エンタメ

プリキュアが大切にする『多様性』と『自己肯定』 プロデューサー内藤佳祐氏にインタビュー

2018年10月15日更新
プリキュアが大切にする『多様性』と『自己肯定』 プロデューサー内藤佳祐氏にインタビュー
女の子向けアニメのプリキュアシリーズ。2004年『ふたりはプリキュア』の開始から、2018年で15年目を迎えました。シリーズ15作目となった『HUGっと!プリキュア』のプロデューサー内藤佳祐氏に今作に込められた想いなどお話をうかがいました。 本インタビューは、2018年7月30日にgrape Japan 編集部の外国人記者により行われた単独インタビューの内容を翻訳・編集してお届けするものです。 『HUGっと!プリキュア』 オープニング&エンディングについて ーー本日はお時間をいただき、ありがとうございます。よろしくお願いいたします。 内藤氏:ありがとうございます。よろしくお願...

キーワード

  • プリキュア
  • 正人
  • HUG
  • 子ども
  • アンリ
  • クライアス
  • 台詞
  • 未来
  • 赤ちゃん
  • テーマ
  • アンドロイド
  • いま
  • 多様性
  • ルールー
  • 意味