ライフスタイル

家族が嫌い・苦手な人の克服方法は?心理/うざい/イライラ

2018年10月12日更新
家族が嫌い・苦手な人の克服方法は?心理/うざい/イライラ

家族嫌いの理由や心理は? 家族を嫌う理由は自分の思うままにならないから ではまず家族をなぜ嫌ってしまうのかというと、多くの人は自分の思うままにならないからと答えています。

もちろん多くの家庭では両親や姉や兄などから、自分のする事を否定される事は誰もが経験しているでしょう。

それが思春期から二十歳辺りまで続いてしまうと、やがて家族が鬱陶しいと邪険に考えられるようになります。

「自分はもう年齢的にも自立は出来るのに」と思っても、親や兄弟が認めない限り何も出来ないのは確かに悔しいです。

だからこそ徐々に不満が積り、「そうやって自分を否定ばかりするお前らなんて知るか!」と考えた時にはもう家族の言う事全てが気に食わないと思います。

だからこそ幼少期から二十歳前まで、親兄弟から押さえつけられた事が多かったり、自分を否定される事が多かった人は家族が嫌いな傾向があります。

なので、まず何で家族を嫌いになったか分からない時はよくその事について考えてみてください。

家族を嫌ったり苦手に思う心理は小さい頃の経験が関わっている 家族を嫌ったり苦手に思う人の特徴と心理の1つに小さい頃の経験が関わっている場合があります。

例えば両親から虐待を受けていたりしたら当然ですが、両親を恨んでしまいます。

人間と言うのはどんな事でも、小さい頃の経験によって今後どう生きていくかが8割方決まってしまうので、小さい頃の体験とは非常に大切です。

小さい頃に体験した事とは非常に大切ですから、小さい頃にどう家族と関わってきていたかで、家族が嫌いか苦手か分かれてきます。

しかもその経験がネックとなって、自分が成長するたびに、家族に対してイライラなども溜まるかも左右されます。

家族を嫌う人は繊細さが特徴 では家族を嫌う人の特徴は一体なんなのかと言うと、主に繊細でいつまでも色んな事を気にしてしまう人が大半です。

中には「小さい頃両親から虐待を受けていたけど、所詮は過去。

」と割り切っている人は、家族が好きでなくても、割り切ってはいます。

しかし色んな事をいつまでも気にしてしまう人は、過去に自分がされた事を決して忘れません。

だからこそいつまで経っても家族と向き合い、昔の苦しみやイライラを克服出来ないのです。

「過去にああされたから」と言う事に囚われているからこそ、中々解決出来ないのはそう言った繊細な人に多い傾向です。

家族嫌いの克服方法は?【その①】 家族嫌いを克服するためには家族の事をよく知る事 まず家族嫌いを克服するには、家族の事をよく知る事です。

なぜかと言うと向き合おうとする度に相手の性格を知らなければ、相手がどう言った人なのか理解は出来ません。

ここで家族を理解できるかどうかによって、やはり家族嫌いを克服するか重要になってきます。

「過去にこういう事をされたから」と言っても、それはあくまで相手の一部分に過ぎません。

そう言った一面はあったとしても、それだけがその人の全てではないのです。

だからこそ、相手はどんな性格なのか、何を考えているのか、これを理解するだけでも大分家族に歩み寄る事は出来ます。

例え苦手な人であっても相手の言い分をよく聞こう 家族嫌いを克服する方法2つ目は、例え相手が苦手な人であったとしても、相手の言い分をよく聞く事です。

そもそも人間と言う生き物は一度「嫌!」となった事に対して中々受け入れようとしません。

だからこそ現実から逃避したり、「自分は悪くない」と自己正当化をするのです。

しかしそんな事ばかりしていたら当然ですが、家族嫌いを克服出来る訳がありません。

例え苦手でも本当に克服したいのであれば、相手の言い分を聞いて、相手が何を思っているのかを聞く事でまた考え方が変わってきます。

何も話を聞かないよりも、話を聞いて「ああ、この人はこう思って、こう行動する人なんだな。

」と理解する事で、両者にある溝を埋める事は十分可能です。

なのでまず嫌でも話を聞いて、相手の気持ちを知って理解する事はとても大事な事です。

なぜ自分は家族が嫌いなのか考えてみる 家族嫌いを克服する方法3つ目は、なぜ家族が嫌いなのかを考えてみる事です。

案外人間は何かを嫌いになったその瞬間はほぼ本能で決めています。

重要な理由や根拠は全て後付けであって、嫌だと感じた瞬間は一体何が嫌なのかが理解出来ていないのです。

だからこそ何故自分は家族が嫌いなのか、苦手なのかと言う事を冷静に分析してみてください。

例え理由が後付けだったとしても、原因は必ずあります。

なので落ち着いている時に、自分は家族の何が不満で何が嫌いなのか、これを考える事で、家族が嫌いな理由がよく理解出来て、家族嫌いを克服する為の第一歩にもなります。

家族嫌いの克服方法は?【その②】 まずは自分の性格をよく把握してみる事 家族と向き合う方法1つ目は、まず家族よりも自分の性格を把握みてみる事です。

もちろん家族の事を知るのも大事ですが、何より自分の事を分かっていないと人間は中々他人を理解出来ません。

なので、自分は一体どんな性格をしているからこそ家族と反りが合わないのかを熟考すべきです。

また自分自身の事をよく知っておく事で、自然と客観的になれます。

何故かと言うと自分自身を理解しておけば、いかなる状況でも「自分はこうするだろうな」と言う仮定が出来ます。

それが出来る事によって、今よりもずっと他人の事も理解しやすくなるでしょう。

家族が嫌いであっても血が繋がっている大切さを知る 家族と向き合う方法2つ目は、苦手であっても血が繋がっている大切さを知る事です。

中には「こんな人たちと血が繋がっていると考えると嫌になる」と思う人も多いです。

ですがよくよく考えてみて下さい。

もし親族や両親が亡くなった場合に残るのは、自分と兄弟だけだったり、自分しか残らない場合もあります。

自分だけならばまだ困る事はそうはないでしょう。

ですが兄弟がいる場合は、今後残された者同士やっていかなければなりません。

何より本当に自分が困った時にいざと言う時に頼れるのは家族しかいないのです。

だからこそ「嫌いだから」と言う理由で離れていたら、兄弟もそうですが自分が窮地に立たされた時困ってしまいます。

なのでまだ両親が生きているうちに「ああ、自分はこの先この人達と上手くやっていかなきゃならないんだな。

」と言う現実を受け入れて、徐々に歩み寄って行く事で自然と妥協や、人付き合いでどうかわしていくかのスキルも身につくので、まずは血が繋がっている事をよく考えましょう。

克服が困難な場合は距離を置いてみるのも最適 家族嫌いを克服しようとしても、やはり全てが上手く解決される訳ではありません。

克服が困難な場合は距離を置いてみるのも良い方法です。

何故かと言うと、あまりにも苦手な存在が近い所にあるとそれがプレッシャーとなってしまうからです。

現にそう言った家族から離れられない事で精神的に参ってしまう人もいます。

なので自分の精神を滅茶苦茶にしてまで、家族嫌いを克服しようだなんて考えるのはまず止めましょう。

その変わりこの先何があっても、自分1人で生きていかなければなりませんが、どちらが良いかは自分で決める事です。

もし本気で「一切家族と関わりを持ちたくない!」と言うのであれば、家族と縁を切る方法もあります。

ですが前述にもある通り、本当に自分が窮地に立たされた時、本当に頼れるものは血の繋がった存在だけですのでよく考えてみましょう。

家族の事でイライラした時の対処法 まず自分は一体何にイライラしているのかよく考える 家族の事でイライラした時の対処法1つ目は、まず自分は一体何にイライラしているのか考える事です。

家族の事でイライラした時、原因は自分か家族にしかないので、一体自分は家族が何をしてイラついているのかをまず冷静に考えてみましょう。

時には家族ではなく、「家族の言う通りにしなくちゃならない自分が嫌だ」と言って、自分自身にイライラしている場合もあります。

なのでまずはイライラしている原因は家族か、それとも自分かを見極めるだけでも解決策が変わってくるので、この見極めは非常に大事です。

家族が原因であれば、家族と距離を置くのが一番最適です。

しかしこのイライラをいつまでも溜めておく訳にはいきませんから、しばらくしたら冷静になって家族を許しましょう。

自分が原因であるなら自分の行動を見返すのが一番良い方法です。

あまり家族の事でとらわれすぎない 家族の事でイライラした時の対処法2つ目は、あまり家族の事でとらわれすぎない事です。

家族は自分にとって一番身近にいる存在ですから、他人よりも多く一緒にいます。

だからこそ家族と揉めたりすると、家族にとらわれやすくなりますが、あまり家族の意見ばかり聞いていても疲れるだけです。

なので「家族はこう言いたいんだな」とだけ考えて受け入れるのがベストです。

家族に言われた事や意見に対し考えすぎていると、精神的にも逃げ場がなくなってしまいます。

家族の言う事にとらわれない様にする為には、第三者の意見を聞いてみたりする事で、解決する時はあります。

例えば友人などに家族の事を話してみましょう。

その時、自分や家族が考えた事とは全く別の意見が出てくる可能性があるので、そう言った新しい意見に耳を傾ける事で、解決の視野を広げやすくなります。

自分の趣味や好きな事に没頭して精神安定をはかる事 Instagram 家族の事でイライラした時の対処法3つ目は、自分の趣味に没頭して精神安定をはかる事です。

人間は正面から悩みを抱え続けていると病みやすくなるので、そうならない為にたまには心をリフレッシュさせる必要があります。

何より気分転換をする事で、頭がスッキリします。

イライラしすぎて一つの事を考え続けていると、中々気持ちは晴れません。

なので、そのイライラする出来事は心の隅に置いておき、まずは気分転換をしましょう。

上手く気分転換出来たかどうかで、その後改めて家族にはどう接するべきか気持ちの整理もついてきます。

そう言った面ではリフレッシュする事はとても大事です。

趣味があってもあまりリフレッシュ出来ない場合は、新しい趣味を見つけてみるのも一つの解決策です。

なので、一人で出来るインドア・アウトドアの趣味についての記事があるので、こちらも併せてご覧下さい。

家族嫌いが原因で影響されてしまいやすい事とは? 協調性が欠けてしまう 家族嫌いが原因で影響されてしまいやすい事1つ目は、協調性が欠けてしまう事です。

これは家族から圧力を受ける事で、自分に蓋をしてしまう人に多い傾向です。

親や兄弟の圧力で自分の気持ちを殺してしまうと、いざと言う時に自分自身を上手く表現出来ません。

他にも「自分の意見を言ったら怒られてしまう」と考えてしまうので、自然と一人でいる事を選びます。

だからこそいざと言う時に他人といるのが鬱陶しいと考えてしまいがちです。

自分を大切に出来なくなってしまう 家族嫌いが原因で影響されてしまいやすい事2つ目は、自分自身を大切にする事が苦手です。

これも親や兄弟の圧力によって起きる事で、自分の意見を否定されすぎると、自然とこう言った傾向に陥りやすくなります。

子供の内は非常に素直ですから、他人にされて嫌な事は止めようと学習します。

それは他人だけではなく家族も同様です。

家族にされた事がきっかけで、他人には自分のようになって欲しくないと考えていきます。

その為、自己犠牲心が強くなり、自分より他人を守る傾向に出やすくなるのです。

一見傍から見れば他人思いの良い子ですが、あまりにも自己犠牲心を放置しておくと、後々些細な事で「自分ってなんなんだろう」と考えやすくなってしまいます。

自分が他人に必要とされなくなると、一気に塞ぎ込んでしまうので、違和感を感じたら一人で抱え込まずに、周りに相談しましょう。

精神的に病んで内向的になりやすい 家族嫌いが原因で影響されてしまいやすい事3つ目は、精神的に病んで内向的になりやすいです。

現に家族が苦手だったり嫌いな人の半分は、精神的に病みやすい傾向にあります。

なぜかと言うと、家族全員が敵に見えてしまうので、気付かない内に何もかも自分で抱え込んでしまいます。

それが原因でいつまでも自分の不満や本心を言えずに抱え込んでしまう事で情緒不安定になりやすいです。

なので非常に内気で周りを敵視する可能性が高いので、あまり情緒不安定だからと言って責め立てるのは止めましょう。

家族嫌いを克服しよう! 家族とはこの世にたった数人しかいないかけがえのない存在ですが、時には心の負担になる場合もあります。

故に嫌いだったり苦手になる訳で別に家族嫌いがおかしい事ではありません。

ですが人間最後は友人ではなく、家族が頼れる存在なので、なるべく嫌いと言う意識を取りはらっておくべきです。

なのでどうすれば少しでも分かりあえるか努力する事で、いざと言う時に助け合いが出来ます。

嫌いだからと言って、いつまでも家族嫌いを克服せずに逃げ続けていると、後々後悔する事もあるので、よくよく家族の大切さを考えてみましょう。

今回は家族が嫌いな場合の克服方法を紹介しましたが、実は夢占いで家族の夢は心の状態を映し出すそうです。

なので家族の影響で心が病んでいないか、この記事を併せてご覧下さい。

キーワード

  • 家族
  • 嫌い
  • 家族嫌い
  • イライラ
  • 克服
  • 苦手
  • 理解
  • 他人
  • 意見
  • 傾向
  • 兄弟
  • 理由
  • 人間
  • 両親