが認めるような美人だけです。

それ以外の人は、他人の外見を真正面切って批判する権利などありませんし、そもそも、我が身のことを考えると批判などできないでしょう。

ですが、勘違いブスは自分の外見を良いと思っていますから、堂々と相手の容姿を批判的に話すのです。

勘違いブスの男のあるあるエピソード②恋愛遍歴を語る 勘違いブスの男のあるあるエピソードの二つ目は、自分の恋愛遍歴を求められてもいないのに語るというものです。

恋愛遍歴は、確かに男性にとっては勲章のようなものとなりますよね。

多くの女性から求められた来たというのは生物的に優秀であるという証拠になるからです。

ですが、他人の恋愛遍歴を喜んで聞く人はいません。

まして、勘違い男の恋愛遍歴は、ご多分に漏れず勘違い恋愛遍歴です。

勘違いブスは、実際にはモテてないのに、モテると思っています。

そして、その経験を恋愛遍歴として語ります。

ところが、モテた事実がないということは、恋愛遍歴も実際にはないということですよね。

第三者が聞けば壮大な勘違い遍歴を聞くことになります。

勘違いブスの男のあるあるエピソード③お世辞を受け取って本気にする 勘違いブスの男のあるあるエピソードの三つ目は、お世辞を気にするというものです。

勘違いブスの男にお世辞を言ってみたところ、「良く言われるんだよ」とドヤ顔をされた経験のある女性は多いのではないでしょうか。

勘違いブスは自分を最高と思っているので、少し盛って褒めた言葉を自分に当てはまると思えるのです。

勘違いブスは、自分の容姿を美しいと思っているだけが勘違いではありません。

人生において色々な側面で勘違いしています。

ただのお世辞を「好意」と勘違いするのは、勘違いブスの男にとっては朝飯前でしょう。

そんな勘違い男の言動について興味がある方は、ぜひ以下の関連記事も一緒にご覧ください。

勘違いブスの女のあるあるは?デブスのうざいエピソードは? 勘違いブスの女のあるあるエピソード①男性に対する理想が高すぎる 勘違いブスの女のあるあるエピソードの一つ目は、男性に対する理想が異常に高いというものです。

誰しも、自分のスペックよりかなり低い男性は選びたくないという気持ちは持っています。

自分に釣り合わないと思う人のことは排除したいからです。

「自分」に対する認識を謝っていると、求めるものも必然的に高くなるでしょう。

勘違いブスは、自分を素敵な美人女子だと思っているので、引く手あまただと思い込んでいます。

自分は最高の美人と思っているので、男性にもそんな「素敵女子」に釣り合う条件を持っていてほしいと夢見ています。

もちろん、想像の中の素敵女子に釣り合うような男性は、勘違いブスには釣り合わず、高望みと言われるでしょう。

勘違いブスの女のあるあるエピソード②男性に媚びて上目遣いが多い 勘違いブスの女のあるあるエピソードの二つ目は、男性の前では上目遣いのぶりっ子をする確率が高いというものです。

勘違いブスもピンからキリまでいますから、性格が良い勘違いブスならともかく、性格が悪い勘違いブスが近くにいると、女性と男性との態度の差をはっきりと感じ取ることができるでしょう。

勘違いブスは、自分が一番かわいく見えるような態度を心がけようとしています。

ある意味で、とても「女としての自分」に対する意識が高いということにもなりますね。

そのため、男性が好むような態度を取るために、上目遣いや媚を見せるのです。

最も自分が思うほどにはまっていないので、大半の人間はドン引きします。

勘違いブスの女のあるあるエピソード③求められてもいないのにアドバイス 勘違いブスの女のあるあるエピソードの三つ目は、求められてもいないのにアドバイスをしてくるというものです。

友人同士の中ではアドバイスを求めることも多々ありますが、勘違いブスは、聞かれてもいないのに、いきなりアドバイスを始めてくるでしょう。

それも、かなり上から目線です。

友人同士でも変わりません。

友人同士だと、「あなたのためを思って言っているのに」という態度で言われることも多いでしょう。

勘違いブスの友人はこれに耐えなければいけないのです。

時には、明らかに勘違いブスよりも美人な友人に対しても、勘違いブスは「あなたはもっとキレイにしなきゃ」という態度で接してくるのではないでしょうか。

勘違いブスと言われないために言動で気をつけることは? 言動の注意点①SNSでは過剰なアピールをしない 勘違いブスと言われないための言動の注意点の一つ目には、SNSでの過剰なアピールをやめるというものがあります。

勘違いブスは、自分が美しいと思っているのでSNSでのアピールをしがちですが、普通の美人はSNSでは顔を出しません。

自分の勘違いを世界に広めるのはやめましょう。

言動の注意点②他人の悪口を言わない 勘違いブスと言われないための言動の注意点の二つ目には、他人の悪口を言わないというものがあります。

本物の美人は人のことを羨みませんし、僻みません。

自分が本当に美しければ、他人など気にならないほどの心の余裕があるからです。

ところが勘違いブスは、人の悪口を言うことで、相対的に自分の価値を高めようとします。

悪口を言うだけで本当の美人との差が出てしまう上に、悪口は品性を貶める行動です。

ただでも自分しか美人と思っていないような容姿なのに、自分の品性の卑しさまでも外に発信する必要はありませんよね。

勘違いブスと言われたくないのなら、他人への批判を慎んで自分のことを顧みた方が得なはずですよ。

言動の注意点③高みに立った発言をしない 勘違いブスと言われないための言動の注意点の三つ目は、高みに立って人を見下すような言動をやめるというところです。

勘違いブスは、ナチュラルに自分の立場が上だと思って話をします。

これは周囲に嫌われる勘違いブスの特徴なので、絶対にやめた方が良いのではないでしょうか。

言動の注意点④他人の意見を受け入れる 勘違いブスと言われないための言動の注意点の五つ目は、他人の意見を受け入れるというものです。

勘違いブスは自分を客観視できていません。

他人がどう思っているのか理解できないのです。

それでは、いつまでも勘違いを抜け出すことはできないでしょう。

脱却したいのなら他人からの耳の痛い意見を受け入れることです。

勘違いブスと言われないためにメイクやファッションで気をつけることは? メイクとファッション①足し引きメイクを覚える 勘違いブスと言われないために気を付けるメイク・ファッションのポイントの一つ目は、足し引きを覚えるということです。

特にメイクでは引き算を覚えるべきでしょう。

勘違いブスのあるあるなのは、可愛いと思えるものを足していって、過剰になってしまうところです。

少しは引いた美しさを覚えなければいけません。

可愛いと思えるメイクポイントの全てが、自分に似合うと言うわけではありません。

また、どこか一つを派手にしたら、他の部分をあっさりさせなければ、重要視したポイントが映えないでしょう。

メイクやファッションの中で控えめにしなければいけないところを決め、全体のメリハリを出せるようにするべきですね。

メイクとファッション②女性らしさにこだわらない 勘違いブスと言われないために気を付けるメイク・ファッションのポイントの二つ目は、女性らしさにこだわらないということです。

勘違いブスは、大抵は可愛さを求めたファッションメイクをします。

フェミニンやガーリーにとらわれ、女性らしくあるべきだという考えが凝り固まってしまっているのです。

ところが、フェミニンは誰にでも似合うと言うわけではありません。

フェミニンにすれば男性にモテると思い込んでいるのは、勘違いブスのあるあるですね。

勘違いブスと言われないためには、女性らしいと言われるレースやリボンなどにこだわらず、自分に合ったものを選ぶことです。

女性らしさよりシンプルが似合う人もいます。

メイクとファッション③年齢相応を心がける 勘違いブスと言われないために気を付けるメイク・ファッションのポイントの三つ目は、年齢相応を心がけるということです。

勘違いブスは可愛さにこだわって、全体のメイクとファッションが若作りになっている可能性があります。

これは傍から見ていて痛いので、年齢相応の美しさを心がけて自分のスタイルに取り入れましょう。

見ていて痛い女性のファッションについて知りたい方は、ぜひ以下の関連記事をご覧ください。

もし、当てはまるところが多ければ、勘違いブスと言われている可能性もありますよ。

当てはまっているところがあるようなら、自分のメイクやファッションについて見直さなければいけないかもしれませんね。

勘違いブスの恥ずかしい言動がないか自分でチェックしよう! 勘違いブスの特徴やあるあるエピソードについて理解できましたでしょうか。

勘違いブスは傍から見ていると、面白いけれど痛いものです。

あるあるな部分、よく聞くエピソードは楽しいですが、そのあるあるは自分に当てはまっていないかチェックしてみてください。

勘違いブスは基本的に自覚はありません。

自分が思っていたほどかわいくはなかった、意外と勘違いブスのエピソードに当てはまるところがあったという方は、ショックですよね。

ですが、そんなときでもきちんと挽回はできます。

メイクや言動に気をつければ良いのです。

以下の関連記事を見て、少しでも自分をナチュラルに可愛くできるように頑張ってくださいね。

キーワード

  • 勘違いブス
  • 言動
  • 勘違い
  • 特徴
  • エピソード
  • 外見
  • 性格
  • ブス
  • 周囲
  • メイク
  • 内面
  • アドバイス
  • 他人
  • 本音
  • ファッション