ライフスタイル

蛍の写真の撮り方は?デジカメや一眼レフでホタルを撮影する方法は?

2018年09月24日更新
蛍の写真の撮り方は?デジカメや一眼レフでホタルを撮影する方法は?

デジカメをつかった蛍の写真の撮り方は? デジカメをつかった蛍の写真の撮り方①適したカメラを用意する Instagram デジカメをつかった蛍の写真の撮り方の1つ目は、適したカメラを用意することです。

シャッタースピードが長い、20秒前後に調節できるものが望ましいです。

マニュアル露出機能やマニュアルオートモードなど、自分で設定を細かく変更できるカメラだと良いでしょう。

また明るいレンズを使えるデジカメだと使いやすいです。

蛍の撮影は夜間に行われることが多いため、暗闇での明るさや写真の写りを調節できる機能が必要になってきます。

また、蛍の動きに合わせてシャッターを切るのは難しいです。

シャッタースピードをできるだけ長くして撮影できたほうが蛍の光が反映されやすく、綺麗な写真に仕上げることができます。

デジカメをつかった蛍の写真の撮り方②マニュアルモードの設定をする Instagram デジカメをつかった蛍の写真の撮り方の2つ目は、マニュアルモードの設定をすることです。

シャッタースピードを一番長いものに設定します。

デジカメについているダイヤルを「T」や時計マークなどの表記がある所に合わせると設定できることが多いです。

絞りはなるべく開くようにするとより多く蛍の光を拾いやすくなります。

ピントが上手く合わなかった場合はマニュアルフォーカスモードで設定しましょう。

ピントを調節する時にはデジカメの画面から光が漏れないように気をつけましょう。

蛍の光が綺麗に写るように調節したら、設定は完了です。

デジカメをつかった蛍の写真の撮り方③ISO感度の設定を調整する Instagram デジカメをつかった蛍の写真の撮り方の3つ目は、ISO感度の設定を調整することです。

ISO感度の調整を行うことで、時間帯や月の満ち欠けなどの状態に応じた設定ができます。

細かく設定すればより繊細に蛍の光を写真に映し出しやすくなります。

夕暮れ時だと、周りの景色と共に蛍を写すための設定が必要です。

また、月が満ちていくにつれて夜は明るくなり、月が欠けていくにつれて夜は真っ暗になっていきます。

蛍だけに着目して撮影したいか、景色も楽しみたいか調整すると、より自分好みの写真にしていくことができます。

デジカメをつかった蛍の写真の撮り方の3つ目は、ISO感度の設定を調整することです。

ISO感度の調整を行うことで、時間帯や月の満ち欠けなどの状態に応じた設定ができます。

細かく設定すればより繊細に蛍の光を写真に映し出しやすくなります。

夕暮れ時だと、周りの景色と共に蛍を写すための設定が必要です。

デジカメをつかった蛍の写真の撮り方④写真を重ねて撮影する機能を利用する Instagram デジカメをつかった蛍の写真の撮り方の4つ目は写真を重ねて撮影する機能を利用することです。

デジカメの種類によっては、画像を複数合成しながら撮影できる機能がついていることがあります。

撮影モードを変更する画面から「多重露出」などのように表記されているコマンドがあるか確認してみましょう。

機能が制限されたデジカメでの撮影方法は適宜調整するのがコツ Instagram 機能が制限されたデジカメでの撮影方法は適宜調整しながら行っていくことがコツです。

ほとんどのデジカメはシャッタースピードを5秒ほどまでしか設定できないことが多いです。

よりタイミングはシビアになりますが、ホタルが動いたら同時に撮影するように心がけましょう。

マニュアルモードがない場合は他の機能で代用できるか試してみましょう。

夜景モードの中に三脚を使うものがあればそちらを活用するのも手です。

オートフォーカスの機能だけのデジカメの場合は一度オートフォーカスで蛍の位置に近いものにピントを合わせた後に蛍を撮る方法を試してみましょう。

一眼レフをつかった蛍の写真の撮り方は? 一眼レフをつかった蛍の写真の撮り方①光の対策をする Instagram 一眼レフをつかった蛍の写真の撮り方の1つ目は光の対策をすることです。

暗い場所での撮影では明かりが必要ですが、強い光を使ってしまうと蛍にとって悪影響があったり、周りで撮影している方の写真の写りを悪くしてしまうことがあります。

明かりを確保するための小型のライトに黒いセロハンなどを巻いて対策しましょう。

カメラに付いているライトや画面の明かりなども、専用のカバーを使ったりしてある程度抑えることができます。

明かりを最小限にすることで、より蛍の淡い光を写真に写しやすくなります。

一眼レフをつかった蛍の写真の撮り方②外が明るいうちに準備を始める Instagram 一眼レフをつかった蛍の写真の撮り方の2つ目は、外が明るいうちに準備を始めることです。

空が暗くなってから準備をしても、ピント調節ができているのかよくわからなくなってしまうこともあります。

一眼レフを活かして素敵な写真を撮るのであれば、日が出ているうちに位置取りをしておおよその調整をしておきましょう。

また事前にどの位置で撮影すれば撮りやすいか、どの場所なら周りの自然を傷つけないか確認しておきましょう。

蛍の撮影を色々な方と楽しむために大切になってきます。

一眼レフをつかった蛍の写真の撮り方③マニュアルモードで絞りなどを調節 Instagram 一眼レフをつかった蛍の写真の撮り方の3つ目はマニュアルモードで絞りなどを調節することです。

ホタルの撮影では、絞りとシャッタースピードとISO感度を調節します。

シャッタースピードは最大の30秒ほどに設定します。

絞りとISO感度は何回か実際に写真を取ってみながら調節していきましょう。

試しに撮影した写真を見て、写真が明るすぎると感じたら、絞りに設定する数値を大きいものに、ISOに設定する数値を低いものにしてみましょう。

一眼レフをつかった蛍の写真の撮り方④写真を適宜合成して編集する Instagram 一眼レフをつかった蛍の写真の撮り方の4つ目は写真を適宜合成して編集することです。

一眼レフならではの画質の良い写真は、組み合わせることでより蛍の光の優雅さや迫力を引き立てることができます。

パソコンなどで写真に補正をかけたり合成したりしてさらに素敵な写真にしていきましょう。

もし写真を綺麗に合成したい場合は、一眼レフカメラの向きは変えずに、同じ風景を撮影し続けるようにしましょう。

より合成の完成度を高めることができます。

スマホのカメラをつかった蛍の写真の撮り方は? スマホのカメラをつかった蛍の写真の撮り方①夜撮カメラというアプリを利用 Instagram スマホのカメラをつかった蛍の写真の撮り方の1つ目は夜撮カメラというアプリを利用することです。

スマホのカメラで蛍を撮っても、デジカメや一眼レフのように蛍の光の軌跡が綺麗な写真を撮ることはできません。

しかし「夜撮カメラ」というアプリをインストールして使うことで、似た雰囲気の写真を撮ることができます。

こちらの夜撮カメラを使うことでシャッターを切る速さを調節しながら撮影することができるようになります。

手軽に本格的な写真を楽しめるのでおすすめのアプリです。

夜撮カメラ - 夜景の撮影に最高のカメラアプリ開発元:Studio ra,labo.無料posted withアプリーチ スマホのカメラをつかった蛍の写真の撮り方②スマホ用の三脚を用意する Instagram スマホのカメラをつかった蛍の写真の撮り方の2つ目は、スマホ用の三脚を用意することです。

三脚にスマホを取り付けて固定することで、蛍の光を安定した画面で写真に収めることができます。

シャッターを切るまでの間微動だにしないように心がけても良いですが、三脚があったほうが確実です。

また通常のカメラ用の三脚にパーツを組み合わせることでスマホを取り付けられる三脚にすることもできるので、カメラ用の三脚ならあるという方も検討してみると良いでしょう。

スマホのカメラをつかった蛍の写真の撮り方③bulbボタンの設定を変更 Instagram スマホのカメラをつかった蛍の写真の撮り方の3つ目は、アプリのbulbボタンの設定を変更することです。

夜撮カメラのアプリを起動して右下に表示されているbulbボタンを押します。

シャッタースピードを調節する画面になるので、お好みの時間に設定しましょう。

スマホの場合は時間は15秒ほどがおすすめです。

スマホでは蛍が飛んで移動していく速さに画面が追いつきづらいことがあります。

シャッタースピードを長めにするよりもすこし短めにして、何回か撮ったものを後から合成するやり方がおすすめです。

スマホのカメラをつかった蛍の写真の撮り方④近くでタイマーを使って撮る Instagram スマホのカメラをつかった蛍の写真の撮り方の4つ目は、なるべく近くでタイマー機能を使って撮ることです。

なるべく蛍に近い距離で撮影することで、スマホでもより鮮明に写真を撮りやすくなります。

蛍を始めとした周りの環境に迷惑がかからないようにすることだけ注意して、できるだけ距離を詰めていきましょう。

またタイマー機能を使って自動でシャッターを切るように設定してみましょう。

指で押して撮影するよりも画面を揺らさずに安定させながら撮影することができます。

スマホのカメラをつかった蛍の写真の撮り方⑤写真を編集して保存する Instagram スマホのカメラをつかった蛍の写真の撮り方の5つ目は、写真を編集して保存することです。

夜撮カメラで撮影した写真はアプリの画面の左下に表示されます。

その部分を押すと画像を編集する画面に切り替わります。

色調を変えたりバランスを整えたりしたら、右下のボタンから保存するボタンを選びましょう。

夜撮カメラというアプリで撮影した写真は「Night Shooting」というフォルダに保存されます。

後からさらに編集したり合成したい時はこのフォルダから画像を選んで作業に入りましょう。

蛍(ホタル)撮影にもってこいのおすすめのフォトスポットは? 蛍(ホタル)撮影におすすめの場所①ほたる観賞会ほたる・ねぶたの宵 Instagram 蛍(ホタル)撮影におすすめの場所の1つ目は、東京都のよみうりランドで開催される「ほたる観賞会ほたる・ねぶたの宵」です。

都会に近くアクセスの良い場所で、6月中の金曜日から日曜日にかけて蛍の光のある風景を楽しむことができます。

同時にねぶたを楽しむこともでき、さまざまな風景を写真に収めることができます。

蛍(ホタル)撮影におすすめの場所②日光だいや川公園ホタル観賞会 Instagram 蛍(ホタル)撮影におすすめの場所の2つ目は、栃木県の日光だいや川公園ホタル観賞会です。

開催期間は6月中の週1回ごとと限られていますが、何万匹もの蛍が舞う風景はなかなか見られない光景です。

たくさんの蛍が光を放つ姿を写真に収めたい方におすすめのスポットです。

蛍(ホタル)撮影におすすめの場所③信州辰野ほたる祭り Instagram 蛍(ホタル)撮影におすすめの場所の3つ目は、長野県の信州辰野ほたる祭りです。

6月の中旬から下旬にかけて開催され、祭りの日には屋台も出店されます。

空気が澄み切り、夜空の星も綺麗なので星と蛍の光のコントラストを楽しみたい方におすすめのスポットです。

蛍が光を放つ素敵な風景をより綺麗に写真に収めよう 自分に合った撮影方法や撮り方のコツを押さえておくことで、より綺麗に蛍が舞う風景を写真に収めることができます。

撮った写真の加工を行うことで、よりダイナミックに蛍の光を表現することもできます。

こちらの記事でスマホでも簡単に写真を加工できるアプリをチェックしてみましょう。

また、蛍の光が綺麗な風景以外にも、写真に収めたくなるような風景はたくさんあります。

こちらでは北海道の絶景を望めるスポットが紹介されているのでぜひご覧になって下さい。

キーワード

  • 写真
  • 撮影
  • 設定
  • デジカメ
  • スマホ
  • カメラ
  • 一眼レフ
  • 調節
  • シャッタースピード
  • ホタル
  • 機能
  • アプリ
  • 場所
  • 画面