エンタメ

おぎやはぎ矢作、男からの痴漢被害を激白 怖すぎる体験に「一言も声が出ない」

2018年10月02日更新
おぎやはぎ矢作、男からの痴漢被害を激白 怖すぎる体験に「一言も声が出ない」
1日放送の『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(AbemaTV)で痴漢をテーマにトークを展開。その中で、おぎやはぎ・矢作兼が過去にあった痴漢経験を語り、話題になっている。 ■痴漢行為に精一杯の抵抗 (©AbemaTV) 芸人になる前、22、23歳のサラリーマン時代に痴漢に遭った矢作。電車に乗っていたところ、背後にいた男が矢作のお尻の割れ目に股間を押し付けてきたという。さらに矢作のポケットに手を入れてこようとしてきたため、矢作は精一杯の抵抗で相手の手をつねったとのこと。 矢作の抵抗手段にスタジオからは「かわいい」との声があがるが、矢作は「こえーよ、こえーんだよ」とツッコミ。痴漢を受け、恐怖...

キーワード

  • 痴漢
  • 矢作
  • 痴漢行為
  • 一言
  • 痴漢被害
  • おぎやはぎ
  • スタジオ
  • 抵抗
  • 全国
  • 編集
  • しらべ
  • 恐怖
  • 電車
  • 精一杯
  • ブス