ライフスタイル

小豆水の作り方は?ダイエットに適した量&飲み方やアレンジレシピも!

2018年10月27日更新
小豆水の作り方は?ダイエットに適した量&飲み方やアレンジレシピも!

小豆水の作り方は? 小豆水の作り方は小豆を茹でるだけでできる Instagram 小豆水の作り方はとても簡単で、ただ小豆を水で茹でるだけ。

通常は捨ててしまう煮汁を飲むことが小豆水のダイエット方法なのです。

ただし、注意点が1つあります。

それは小豆の煮汁である小豆水を大量に作らないということです。

一気に大量の小豆水を作っても日持ちしないので、飲み切れる量で作るよう心掛けてください。

小豆は茹でる前日にたっぷりの水で浸しておきます。

翌日、小豆を鍋に入れて茹でれば完成です。

茹でる際に小豆50gに対し、水500mlがで計量しましょう。

作り方・レシピ 小豆は前日にたっぷりの水に浸しておく。

鍋に小豆と水を入れて強火にかける。

沸騰したら中火~弱火にして30分煮る。

ザルとボウルを使って小豆と煮汁に分ける。

小豆水はフードポットや水筒でも作れる Instagram 小豆水は保温機能があるフードポットや水筒でも作ることができます。

作り方はフードポットや水筒に小豆と熱湯を注ぐだけ。

あとはそのまま8時間放置すれば完成です。

完成までに時間がかかりますが、寝る前に作っておけば、朝には次の日の小豆水ができているのです。

短時間で作りたい場合には不向きな作り方ですが、毎日の習慣にしていれば効率的で楽な方法と言えるでしょう。

小豆水の効果はすぐに出るものでもありません。

ダイエットは継続してこそ結果が出てくるので、負担を軽くするのも継続のコツと言えるでしょう。

煮汁を飲むだけで痩せるのはポリフェノールが入っているから Instagram 「小豆の煮汁を飲むだけでなぜダイエットに良いのだろう?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?まず1つ目の理由は小豆にポリフェノールが含まれているからです。

ポリフェノールは抗酸化作用のある成分で、老化防止などにも役立ちます。

ダイエットにおいても脂肪の吸収を抑制するという効果があるそうです。

そのため、小豆水を取り入れたダイエットが良いとされているのでしょう。

ダイエットでは脂肪を落とすだけではなく、付きにくくすることで効率よく痩せることができるのです。

また、小豆の煮汁に含まれるサポニンは血管を拡張させるので血行が良くなります。

血行が良くなることで冷え性やむくみの改善にもつながるのです。

水分をとることでダイエットにうれしい効果がある Instagram 小豆には利尿作用があるので、余分な水分は体の外に排出することができます。

サポニンには血管を広げてむくみを解消する効果が期待でるとご紹介しましたが、サポニンのほかにもむくみ解消を助ける成分が入っています。

それがカリウムです。

カリウムは体内の余分な水分を排出してくれるのでむくみの解消に役立つのです。

また、水分をとるということ自体がむくみ解消につながることもあります。

水分の摂取量が足りていないと、体の中に水分をため込もうとするのでむくんでしまうのです。

足のむき身が気になるのなら、オイルを使ったマッサージもおすすめです。

1日の疲れを癒し、よい香りでリラックス効果も期待できます。

血行改善やむくみ改善に役立つマッサージオイルは下の関連記事でご紹介しています。

自分好みの香りや使い心地のオイルを見つけて毎日のボディケアに取り入れてみてはいかがでしょうか? 小豆水の飲み方は?1日に飲む量も 小豆水の飲み方・方法は食事の30分前 Instagram 小豆水を取り入れたダイエットにチャレンジするのなら効果的なタイミング・飲み方を確認しておきましょう。

小豆水はポリフェノールによって脂肪の蓄積を抑制します。

この効果を十分に得るためには、食事の30分前に小豆水を飲むと良いそうです。

お腹が減っているときに食事をとると勢いでたくさん食べてしまうこともあります。

食事の前に小豆水を飲んでワンクッション置くことで食べすぎを防ぐこともできるでしょう。

1日に飲む小豆水の量は500ml~1L Instagram 小豆水はたくさん飲めばよい結果が出るというものではありません。

サプリメントや栄養にも適量があるように、小豆水にもダイエットに適した量があるのです。

1日に飲む量は500ml~1Lとされており、食事の前に300mlほど飲むと良いといわれています。

500ml~1Lと幅があるのは体質などにもよるからです。

小豆水を飲んでお腹が緩くなる人もいます。

体質に合わないダイエットを無理に続けていくのはNG。

体重は減るかもしれませんが、体調が悪くなっては意味がありません。

自分に合わないと感じたら、小豆水以外のダイエット方法にチャレンジしてください。

お腹がぽっこり出ていて悩んでいるという方は、原料ではなく筋肉を鍛えて体を引き締めたほうがよいかもしれません。

お腹回りをきゅっと引き締める方法は下の関連記事でご紹介しています。

詳しい情報をチェックしてダイエットに生かしていきましょう。

小豆水のアレンジレシピは? 小豆水のアレンジレシピ・作り方①小豆寒天 Instagram 小豆水を作った後に小豆が残りますが、小豆にもビタミンや食物繊維、鉄分などが含まれているのでそのまま捨てるのはもったいないのです。

小豆水と合わせてアレンジレシピに取り入れていきましょう。

もちろん食べす切ればダイエットの妨げになるので、適量を食べるよう心掛けてください。

小豆水のアレンジレシピ・作り方1つ目は「小豆寒天」です。

小豆のレシピには砂糖たっぷりのあんこを使ったものも多いのですが、それではダイエットには適さないので低カロリーのアレンジレシピを参考にしてください。

それでも甘いものが食べたいときには寒天のアレンジがおすすめ。

低カロリー甘味料のパルスイートを使うことで、ダイエットに適したデザートに仕上げましょう。

ダイエット中だからと言って我慢しすぎるとストレスやリバウンドにつながります。

上手にストレスを解消するのもダイエットのコツと言えるでしょう。

材料 小豆 大さじ4 小豆水 100ml 豆乳 100ml パルスイート 小さじ1.5 寒天 1.7g 作り方・レシピ 鍋に小豆と寒天以外の材料を入れて火にかける。

寒天を振り入れ、よく煮溶かす。

容器に小豆を敷きこむ。

ふつふつとに立ってきたらタッパーに流しいれる。

粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固める。

小豆水のアレンジレシピ・作り方②豆と野菜たっぷりのスープ Instagram 小豆水のアレンジレシピ・作り方2つ目は「豆と野菜のスープ」です。

野菜と豆がたっぷり入っているので満腹感も得られるでしょう。

大豆はたんぱく質が豊富な食品で、ダイエットにも適しています。

女性ホルモンに似た働きをするエストロゲンも含まれているので、美容にも健康にもうれしい効果が期待できるでしょう。

ショウガは体を温めてくれるので、寒い時期の食事や冷え性の型にもおすすめです。

冷え性に悩んでいるのなら、下の関連記事もチェックしてください。

材料 ショウガ ひとかけ 玉ねぎ 1個 人参 1/2個 キャベツ 1/4玉 大豆水煮 100g 小豆 適量 トマト缶 1缶 コンソメ 1~2個 作り方・レシピ ショウガはすりおろし、キャベツはざく切りにする。

人参と玉ねぎは1㎝角にカットする。

鍋に薄く油をひき、ショウガと玉ねぎ、にんじんを炒める。

キャベツと豆類を加え、さっと炒めたらトマト缶を加える。

水を適量入れ、コンソメと塩で味を調える。

火が通るまで弱火でじっくり煮込む。

小豆水のアレンジレシピ・作り方③かぼちゃと小豆のいとこ煮 Instagram 小豆水のアレンジレシピ・作り方3つ目は「いとこ煮」です。

あんこのように甘い小豆を煮るととてもおいしいのですが、ダイエット中は砂糖の取りすぎはNG。

なので、甘みのあるかぼちゃと一緒に煮てみましょう。

かぼちゃの面取りは煮崩れ防止のためにする下ごしらえです。

面倒かもしれませんが、仕上がりがきれいになるのでしっかり処理しておきましょう。

材料 かぼちゃ 1/4個 水 200ml 醤油 大さじ1 砂糖 大さじ1.5 味醂 大さじ1 酒 大さじ1 小豆 大さじ2 作り方・レシピ かぼちゃは食べやすい大きさにカットして面取りする。

鍋にかぼちゃを入れて調味料を加え、ひたひたになるまで水を加える。

火にかけて、柔らかくなるまで煮る。

小豆を加えてひとに立ちさせたら完成。

小豆水と合わせてできるダイエットレシピ本3選 小豆水と合わせてできるダイエットレシピ本①野崎さんのおいしいかさ増し Amazonで詳細を見る 小豆水と合わせてできるダイエットレシピ本1つ目は「野崎さんのおいしいかさ増しダイエットレシピ」です。

ダイエットに対して、食べるのを我慢しなければならないというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?しかし、かさ増しダイエットレシピならおいしくお腹いっぱい食べることができます。

ダイエット中は控えたい脂肪や糖質を控え、ほかのビタミンや食物繊維を多く含む食材で料理を作りましょう。

著者である野崎洋光さんも10㎏のダイエットに成功しているそうです。

ノンオイルドレッシングのレシピも載っているので、ドレッシングを変えるだけで毎日の食事から少しずつカロリーを調節することもできます。

レシピには写真と一緒にカロリーも記載されているので、1に日の摂取カロリーも計算しやすくなるでしょう。

毎日の食事でどれくらいのカロリーを摂取しているの知るのもダイエットのコツです。

書籍情報 出版社 柴田書店 著者 野崎洋光 小豆水と合わせてできるダイエットレシピ本②ライザップごはん決定版 Amazonで詳細を見る 小豆水と合わせてできるダイエットレシピ本2つ目は「ライザップごはん決定版おうちで簡単!」です。

ライザップに通うとなると時間もお金もかかるので簡単にはチャレンジできません。

しかし、毎日の食事を工夫するのは比較的簡単に始められるのではないでしょうか? このレシピ本には食事系のレシピだけではなく、マフィンやブラマンジェなどのスイーツレシピも載っています。

ダイエット中にはおやつやデザートを控えなければなりませんが、ライザップごはんので糖質を抑えていれば甘いものも食べられるのです。

糖質制限ダイエットにチャレンジするのなら、コンビニの食品を活用するのもおすすめ。

仕事や勉強で忙しいと自分で時間をかけて料理できないこともあるでしょう。

そんな時は低等質な食事あをコンビニで調達しましょう。

詳しい情報は下の関連記事からチェックできます。

書籍情報 出版社 講談社 著者 RIZAP 小豆水と合わせてできるダイエットレシピ本③糖質オフのやせる作りおき Amazonで詳細を見る 小豆水と合わせてできるダイエットレシピ本3つ目は「糖質オフのやせる作りおき」です。

おいしい作りおきのレシピが乗っており、糖質オフだからしっかり食べられるそうです。

作りおきのおかずは食事だけではなく、お弁当にも活用できます。

忙しくて毎日自炊する時間がないという方は、まとめて作ってストックしておくとダイエットも継続しやすいのではないでしょうか?レシピを参考に作った料理は保存容器に入れて冷蔵庫や冷凍庫で保存しましょう。

おすすめの保存容器は下の関連記事でご紹介しています。

書籍情報 出版社 新星出版社 著者 牧田善二 小豆水で健康的にダイエット! 小豆の煮汁を飲むというダイエット方法は、飲み物を小豆水にするだけなのでライフスタイルを変えることなくダイエットにチャレンジできます。

作り方も茹でるだけなのでとても簡単です。

残った小豆も無駄なく使って健康的なダイエットにチャレンジしてください。

キーワード

  • ダイエット
  • 小豆水
  • 小豆
  • 作り方
  • レシピ
  • 食事
  • ダイエットレシピ
  • アレンジレシピ・
  • 煮汁
  • かぼちゃ
  • チャレンジ
  • 大さじ
  • 水分
  • ポリフェノール