ライフスタイル

LINEのメンバーがいませんとなる理由は?ラインの友達が消えた時は?

2018年10月27日更新
LINEのメンバーがいませんとなる理由は?ラインの友達が消えた時は?

LINEのメンバーがいませんの表示の理由4選 LINEメンバーがいませんの表示理由①アカウントの引き継ぎに失敗 Instagram LINEでメンバーがいません、退出しましたとなる理由1つ目は、アカウントの引き継ぎに失敗し消えたことが考えられます。

機種変をしたときにLINEの引き継ぎに失敗した経験のある方も多いのではないでしょうか。

LINEは携帯会社が推奨している連絡手段とは違うので、データの引き継ぎは自分で行う必要があります。

最近はLINEだけで連絡を取り合うことが多いので、相手の電話番号やメールを知らないことも少なくはありません。

そのため、LINMEメンバーがいませんと表示されたからと言って「自分何か悪いことしたかな?」と落胆することもあることでしょう。

でも、大半がこのアカウントの引き継ぎに失敗したためなので安心です。

そのうち相手の方から引き継ぎに失敗した話を聞くかもしれません。

アカウントの引き継ぎに失敗したのかなと思う場合は、友達のアカウントが消えたとしても、LINEメンバーがいません、退出しましたと表示されてもあまり落胆せず気長に待ってみてもいいかもしれませんね! LINEメンバーがいませんの表示理由②アップデートの不具合 Instagram LINEでメンバーがいません、退出しましたと表示される理由2つ目は、アップデートの不具合が考えられます。

定期的にアップデートの通知が来ているので皆さんも何気なく当たり前のようにアップデートをしていることでしょう。

アップデートをしたら友達のデータが全部消えてしまったトラブルがあるようです。

もちろん全部データが消えてしまったのでLINEメンバーがいませんと表示されていてもそれはアップデートをしたことによるトラブルである可能性が高いです。

事前にこのトラブルを避けることは難しいかもしれませんが、急な事態で再インストールすることになったときのためにメールアドレスの登録はしておくべきでしょう。

メールアドレスを登録しておくだけで、アカウントの引き継ぎ設定を行っていなくても引き継げる可能性が高いです。

友達データを無事に引き継げてもトークはすべて消えてしまうので、必要に応じてアップデートを取っておくといいかもしれません。

事前にトラブルに対応できるように準備をしておくことが大切です。

LINEメンバーがいませんの表示理由③自分で削除してしまった Instagram LINEでメンバーがいません、退出しましたと表示される理由3つ目は、自分で削除してしまったかもしれないということです。

あまりないかもしれませんが、操作ミスで誤送信もあるくらいなので、間違って削除してしまう可能性もゼロではありません。

友達情報がなくなってしまったことには変わりないのでラインメンバーがいませんと表示されてしまいます。

ただ、この場合は相手側のラインには友達としてちゃんと残っているので、何かあれば相手から連絡が来て友達登録を再開できるかもしれません。

気づいたら消える=相手が何か操作をした、と思いがちですが、自分が原因でメンバーとして表示されなくなる可能性もあるので注意しましょう。

もし、アカウントが見当たらないときはLINEのブロック一覧や非表示の一覧に残っているかもしれないので、検索してみましょう。

ブロックと非表示であれば復活できます。

LINEメンバーがいませんの表示理由④相手が意識的に退出 Instagram LINEでメンバがいません、退出しましたと表示される理由4つ目は、相手が意識的に削除したかもしれないということです。

あまりないパターンかもしれませんが、アカウントの引き継ぎの失敗ではなく、相手が意識的にあなたのデータを削除した可能性もあります。

また、いくらメッセージを送っても返ってこないときはブロックされている可能性があります。

LINEメンバーがいませんと表示されて心当たりがある場合は、相手が意識的に削除したと考えても問題ないでしょう。

ただ、ブロックされているときはLINEが送れる状況にあるので判断が難しいかもしれません。

LINEの友達のアカウントが消えた時の対処法3選 LINEの友達のアカウントが消えた時の対処法①電話番号で検索してみる Instagram LINEの友達のアカウントが消えた時の対処法1つ目は「電話番号で検索してみる」です。

もし、LINEメンバーがいませんと表示されたとき、相手の電話番号で検索してみましょう。

そうしたらもしかしたら相手のIDがヒットするかもしれません。

そこから友達追加を行えば相手にも通知され相手もあなたを追加できます。

相手の電話番号を知っているかどうかで出来る対応は変わってきます。

もし相手の連絡先をLINE以外何も知らないと言ったときは諦めざるを得ないかもしれません。

もし、会う機会があればそのときに相手からLINEのアカウントが消えてしまったと伝えてもらえることでしょう。

LINEの友達のアカウントが消えた時の対処法②別の手段で直接友達に確認 LINEの友達のアカウントが消えたときの対処法2つ目は「別の手段で直接友達に確認」です。

この別の手段というのは、直接会ったときやメールアドレスを知っていればメールしてみるなどの手段が考えられます。

また最近だとFacebookやTwitter、Instagramからメッセージを送ることができます。

こうやってSNSを使ってメッセージを送って新しくLINEを教えてもらう方法もあります。

相手もアカウントの引き継ぎに失敗した場合は困っている可能性が高いので相手から連絡が来ることもあり得ます。

なので、LINEメンバーがいませんと出たからと言って、慌てて連絡をせず相手の反応を待ってみましょう。

LINEの友達のアカウントが消えた時の対処法③ラインで共通の友達に相談 LINEの友達のアカウントが消えたときの対処法3つ目は「ラインで共通の友達に相談」です。

直線本人に聞きにくいと思ったときは共通の友達にさりげなく相談してみるのもいいかもしれません。

その友達のLINEからも消えたとすればアカウントの引き継ぎに失敗した可能性が考えられるので、気持ちも安心するはずです。

直接聞きにくいという事は、何かしら思い当たる節があるときかもしれないので、自分からしつこく相手と連絡を取り合おうとするのは避けた方がいいかもしれませんね。

急いで連絡を取りたい理由がないのであれば、相手の出方を待つことが一番いいかもしれません。

ラインのアカウントの引き継ぎ失敗や退出しましたなどの表示と同じように、LINEで既読スルーをされると悲しい気持ちになります。

LINEで既読スルーをする人の心理と対処法について興味のある方は以下の記事を読んでみてください。

ラインを既読スルーをよくする人の心理について分かりやすく紹介されています。

LINEのメンバーがいませんと表示された時の注意点は? スパムに気を付けよう! Instagram これは、「友達への追加を許可」にチェックマークを入れている場合に気を付けてほしいことです。

スパムアカウント、みなさんは聞いたことがありますか?最近だれか分からない人(スパムアカウント)からURLのクリックを誘導するトークが届くことがあります。

心当たりがなければスルーとブロックが一番いいでしょう。

例えば、アプリの有料アイテムが無料だとURLへのアクセスを誘導するケースがあります。

誘導に引っかかってしまうと、ラインのIDが乗っ取られたりして、自分だけでなく友達にも迷惑がかかってしまうので気を付けてください。

あなたがラインから消えた、退出したと勘違いされてしまうこともあります。

一番良い対策が「メッセージを受信拒否」の設定を有効にすることです。

このメッセージとは友達として追加されていない人からのメッセージをすべて拒否するというものです。

簡単に他の人があなたをLINEの友達に追加することができなくなります。

不便もありますが、このチェックを有効にすることが一番安心です。

相手が困っている可能性があります! スパムアカウントにはもちろん気を付けてほしいですが、もう一つ注意点としてあげるとしたら、相手が困っている可能性があるということです。

アカウントの引き継ぎに失敗した可能性がある場合についてですが、友達リストが消えてしまい困っている可能性があります。

もし、相手からヘルプがあったら助けてあげましょう。

知っている友達のLINEIDを教えてあげたり、出来ることはあるので出来る範囲で助けてあげましょう。

アカウントの引き継ぎに失敗したことのある人ならわかると思いますが、ショックが隠し切れないはずです。

スパムアカウントに引っかかるのも注意が必要ですが、相手が困っているときは助けてあげることも必要です。

LINEのアカウント引継ぎ設定の手順は?【機種変更前】 STEP1|退会はせず個人データを再確認しよう Instagram LINEのアカウント引き継ぎの設定の手順STEP1は「個人データを再確認しよう」です。

まずは、機種変更前に電話番号やメールアドレスがきちんと登録されているかの確認をしましょう。

まずはLINEを開き、一番左の「友だち」画面を開きます。

右上に設定の「歯車マーク」があるので、そこをクリックします。

そして「アカウント」をクリックして、電話番号・メールアドレスの登録内容を確認します。

うまく引き継ぎが出来なかったときにここを登録しているかいないで、引き継ぎできるかが変わってくるので必ずチェックしましょう。

もし、Facebookを登録しているなら念のために連携の設定をしておくことをおすすめします。

もし、パスワードを忘れてしまっていたら再設定をおすすめします。

アカウントを引き継ぐ際にこのパスワードを入力する場所があるので、忘れないために一時的にメモを取っておくなど、確実に引き継げるように備えることが大切です。

STEP2|データの引き継ぎを有効にしアカウントが消えるを防ぐ Instagram LINEのアカウント引き継ぎの設定の手順STEP2は「データの引き継ぎを有効にしよう」です。

上の個人データの確認と同じように、「友だち」の「歯車マーク」をクリックします。

そうすると「アカウント引き継ぎ」という項目があるのでそこをクリックします。

そして、アカウントの引き継ぎを有効にします。

アカウントの引き継ぎには制限時間があります。

LINEのIDが乗っ取られることを防ぐため、必要な時以外は必ずいじらないようにしましょう。

STEP1とSTEP2までが機種変更前に行う作業です。

ここまで準備ができていればきちんと新しいスマートフォンに引き継ぎすることができると思うので安心してくださいね! LINEを使っている人であれば、共感できるLINEあるあるについては以下の記事に載っています。

女子高生や女子中学生の恋愛に関するあるあるですが、面白いので興味のある人はぜひ読んでみてください。

LINEのアカウント引継ぎ設定の手順は?【機種変更後】 STEP3|LINEアプリを新しくインストールしよう Instagram LINEのアカウント引き継ぎの設定の手順STEP3は「LINEアプリを新しくインストールしよう」です。

ここからは新しいスマートフォンでの操作です。

新しいスマートフォンにはLINEアプリは最初入っていないので、まずは新しくLINEアプリをインストールする必要があります。

ここで気をつけてほしいのが、LINEアプリがインストールされた最初の画面で「ログイン」か「新規登録」のどちらかを選択する画面がでてきます。

間違って「新規登録」をしてしまうとデータが消えてしまうので必ず「ログイン」ボタンをクリックしましょう。

手順を間違うとうまく引き継ぎできなくなってしまうので、時間のあるときに一つ一つ確認しながら丁寧に行うように心がけましょう。

「ログイン」までクリックできたら本格的に引き継ぎが始まります。

STEP4|アカウント情報を入力しよう Instagram LINEのアカウント引き継ぎの設定の手順STEP4は「アカウント情報を入力しよう」です。

メールアドレスとパスワードを入力する画面があるので、機種変更前のスマートフォンで登録していたメールアドレスとパスワードを入力します。

もし、前のスマートフォンでFacebookと連携をしていた場合は、下にあるFacebookのボタンからログインすることもできます。

次に、電話番号を入力します。

そうするとショートメールに認証用の4桁の番号が届きます。

LINEアプリ上の画面で4桁の番号を入力するとアカウントの引き継ぎは完了です。

後は、手順に沿って最初の項目を入力していけば無事にLINEアプリを引き継ぐことができます。

機種変更をしたいけど、LINEアプリの引き継ぎが心配だったり、トークが消えてしまうのが嫌だという方は、前のスマートフォンでしっかりと手続きを行い、データもバックアップを取っておくことをおすすめします。

LINEを使いこなしてみよう いかがでしたか?今回はラインで「LINEメンバーがいません」や「退出しました」と表示され、友達のアカウントが消えたときの原因や対処法について紹介しました。

友達のアカウントが消えると何があったんだろう?とびっくりしてしまいますよね。

LINEを退会したのかな?嫌われたのかな?と落胆するかもしれません。

でも、大半がアカウントの引き継ぎがうまく行っていないことが原因だと考えられるため、実際に自分が機種変更をするときにアカウントの引き継ぎがうまくいかなくて落ち込まないためにも引き継ぎ方法を参考にしてみてください。

LINEを使いこなしている人はプロフィール画像にもこだわりがあります。

LINEのプロフィール画像をどんな画像にしているかによってその人の心理が分かります。

気になる人は以下のリンクからぜひ記事を読んでみてくださいね。

キーワード

  • LINE
  • 友達
  • メンバー
  • 表示
  • 可能性
  • 失敗
  • ライン
  • 設定
  • アップデート
  • 退出
  • アプリ
  • 対処法
  • データ
  • 理由
  • 連絡