ライフスタイル

ガラケーは今後なくなるの?電波の終了の可能性は?

2018年10月25日更新
ガラケーは今後なくなるの?電波の終了の可能性は?

ガラケーは今後なくなるの? ガラケーは今後なくなる可能性がある Instagram ガラケーは今後なくなる可能性があります。

何故なら携帯各社はガラケーをスマホに移行する施策を始めているからです。

確実にガラケーのサービスは縮小を目指す動きになっています。

携帯電話のサービスが休止になるのは割と急にそのような動きになるような傾向にあります。

ここ1~2年でそういう話が出るかもしれません。

ガラケーは料金が安く、通話に関してはスマホよりも使いやすくなっています。

実際に電話だけで言うとスマホよりも音声が聞き取りやすかった記憶があります。

しかしここ最近は電波帯も縮小され、スマホだと通じるがガラケーだと電波が悪いというようなことも起こってきているようです。

ガラケーは確実に追いやられています。

また、ガラホというガラケーに代わるようなスマホも発売されてきており、いよいよガラケーがなくなる動きに関しては秒読み段階に入ってきていると言っても過言ではないでしょう。

ガラケーが無くなる日に備えて心の準備と、実際にガラケーの代わりになるスマホの準備を始めておいた方がいい段階であるかもしれません。

ガラケーは今後なくなる可能性の根拠①各社のスマホ移行へのキャンペーン Instagram ガラケーは今後なくなる可能性の根拠として、各社のスマホ移行へのキャンペーンがあります。

現在では各社スマホの方が基本料金も500円程高くなっている状況ですが、スマホに関しては機種が実質無料となっています。

ガラケーも実質無料の機種もありますが、だんだんその種類は減ってきています。

ガラケーは昔、非常に豊富なバリエーションを誇っていました。

しかし今、携帯ショップでガラケーを契約しようと思ったら選べるほどのバリエーションはありません。

そのため、スマホから選んだ方がいい機種が手に入るようになってきています。

スマホについて行けない高齢者にとっては深刻な問題になることでしょう。

そして昔はスマホのネット料金の方が高かったのですが、現在はガラケーの3G回線料金も非常に高くつくようになっています。

ちょっと調べものをしようものなら一瞬で上限までいってしまう印象です。

スマホの方が、セーブすればまだ使用料が抑えられる印象があります。

ガラケーは今後なくなる可能性の根拠②3G回線サービスの一部終了 Instagram ガラケーは今後なくなる可能性の根拠として、3G回線サービスの一部終了が挙げられます。

ソフトバンクでは、1.7GHz帯の3Gサービスが2018年1月で終了しています。

ソフトバンクではすでにガラケー廃止の動きを早めているような状況です。

ソフトバンクが廃止の決定が一番早い可能性があります。

しかしながら他の各社も正直なところ分からない状況です。

他の各社もガラケー縮小に向けて様々な手を打ってきているからです。

そのため、今ガラケーを使っている人は、実際に廃止されているサービスも出てきていることを認識しておく必要があるかもしれません。

ガラケーは今後なくなる可能性の根拠③ガラケー電波の縮小 Instagram ガラケーは今後なくなる可能性の根拠として、ガラケー電波の縮小が挙げられます。

ガラケーの通話電波も最近ではスマホの通話電波の品質よりも悪くなっている傾向にあります。

特にガラケーが悪くなっているわけではなく、スマホの電波帯改善が進んでいるということなのです。

そのため、昔は通話はガラケーの方が使いやすい傾向にあったものがこの点でもスマホの方が優位になってきています。

また、ガラケーの通話の機能性に負けじとスマホもワイヤレスマイク等で通話がしやすくなっていますので、今やガラケーが昔ほど重宝されなくなってきている傾向にあるかもしれません。

ガラケーは今後なくなる可能性の根拠④ガラホの発売 Instagram ガラケーは今後なくなる可能性の根拠として、ガラホの発売が挙げられます。

ガラホはAUから発売されていますが、ものはスマホで使い勝手がガラケーという機種です。

そのためこれがガラケーの代替機になると期待されています。

ガラケーの料金プランは変化するの? FOMAが主流だった時代 Instagram FOMAが主流だった時代が、まさにガラケーの全盛期だったと言っても過言ではないでしょう。

docomoとAUとソフトバンクの3社が凌ぎを削っていた時代です。

今では様々なキャリアが格安スマホに進出してきていますので非常に選択肢が広がっている状況ですが、ガラケーと言えばdocomoのFOMAが代表でした。

今ではdocomoでもFOMAを使っているユーザーは非常に少なくなっています。

時代の流れとともにFOMAのユーザーもスマホに移行してきているのです。

ガラケーの料金プランの変遷 Instagram ガラケーの料金プランは当初は通話料が普通にかかってくるのが一般的でした。

しかしソフトバンクが「ホワイトプラン」を開始して、夜間の時間帯以外はソフトバンク同士だと通話が無料となりました。

そしてその動きに各社が乗る形となり、それにパケット通信料が乗って来る料金体系でした。

一時期はパケット通信料の上限がなかったためにヘビーユーザーは月に何万円も携帯キャリアに支払いをしている状況でした。

その後にパケット定額で料金がやや安定するようになり、徐々にスマホが出てきたという流れになります。

そして今ではキャリア関係なく通話が無料で使えるプランが一般的です。

ガラケーが継続するとしても料金プランは将来変化する可能性がある Instagram ガラケーがこれから継続するとしても、料金プランは将来変化する可能性があります。

今ではガラケーは通話メインで使う人が多いのでそういう人たちに使い勝手のいいプランに変化してくるかもしれません。

しかし、ガラケーの料金プランが変化しない可能性も大いに残されています。

何故なら、各社スマホへの移行に力を入れているので、現行の料金プランが最後になるかもしれないからです。

そうなるとここから料金が下がることはないので、スマホの料金が下がってきた場合に割高だと感じるかもしれません。

ガラケーは各社利益を出しづらい仕組みになっている Instagram ガラケーは各社利益を出しづらい仕組みになっています。

そのため廃止の動きになってきているのです。

何故ならガラケーは3G回線を使ったネットであり、さらに3G回線のインターネット使用に関しては画面が小さく見づらいので通話だけで使う人が多いため、3G回線においてネット料金が課金できなくなってきているのです。

そのため各社は通話の基本料金もネット料金も期待できるスマホの方に力を入れているのです。

スマホへ移行しガラケーが終了に向かう流れは止まらない可能性が濃厚です。

このまま行くと2019年もしくは2020年にはガラケー終了に向けて何らかの大きな動きが出て来るかもしれません。

とはいえ今までも、主流だったポケベルが廃れていったりした背景もありますし、PHSに関しても浮き沈みを繰り返しています。

そのためガラケーに関してもすぐに使えなくなるということはないかと思いますが、そういったものと同じように徐々に廃れていく流れを辿っていくのではないかと思われます。

見た目がガラケーっぽいガラホとは? ガラホとはガラケーの使い方が出来るスマホ Instagram ガラホとは、ガラケーの使い方が出来るスマホのことです。

スマホは基本的にiPhoneをはじめとして、ディスプレイをタッチして操作するタイプの端末ですが、ガラホは分類はスマホに分類されるものの、操作性はボタンを押して操作するガラケーとほぼ同じになっています。

そのためガラケー慣れした人に便利な端末です。

スマホを使うのはまだ不安だけれども、ガラケーからは脱出したいという人はガラホからチャレンジしてみるといいかもしれません。

ガラケーの操作性なので使いやすいですし、スマホの便利な機能も使えるようになっているので、ガラケー派には非常に重宝される端末だと思います。

AUで出ているので是非触ってみてください。

ちなみにガラホでは様々なアプリも使用することができます。

その中でもおすすめなのがフリマアプリです。

掘り出し物が安く手に入ったりするので非常におすすめできます。

そんなおすすめの無料フリマアプリばかりを集めた関連記事を載せておきますので、こちらも併せて読んでみてくださいね! ガラホのOSはAndroid Instagram ガラホのOSはAndroidです。

そのため、Androidのスマホでできることはほとんどがガラホでもできます。

基本的にガラケーは、ガラケーの使い方しかできないのですが、ガラホはスマホに近い使い方ができるようになっているので、ガラケーの比較したら格段に便利になっていると感じることができるでしょう。

ちなみにガラケーではできなかったこととして翻訳機能を使うことができますので非常に便利になっています。

これは海外旅行でも重宝します。

Wifi対応になっているので、海外でも通話機能以外は変わらず使うことができるのもガラホのメリットです。

そんな翻訳アプリを集めた関連記事が下記ですので確認してみてください。

ガラホの電波帯は4G回線 Instagram ガラホの電波帯は4G回線です。

ガラケーは3G回線ですので、スマホと同じ電波帯で使うことができます。

そのため、通信速度も非常に速く、また通話に関してもガラケーよりも品質や電波の強さの改善が期待されます。

懐かしのガラケー画像3選 懐かしのガラケー画像①Nokia7600 Instagram 懐かしのガラケー画像として「Nokia7600」を紹介します。

この機種はボタンがディスプレイを囲むように付いている機種であり、ちょっとポケベルの懐かしさも彷彿とさせる機種になっています。

今ではちょっと想像できない形のガラケーです。

懐かしのガラケー画像②BlackberryCurve Instagram 懐かしのガラケー画像として「BlackberryCurve」を紹介します。

この機種はやや横長で太っちょなデザインが特徴で、カラー画面のガラケーの中期に発売されている機種です。

当時は画面が大きく非常に使い勝手がいいと人気の機種でしたが、画面の大きさはスマホの半分以下となっています。

懐かしのガラケー画像③Premini Instagram 懐かしのガラケー画像として「Premini」を紹介します。

このガラケーが出た時にはこのデザイン性がいいと思ったものですが、今見るととてもレトロな感が否めません。

時代は急激に進んでいるんだなあと感じさせてくれる一台です。

ガラケーを懐かしみつつ次のサービスへの切り替えを考える時期かも ガラケーがなくなるのは大変残念なのですが、今の流れだと数年先にはガラケーのサービスは廃止になりそうです。

もしかしたらそう遠い未来のことではないかもしれません。

そのため、今から次のサービスへの切り替えを考えておいた方がいいかもしれません。

ガラホのような使い勝手がほぼ変わらない機種も出ています。

スマホに馴染みがない人にはスマホは非常に抵抗はあるかもしれませんが、スマホも格安SIM携帯が発売されていて料金も非常に抑えられるようになっています。

また、年々使い勝手も良くなっているので毛嫌いしないでスマホに移行するタイミングなのかもしれません。

この先あなた好みの、いい機種に出会えたらいいですよね!

キーワード

  • ガラケー
  • スマホ
  • ガラホ
  • 可能性
  • 今後
  • 通話
  • 料金
  • 機種
  • サービス
  • 根拠
  • 料金プラン
  • 各社
  • ソフトバンク
  • 回線
  • 移行