ライフスタイル

レモンで電子レンジの掃除!油汚れや焦げ付きを取る方法や代用品も

2018年10月07日更新
レモンで電子レンジの掃除!油汚れや焦げ付きを取る方法や代用品も

レモンで電子レンジの掃除が出来る!どうして汚れが取れるの? レモンの皮に含まれる成分が油汚れを落とす! Instagram レモンの皮に含まれている”リモネン”という成分に油汚れを浮かし落とす効果があります。

リモネンはレモン爽やかな香りの基になっている成分で特に皮に豊富に含まれています。

リモネンは脂溶性という油によく溶ける性質のため、電子レンジの油汚れをリモネンが綺麗さっぱり包み落としてくれるのです。

リモネンは特に皮に豊富に含まれているため、皮のみだけでももちろん良いのですが、バラバラなっていると扱いにくいことも。

そのまま持って擦り付けたり、スポンジ代わりに使用することもできるので、半分に切ったものを丸ごと使用するのがオススメです。

レモン以外の柑橘類でも代用可能 Instagram レモン以外にもリモネンは柑橘類の皮に含まれています。

レモンは値段も手頃で大きさも扱いやすいですが、特に果物1個あたりにリモネンを多く含むのはオレンジ、ライム、柚子などです。

特にオレンジにはレモンより多くリモネンが含まれていて、レモンの代用品として優れています。

グレープフルーツやみかんは柑橘類の中では、1個あたりに含まれるリモネンの量が少ないめ、掃除に代用する場合はオススメできません。

手軽で美味しいのですが、お掃除効果を期待する場合は避けた方が無難です。

生のものを買う場合は海外のものは農薬が多く使われていることもあるため、使う前によく洗っておくと安心です。

レモンを使った電子レンジ掃除に必要なものは? 電子レンジ掃除に必要なのはレモンとボウルと雑巾だけ! Instagram レモンを使った掃除に必要なアイテムは驚くほど少ないので、揃える手間はほとんどありません。

掃除の際に使用するボウルは食器などで代用しても構いませんし、雑巾でなくてもスポンジやキッチンペーパーで大丈夫。

ただ、使う容器は必ず耐熱性のものを使用し、深めのものであればより安全に、楽に作業することができます。

必要なレモンは1個で充分です。

料理などに使い終わったレモンでもリモネンは皮に多く含まれるため、皮があれば大丈夫です。

リモネンの量が少なくなっている可能性も高いため2個ほどあればより良いでしょう。

市販で売られているレモン水などは、リモネンの量や成分が分からないためできれば生のレモンを使いましょう。

スプレーボトルやキッチンペーパーあると便利 Instagram 電子レンジの隅などはどうしても汚れが溜まりがちで、汚れが取りづらい箇所でもあります。

スプレーボトルを使ってお掃除すればまんべんなくレモン水を届かせることができるので便利です。

後述しますが、同じ目的でキッチンペーパーを使用する方法もあります。

手肌の弱い方は手袋をつけてお掃除した方が安心です。

レモンを使った電子レンジの掃除方法は? 切る!温める!拭く!の3ステップ Instagram レモンを使った電子レンジの掃除方法はとても簡単です。

レモンを切り、果汁やレモンを水と一緒に温めます。

レモンの中に含まれるリモネンを、電子レンジで温めることでその成分を水蒸気とともに電子レンジ内に放散させます。

その後は油汚れと一緒に拭き取るだけの3ステップなのです。

レモンを使った3ステップ掃除 レモンを半分に切り、種を取りましょう。

(残っていても大丈夫)汁を耐熱ボウルに絞り入れます。

絞ったレモンもそのまま容器の中に入れ、レモンが浸るぐらい水を耐熱ボウルに注ぎ入れます。

耐熱ボウルには蓋やラップをせずに、そのままレンジの中央に置きます。

機種にもよりますが、500Wもしくは600Wで約3、4分加熱します。

加熱後はすぐに取り出さずに、扉を閉めたまま15分ほど放置しておきましょう。

電子レンジのドアを開け、熱すぎないことを確認してから耐熱ボウルを取り出します。

後は温めたレモン水で濡らした雑巾で電子レンジ内の水滴と汚れを拭き取っていくだけ。

余ったレモンを直接壁などに塗りつけ、その後雑巾で拭き取っても良いです。

電子レンジ内が蒸気で湿ってない場合は再度加熱して、もう一度同じステップを繰り返してみてください。

電子レンジで温めた後はすぐに取り出さないよう注意! Instagram 電子レンジで加熱するため、熱されたレモン水で火傷しないよう注意が必要です。

加熱後は十分庫内が水蒸気で湿るよう約15〜30分はドアを閉めたまま放置しておきましょう。

耐熱ボウルを取り出す際は必ず熱すぎないことを確認し、事故に繋がらないよう、子どもがそばにいないかなど注意するようにしてください。

レンジの隅や焦げ付き汚れにはキッチンペーパーパックがおすすめ Instagram 庫内の壁や隅、レンジドアの内側は汚れが溜まりやすいものです。

そんな気になる焦げ付き汚れには余ったレモンを擦り付け、レモン水をたっぷり染み込ませたキッチンペーパーで壁やドアの内側などを覆いましょう。

15分ほど放置しておくと、汚れが浮き上がってより取れやすくなります。

電子レンジの掃除に使えるレモンの代用品5選 電子レンジ掃除にお酢・クエン酸・重曹・セスキ・歯磨き粉が使える! Instagram レモンで電子レンジ掃除をやってみたいけど、でも今家にはない!わざわざ買いに行かずに今すぐ気になる電子レンジ汚れを掃除したい!そんなあなたにレモンの代用品を5つご紹介します。

軽い汚れから長い間溜まってしまった焦付き汚れまで、思い立った日にスッキリできるお掃除アイテムをぜひ見つけてください。

電子レンジの掃除に使えるレモンの代用品①お酢 Instagram 市販の物でOKですが、砂糖や果汁が入っているものはベタベタしてしまうので避けましょう。

お酢の匂いが気になる人は米酢など匂いが強いものは避けた方が無難です。

使い方はレモンと同じく、耐熱容器にお酢大さじ2、3杯と水をコップ1杯約250ml入れ3、4分温めます、15分ほど放置したら庫内を拭き取ります。

お酢の匂いが気になる場合は掃除後しばらくレンジの扉を開けておきましょう。

魚料理などの匂いはパンなど他のものにも匂い移りしてしまうので、ケアしたいですよね。

除菌・消臭効果があるお酢は庫内の匂いが気になる時にオススメの代用品です。

電子レンジの掃除に使えるレモンの代用品②クエン酸 Instagram クエン酸にも除菌・消臭効果があり、臭いや水垢汚れに最適です。

大さじ2、3杯を適量の水約200mlで溶かし混ぜ、耐熱容器に入れ、レンジで3、4分温め、拭き取ります。

蒸気を利用して拭き取るので温め後は15分程度待ちましょう。

お酢の匂いが気になる方にはクエン酸を代用するのがオススメです。

電子レンジの掃除に使えるレモンの代用品③重曹 Instagram 重曹は溜まったたんぱく質や飛び散った油汚れなどにも強い効果を発揮します。

また消臭効果もあります。

大さじ1、2杯を水約200mlとよく溶かし混ぜ、耐熱容器に入れたら、電子レンジで4、5分加熱します。

加熱後は20分程度放置します。

そのあとぬぐい取りましょう。

充分な蒸気を利用することで汚れが取れやすくなることと、火傷を防止するため沸騰した温めた水などをすぐに使用するのはやめましょう。

一度で取れにくい汚れは何度か同じ手順ですると汚れがさらに浮きあがり取れやすくなるので、たわしなどで擦ることは避けましょう。

あまり効果が感じられない時は、使用する重曹の量を増やしてみましょう。

大さじ1、2杯の重曹に少量の水でペースト状にしたものを拭き取った後にさらに雑巾などにつけて拭いていくと、しつこいこびりつき汚れや焦げなどにも効果的です。

電子レンジの掃除に使えるレモンの代用品④セスキ炭酸ソーダ Instagram 重曹と同じく油汚れに効果を発揮しますが、重曹に比べてアルカリ性が強いためこびりついた汚れや、レンジドアの曇りまで綺麗に取れるのはセスキです。

特に溜まった汚れにオススメです。

重曹と同じく大さじ1、2杯のセスキパウダーを水約200mlで溶かし混ぜ、レンジで3、4分加熱し約20分程度放置し拭き取ります。

セスキを水で薄めたセスキ水を100円ショップなどで手に入る小さなスプレーボトルに入れて、常備しておくことも普段の電子レンジ掃除に便利なアイテムです。

普段の使用で汚れが飛び散った際などに、シュシュっと吹きかけて拭き取るだけで手軽にお手入れができ、汚れが溜まりにくくなります。

重曹やクエン酸などは薬局から100円ショップまで様々な場所で売られています。

たくさんある種類から悩むことも多いのでは?何が違うの?使い易いのはどれ?など素朴な疑問がある方や新しく購入しようと思っている人は、次の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。

電子レンジの掃除に使えるレモンの代用品⑤歯磨き粉 Instagram 焦げ対策にもオススメですが、使用する歯磨き粉には研磨剤が入っているものがより効果を期待できます。

不要な歯ブラシに歯磨き粉をつけて水で濡らして磨いていくだけ。

レンジの隅など掃除しにくい場所にも届きます。

傷つき防止のため特にドアなどはゴシゴシと力を入れすぎないように注意しましょう。

Instagram 傷が気になる時はメラミンスポンジをたっぷりと湿らせ、歯磨き粉をつけて使用すると傷をつける心配は少ないでしょう。

メラミンスポンジは安価で使い捨てできるため衛生的です。

電子レンジ掃除だけでなく、シンクからコンロ周りまで幅広い場所に使用できるので、常備しておくと便利ですね。

料理に使用した後のレモンも電子レンジ掃除に使える? 残ったレモンも汚れ落としや消臭に効果を発揮します Instagram 汚れを落としてくれる成分のリモネンは主に皮に含まれています。

スライスして果汁を使用した後のレモンでも充分お掃除に使用できます。

ただ、リモネンの量は流れ出て少なくなっているため使用する量は通常より多めに必要です。

溜まった汚れにはレモン2個分程度あればより効果が期待できるでしょう。

レモンは消臭効果抜群!電子レンジの臭い消しにも使えます Instagram 魚や肉様々な食材を使用する頻度が高い電子レンジはすぐに汚れや臭いがつきやすいものです。

ひどい汚れ落としが目的では充分に効果が期待できない量しかない場合でも、少量の水と温めてレモン水を作り拭いたり、レモンを濡れたガーゼで包んで拭くだけでも消臭効果を発揮します。

レモンは身近な食品。

様々な栄養素や成分でレモンには嬉しいダイエットや美容の効果があると聞いたことがあっても、どうやって摂ったらいいか分からないと手が出しにくいですよね。

次の記事では手軽に作れるレモン水の効果や摂取方法について紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

レモンを使った電子レンジ掃除は手軽で自然にも人にも優しい! Instagram レモンはスーパーマーケットですぐ手に入る素材で安価な点に加え、日々のお料理や飲み物にも使用できるのでお掃除だけでなく、レモンがあれば様々な場面で活用せずには勿体ない食品です。

購入する際輸入品などで農薬が気になる方はよく洗ってから使用するなどすれば問題ありません。

電子レンジは食品を調理したり、毎日何度も使う使用頻度が高い家電です。

洗剤などを使用することに抵抗がある人も多いかと思います。

レモンは無害な上に除菌、柑橘類の爽やかな香りで魚の臭いなども消臭してくれ、気分をスッキリ爽やかにしてくれる優れもの。

日々のお掃除アイテムに加えて心晴れやかに過ごしましょう!

キーワード

  • レモン
  • 電子レンジ
  • リモネン
  • 使用
  • 掃除
  • 代用品
  • レンジ
  • 電子レンジ掃除
  • 重曹
  • レモン水
  • 加熱
  • 成分
  • 油汚れ
  • オススメ