ライフスタイル

キャバ嬢とのLINEのテクニックは?タイミングや営業ラインの心理も

2018年10月12日更新
キャバ嬢とのLINEのテクニックは?タイミングや営業ラインの心理も

キャバ嬢がLINEしてくる心理は? キャバ嬢がLINEする心理①営業をかけたい まずがキャバ嬢がLINEする心理を紹介します。

まず1つ目の心理は「営業をかけたい」です。

キャバ嬢がLINEする理由の大半は営業です。

店に来てほしくてLINEしているのです。

キャバクラに飲みに来た人の中には、「酒を飲みながら客と話すだけで高収入が得られる」とキャバ嬢の仕事を勘違いしている人がいます。

しかしこれは大きな誤解です。

指名客が呼べないと時給が下がったり、ひどいときにはクビになることもあります。

ノルマの不安におびえることもありますし、待機席でひたすら圧力をかけられることもあります。

キャバ嬢にとって客を呼ぶための営業は、自分を守るためのものでもあるのです。

キャバ嬢がLINEする心理②客として繋がっているか確認したい キャバ嬢がLINEする心理2つ目は「客として繋がっているか確認したい」です。

LINEをした客が、自分の客として繋がっているかを確認するためにLINEをしています。

特に、あまり店に来てくれない人や、連絡をしてこない人には、まだ客として来てくれる可能性があるかどうかを確認したくてLINEします。

この場合は、あからさまな営業ラインと言うより、「元気?」や「忙しい?」など様子を伺うようなLINEをすることが多いです。

好感触な返信が来れば、まだ客として繋がっていると実感して営業ラインを送りますし、スルーされれば期待は薄いと感じてLINEする回数が減っていく傾向があります。

キャバ嬢がLINEする心理③相手の行動を知りたい キャバ嬢がLINEする心理3つ目は「相手の行動が知りたい」です。

キャバ嬢は相手の行動を知っておきたいという心理が働いてLINEしていることがあります。

どのタイミングで店に来てもらえるか、いつ営業ラインをするのがベストかなど把握しておきたいのです。

たとえば、毎週金曜に来ていた客が突然来なくなるとキャバ嬢本人はもちろん、周りのスタッフも「あれ?」と感じてしまいます。

たまたま仕事の都合で遠出していたり、連休に家族にお金を使いすぎてキャバクラに来るお金がなくなったなど、客にはそれなりの都合がありますよね。

そういったこともキャバ嬢は把握したいのです。

キャバ嬢がLINEする心理④相手を知りたい キャバ嬢がLINEする心理4つ目は「相手を知りたい」です。

相手を知ることで、客が求めるキャバ嬢を演出したり、盛り上がるようなネタをストックしておきたいという思いがあります。

1人の客と長い時間話さなければならないので、無言の時間を作るわけにはいきません。

相手の好きなことや仕事のことなど、話題になり得る情報はより多く収集しておけば、店に来てもらったときに話が盛り上がり、より長く時間を過ごせて売上にもつながってきます。

「一緒にいて楽しい」と思ってもらえれば、長く続く客にもなってもらえますよね。

その他にも、たとえば好きな髪型を事前に聞いておいて、客が好きだと言ったヘアメイクで接客してみたりもします。

そうやって客が好む姿を見せて、理想のキャバ嬢を演出し、自分にハマってほしいという狙いがある場合があります。

キャバ嬢がLINEする心理⑤LINE交換した相手が客になるか見極めたい キャバ嬢がLINEする心理5つ目は「LINE交換した相手が客になるか見極めたい」です。

初めて店に来た客とLINEを交換したキャバ嬢は、自分の客になってもらえるのかを見極めるためにLINEをします。

たくさんの客を接客するキャバ嬢ですが、すべての客が指名客として戻ってきてくれるわけではありません。

まずLINE交換をした客には一通りLINEをして、自分の客として戻ってきてくれるか見極めます。

戻ってこなさそうな人には失礼のないようにLINEをして終わることもありますし、客になりそうな人には頻繁にLINEして徐々に距離を縮めようとすることもあります。

キャバ嬢にLINEするタイミングは? キャバ嬢にLINEするタイミング①日常的なラインは午後の時間帯に ここからはキャバ嬢にLINEするタイミングを紹介していきます。

まず営業とは関係のない、日常的なラインをするときは、午後の時間帯が良いでしょう。

午前中は寝ているキャバ嬢も多くいます。

寝ているときに、キャバ嬢として特にプラスにもならない日常的なラインが来ると睡眠の邪魔になって苛立つこともあります。

日常的なラインをするときは、キャバ嬢が起きて活動している午後の時間帯なら、キャバ嬢の気分を害すこともないでしょう。

「起きてる?」の一言から始めると良いかもしれません。

キャバ嬢にLINEするタイミング②LINE交換して店を出たらすぐ送る 続いてLINE交換したばかりのときのキャバ嬢にLINEするタイミングです。

LINEを交換したら、店を出てすぐにラインするのが良いタイミングです。

1日に何組も接客するキャバ嬢に、自分という人間をちゃんと認識してもらうために、店を出たらすぐに送りましょう。

なるべく自宅に帰る前に送るのがベストです。

「さっきLINE交換した○○です。

早速LINEしちゃいました。

さっきはありがとう。

楽しかったよ」という文面を店を出てすぐに送っておけば、どの客からのラインなのかキャバ嬢にもわかりやすいです。

時間が経ってしまうとその間にLINE交換した客が増え、「誰?」とキャバ嬢を悩ませることもあるので注意です。

キャバ嬢にLINEするタイミング③店に行くなら夕方にラインする 次は店に行くときのキャバ嬢にLINEするタイミングです。

キャバクラに行く都合がついたら、夕方にラインするのがベストなタイミングです。

夕方にラインが来ると、キャバ嬢もその日の予定が組みやすくなります。

「今日店に行きたいんだけど、何時ごろが都合いい?」とラインしてみると好印象を与えます。

もちろん同僚や友人と急遽キャバクラに行くことが決まることもありますよね。

急遽決まった場合は、なるべく早いタイミングでキャバ嬢にラインしてください。

「今友達とキャバクラに行こうって話になってるんだけど、今日行っても平気?」とキャバ嬢の予定を聞くようなラインがおすすめです。

キャバ嬢にLINEするタイミング④店に着く10~15分前にラインする 次はキャバクラに向かっているときにキャバ嬢にLINEするタイミングを紹介します。

キャバクラに向かっているときにわざわざラインする必要がないと考える人もいるかもしれませんが、キャバ嬢も準備しておきたい場合があるので、店に着く10~15分ほど前に「あと10分で着くよ」とラインすると良いでしょう。

明確な時間がわかると、キャバ嬢はもちろんキャバクラのスタッフもお迎えする用意を整えます。

キャバ嬢にもキャバクラのスタッフにも好印象を与えることができるラインです。

「〇時に行くよ」というラインを事前に送っておいてから「あと10分で着くよ」と明確な時間を送るとベストなラインと言えます。

キャバ嬢にLINEするタイミング⑤営業ラインには気づいたらすぐ返信する 最後にキャバ嬢の営業ラインに返信するタイミングを紹介します。

営業ラインだからと後回しにせず、気づいたらすぐに返信するようにしましょう。

キャバ嬢は営業ラインを送って、その日に来てくれる客を把握したいという思いがあります。

たとえ行けなくても、「今日は行けない」とすぐに返信してくれると助かるのです。

どうせ営業ラインだからと後回しにすると、返信が来ないとキャバ嬢を苛立たせてしまうきっかけになってしまう可能性があります。

営業ラインに気づいたら、なるべく早く返信しましょう。

キャバ嬢とのLINEのテクニックは? キャバ嬢とのLINEテクニック①キャバクラの外への誘いは控える ここからはキャバ嬢とのLINEテクニックを紹介します。

まず1つ目は「キャバクラの外への誘いは控える」です。

同伴ありきで外に誘うのはアリですが、店に行くつもりもないのに外に誘うのはキャバ嬢にとって失礼なこととも言えます。

キャバクラに飲みに来る客の中には、キャバクラを女性との出会いの場と考えている人もいますが、キャバ嬢は男性との出会いを求めてキャバ嬢をやっているわけではありません。

あくまでも仕事です。

キャバ嬢の仕事を尊重し、外で会うための誘いを避けるのがキャバ嬢に好印象を与えるポイントです。

外で飲みたいと思うなら、キャバ嬢にとって安心できる客になるのが手っ取り早い方法です。

キャバ嬢の方から「たまには店とか関係なく外で飲みたい」と誘われるまで、外への誘いは避けましょう。

キャバ嬢と本気の恋を考えて、外に誘いたいと思っている人は、誘う前に下の記事を読むことをおすすめします。

キャバ嬢とのLINEテクニック②思いやりメールを送る キャバ嬢とのLINEテクニック2つ目は「思いやりメールを送る」です。

キャバ嬢の心を掴むには、思いやりの言葉を送るのがとても良い方法と言えます。

ポイントは、キャバ嬢から言われる前に、思いやりの言葉をかけることです。

「飲み過ぎてない?大丈夫?」「今日も最高に可愛かったよ」などとラインすると良いでしょう。

もしキャバクラに行く余裕があるなら「来て欲しいときは俺を頼ってくれていいからね」など、営業をかけやすい言葉をかけておくのもアリです。

思いやりがあって頼りがいがある客は、キャバ嬢にとって癒しにもなり、ありがたい存在になります。

キャバ嬢との信頼関係を築くために思いやりを大切にしましょう。

思いやりのあるラインのやり方がわからない人は、下の記事で思いやりのある人の特徴を知るところから始めると良いかもしれません。

暖かい心を持つことができれば、思いやりのあるラインが送れるようになるはずです。

キャバ嬢とのLINEテクニック③次に行くことを匂わす キャバ嬢とのLINEテクニック3つ目は「次に行くことを匂わす」です。

キャバ嬢にとって次に来てくれる期待は、LINEを続けることに意味を持つことに繋がります。

来てくれない客にラインするより、来てくれそうな客にラインした方が自分のためになりますよね。

そのため「今日は行けないけど、都合がつけば来週行くよ」など次があることをラインするのが、キャバ嬢とのLINEテクニックの1つです。

もちろん次を匂わせるだけ匂わせて、全然店に行かなければキャバ嬢の期待も薄れてしまいます。

ある程度匂わせたら、ちゃんと店に行ってあげてくださいね。

キャバ嬢とのLINEテクニック④プライベートを聞き出さない キャバ嬢とのLINEテクニック4つ目は「プライベートを聞き出さない」です。

キャバ嬢という仕事を尊重した上で、出勤している曜日や時間帯を聞くのはOKですが、日中のラインで「今何してる?」「誰といるの?」など情報を聞き出そうとするのはNGです。

キャバ嬢にとってうざいだけの存在になってしまいます。

キャバ嬢がある程度プライベートなことを話してくれるまでは、たわいもないラインを続けることをおすすめします。

キャバ嬢という仕事を理解しているという意図が伝われば、好印象を与える可能性もあるので、店での様子を聞くくらいがちょうど良いでしょう。

キャバ嬢に未読スルーされた時は? キャバ嬢に未読スルーされた時の対処法①こちらから連絡しない 最後に、キャバ嬢に未読スルーされたときの対処法を紹介します。

まず1つ目は「こちらから連絡しない」です。

キャバ嬢が未読スルーをしている理由がわからないなら、あえてこちらから連絡をせずキャバ嬢からの連絡を待ちましょう。

執拗にラインすると、余計連絡が来なくなってしまう可能性があるので注意です。

キャバ嬢に未読スルーされているのは、キャバ嬢に対して失礼なことをしたからかもしれません。

LINEの未読スルーをすることの心理を、下の記事で確認してみるのも良いかもしれません。

キャバ嬢に未読スルーされた時の対処法②別のキャバクラに行く キャバ嬢に未読スルーされたときの対処法2つ目は「別のキャバクラに行く」です。

未読スルーしているキャバ嬢が働くキャバクラの近くのキャバクラに行くの方法です。

店のスタッフによって、どの客がどの店に入ったという情報は回ります。

あなたが別のキャバクラに入ったと聞いたキャバ嬢が、連絡してくる可能性があります。

キャバ嬢にはキャバ嬢という立場を尊重したLINEをしよう 見た目の華やかさとは違い、キャバ嬢のLINEには、懸命に仕事を全うしようとするキャバ嬢の思いが隠されています。

キャバ嬢という仕事をしていることを尊重し、一人の女性としてではなく一人のキャバ嬢としてLINEしましょう!尊重してあげることで、キャバ嬢との新たな絆が生まれるはずです。

キーワード

  • キャバ
  • LINE
  • ライン
  • キャバクラ
  • タイミング
  • 心理
  • テクニック
  • 営業ライン
  • 未読スルー
  • 仕事
  • 思いやり
  • 交換
  • 営業
  • 返信