ライフスタイル

革財布のお手入れ方法は?艶出しに必要な道具やメンテナンスの手順も

2018年10月18日更新
革財布のお手入れ方法は?艶出しに必要な道具やメンテナンスの手順も

革財布の手入れ・メンテナンスで用意すべき物や道具 革財布の手入れ・メンテナンスで用意すべき物や道具①汚れ落とし用ブラシ Amazonで詳細を見る 革財布の手入れ・メンテナンスで用意すべき物や道具1つ目は、汚れ落とし用ブラシです。

革製品の汚れ落としには、ファインポリッシングブラシと言われる特別なブラシを使います。

ファインポリッシングブラシは、細く柔らかいヤギの毛で作られているため、革に傷をつけずに、お手入れすることが可能です。

革製品のお手入れに使うファインポリッシングブラシは、革財布以外にも革靴のお手入れや、レザージャケットの汚れ取り、レザーソファーのちょっとしたメンテナンスにも使うことができますので、革製品が好きな方は、一つ持っておくと良い道具です。

革財布は、特に内側には細かい部分があり、細かい溝や縫い目などにはホコリが溜まりやすいので、細かい部分までしっかりとブラッシングをしましょう。

革製品専用のファインポリッシングブラシは、柔らかい毛が細かい部分にまで入って、革に傷をつけずに、ホコリを払い落としてくれます。

革財布の手入れ・メンテナンスで用意すべき物や道具②防水スプレー Amazonで詳細を見る 革財布の手入れ・メンテナンスで用意すべき物や道具2つ目は、革製品用の防水スプレーです。

革製品用の防水スプレーは、革の表面を覆うタイプと革に浸透させるタイプがあります。

革製品の呼吸を阻害しない革に浸透させるフッ素タイプの防水スプレーがおすすめです。

革の表面を覆うシリコンタイプの防水スプレーは、即効性がありますが、革全体を覆ってしまうため、革製品の呼吸が阻害され、革の劣化を早めてしまう恐れがあります。

どうしても水に近づいてしまう恐れがある場合など、応急処置的に使うと良いでしょう。

革に浸透させるフッ素タイプの防水スプレーは、革の繊維一本一本をコーティングするため、革製品に影響を与えにくいタイプですが、効果があまり長続きしないため、頻繁なお手入れが必要になります。

日頃からの定期的なメンテナンスに使うのがおすすめです。

状況に応じて使い分けると良いでしょう。

革財布の手入れ・メンテナンスで用意すべき物や道具③艶出しクリーム Amazonで詳細を見る 革財布の手入れ・メンテナンスで用意すべき物や道具3つ目は、革製品用の艶出しクリームです。

革製品用の艶出しクリームは、革に美しいつやを出してくれるのとともに、革をなめらかに保ち、傷や水分から守ってくれるため、革製品のメンテナンスには必須のアイテムです。

革製品用の艶出しクリームは、革財布の見た目に艶を出すだけでなく、革に適度な水分と油分を与えて、革を保湿、保護してくれます。

革財布を長くきれいに使うためには欠かせない道具です。

靴用のクリームは使えない場合が多いのでご注意ください。

革製品用の艶出しクリームを使う方法の基本的な手順は、薄く塗り、柔らかい布で磨くように均一に伸ばして行きます。

クリームのカラーなどをチェックして選び、使い方は、付属の説明書などをしっかりと読んで使うと失敗がないでしょう。

革財布の手入れ・メンテナンスで用意すべき物や道具④ポリシングクロス Amazonで詳細を見る 革財布の手入れ・メンテナンスで用意すべき物や道具4つ目は、ポリシングクロスです。

ポリシングクロスは、きめの細かい、コットン製のクロスです。

革製品用の艶出しクリームを革製品に薄くのばしたり、革製品の表面をふき取ったりするのに使います。

革製品用の艶出しクリームを塗る際は、ポリシングクロスは2枚以上用意しておくと、クリームを塗るクロスと仕上げをするクロスを分けることができ、作業がしやすくなるでしょう。

また、日常的なお手入れでも頻繁に使うことができますので、常日頃から複数枚用意しておくと便利です。

革財布の手入れ・メンテナンスの方法&手順その1 革財布の手入れ・メンテナンスの方法&手順①ブラシで汚れを落とす Instagram 革財布の手入れ・メンテナンスの方法&手順1つ目は、革製品の汚れ落とし用ブラシで汚れを落とすステップです。

革財布の表面についたホコリなどの汚れをブラシで落としていきます。

このステップで、きれいに汚れを落としておかないと、汚れの上からコーティングすることになってしまいます。

革製品専用のファインポリッシングブラシなどを使って、革の表面に傷をつけないように、やさしく撫でるようにブラッシングして、表面のホコリなどの汚れをしっかりと落としておきましょう。

きれいに汚れを落としておくことで、この後のコーティングがよりきれいにでき、より長持ちさせることができます。

革財布の手入れ・メンテナンスの方法&手順②防水スプレーをかける Instagram 革財布の手入れ・メンテナンスの方法&手順2つ目は、革製品用の防水スプレーをかけるステップです。

革財布を含めて、革財布は水に弱いので、すぐにシミになってしまいます。

特に新しい革財布は注意が必要です。

購入したら、できるだけ早く防水スプレーを使いましょう。

革製品専用の防水スプレーは、革製品の保護用のクリームの効果を高める効果もあります。

革財布に近づけすぎてスプレーすると、スプレーにムラができ、シミになってしまいますので、スプレーは30cmほど離したところからスプレーし、全体に満遍なくスプレーがいきわたるようにしましょう。

革財布の手入れ・メンテナンスの方法&手順③艶出しクリームで保護する Instagram 革財布の手入れ・メンテナンスの方法&手順3つ目は、革製品用の艶出しクリームで保護するステップです。

革製品用の艶出しクリームを手順通り塗ることで、革財布は艶が出て美しくなり、防水スプレーと合わせて使うことで、さらに撥水効果がアップします。

革財布の表面にしっかりと保護の膜を作っておくことで、革財布の表面をダメージから守ることができますので、しっかりと塗っておきましょう。

艶出しクリームは、少量をポリシングクロスなどの柔らかい布に取り、薄く均一に塗り伸ばしていきます。

革の表面のタイプによっては、変化を早めることもできます。

革財布の手入れ・メンテナンスの方法&手順その2 革財布の手入れ・メンテナンスの方法&手順④ポリシングクロスで拭く Instagram 革財布の手入れ・メンテナンスの方法&手順4つ目は、ポリシングクロスで拭くステップです。

革財布の表面に薄く艶出しクリームを塗ったら、ポリシングクロスをやさしく磨くようにして拭きます。

しっかりと全面を磨くことで、自然な艶が出てきますので、しっかりと磨きましょう。

革財布は、艶出しクリームを塗ることで艶が出ますが、ポリシングクロスなどで、少し時間をかけてしっかりと磨き込むことで、自然な色艶になります。

ゴシゴシと力を入れてこすってしまうと、傷がついて逆効果になってしまいますので、力は入れずに拭くことを心がけておくと良いでしょう。

革財布の手入れ・メンテナンスの方法&手順⑤仕上げのブラッシングをする Instagram 革財布の手入れ・メンテナンスの方法&手順5つ目は、仕上げのブラッシングをするステップです。

最後にも、最初と同じようにファインポリッシングブラシなど使って、表面にブラシをかけます。

このブラッシングで、余分な艶出しクリームをきれいに取り除いて、表面をならします。

艶出しクリームをポリシングクロスでしっかりと塗り込み、自然な艶を出した後、さらにブラシをかけることで、革の細かい溝に入った無駄なクリームを取り除くことができ、より自然な状態に仕上げることができます。

また、細かい装飾の周りなども、ブラシをかけて整えると、より美しくすることができます。

革財布の手入れ・メンテナンスの際の注意点|買ったばかりの革財布 買ったばかりの革財布の手入れ・メンテナンスの際の注意点①革を伸ばさない Instagram 買ったばかりの革財布の手入れ・メンテナンスの際の注意点1つ目は、革を伸ばさないことです。

買ったばかり、使い始めの革財布は、ある程度丁寧に扱うようにした方が良いでしょう。

特に、カードなどをたくさにれてしまうことで、革が伸びてしまいますので、財布に入れるもの、量には注意が必要です。

革財布などの革製品は、時間をかけて徐々に色が変わったり、形が変わったりすることが魅力の一つですが、一度大きく形が崩れてしまうと、元に戻すことはできません。

特に、買ったすぐ、使い始めは使い方に注意をし、少しずつならしていくようにしましょう。

革財布は、使い始めに丁寧に使い、徐々にならして行くことで、長く美しい状態を維持することができます。

革をならしつつ、革の使い方に慣れて行くのも重要です。

財布が膨らみすぎないように、中に入れるものの量を調節しましょう。

買ったばかりの革財布の手入れ・メンテナンスの際の注意点②すぐに保護する Instagram 買ったばかりの革財布の手入れ・メンテナンスの際の注意点2つ目は、使い始める前にすぐに保護することです。

買った革財布はすぐに使いたくなってしまいますが、まずは保護のクリームを塗るなどのメンテナンスを行ってからにすることで、以降、長く良い状態の革財布を使うことができるようになります。

保護の方法は、通常のメンテナンスと同じで、ブラッシングをして汚れを落とし、防水スプレーをかけ、艶出しクリームを薄く塗ってポリシングクロスで磨き、最後にブラッシングをして仕上げます。

初めて防水スプレーや艶出しクリームを使う場合は、目立たない場所に少し塗ってチェックしてから全体に塗りましょう。

革財布の手入れ・メンテナンスの際の注意点|使っている革財布 使っている革財布の手入れ・メンテナンスの際の注意点①柔らかい布を使う Instagram 使っている革財布の手入れ・メンテナンスの際の注意点1つ目は、柔らかい布を使うことです。

革財布の表面は、細かい傷がつくことで、傷みや劣化の原因となってしまう場合がありますので、革財布の手入れやメンテナンスには、ポリシングクロスなど柔らかい布を使うようにしましょう。

ポリシングクロスなど、専用の布がない場合は、いらなくなったコットン100%の肌着やTシャツなどを小さく切ったものなどで代用することができます。

縫い目などが革財布に当たらないように、切り取っておきましょう。

他には、メガネ拭き用の布などを代用品として使うことができます。

使っている革財布の手入れ・メンテナンスの際の注意点②クリームは必須 Instagram 使っている革財布の手入れ・メンテナンスの際の注意点2つ目のポイントは、クリームを必ず用意することです。

革製品専用の艶出しクリームは、革の表面に艶を出すだけでなく、革を保護し、革に栄養を与える効果がありますので、日頃のお手入れ・メンテナンスにも欠かせない道具です。

革財布を含めて、革製品は、革が乾燥したり、革に傷がついたりすることで劣化して、ひび割れたり、ひどくなると剥がれてきたりしてしまうことがあります。

そうなると、元に戻すのは非常に難しくなってしまいますので、月1回程度は保湿用のクリームで手入れ・メンテナンスをしてあげると良いでしょう。

革財布の手入れ・メンテナンスの際の注意点|特別な場合 特別な場合の革財布の手入れ・メンテナンスの際の注意点①濡れた場合 Instagram 特別な場合の革財布の手入れ・メンテナンスの際の注意点1つ目は、革財布が濡れた場合のメンテナンスです。

日頃からメンテナンスをしていても、不慮の事故は起こってしまう可能性がありますので、そんな時は、慌てずにしっかりとした方法でその後の手入れをしましょう。

革財布を水で濡らしてしまった場合の手順は、できるだけ早く水気を拭き取り、風通しの良い日陰でしっかりと乾かします。

ドライヤーなどで急激に乾かすと、さらに革が傷んでしまいますので、じっくりと自然乾燥するのを待ちましょう。

乾いたら、保湿クリームなどの道具で、しっかりとメンテナンスをして上げましょう。

定期的にメンテナンスをしておくことで、防水スプレーや艶出しクリームの効果で、多少の水は弾くようにすることができます。

しかし、水の中に落としてしまった場合など、布部分が水に濡れた場合は、まずはとにかくしっかりと乾かすことが重要です。

しっかり乾かしておかなないと、あとでカビの原因になる場合があります。

特別な場合の革財布の手入れ・メンテナンスの際の注意点②カビが生えた場合 Instagram 特別な場合の革財布の手入れ・メンテナンスの際の注意点2つ目は、革財布にカビが生えてしまった場合のメンテナンスです。

革財布を濡れたままにしていたり、きちんと乾かしていなかったりすると、カビが生えてしまうことがあります。

また、湿度の高い時期に放置していても、カビが生えてしまうことがあります。

革財布の表面にだけカビが付着している時は、アルコールスプレーなどをポリシングクロスなどに吹きかけて、やさしく革の表面のカビを取り除きます。

拭き取った後は、風通しの良い日陰でしっかりと乾燥させます。

これをカビがなくなるまで繰り返します。

表面だけにカビが付着している場合は、これで対応できます。

カビが再発する場合は、内部にまでカビがあることが考えられます。

その場合は、ご自身でのメンテナンスは非常に難しくなってしまいますので、革製品専門のクリーニング業者に相談しましょう。

カビはすべて取り除くのが非常に難しいので、革財布にカビを見つけたら、なるべく早いうちに相談した方が良いでしょう。

革財布の手入れ・メンテナンスの頻度 革財布・レザーウォレットの手入れ・メンテナンスの頻度①毎日のお手入れ Instagram 革財布・レザーウォレットの手入れ・メンテナンスの頻度1つ目のポイントは、毎日のお手入れです。

革財布の革を上手に育てる一つのポイントは、素手で毎日使うことで、人の油脂の効果で革は育っていきます。

しかし余分な汚れはついてしまいますので、柔らかい布で、ポリシングクロスの柔らかい布で毎日拭くと良いでしょう。

革財布は毎日使い、毎日少しずつ手入れやメンテナンスをすることで、早く、手に馴染む、良い風合いの革になっていきます。

1日の終わりに、柔らかい布などで全体を拭き、きれいにして次の日に備えましょう。

その際、お財布に入れている余分な小銭や領収書なども出すようにすると、革財布の形も崩れにくくなります。

革財布・レザーウォレットの手入れ・メンテナンスの頻度②月1でしっかりと Instagram 革財布・レザーウォレットの手入れ・メンテナンスの頻度2つ目は、月1でしっかりと行うメンテナンスです。

毎日働いてくれるお財布を、月に1度はしっかりとお手入れしてあげましょう。

月1回以上の手入れ・メンテナンスには、防水スプレー、保湿クリームなどの道具をしっかりと使いましょう。

また、季節の変わり目などは、いつもよりも少し頻度を上げて、革財布の表面がなんとなく乾いてきたなと感じた時は、さっとメンテナンスをしてあげると良いでしょう。

革財布の月1でのしっかりメンテナンスの手順は、まずはブラッシングして汚れをしっかり落とし、、防水スプレーをかけ、艶出しクリームを薄く塗り広げ、ポリシングクロスで全体をやさしく磨いたのち、仕上げに2度目のブラッシングをします。

しっかりとお手入れをして革財布を長持ちさせましょう 革財布は、使えば使うほど革が馴染み、どんどん味わい深い色合いや見た目になるとともに、使いやすくもなっていきます。

革財布をきれいに長持ちさせる最大のポイントは、「毎日使うこと」で、毎日使うことで、人の手の脂が革財布の表面をきれいにコーティングしてくれ、柔らかく艶のある革を育てていきます。

しかし、やはりそれだけでは、少しずつ革財布は劣化していってしまいますので、定期的なメンテナンスが必要です。

定期的に正しいメンテナンスをすることで、劣化することなく、美しい革を育てることができますので、日頃からのお手入れも非常に大切です。

大切な革財布を育てて、ぜひ長持ちさせましょう。

また、お財布を大切にすることは、金運をアップさせるポイントでもありますので、革財布のメンテナンスをしっかりして大切に使い、金運もアップさせましょう。

さらに、お財布を使った金運アップの方法もありますので、こちらの記事もチェックしてみてください。

キーワード

  • メンテナンス
  • 財布
  • 手入れ
  • 革財布
  • 艶出しクリーム
  • 革製品
  • ポリシングクロス
  • 表面
  • 手順
  • 注意点
  • 道具
  • 防水スプレー
  • カビ
  • クリーム