ライフスタイル

海外から見た日本が住みにくい理由10選!気候や差別で暮らしにくい?

2018年10月29日更新
海外から見た日本が住みにくい理由10選!気候や差別で暮らしにくい?

海外から見た日本が住みにくい理由10選! 海外から見た日本が住みにくい理由①物価が高い Instagram 海外から見た日本が住みにくい理由の1つ目は、物価が高いからです。

もともと物価の高い北欧諸国やイギリスやスイスなどから来た外国人からしてみれば、日本はそこまで物価が高くないと感じるでしょう。

しかしもともと物価の安い国から来た外国人には、日本の物価の高さはもちろん、大都市の家賃の高さに嘆く人もいます。

また、日本の物価や家賃が高いことから、生活費を節約しようとシェアハウスで暮らす外国人もたくさんいます。

1人1人に個室の部屋が用意されているシェアハウスもあれば、1部屋を何人かで共有するシェアハウスもあります。

シェアすることで家賃や光熱費なども節約できるので、シェアハウスは外国人から人気があります。

海外から見た日本が住みにくい理由②家が狭い Instagram 海外から見た日本が住みにくい理由の2つ目は、家が狭いからです。

「家賃が高い割に、家が狭い」「天井が低く窮屈だ」と嘆いている外国人もいます。

さらに家の狭さのほか「壁が薄く隣の人の生活音が聞こえる」「冬は家でもすごく寒い…」といった意見もあり、こういったことから日本を住みにくいと感じてしまうそうです! 海外から見た日本が住みにくい理由③英語が話せる人が少ない Instagram 海外から見た日本が住みにくい理由の3つ目は、英語が話せる人が少ないからです。

もちろん日本に限らず長年海外に住むなら、その国の言語を取得した方がいいとはいえますが、日本に来たばかりで日本語が話せない外国人からしてみると、「買い物でも意思疎通ができない!」と暮らしにくいと感じてしまうようです。

ですが最近は日本でも海外志向の強い日本人が多くなり、留学をしたり独学で勉強したりと、英語を話せる日本人も増えてきました。

そのため今は英語が少ないと感じる外国人が多くとも、この考えは徐々に減っていくのではないかと予測できます。

海外から見た日本が住みにくい理由④学費が高い Instagram 海外から見た日本が住みにくい理由の4つ目は、学費が高いからです。

日本の大学に通いたくとも、その高い学費をネックに感じてしまう外国人が多いようです。

例えば一部のヨーロッパの国では、大学費は無料、もしくは日本とは比べものにならないくらい安い学費で通える大学もあります。

このような大学の学費が安い国から来た外国人は、日本の大学の学費を聞いて驚き、なんだか暮らしにくいと感じてしまうときがあります。

また大学だけでなく、中には日本語を勉強するための語学学校の費用も高いと感じている外国人もいるようです。

海外から見た日本が住みにくい理由⑤差別がある 海外から見た日本が住みにくい理由の5つ目は、差別があることです。

差別的な言葉を言う日本人は少なそうですが、日本で差別を受けている外国人もいるよう。

例えば冷たい態度を取る人もいれば、インターネット上で外国人に対する悪口を書く人もいます。

これを目の当たりにした外国人は、住みにくいと感じてしまうでしょう。

また、外国人だからという理由で、なかなか家が借りられない、仕事が見つからないと感じている人、さらに日本語が流暢に話せるのにその外見から、ずっと観光客として扱われることに不満を抱く人もいるようです。

ですがこれは日本に限った話ではなく、外国でも外国人に対する差別はあり、珍しい話ではないといえるでしょう。

海外から見た日本が住みにくい理由⑥気候が厳しい・災害が怖い Instagram 海外から見た日本が住みにくい理由の6つ目は、気候が厳しい・災害が怖いからです。

特に「日本の猛暑が嫌だ!」と気候の厳しさに、げんなりしてしまう外国人も…もともと暑い国から来た外国人ならそうは感じないもの、寒い国から来た外国人にとっては、日本の夏の暑さは住みにくい理由のひとつとなってしまうようです。

また、日本は地震や台風といった天災が多く、大きな事故に繋がることがあります。

これは地震がない国から来た外国人からしてみれば非常に怖く、「地震が起きたらどう対処すればいいのだろう?」と不安に感じる人が多いようです。

日本人でも慣れない外国で災害が起きたらと考えると、やはり怖いと感じてしまいますよね。

海外から見た日本が住みにくい理由⑦日本語が難しい Instagram 海外から見た日本が住みにくい理由の7つ目は、日本語が難しいからです。

日本語は世界でも難しい言語の中に入ります。

外国人はひらがな、カタカナ、漢字のほか、敬語なども勉強しなくてはいけません。

日本人でさえも書けない・読めない漢字があり、敬語や丁寧語が正しく使えているか不安を覚えるときもありますよね。

そんな日本人でさえも難しいと感じる日本語の複雑さから、日本や日本語に興味があるもの、早々ギブアップしてしまう外国人が多くいます。

そのためこの日本語の難しさも、日本を住みにくいと思わせてしまう理由のひとつだといえるでしょう! また、日本語を勉強している外国人の友達がいる方に読んでいただきたいのが、こちらの記事。

日本語は難しい言語ですが、美しい言葉がたくさんある言語でもあります。

ここには日本語のかっこいい言葉などがまとめられているので、外国人の友達と共有するのも楽しいかもしれません! 海外から見た日本が住みにくい理由⑧仕事探しに苦労する 海外から見た日本が住みにくい理由の8つ目は、仕事探しに苦労するからです。

上記のような日本語が難しいという理由からなかなかビジネスで使えるレベルまでアップせず、結果的に「仕事が見つからない…」「今の日本語レベルで、就労ビザが降りる仕事がない…」と嘆いている外国人もいます。

海外から見た日本が住みにくい理由⑨労働環境が悪く暮らしにくい 海外から見た日本が住みにくい理由の9つ目は、労働環境が悪く暮らしにくいからです。

仕事が見つかったとしても、その労働環境の悪さに生きづらいと感じる外国人が多いようです。

日本の会社は残業は当たり前、有給もあまり取れないので、福利厚生の整った国から来た外国人は、日本って住みにくいと感じてしまうそうです。

海外から見た日本が住みにくい理由⑩友達を作るのが難しい 海外から見た日本が住みにくい理由の10つ目は、友達を作るのが難しいからです。

日本人のそのシャイな性格から、仲良くなるのに時間がかかると感じてしまう外国人もいるようです。

そのため日本人の友達を作りたいと考えながらも、結局は母国の人や英語が流暢な外国人とつるんでしまう外国人が多くいます。

日本人男性や女性が日本が住みにくい・生きづらいと感じた瞬間や理由は? 残業が多く休みが取りづらいので暮らしにくい 日本人男性や女性が日本が住みにくい・生きづらいと感じた瞬間や理由として、まず残業が多く休みが取りづらいからというのが挙げられます。

これは外国人が暮らしにくいと感じる理由と同じですね。

女性もそうですが、特に男性は家族のため、キャリアのためと知らない内に自分を追い込めてしまう人が多くいると考えられます。

セクハラなど女性差別をしてくる人もいて生きづらい Instagram また、中にはセクハラなど、女性に差別をしてくる人がいて生きづらいと感じている人もいます。

さらに営業先や取引先からも、「女性だから…」という理由で下に見られることに悩んでいる女性もいるようです。

これは日本だけでなく、外国でも#MeToo運動があることから、同じことが起きているといえるでしょう。

横並びの意識が強く生きづらいと感じる人も… Instagram さらに男性、女性ともに、日本では横並びの意識が強く生きづらいと感じる人もいます。

日本では一度レールから外れることをすると、叩かれてしまったり心ない言葉をかけられてしまうときがあります。

そんな日本の横並び社会に「なんて住みにくい国なんだ…」「皆同じで、なんだか生きづらい」と感じてしまう人もいます。

そんな日本社会に生きづらさを感じている方に読んでいただきたいのが、こちらの記事。

ここには気楽に生きる方法や人生の名言がまとめられています!「他人の発言や行動を気にして、いつも自分のやりたいことは後回しにしてしまう」とお悩みの方は、ぜひこちらをチェックしてみてくださいね! 海外と比較して日本が住みやすい所は? 海外に比べ治安がいい Instagram 海外と比較して日本が住みやすい所は、やはり治安がいいことです。

もちろん注意しなければいけませんが、海外とと比べると日本はスリや盗難が少なく、安全面では非常に暮らしやすい国だといえるでしょう!例えば日本の飲食店では席を確保するためにカバンを置くことがありますが、海外では盗まれることが多いです… 道が綺麗! Instagram また、日本が住みやすい所として、道が綺麗なことも挙げられます。

日本のように、きちんと道が舗装されている外国もあります。

ですが中にはきちんと舗装されてなく歩きづらい国、工事がなかなか終わらず道がボコボコの国、さらにひどいところは犬のフンがそのまま道に放置されている国もあります! コンビニがあるなどとにかく便利! Instagram 海外と比較して日本が住みやすい所として、とにかく便利だということも挙げられます。

例えばコンビニは24時間営業しているので、何か買い忘れがあったときやご飯を作るのが面倒なときも気軽に利用できます。

海外は24時間営業のお店は少なく、あっても商品は割高、またヨーロッパは基本的に日曜日は営業していません。

こういった海外事情と比べると、「日本ってなんて便利な国なのだろう!」と実感する日本人が多いのではないでしょうか?特に海外旅行から帰ってきたあとは、より一層日本の利便性をひしひしと感じる方が多いといえるでしょう。

日本は外国人にとって住みにくいがメリットもある! 外国人が日本が暮らしにくいと感じる理由はさまざまですが、気候や差別のほか、労働環境の悪さや家が狭いことなども挙げられます。

これは外国人だけでなく、日本人が日本って暮らしにくい・生きづらいと感じる理由と同じですよね。

日本は安全で利便性に富む国ですが、まだまだ改善点のある国だともいえそうです!

キーワード

  • 日本
  • 外国人
  • 理由
  • 海外
  • 日本語
  • 日本人
  • 差別
  • 物価
  • 仕事
  • 大学
  • 学費
  • 友達
  • 英語
  • 気候
  • シェアハウス