恋愛

仕事の話をする男性の心理5選|悩み・愚痴を話すのは好意があるから?

2018年10月29日更新
仕事の話をする男性の心理5選|悩み・愚痴を話すのは好意があるから?

仕事の話をする男性っていませんか?ここではそんな男性や上司の心理について、ご紹介して参ります。

また、仕事での過去や悩み、愚痴を話すのは脈ありのサインなのかどうかについても、あわせて見て参ります。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

自分の過去の仕事の話をする男性上司の心理5選 過去の仕事の話をする男性上司の心理①誰かに聞いて欲しい 過去の仕事の話をする男性上司の心理の1つ目は、誰かに聞いて欲しいという心理です。

特に意味はありません。

ふと、何かの拍子に過去の仕事のことを思い出したのでしょう。

「そう言えば、こんなこともあったなぁ」という思いが浮かんできているのかもしれません。

過去を振り返るという意味で、話しているのかもしれません。

相手は誰でも良いのです。

たまたまあなたがそばにいたから、過去の仕事の話をした、ということです。

特に何も返事をする必要はありません。

聞き役に徹してあげると良いでしょう。

男性上司に何か意見を求められたら、その場合だけあなたの考えや意見を述べるようにしましょう。

過去の仕事の話をする男性上司の心理②懐かしんでいる 過去の仕事の話をする男性上司の心理の2つ目は、当時のことを懐かしく思っている、という心理です。

「昔の方が良かったなぁ」という思いが強くあるのかもしれません。

特に「昔はこんなところが大変だった」という苦労話になっているなら、それは、「昔は大変だったけれど、それでも楽しかった」という思いがあります。

この場合は、少し大げさにリアクションしてあげると良いでしょう。

また、「その当時のことは知らないので、もっと聞かせてください」と言ってあげると、男性上司は喜んで話をしてくれるでしょう。

過去の仕事の話をする男性上司の心理③考えや気持ちの整理 過去の仕事の話をする男性上司の心理の3つ目は、考えや気持ちの整理、という心理です。

現在の仕事のことで、行き詰まりを感じているのかもしれません。

「本当にこれで良いのだろうか?」という思いがあるのかもしれません。

そのような迷いから、過去の仕事を振り返って、今と比べてみている、という可能性があります。

この場合は、静かに男性上司の話に耳を傾けてあげましょう。

時々、「そうなんですね」や「はい」などのような、短い合いの手を入れてあげると良いでしょう。

あなたの意見は聞いていませんので、あくまで聞き役に徹するようにしましょう。

過去の仕事の話をする男性上司の心理④ストレスが溜まっている 過去の仕事の話をする男性上司の心理の4つ目は、ストレスが溜まっているという心理です。

現在の仕事で何らかの問題を抱えていたり、仕事量が多くて、ストレスが溜まっているのかもしれません。

過去の仕事を振り返ることで、ストレスを解消している可能性があります。

現実逃避をすることで、ストレスが解消されるからです。

この場合も、話が終わるまでは聞き役に徹しましょう。

そろそろ過去の仕事の話が終わりそうだなぁと感じたら、「今の仕事、大変なんですか?」と聞いてみると良いでしょう。

すると、現在の仕事の話になり、更に男性上司のストレスが解消されるでしょう。

不審者の夢を見る場合には、ストレスが溜まっている暗示とされています。

そんな不審者の夢占いの関連記事をリンクいたします。

ご覧ください。

過去の仕事の話をする男性上司の心理⑤尊敬して欲しい 過去の仕事の話をする男性上司の心理の5つ目は、あなたに尊敬して欲しい、という心理です。

過去の仕事の話が明らかに自慢話に聞こえるようなら、それはあなたに尊敬して欲しい、という思いがあります。

自分の過去の栄光をあなたに話し、「すごいですね」や「尊敬します」という褒め言葉をかけて欲しいと思っているのです。

特に相手の男性上司のことが嫌いではないのなら、男性上司が望んでいる言葉を合いの手として入れてあげましょう。

すると、男性上司は喜んで、ますますあなたに過去の仕事での成功話をしてくれるでしょう。

男性上司の話に興味を持っている雰囲気を醸し出して、聞いてあげてください。

仕事の話をする男性が好意を寄せている相手にだけ話すこと5選 仕事の話をする男性の好意の脈ありサイン①悩みを話す 仕事の話をする男性の好意の脈ありサインの1つ目は、仕事での悩みを話す、という脈ありサインです。

男性はよほどのことがない限り、女性に弱みを見せることありません。

女性に弱みを見せるのは、その女性に心を許している証拠です。

仕事での悩みも男性にとったら、自分の弱みなのです。

それを話すのは、脈があるのです。

親身になって話を聞いてあげましょう。

この時、あなたから積極的にアドバイスをするのはNGです。

意見を聞かれたら応える程度に留めておきましょう。

男性は悩みを打ち明けてはいますが、それは単に思いを吐き出しているだけで、アドバイスは求めていない場合があるのです。

仕事の話をする男性の好意の脈ありサイン②愚痴を話す 仕事の話をする男性の好意の脈ありサインの2つ目は、仕事の愚痴を話す、という脈ありサインです。

男性にとっては仕事上での愚痴を話す、という行為も、自分の弱みを見せる行為になります。

その為、よほどのことがない限り、仕事での愚痴は言いません。

男性はよほど心を許している相手にしか、仕事の愚痴を話せないのです。

完全な聞き役に徹しましょう。

男性の話に耳を傾け、思いをすべて吐き出せる雰囲気づくりに徹してください。

それだけ男性は様々な思いを抱え込んでいるのです。

その思いをすべて吐き出させてあげるのは、聞き役であるあなたの役目です。

静かに話を聞いてあげましょう。

仕事の話をする男性の好意の脈ありサイン③失敗談 仕事の話をする男性の好意の脈ありサインの3つ目は、仕事上での失敗談を話すという脈ありサインです。

仕事上での失敗談は、男性はほとんど話すことがありません。

男性にとって仕事上での失敗談は『黒歴史』なのです。

それを女性に話すということは、相当その女性に心を許している証拠です。

弱い自分も知って欲しいのです。

「そんな失敗をされていたなんて、安心しました」などのような言葉をかけてあげましょう。

失敗することで、人間的な魅力が増した、ということを相手の男性に伝えてあげると良いでしょう。

男性はあなたに更なる好意を抱くでしょう。

仕事の話をする男性の好意の脈ありサイン④転職の話 仕事の話をする男性の好意の脈ありサインの4つ目は、転職の話です。

男性は転職を考えていても、それを誰かに話すということはしません。

転職は自分自身の問題であり、誰かに話すような内容ではないと思っているからです。

転職の話をするのは、あなたと会えなくなる可能性が高くなるからです。

それをあなたに伝えています。

もしあなたがその男性に好意を寄せているのなら、「寂しいです」と素直に思いを伝えましょう。

すると男性は、自分の気持ちをあなたに伝えやすくなります。

あなたとその男性の仲は急接近するでしょう。

仕事の話をする男性の好意の脈ありサイン⑤仕事の大変さ 仕事の話をする男性の好意の脈ありサインの5つ目は、仕事の大変さを話す、という脈ありサインです。

男性が女性に自分の仕事の大変さを話すのは、聞き役である女性に、尊敬してもらいたい、という思いがあるからです。

好意を寄せている女性に尊敬して欲しいと思うのは、男性にとって当然でしょう。

女性に好意があるのです。

あなたもその男性に好意を寄せているなら、少々大げさに感じられるくらいに、男性のことを褒めてあげましょう。

「やっぱり仕事ができるんですね」や「とてもすごいと思います」または「尊敬します」などのような褒め言葉を言ってあげましょう。

また「応援してます」と伝えると、更に男性は喜んであなたに好意を抱きます。

仕事の話だけでプライベートな話はしない男性は脈なし? プライベートな話はしない男性の脈ありなし①仕事の話の内容 プライベートな話はしない男性の脈ありなしの1つ目は、仕事の話ばかりであったとしても、内容によってはあなたに脈がある可能性があります。

それは、仕事上での愚痴や悩み、または過去の失敗談などです。

これらは男性にとっての弱みになります。

好意のある女性にしか弱みは見せませんから、これらの話なら脈ありです。

仕事の話ばかりでも弱みを見せるような内容ではなかった場合は、脈がないのかもしれません。

ただし、これも一概には言えません。

あなたの反応や様子を見ている可能性もあります。

あなたから積極的な行動に出て確かめてみると良いかもしれません。

プライベートな話はしない男性の脈ありなし②話を振ってみる プライベートな話はしない男性の脈ありなしの2つ目は、あなたからプライベートな話を振ってみると良いでしょう。

もしかすると、本当はプライベート話をしたくても、自分からは言い出せないのかもしれません。

プライベート話をして、それであなたに嫌われたら、という思いを抱く男性も、中に入るのです。

あなたから、何度かプライベートな話を振ってみましょう。

1回だけでは分かりません。

タイミングをずらして、何度か振ってみてください。

もし、男性がプライベートな話に乗ってくれば、それはあなたに脈があるサインです。

ですが、それだけ振っても乗って来ない場合は、脈がないのかもしれません。

プライベートな話はしない男性の脈ありなし③状況による プライベートな話はしない男性の脈ありなしの3つ目は、プライベートな話をする際の状況によって、反応が変わる、ということです。

中には周囲に人がいる状況では、プライベートな話はしない男性もいるのです。

この場合は、二人きりになった時にプライベートな話を振ってみると、意外と話に乗ってくれたりします。

状況を把握してください。

二人きりになった時にプライベートな話を振ってみましょう。

もし、あなたのプライベートな話に乗ってきてくれたら、それはあなたに好意を寄せている可能性があります。

ですが、何度か振ってみても全く相手にされなければ、その場合はあなたに好意を寄せている可能性は少ないのかもしれません。

仕事の話をする男性はその内容によって気持ちが明確にわかる 仕事の話をする男性は、その気持ちが大変分かりやすい特徴があります。

男性にとっては弱みになる、「仕事上での悩み」「仕事上での愚痴」「仕事と上での失敗談」のこれらの仕事の話をする場合には、あなたに明らかに脈があります。

もしあなたも男性に好意を寄せているなら、積極的にアピールしてみると良いでしょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

#心理 #男性の心理 KEYWORD 関連のキーワード #コーデ #写真 #夫婦 #動物占い #前兆 #夢占い #星座占い #ボディー #手相 #名前

キーワード

  • 仕事
  • 過去
  • 好意
  • プライベート
  • 男性上司
  • 心理
  • サイン
  • 愚痴
  • 弱み
  • ストレス
  • 尊敬
  • 可能性
  • 脈ありなし
  • 失敗談
  • 大変