恋愛

結婚する意味とは?男や女の人が必要性や良さがわからないと思う理由も

2018年10月12日更新
結婚する意味とは?男や女の人が必要性や良さがわからないと思う理由も

結婚する意味|女の人が結婚で得たいもの5つ 結婚する意味|女の人が結婚で得たいもの①心の支え 結婚する意味|女の人が結婚で得たいもの1つ目は、心の支えです。

身近に相談できる人や信頼できる人がいるのは、心強いですよね。

女の人は悩みを抱えると誰かに相談したいと思う傾向が強いので、結婚する意味として心の支えが欲しいと思うのではないでしょうか。

結婚する意味|女の人が結婚で得たいもの②経済的安定 結婚する意味|女の人が結婚で得たいもの2つ目は、経済的安定です。

現在は結婚しても共働きが多く、自身に経済力がある女の人も少なくありません。

しかし、未だに結婚して経済的安定を得ようという考えの女の人がいるのも事実です。

結婚する意味|女の人が結婚で得たいもの③ステータス 結婚する意味|女の人が結婚で得たいもの3つ目は、ステータスです。

結婚相手の社会的地位がそのまま自分のステータスになる、という考えの女の人も未だに存在します。

自分自身で社会的地位を確立しようとする女性がいる一方で、結婚によってステータスを得ようとする人もいます。

結婚する意味|女の人が結婚で得たいもの④子供が産める環境 結婚する意味|女の人が結婚で得たいもの4つ目は、子供が産める環境です。

近年では、子供ができてから結婚することも珍しくなくなっています。

結婚する意味として、子供が産める環境を整えておくという考え方もあります。

結婚する意味|女の人が結婚で得たいもの⑤主婦という肩書き 結婚する意味|女の人が結婚で得たいもの5つ目は、主婦という肩書きです。

未婚だと、「あの人は性格に問題があるのではないか」といった偏見の目にさらされることがまだまだ多くあります。

そういったことを避けるために、主婦という肩書きが欲しい女の人もいるでしょう。

結婚する意味|男性が結婚で得たいもの5つ 結婚する意味|男性が結婚で得たいもの①安らげる場所 結婚する意味|男性が結婚で得たいもの1つ目は、安らげる場所です。

安心感のある女の人や癒される雰囲気の女の人が結婚相手に選ばれるのは、男性が安らげる場所を求めている証拠です。

女の人が心の支えを求めるのと同じように、男性も精神的な支えを求めています。

結婚する意味|男性が結婚で得たいもの②家族の絆 結婚する意味|男性が結婚で得たいもの2つ目は、家族の絆です。

自分の子供はもちろんですが、自分の両親のことも大切にしてほしいと考えます。

できれば両親と揉めずにうまくやっていける女の人と結婚したいと考えるのは、男性が家族の絆を大事にしているからです。

結婚する意味|男性が結婚で得たいもの③自分の子供 結婚する意味|男性が結婚で得たいもの3つ目は、自分の子供です。

逆に自分の子供が欲しいと思わない男性は、結婚する意味がわからないと感じる傾向にあります。

男性にとっての結婚する意味は、家庭を持つことと自分の子供を持つことが大部分を占めているのでしょう。

結婚する意味|男性が結婚で得たいもの④社会的信用 結婚する意味|男性が結婚で得たいもの4つ目は、社会的信用です。

家庭を持つということは、社会的責任を負うことです。

社会的責任をより多く負うことが、社会的信用に繋がります。

女の人の場合と同様に、「この人は性格に問題があるのではないか」という偏見の目から逃れる意味もあります。

結婚する意味|男性が結婚で得たいもの⑤働く理由 結婚する意味|男性が結婚で得たいもの5つ目は、働く理由です。

仕事自体にやりがいを感じており、仕事が大好きだという人は、働くことに疑問はないでしょう。

しかし、中には「何のために働いているのかわからない」という疑問を持ってしまう人もいます。

結婚して家族を持つことで、働く理由を得たいという人もいます。

結婚する意味|結婚することの良さ5つ 結婚する意味|結婚することの良さ①好きな人と苦楽を共にできる 結婚する意味|結婚することの良さ1つ目は、好きな人と苦楽を共にできることです。

楽しい時間を共有することは、浅い間柄でもできます。

しかし、困難に立ち向かっていくのは、信頼できる相手とでないと不安です。

好きな人と楽しい時間を共有し、苦しい時も一緒に乗り越えていくことができるというのが結婚の良さです。

共同生活をしていれば、時にぶつかることもあります。

喧嘩をすることも多くなるでしょう。

それでも、相手と真正面からぶつかることを避けず、折り合いがつけられるまで話し合いを重ねていくことで、お互いに良き理解者となることができます。

一方が我慢するばかりでは、成り立ちません。

結婚する意味|結婚することの良さ②理解者がいる安心感 結婚する意味|結婚することの良さ2つ目は、理解者がいる安心感です。

家族の問題だけではなく、個人的な悩みを抱えることは多々あります。

そういった時に、自分のことをよく知る人間に相談に乗ってもらえるのは安心感があるでしょう。

ただ気をつけたいのは、相手に解決策の提示を求めるのではなく、自分自身で答えを導き出す必要があることです。

結婚する意味は、相手に依存するということではなく、自立している大人と大人の契約であると捉えましょう。

どちらか一方に負担がかかりすぎるような関係性は、どこかで破綻します。

結婚する意味|結婚することの良さ③子育てから多くを学ぶ 結婚する意味|結婚することの良さ3つ目は、子育てから多くを学ぶことです。

「子供を育てる」という感覚の人が多いですが、「子供に育ててもらった」という言い方をする人もいます。

子育てから学ぶことは多くあり、子育てを通して自分が学ばせてもらったという感覚の人もいるのです。

筆者の実感としては、「子供に育ててもらった」と表現する人は精神的に大人だと感じる人が多い印象です。

子供の面倒を見るのは親の責任だと強く意識しすぎることは、息が詰まる原因になるのかもしれません。

子供と一緒に自分も育っていくという感覚を持っている方が、余裕のある子育てができるのではないでしょうか。

結婚する意味|結婚することの良さ④守るものがあると強くなれる 結婚する意味|結婚することの良さ4つ目は、守るものがあると強くなれることです。

家庭を持つと、起業など思い切った選択ができなくなるという人もいます。

逆に、守るものがあると思うことで、エネルギーがわいてくるという人もいます。

結局のところ、捉え方の違いであると言わざるを得ません。

家庭を持つことや責任を持つことが重荷になると捉える人もいれば、守るものがあることでエネルギーが増幅する人もいます。

これは、人生において何を重要視しているかという部分と、大きく関わっているのではないでしょうか。

責任を負うのが嫌な場合や自由を求める場合は、結婚する意味はわからないと言って良いでしょう。

結婚する意味|結婚することの良さ⑤家族が増える 結婚する意味|結婚することの良さ5つ目は、家族が増えることです。

家族が増えるというのは、自分の子供だけではなく、義理の両親や兄弟のことを含みます。

血縁関係がない人と家族になるというのは、考えてみると不思議なことですよね。

結婚してからの親戚付き合いについては、悩む声が多く、マイナスイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。

価値観が違い、常識が違う人たちと親戚になるのですから、苦労は絶えません。

しかし、お互いに認め合うことで多様な価値観を知ることができます。

好きになった人だけではなく、その家族とも意見のすり合わせをしていかなければならないという意味で、結婚は難しくもあり、面白くもあります。

下記の関連記事に「仲良し夫婦の特徴」を載せてありますので、ここに書き切れない分の結婚の良さを読んでみてくださいね! 女の人が結婚の必要性や良さを感じられない理由5つ 女の人が結婚の必要性や良さを感じられない理由①子供中心の生活だから 女の人が結婚の必要性や良さを感じられない理由1つ目は、子供中心の生活だからです。

子供が生まれると、自分のために使える時間やお金はほとんどなく、子供中心の生活になります。

好きな人とずっと一緒にいられるというイメージだった人からすると、夫婦二人でデートを楽しむ時間もなく、ストレスが多いことでしょう。

子育ての方針で揉めることも少なくないでしょう。

大好きな人と仲良く暮らしたいだけなのに、なぜこうなってしまうのかと感じることも多々あるかもしれません。

しかし、お互いの意見をぶつけ合うことは、理解を深めるために必要なことです。

大事な人だからこそ、喧嘩を恐れずにぶつかっていきましょう。

女の人が結婚の必要性や良さを感じられない理由②養われるのが嫌だから 女の人が結婚の必要性や良さを感じられない理由2つ目は、養われるのが嫌だからです。

専業主婦になりたいという人がいる一方で、養われるのが嫌だと思う女の人もいます。

バリバリ仕事をこなしてきた人からすると、養われる立場というのは居心地が悪いかもしれません。

ただ現状では、男性が育児休暇を取ることに対する理解は進んでいません。

子供を産むのであれば、共働きであっても、出産の前後と出産後しばらくの間は、養われる立場になります。

「養われる」という感覚ではなく、「助け合い」という捉え方をしてみてはいかがでしょうか。

女の人が結婚の必要性や良さを感じられない理由③家事と仕事の板挟みだから 女の人が結婚の必要性や良さを感じられない理由3つ目は、家事と仕事の板挟みだからです。

共働きの世帯が多い現代は、仕事をしながら家事も育児もこなすというのが当たり前になりつつあります。

夫の協力がどのくらいあるかにもよりますが、思いっきり仕事ができないストレスにさらされている人もいます。

2人目3人目の子供を諦めるか、仕事を諦めるかといった悩ましい話も耳にします。

もう少し社会的なサポート体制がしっかりすればどちらも諦めずに済むのでしょうが、現状は夫婦の間でどうにかするしかありません。

夫の協力が足りないと感じるのであれば、腹を割って話し合いましょう。

女の人が結婚の必要性や良さを感じられない理由④夫の愚痴をよく聞くから 女の人が結婚の必要性や良さを感じられない理由4つ目は、夫の愚痴をよく聞くからです。

既婚の女の人が集まると、途端に夫の愚痴大会が始まるというイメージを持っている人も多いでしょう。

実際に、夫の愚痴を言っている人は多くいます。

愚痴を言っている人が目立つ中で、ノロケは言いづらいと考えている人もいます。

愚痴大会に加わりたくない、夫の良いところを語りたいという主張が、ニュースになっているのを見たことがあります。

結婚して幸せだという声が小さいのは、反感を買いたくないからであり、自慢することでもないからなのでしょう。

女の人が結婚の必要性や良さを感じられない理由⑤親戚付き合いが面倒だから 女の人が結婚の必要性や良さを感じられない理由5つ目は、親戚付き合いが面倒だからです。

好きな人と一緒にいたいだけなのに、なぜ親戚付き合いまでしなければならないのかと考えるかもしれませんが、それが結婚というものなのだから仕方のないことです。

結婚の良さのところでも述べたように、価値観のぶつかり合いは結婚の難しさであり、面白さでもあります。

こちらが歩み寄ったとしても、相手が歩み寄ってくれるとは限らないのがまた難しいところです。

小姑が嫌い・苦手な人の克服方法という下記の関連記事には、親戚と上手に付き合うヒントが隠されていますよ! 男性が結婚の必要性や良さを感じられない理由5つ 男性が結婚の必要性や良さを感じられない理由①自由な時間が減るから 男性が結婚の必要性や良さを感じられない理由1つ目は、自由な時間が減るからです。

家族サービスの時間も必要になってきますし、家事や育児を手伝う時間も必要でしょう。

飲みに行く時間や友達と会う時間などは、減らさざるを得ないと言えます。

しかし、どのくらい時間が制約されるかは、結婚する相手の価値観にも大きく左右されます。

結婚して子供が生まれても、趣味の集まりには今まで通り参加している人もいますし、すべて禁止されている家庭もあります。

結婚後の自由度は、相手を見極めることが鍵となるでしょう。

男性が結婚の必要性や良さを感じられない理由②自由に使えるお金が減るから 男性が結婚の必要性や良さを感じられない理由2つ目は、自由に使えるお金が減るからです。

お金のかかる趣味を持っている人にとっては、切実な問題だと言えるのではないでしょうか。

家族と一緒に楽しめる趣味ならば良いですが、そうでない場合は趣味を諦めることも考えなければいけません。

ただ、お金に関しても時間と同様に、どのくらいの制限がかかるかは結婚相手によります。

お金はどうにもならない部分が大きいですが、夫のことを大切に思っているのであれば、ある程度夫の意向も尊重したいと考えるはずです。

あれもダメこれもダメとなるのは、人として尊重されていないのではないでしょうか。

男性が結婚の必要性や良さを感じられない理由③家事分担への圧力が強いから 男性が結婚の必要性や良さを感じられない理由3つ目は、家事分担への圧力が強いからです。

男性は仕事をして稼いで帰って来れば良い、という時代は終わりを告げました。

家事や育児を手伝わない男性への風当たりが、非常に強い時代だと言わざるを得ません。

コマーシャルで家事は女の人がやるものといったニュアンスの表現が含まれているだけで、大きく叩かれ炎上し、放送中止になる例が後を絶ちません。

過剰反応すぎやしないかと感じる部分もあります。

男性も家事や育児を手伝うのが理想的ではありますが、忙しすぎる職種もあります。

感謝の気持ちを伝えるよう心がけましょう。

男性が結婚の必要性や良さを感じられない理由④異性と交際できないから 男性が結婚の必要性や良さを感じられない理由4つ目は、異性と交際できないからです。

不特定多数の異性と遊びたいといった考えの人は、結婚するべきではありません。

結婚は責任を伴うものです。

子供が生まれたのなら、より多くの責任を負うことになります。

まだ遊び足りないのであれば、結婚はやめましょう。

男性が結婚の必要性や良さを感じられない理由⑤ストレスが多いから 男性が結婚の必要性や良さを感じられない理由5つ目は、ストレスが多いからです。

まったく異なる場所で育った人同士が共同生活を送るのですから、衝突は避けられません。

それをストレスと捉えるのか、人生に深みが出ると捉えるのかは、人それぞれです。

「妻を怒らせると怖いから」と言って、何事も穏便に済ませようとする人もいます。

しかし、不満を持っていることすら伝わっていない可能性もあります。

何度も言うようですが、意見をぶつけ合うことは必要です。

なぜ結婚するのかわからない人が結婚を決めた理由は? なぜ結婚するのかわからない人が結婚を決めた理由①アラサーになったから なぜ結婚するのかわからない人が結婚を決めた理由1つ目は、アラサーになったからです。

平均初婚年齢が男女ともに30歳を超えている現在でも、女の人は30歳までに結婚したいという謎の基準を持っている人が多くいます。

筆者の周りには、29歳で結婚し、後悔している、または離婚している人が複数人います。

結婚せずに後悔している人もいるので、一概には言えません。

しかし、なぜ30歳までになのかという根拠がわからない上に、焦って判断力を失っていたと当時を振り返る人が多くいます。

結婚には勢いが必要な時もありますが、焦るのは禁物なのではないでしょうか。

なぜ結婚するのかわからない人が結婚を決めた理由②親がうるさいから なぜ結婚するのかわからない人が結婚を決めた理由2つ目は、親がうるさいからです。

実家に帰るたびに「まだ結婚しないのか?」と言われるような家庭もあります。

そういった環境下で独身を貫くのは、ストレスが強いと言えるでしょう。

ただ、年齢に縛られて結婚するのと同様に、なぜ結婚するのかもわからないまま、外的な圧力に屈して結婚するのは、後悔することが多くなります。

なぜ結婚するのかについて、自分なりの解釈ができてから結婚する方が納得できるでしょう。

逆に、なぜ独身でいるのかを親に説明するのもひとつの手です。

なぜ結婚するのかわからない人が結婚を決めた理由③子供ができたから なぜ結婚するのかわからない人が結婚を決めた理由3つ目は、子供ができたからです。

結婚する意味を理屈で考えても仕方がないと思う人にとっては、子供ができたから結婚するというのが一番わかりやすく、後悔もない理由だと言えます。

結婚する意味は人それぞれ! 今回は、結婚する意味について見てきました。

なぜ結婚するのか、必要性や良さがわからない理由についてもご紹介しました。

長々と書いてきましたが、結婚する意味を理論立てて説明することの難しさを実感しますね。

結婚するメリットである安心感や幸福感といったものは、主観的なものであり、他人から見てもわからないでしょう。

説明してうまく伝わるとも限りません。

また、自分の両親が仲良しだったか不仲だったかによっても、結婚する意味の捉え方が変わってくるのではないでしょうか。

結婚する意味は、人それぞれです。

結婚するにしてもしないにしても、後悔のないように、自分なりの意味を見つけていってくださいね!

キーワード

  • 結婚
  • 意味
  • 理由
  • 必要性
  • 子供
  • 家族
  • 家事
  • 仕事
  • ストレス
  • お金
  • 親戚
  • 自由
  • 子育て
  • 家庭