恋愛

病んでるアピールをする女性心理3つ|黒いオーラ/精神的に弱い心

2018年10月22日更新
病んでるアピールをする女性心理3つ|黒いオーラ/精神的に弱い心

病んでるアピールをする女性の心理3つ 病んでるアピールをする女性の心理①かわいいと思っている 病んでるアピールをする女性の心理の1つ目は、かわいいと思っている、という心理です。

病んでいることがファッションか何かだと感じている女性がいます。

そういうタイプの人は特に理由もなく、自分が病んでいることを多くの人たちにアピールして回ります。

何かに感化されている可能性があります。

このタイプの人は本当には病んでいません。

ファッションの一部だと考えている為、「病んでいる」という事がおしゃれだと思っているのです。

レースやリボンを身につけるのと同じ感覚で、「病んでいる」という事をアピールしています。

病んでるアピールをする女性の心理②かまって欲しい 病んでるアピールをする女性の心理の2つ目は、かまって欲しい、という心理です。

誰でもいいからかまって欲しい、という強い思いがあります。

いわゆる「かまってちゃん」と言われる種類の人です。

自分が病んでいることを周囲の人たちにアピールすることで、「どうしたの?」と優しい言葉をかけて欲しいのです。

ある意味、病んでいると言えるでしょう。

「かまってちゃん」は精神面でのバランスが良く崩れます。

いわれのない不安や恐れの感情に襲われてしまい、それを何とか振り払おうとしている場合があります。

少し声をかけてあげるだけで満足します。

病んでるアピールをする女性の心理③助けて欲しい 病んでるアピールをする女性の心理の3つ目は、助けて欲しい、という心理です。

これは本気で病んでいるのです。

自分一人では抱えきれない大きな悩み事や問題を抱えている可能性があります。

ですが、誰にどんな風に打ち明ければ良いのか分からず、病んでいるアピールをして、周囲の人たちにSOSを発しています。

場合によってはかなり危険な状態である可能性があります。

寄り添って、話を聞いてあげた方が良いかもしれません。

黙って話を聞いてあげるだけで、ある程度は回復します。

一人では難しい場合には、知り合いも呼んで、何人かで話を聞いてあげましょう。

病んでるアピールをする女性の特徴3つ 病んでるアピールをする女性の特徴①精神的に弱い 病んでるアピールをする女性の特徴の2つ目は、精神的に弱い、という特徴です。

ちょっとした問題に直面したり、困難な状況の陥ると、すぐに駄目だと感じ、絶望します。

また、精神的に弱い為、耐え忍ぶという事もできません。

すぐに誰かに頼ろうとします。

一人で頑張ることが大変難しく、そばに人がいないと耐えられません。

精神的に弱い人は、人に頼ることが当たり前になってしまっています。

また精神的に弱い人は少しきついことを言われると、それだけで心が折れます。

更に精神的に弱い人は自分一人で頑張ることの意味がわからず、今まで自分一人で頑張ったことも一度もありません。

病んでるアピールをする女性の特徴②黒いオーラを放っている 病んでるアピールをする女性の特徴の2つ目は、黒いオーラを放っている、という特徴です。

頻繁に病んでいるアピールをする女性は、はっきり目に見える黒いオーラを放っています。

その黒いオーラはブラックホールのように、周囲の人たちが放っている明るい光も吸い込み、また周囲の人たちをも吸い込んでしまいます。

一緒にいると大変疲れたり、身体のだるさを感じるなら、それはその人が放つ黒いオーラの影響を受けている可能性が高くなります。

本人は意識して黒いオーラを放っているわけではない為、指摘しても意味がありません。

離れるか、それとも黒いオーラの原因を突き止めて一緒に解決してあげると良いでしょう。

病んでるアピールをする女性の特徴③感情の起伏が激しい 病んでるアピールをする女性の特徴の3つ目は、感情の起伏が激しい、という特徴です。

何か嬉しいことがある時には、周囲の人たちにもたくさんの愛想を振りまきます。

歯の浮くようなお世辞を言う場合もあるでしょう。

しかし、悲しいことや辛いことがあると、一気にネガティブになります。

言葉も大変後ろ向きになります。

感情の起伏が激しいのは、精神面が安定していないからです。

精神的に弱い、という事も大きな要因となっています。

一緒にいるとあまりの感情の起伏の激しさに振り回され、大変疲れることになるかもしれません。

病んでるアピールをする女性のLINEの特徴は? 病んでるアピールをする女性のLINEの特徴①アイコンが真っ黒 病んでるアピールをする女性のLINEの特徴の1つ目は、アイコンが真っ黒、という特徴です。

ある日突然、アイコンが真っ黒に変わります。

漆黒の闇を象徴しているような真っ黒なアイコンです。

アイコンを黒くすることによって、自分自身の精神状態をアピールしているのです。

最も目立つ部分なのでアピールには最適です。

ただし、これはずっとではありません。

1週間くらいすると、また元のアイコンに戻ります。

アイコンが元に戻ったら、それはまた元の精神状態に戻ったというサインです。

誰かに話を聞いてもらったのかもしれませんし、問題が解決したのかもしれません。

ですが、また再びアイコンが真っ黒になることがあります。

ラインのアイコン別の心理をご紹介している関連記事があります。

更に、ラインのアイコンを変える理由についてご紹介している菅れに児もあります。

どちらもリンクいたしますので、あわせて、参考にしてみてくださいね。

病んでるアピールをする女性のLINEの特徴②一言が暗い 病んでるアピールをする女性のLINEの特徴の2つ目は、一言が暗い、という特徴です。

それまで明るかった一言が、ある日突然大変暗い内容に変わります。

例えば「人生真っ暗」や「もう生きているのが嫌になった」、「自分最低」という内容の一言に変わります。

思わず、「どうしたの?」と聞きたくなるような一言です。

実は、「どうしたの?」という言葉を待っています。

一言を見て誰かが気にかけて声をかけてくれるのを待っているのです。

誰かが「どうしたの?」や「良かったら話聞くよ?」というメッセージを送ると、一言メッセージが元の明るいものに変更されます。

ただし、これも再び暗くなることがあり、繰り返されます。

病んでるアピールをする女性のLINEの特徴③タイムラインが独り言 病んでるアピールをする女性のLINEの特徴の3つ目は、タイムラインが独り言状態になる、という特徴です。

内容は決して明るいものではありません。

意味深な一言をずっとつぶやき続けます。

一言でつぶやくだけでは足りない場合、タイムラインも使って延々と、暗い内容の独り言をつぶやき続けるのです。

これも誰かがタイムラインに反応してくれるのを待っています。

一言だけでは消化しきれない心の闇を、タイムラインで意味深につぶやくことで消化しています。

更に、誰かが自分のタイムラインに気づき、優しい言葉をかけてくれるのを待っているのです。

病んでるアピールをする女性のLINEの特徴④よく泣き顔を使う 病んでるアピールをする女性のLINEの特徴の4つ目は、よく絵文字や顔文字の泣き顔を使う、という特徴です。

特に悲しい話をしているわけでもないのに、突然、泣き顔の絵文字や顔文字が飛んできます。

メッセージの最後に自分のサインのようにして、泣き顔の絵文字や顔文字を入れてくる場合もあります。

これは無言で、「私の心の悲しさに気づいて」というサインを発しています。

泣き顔の絵文字や顔文字は、自分の感情を表現するのに最適なツールです。

もしこの時、あなたが何も反応を示さなかったら、今度はスタンプの連投を行なったり、突然会話を打ち切る場合もあるでしょう。

病んでるアピールをする女性のLINEの特徴⑤よく「…」を使う 病んでるアピールをする女性のLINEの特徴の5つ目は、よく「…」を使う、という特徴です。

これは語尾に多く見られます。

語尾が「…」という形で終わっていると、何かあったのかと思って気になります。

それを相手は期待しているのです。

「どうしたの?」や「何かあったの?」という言葉やメッセージを待っています。

相手に気づいて欲しくてこのような方法を取ります。

この時、あなたが何も反応を示さなかったら、突然自分から会話を打ち切ってしまうでしょう。

ですが、また少し時間をおいて再びメッセージが送られてくる可能性が高くなります。

これも気づいて欲しいというサインです。

病んでるアピールをする女性への上手な接し方は? 病んでるアピールをする女性への上手な接し方①相手にしない 病んでるアピールをする女性への上手な接し方の1つ目は、相手にしない、という接し方です。

もし、あなたが面倒だと感じるなら、その場合は相手にしないでおきましょう。

あなたの代わりになる人は他にもいる可能性があります。

話を聞くと、延々とりとめのない話を聞くことになります。

それが嫌なら相手にしないことです。

病んでるアピールをする女性への上手な接し方②とりあえず話を聞く 病んでるアピールをする女性への上手な接し方の2つ目は、とりあえず話を聞く、という接し方です。

この時、絶対にあなたからアドバイスをしてはいけません。

相手の話にただ黙って耳を傾けましょう。

相手はあなたからのアドバイスを必要としていないからです。

ただ単に話を聞いて欲しいだけなのです。

病んでるアピールをする女性への上手な接し方③相手の気持ちを代弁する 病んでるアピールをする女性への上手な接し方の3つ目は、相手の気持ちを代弁してあげる、という接し方です。

相手は自分の気持ちを上手に表現できません。

ですから、話を聞きながら、あなたが相槌や合いの手の代わりに、相手の気持ちを代弁してあげましょう。

すると、相手の心の重荷が溶けていきます。

病んでるアピールする女性は見極めが大切 病んでるアピールをする女性は、本当に病んでいるのか、それともファッション感覚なのかの見極めが大切です。

ファッション感覚なら、相手にする必要はありません。

ですが、本当に病んでいる場合には、話だけでも聞いてあげると良いでしょう。

すると、相手の心の重荷が溶けていき、心が軽くなるでしょう。

キーワード

  • アピール
  • 特徴
  • LINE
  • アイコン
  • 心理
  • 接し方
  • 一言
  • 上手
  • オーラ
  • タイムライン
  • 誰か
  • 感情
  • 可能性
  • ファッション
  • 泣き顔