ライフスタイル

難易度別|マスクの収納方法・アイデア15選!100均・DIYも!

2018年10月21日更新
難易度別|マスクの収納方法・アイデア15選!100均・DIYも!

初級編|マスクの収納方法・アイデア15選! 初級編①|プラスチック袋 Instagram マスクの初級収納方法1つめは、「ジップロック」を使う方法になります。

このジップロックは、100均などでも販売しており、大きさや柄など豊富な種類の中から選べます。

そんなジップロックは、大きさによって入れられるマスクの量に違いがあるため、マスクを収納する場所に合わせてサイズを選びましょう。

またプラスチック袋にマスクを小分けにしたり、サイズ別に分けて入れた後に、他の収納アイテムと合せて使うことで、マスクをもっと綺麗に収納することができ、そのことがジップロックの大きな特徴になります。

そのため、ぜひジップロックを使っていろいろなパターンの収納方法を試してみてください。

初めの方にも紹介しましたが、ジップロックは100均でも購入できます。

そんな、100均で購入できるおすすめのジップロックを紹介している記事を下記で紹介するので、ぜひジップロックを購入するときの参考にしてみてください。

初級編②|EVAケース Instagram マスクの初級収納方法2つめは、「EVAケース」を使う方法になります。

このEVAケースは、マスクを入れる入り口を簡単に閉められるのが特徴です。

またケースの入り口が、簡単に開いたりしないため収納だけではなく、マスクをバッグなどに入れて持ち運びするときにも便利になります。

またEVAケースは、プラスチック袋と同じようにサイズや柄などが豊富にあります。

また価格も100均で購入できるものから、もう少し値段の張るものまで様々なため、ご自身の使いたい用途に合わせて商品を選んでください。

また、ケースの色をマスクのサイズごとに変えられるため、見分けるのに重宝します。

初級編③|ファスナーケース Instagram マスクの初級収納方法3つめは、「ファスナーケース」を使う方法になります。

このファスナーケースは、外側をファイルのような少し堅めのプラスチックでできており、ケースの入り口はファスナーで大きく開けることができます。

そのため、マスクを取り出すのも簡単にできるのが特徴です。

そんなファスナーケースは、ケースのサイズも豊富にあったり、プラスチックに柄が付いていたりと種類がたくさんあります。

そんなファスナーケースも100均で購入することができます。

またこのファスナーケースに収納するマスクは、衛生的に包装されていないマスクよりも、個別包装されているマスクがおすすめです。

中級編|マスクの収納方法・アイデア15選! 中級編①|アクリルレタースタンド Instagram マスクの中級収納方法1つめは、アクリルタイプの「レタースタンド」を使う方法になります。

このレタースタンドは、名前のとおり手紙などを入れておくスタンドになります。

そんなレタースタンにマスクを収納する場合には、包装されているタイプのマスクならば、そのまま入れて収納することが可能です。

また他の物と一緒に収納するときには、プラスチック袋やEVAケースなどにマスクを小分けにしてから、収納するのもおすすめの収納の方法になります。

また紹介しているアクリルタイプならば、中が透けて見えるため何が収納されているのかがすぐに分かるため、収納アイテムとしてとても使いやすくなっています。

中級編②|ゴミ袋ストッカー Instagram マスクの中級収納方法2つめは、「ゴミ袋ストッカー」を使う方法になります。

このゴミ袋ストッカーは、本来の使い方は生活で出る買い物袋などのゴミ袋を収納するためのアイテムになります。

そんなゴミ袋ストッカーですが、その中にマスクを入れておくと、引っ張って取り出すことができる便利な収納アイテムになります。

そんなゴミ袋ストッカーには、豊富や素材があるため自身が欲しいタイプのゴミ袋ストッカーを探してみてください。

そんなゴミ袋ストッカーの中でもおすすめなのが、セリアで販売している写真のゴミ袋ストッカーになり、このゴミ袋ストッカーはマスクのサイズとピッタリなため、マスクの収納アイテムとして使いやすいです。

中級編③|レターケース Instagram マスクの中級収納方法3つめは、「レターケース」を使う方法です。

このレターケースは、引き出しの数や大きさなどに豊富に種類があります。

そのためケースを置く場所や、入れるマスクの量などによってケースの大きさを選びましょう。

またケースは、引き出し式になっているため、埃などがマスクに付くことなく収納できます。

また引き出しが複数あるレターケースを選んだ場合には、マスクと同じような用途で使う物をまとめて収納することで、物の位置も分かりやすくなるためおすすめです。

そんな種類が豊富にあるレターケースは、100均一でも販売しており100均で購入できるレターケースのおすすめを紹介している記事を下記付属しています。

そのためこれから、レターケースを購入しようと考えている方は、ぜひ下記の関連記事を読んでから、どのレターケースを購入するか検討してみてください。

上級編|マスクの収納方法・アイデア15選! 上級編①|ウエットティッシュケース Instagram マスクの上級収納方法1つめは、「ウエットティッシュケース」を使う方法になります。

マスクの収納ケースとしておすすめしたいのが、ウエットティッシュのケースになります。

このケースは、マスクとのサイズがマッチしやすいため、マスクを入れると綺麗に収納することができます。

またウエットティッシュケースには、蓋がついているため埃などが被りにくく綺麗に収納できるため、細かなゴミが出やすい玄関先などに置いてくのにも適しているケースになります。

またこのケースは、安いものだと100均でも購入することができ、シールなどを使って好きなようにリメイクすることもできるのでおすすめです。

上級編②|蓋付きバスケット Instagram マスクの上級収納方法2つめは、「蓋付きバスケット」を使う方法になります。

このバスケットを使うことで、他の素材の収納ケースよりもナチュラル感をだすことができるため、自然な感じで周囲に合せやすいのが特徴になります。

またカゴの中に入れる生地の柄によって、印象が全く異なるため複数のパターンが楽しめます。

また紹介しているのは、蓋付きのバスケットになりますが、蓋がないバスケットの場合には、マスクをすぐに取ることができます。

そのためすぐ手に取りたい玄関などの場所での、マスクの収納方法としておすすめのアイテムになります。

またバスケットは、安いものだと100均などでも販売しています。

そんな100均で購入することができる、カゴを紹介している関連記事を下記で紹介しているため、ぜひバスケットを購入するときの参考にしてください。

上級編③|マスクディスペンサー Instagram マスクの上級収納方法3つめは、「マスクディスペンサー」を使う方法になります。

このマスクディスペンサーは、マスク専用のディスペンサーになっているため、マスクを収納するのに1番便利なアイテムになっています。

そんなマスクディスペンサーは、ディスペンサーの上からマスクを重ねて入れて下から引き抜いて使います。

またこのディスペンサーには、付属の蓋が付いているためゴミや、埃などの汚れがマスクに付きづらいのが特徴になります。

そんなディスペンサーの大きさは、マスクの大きさとほぼ同じなため、置き場所があまり大きな所じゃなくても、置き場所に困るということは少ないです。

そのためマスクを収納するときに、マスクを収納する容器のサイズなどを考えて容器を探すなどの手間を考えたくない人には、専用の収納容器なためおすすめのアイテムになります。

DIY編|マスクの手作り収納アイデア15選!作り方も DIY編①|ティッシュボックスの空き箱を使おう! Instagram DIYでのマスクの収納アイデア1つめは、「ボックスティッシュの空き箱」を使った方法になります。

この方法は、使い終わったボックスティッシュの箱を捨てずに、その中にマスクを収納する方法になります。

この方法は、ただ空き箱にマスクを入れるだけではなく、その空き箱を玄関のドアに貼り付けたりすることもできます。

そんなマスクを入れた空き箱を、玄関のドアに貼り付けることでのメリットは、出掛ける前などでもマスクを忘れることなく、すぐに取ることができることになり、マスクを忘れがちな方におすすめです。

また空き箱を利用することで、すごく経済的にリメイクすることができますし、使い終わったら簡単捨てることもできます。

この経済的に地球にも優しい、ボックスティッシュの空き箱を使ったマスク入れの作り方などを、詳しく紹介しているサイトを下記で付属しているので、ぜひ参考にしてマスク入れを作ってみてください。

Pantry DIY編②|ウォールポケットを使ったアイデア収納 Instagram DIYでのマスクの収納アイデア2つめは、「ウォールポケット」を使ったアイデアになります。

紹介しているウォールポケットとは、壁に掛けることで壁にポケットを付けられます。

このウォールポケットのポケットにマスクを入れることで、マスクを収納することができます。

そんなウォールポケットは自作できます。

そんなウォールポケットには、既製の製品もありますが、自作することをおすすめします。

自作することをおすすめする理由は、ポケットの深さやサイズ、個数などを好き決めることができるからです。

またウォールポケットを使うときには、マスクを入れるポケット以外に、同じ用途の物も一緒に収納できるためとても便利です。

そんなウォールポケットは、収納するときに置き場所に場所をとらないため、狭い場所などにもおすすめの収納方法です。

このウォールポケットの作り方などのアイデアを、詳しく紹介しているサイトを下記に付属しているので、ぜひサイトを参考にして自分に合せたウォールポケットを作ってみてください。

CRASI DIY編③|100均の材料で作っちゃおう! Instagram DIYでのマスクの収納のアイデア3つめは、100均の製品を使ったマスクを入れるBOXのアイデアになります。

この紹介するマスクを入れるBOXを作る材料は、全て100均で購入することができる材料になります。

そのため材料を、安くすぐに手に入れられるため、作ってみようとおもったそのときに作ることができます。

そんな、100均の材料で作れるマスクを入れるBOXの作り方の手順を、丁寧に詳しく紹介しているサイトを下記に付属しているので、ぜひ作り方を参考にして自分オリジナルのマスクを入れるBOXを作ってみてください。

AFTERNOON 100均編|100均グッズを使ったマスクの収納方法15選! マスク収納100均編①|粘土ケースを使った方法 Instagram 100均一で購入できるマスク収納アイテム1つ目は、「粘土ケース」になります。

この粘土ケースは名前のとおり、粘土を入れるケースになりますが、その大きさがマスクを収納するケースにぴったりの大きさになります。

そんな粘土ケースは、販売しているケースに柄が付いているものから無地の物まで種類があります。

そのため柄付きを選んでもいいですし、無地のケースを選んでシールや、マスキングテープなどのペイント素材を使って、粘土ケースを自分好みにアレンジすることもできます。

そのためマスクを収納する環境のテイストに合わせた、自分オンリーのマスク収納ケースを作ることができまするためおすすめです。

また粘土ケースは、プラスチックの素材でできているため、ケース自体が重ねやすいためマスクのサイズ別に分けるなどマスクをサイズ別に分けて収納したい場合にもおすすめの収納方法になります。

マスク収納100均編②|ストレージケースを使った方法 Instagram 100均一で購入できるマスク収納アイテム2つ目は、「ストレージケース」になります。

このストレージケースは、セリアで販売されているケースになり規格は3種類あります。

そのため、収納したいマスクのサイズによって使い分けましょう。

またこのストレージケースには、半透明なためマスクの残量が分かりやすいです。

そのため、マスクの減りなども一目で分かるためマスクの補充がしやすいのが特徴になります。

そんなストレージケースは、同じ物ではありませんが他の100均でも似たような蓋の付いたケースを販売しているので、近くにセリアがない場合には似たようなケースを、他の100均でも探してみることをおすすめします。

マスク収納100均編③|プルアウトボックスを使った方法 Instagram 100均一で購入できるマスク収納アイテム3つ目は、「プルアウトボックス」になります。

このプルアウトボックスの入り口は、十字になっており蓋を取り外したり、開けたりせずに中の物を取り出せることが特徴です。

そのため片手でサッと取りたいマスクなどの消耗品を、入れておくのにおすすめの収納アイテムになります。

そんなプルアウトボックスの入り口十字部分は、見た目以上に軟らかい素材でできているため、普通のボックスよりも、軟らかい物などの出し入れも簡単にできるようになっています。

そのため、本体に硬さがあまりないマスクなどの消耗品も、ボックスに入れて簡単に使うことができるのが特徴です。

またこのプルアウトボックスは、見た目が無地でシンプルなため、どんな場所にでも適応しやすく置きやすいです。

また無地がお好みじゃない場合には、リメイクがしやすいためご自身の好きな見た目にすることができます。

マスクを持ち運びするときのアイデア2選! マスクを持ち運アイデア①|マスクケース Instagram マスクは、自宅から着けて歩くだけでなく、バッグに入れて持ち歩きます。

そんなマスクを持ち歩くときのアイデアを紹介します。

持ち歩くときのアイデア1つめは、マスクケースになります。

そんなマスクケースに、マスクを入れて持ち歩くことで、バッグの中でマスクが散乱することなくマスクを持ち歩けます。

またこのマスクケースは、既製品ならば抗菌加工がされている商品もあります。

また自身でケースを作ることもできるため、ご自身の好きなタイプのマスクケースを選びましょう。

マスクを持ち運アイデア②|マスクポーチ Instagram マスクを持ち歩くときのアイデア2つめは、「マスクポーチ」になります。

このポーチは、マスクケースよりもしっかりしているものが多く、ファスナーなどが付いており、ケースよりもしっかりしている物が多いのが特徴です。

そんなマスクポーチは、マスク専用のというよりも、好きなポーチをマスク入れにする人が多いです。

またマスクケースと同ように、マスクケースも作ることができます。

そんなマスクケースを手作りすると、サイズを自身で決められるためマスクとサイズがピッタリのポーチを作ることができるのでおすすめです。

マスクは生活環境に合わせて収納しよう! マスクの収納の仕方を詳しく紹介してきましたが、どのマスクの収納方法も自分の生活環境に合わせて収納することをおすすめします。

そうすることで、マスクの置き場所などを忘れることなく、自然に収納することができます。

ぜひ記事を参考にしながら、マスクを収納してみましょう。

キーワード

  • マスク
  • 収納
  • ケース
  • アイデア
  • つめ
  • ウォールポケット
  • ゴミ袋ストッカー
  • マスクケース
  • 収納方法
  • 紹介
  • 特徴
  • 空き箱
  • 場所
  • DIY
  • ジップロック