ライフスタイル

ペットボトルの炭酸が抜けない保存方法は?炭酸抜け防止グッズも

2018年09月27日更新
ペットボトルの炭酸が抜けない保存方法は?炭酸抜け防止グッズも

開封済みのペットボトルの炭酸が抜けるのはなぜ? 開封済みのペットボトルの炭酸が抜ける理由①炭酸ガスが抜けていくから Instagram 開封済みのペットボトルの炭酸が抜ける理由1つ目は、「1度ペットボトルを開けると炭酸ガスが抜けていってしまうから」です。

開封する前の炭酸飲料が入ったペットボトルには、ドリンク以外に炭酸ガスが含まれています。

これを1度開封してしまうことで炭酸ガスが抜け、代わりに空気が入ってきてしまいます。

このため、炭酸ガスがあった部分が私たちの周りにある空気と入れ替わってしまい、結果的に炭酸ガスが抜けてしまったと感じるのです。

開封済みのペットボトルの炭酸が抜ける理由②ペットボトルに使われる素材 Instagram 開封済みのペットボトルの炭酸が抜ける理由2つ目は、「ペットボトルに使われる素材によるもの」です。

ペットボトルは、PETと呼ばれるポリエチレンテレフタレートという素材で作られています。

この素材は、炭酸ガスに限らずガス成分を外の空気に送ってしまう性質があるため、一度開封してしまうとわずかながらですがペットボトルの炭酸が抜けていってしまうのです。

ペットボトルは、開封前には炭酸ガスを逃さないように圧力がかけられているのですが、1度開封してしまうと、その圧力が抜けてしまいますので、余計炭酸ガスが抜けるという現象に拍車をかけてしまうのです。

ペットボトルの炭酸が抜けない保存方法5選 ペットボトルの炭酸が抜けない保存方法①残りはすぐに冷蔵庫で保存 Instagram ペットボトルの炭酸が抜けない保存方法1つ目は、「飲み残しはすぐに冷蔵庫で保存する」という保存方法です。

炭酸ガスは、ペットボトルの中の温度が低ければ低いほど充満させることができます。

これは、ペットボトル内の温度が下がれば下がるほどペットボトルの中に入っている空気に溶け込む量が増えるためです。

一度開封したペットボトルの中には、多くの空気が入ってきています。

その中の炭酸を空気に溶け込ませれば溶け込ませるほど炭酸のシュワシュワの量が変わってくるのです。

このため、一度開封したペットボトルはすぐに冷蔵庫に入れるようにしましょう。

ペットボトルの炭酸が抜けない保存方法②キャップをしっかり閉めて保存する Instagram ペットボトルの炭酸が抜けない保存方法2つ目は、「ペットボトルのキャップをしっかり閉めて保存する」という保存方法です。

ペットボトルのキャップを強めにしっかりと閉めて保存することで、空気に溶け出してしまう炭酸ガスの量をかなり減らすことができます。

先ほど、ペットボトルの素材により自然に炭酸ガスが抜けてしまうとご紹介しました。

しかし、この保存方法を行うことで、抜けてしまう炭酸ガスの量を体感ではわからないくらいのほんのわずかな量にすることができておすすめです。

普段キャップを閉めている力よりも少しだけ力を入れて強めにキャップを閉めてみてくださいね。

ペットボトルの炭酸が抜けない保存方法③キャップ口にスプーンを差し込む Instagram ペットボトルの炭酸が抜けない保存方法3つ目は、「ペットボトルのキャップ口にスプーンを差し込む」という保存方法です。

ペットボトルのキャップ口にスプーンを差し込むことで、ペットボトル全体の温度を下げることができます。

これは、スプーンがペットボトル全体の温度調整を行う役割を果たしてくれるためです。

炭酸ガスは、温度が低ければ低いほど増えていきますので、ペットボトルのキャップ口にスプーンを差し込んで、冷蔵庫で保存すればより長く炭酸を楽しむことができます。

ぜひ実践してみてくださいね。

以下の記事では、100均で販売されているスプーンが紹介されています。

よく100均に行かれる方はこちらもぜひご覧になってみてくださいね。

ペットボトルの炭酸が抜けない保存方法④縦に立てて保存する Instagram ペットボトルの炭酸が抜けない保存方法4つ目は、「ペットボトルを縦に立てて保存する」という保存方法です。

ペットボトルを縦に立てて保存することで、ペットボトルの中のドリンクと炭酸を含む空気が触れる量を減らすことができます。

このことで、ペットボトルから炭酸が抜けるのを防ぐことが可能になるのです。

ペットボトルを横にして保存してしまうと、ドリンクの量にもよりますが、ペットボトルの横幅全体の範囲でドリンクがペットボトルの中にある炭酸を含んだ空気に触れてしまいます。

このため、縦に保存した場合よりもかなり多い量のドリンクが炭酸を含んだ空気に触れてしまうのです。

ペットボトルの炭酸が抜けない保存方法⑤保存する前にペットボトルを潰す Instagram ペットボトルの炭酸が抜けない保存方法5つ目は、「保存する前にペットボトルを潰す」という保存方法です。

保存する前にペットボトルを潰しておくことで、炭酸が抜けてしまう原因となる余分な空間を減らすことができます。

このことにより、炭酸が抜けるのを防ぐことができます。

ペットボトルを潰す際には、潰し過ぎても余計に空気が抜けてしまう場合がありますので、潰すことができる範囲の7割程度を潰すようにしましょう。

ところで、炭酸が多く含まれたドリンクである炭酸水には、ダイエット効果などがあることをご存知でしょうか。

ペットボトルで販売されていることの多い炭酸水ですが、以下の記事では炭酸水のメリットなどをご紹介していますので、気になる方はこちらの記事もぜひ一緒にご覧ください。

ペットボトルの炭酸抜けを防止するグッズ8選 ペットボトルの炭酸抜けを防止するグッズ①炭酸ペットボトル用キャップ Amazonで詳細を見る ペットボトルの炭酸抜けを防止するグッズ1つ目は、貝印から販売されている「炭酸ペットボトル用キャップ」です。

この炭酸ペットボトル用キャップをペットボトルのキャップ口の部分に差し込み、ペットボトル全体が硬くなるまで上の赤い部分を複数回プッシュし、冷蔵庫で保管するだけで炭酸が抜けるのを防ぐことができます。

プッシュする量ですが、まだ残っている炭酸ドリンクの量が多い場合には数回、ほとんど残っていない場合や半分以下となっている場合には15回程度プッシュするのがおすすめです。

軽い力でプッシュすることができますので、お子様でも使うことができて便利です。

ペットボトルの炭酸抜けを防止するグッズ1つ目は、貝印から販売されている「炭酸ペットボトル用キャップ」です。

この炭酸ペットボトル用キャップを、ペットボトルのキャップ口の部分に差し込み、ペットボトル全体が硬くなるまで上の赤い部分を数回プッシュし、冷蔵庫で保管するだけで炭酸が抜けるのを防ぐことができます ペットボトルの炭酸抜けを防止するグッズ②タンサンフレッシュ Amazonで詳細を見る ペットボトルの炭酸抜けを防止するグッズ2つ目は、AOZORA(あおぞら)から販売されている「タンサンフレッシュ」です。

このタンサンフレッシュは、何度も押さないといけないプッシュポンプ式のペットボトルの炭酸抜けを防止するグッズとは異なり、ワンプッシュでペットボトルのドリンクを飲むことができて便利です。

このタンサンフレッシュの上の部分がポンプとなっていますので、冷蔵庫などで炭酸が入ったペットボトルを保存する前にキャップ口に差し込んで、ポンプを数回プッシュすれば炭酸抜け対策は完了です。

コンパクトサイズですので、冷蔵庫があまり大きくないという型でも安心して使うことができます。

ペットボトルの炭酸抜けを防止するグッズ③ソーダフレッシュ Amazonで詳細を見る ペットボトルの炭酸抜けを防止するグッズ3つ目は、あおぞらから販売されている「ソーダフレッシュ」です。

このソーダフレッシュも、ワンタッチでペットボトルの中の炭酸ドリンクを楽しむことができます。

ペットボトルを保存する前に、数回上部についている丸いアイテムをプッシュすれば炭酸抜けを防ぐことが可能です。

使い方も簡単で、見た目もキュートですので、デザイン性にもこだわりたいという方はこちらのソーダフレッシュがおすすめです。

また、ペットボトルの炭酸抜けを防止するグッズはカラー展開の少ないものが多いですが、ソーダフレッシュはブルーとピンクの2パターンから選ぶことができます。

ペットボトルの炭酸抜けを防止するグッズ④100均の炭酸を逃しま栓 Instagram ペットボトルの炭酸抜けを防止するグッズ4つ目は、100均のダイソーで販売されている「炭酸を逃しま栓」です。

この炭酸を逃しま栓は、プッシュポンプ式のペットボトルの炭酸を抜けないようにするグッズです。

ダイソーで販売されていますので、とても経済的でおすすめです。

具体的な使い方は以下の通りとなっています。

100均の炭酸を逃しま栓の使い方 ペットボトルのキャップを外し、ポンプを外した状態で炭酸を逃しま栓をペットボトルに取り付ける。

ペットボトルと炭酸を逃しま栓を手で押さえて、上下に動かす。

炭酸を逃しま栓が少し硬くなったことが確認できたら、ポンプを動かすのをやめる。

炭酸を逃しま栓をペットボトルのキャップの部分に装着して、奥まで差し込む。

炭酸を逃しま栓のポンプのみをキャップ口から取り外し、栓のみの状態にして立てて冷蔵庫で保管する。

ペットボトルの炭酸抜けを防止するグッズ⑤炭酸抜け防止キャップ Amazonで詳細を見る ペットボトルの炭酸抜けを防止するグッズ5つ目は、To the next stage(トゥーザネクストステージ)から販売されている「炭酸抜け防止キャップ」です。

この炭酸抜け防止キャップは、レッド、オレンジ、パープル、ブルー、ブラック、グリーンの6色セットとなっていますので、何本か炭酸入りのペットボトルがあっても炭酸を抜けないようにすることができます。

6色入って税込480円ですので、大変コスパの良いペットボトルの炭酸抜けを防止するグッズです。

ペットボトルの炭酸抜けを防止するグッズ⑥セイラスソーダキャップ Amazonで詳細を見る ペットボトルの炭酸抜けを防止するグッズ6つ目は、佐藤金属興業から販売されている「SALUS(セイラス)ソーダキャップ」です。

このSALUS(セイラス)ソーダキャップは、ペットボトルのキャップ口に差し込むだけで、ペットボトル内を加圧し、炭酸が抜けないようにすることができます。

また、このSALUS(セイラス)ソーダキャップには日付を残すことのできるダイヤルがついていることから、何日保存しているのかも確認することができて便利です。

ペットボトルの炭酸抜けを防止するグッズ⑦キーパーポンプ Amazonで詳細を見る ペットボトルの炭酸抜けを防止するグッズ7つ目は、Jokariから販売されている「キーパーポンプ」です。

このキーパーポンプは、1リットルから2.5リットルの炭酸ドリンクに対応していますので、普段から1リットルサイズなど量の多い炭酸ドリンクを購入されるという方におすすめの炭酸抜けを防止するグッズです。

ペットボトルの炭酸抜けを防止するグッズ⑧炭酸ぬけま栓EZ Amazonで詳細を見る ペットボトルの炭酸抜けを防止するグッズ8つ目は、AG(エージー)から販売されている「炭酸ぬけま栓EZ」です。

この炭酸ぬけま栓EZを、ペットボトルのキャップ口に差し込み、上部についているポンプを数回プッシュすることで、炭酸抜けを防止することができます。

ワンタッチで開閉もできますので便利でおすすめです。

炭酸が抜けてしまった飲料の活用方法5選 炭酸が抜けてしまった飲料の活用方法①味をつけて美味しく楽しむ Instagram 炭酸が抜けてしまった飲料の活用方法1つ目は、「味をつけて美味しく楽しむ」という活用方法です。

飲み残してしまった炭酸水にお好みの量のハチミツとショウガを加えるだけで、簡単にショウガハチミツドリンクにすることができます。

ショウガが体を温めてくれますので、冷え対策にもおすすめです。

炭酸が抜けてしまった飲料の活用方法②お肉を柔らかくするのに使う Instagram 炭酸が抜けてしまった飲料の活用方法2つ目は、「硬いお肉を柔らかくするのに使う」という活用方法です。

炭酸に含まれる酸には、お肉を柔らかくする効果があります。

このことから、お肉を調理する前に炭酸が抜けてしまった飲料に漬け込んでおくと、より柔らかくジューシーに仕上げることができます。

炭酸が抜けてしまった飲料の活用方法③お掃除に使う Instagram 炭酸が抜けてしまった飲料の活用方法3つ目は、「お掃除に使う」という活用方法です。

この方法は、純粋な炭酸水の炭酸が抜けてしまった場合のみの活用方法となりますが、炭酸水にはこびりついてしまったしつこい汚れを浮かせてくれる効果があります。

このことから、通常のふき取りでは落ちなかった汚れでも、炭酸が抜けてしまった炭酸水を含ませたタオルなどを使えば落とせる場合があります。

炭酸が抜けてしまった飲料の活用方法④シミのついてしまった洋服のお洗濯に Instagram 炭酸が抜けてしまった飲料の活用方法4つ目は、「シミのついてしまった洋服のお洗濯に使う」という活用方法です。

炭酸が抜けてしまった炭酸水には汚れを浮かしてくれる効果があります。

このことから洗濯をする前に水で薄めた炭酸水にシミのついてしまった洋服をつけておくことでシミをより落としやすくすることができます。

炭酸が抜けてしまった飲料の活用方法⑤ネックレスや指輪の汚れ落としに Instagram 炭酸が抜けてしまった飲料の活用方法5つ目は、「ネックレスや指輪の汚れ落としに使う」という活用方法です。

長年保管していたことなどで汚れがついてしまった場合に、ネックレスや指輪を炭酸が抜けてしまった炭酸水につけておくことで、汚れを落とすことができます。

コップに注いだ炭酸の気を抜けにくくするには? コップに注いだ炭酸の気を抜けにくくする方法①1度水をかけた氷を入れる Instagram コップに注いだ炭酸の気を抜けにくくする方法1つ目は、「コップには1度水をかけた氷を入れる」という方法です。

1度氷に水をかけることで、表面がすべすべの状態となり、炭酸が抜けてしまう原因となる氷の霜を溶かすことができます。

コップに注いだ炭酸の気を抜けにくくする方法②コップを冷やす Instagram コップに注いだ炭酸の気を抜けにくくする方法2つ目は、「コップを冷やす」という保存方法です。

コップに炭酸ドリンクを注ぐ前にコップを冷やしておくのも良いのですが、もし先に炭酸ドリンクを注いでしまった場合は20秒程度冷蔵庫で保管するのがおすすめです。

こうすることで、コップ内の温度が下がり、空気中に抜けてしまう炭酸の量を減らすことができるのです。

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

保存方法やグッズを活用して長く炭酸ドリンクを楽しもう! Instagram この記事では、開封済みのペットボトルの炭酸が抜ける理由や、ペットボトルの炭酸が抜けない保存方法や炭酸が抜けるのを防止するグッズなどをご紹介しました。

いかがだったでしょうか。

1度開封してしまうと炭酸のシュワシュワ感がなくなってしまうことの多い炭酸ドリンクですが、保存方法を工夫したり、グッズを活用することでそれを防止することができます。

ぜひ今回ご紹介した情報を活かして、長く炭酸を楽しんでくださいね。

キーワード

  • ペットボトル
  • 炭酸
  • キャップ
  • 防止
  • 保存方法
  • 保存
  • 活用方法
  • 炭酸ガス
  • 飲料
  • 空気
  • 開封
  • コップ
  • 販売
  • 冷蔵
  • 逃しま栓