ライフスタイル

入院中の人におすすめな差し入れランキングTOP9|人気の手土産・お土産も!

2018年10月31日更新
入院中の人におすすめな差し入れランキングTOP9|人気の手土産・お土産も!

入院中の人に差し入れをする際に注意すること・マナー! 入院中の人に差し入れで注意すること・マナー①賞味・消費期限が近いお菓子 入院中の人に差し入れで注意することやマナー1つ目は「賞味期限、消費期限が近いお菓子」です。

入院中の人に差し入れをするのに色々と悩みますが、賞味期限と賞味期限の近いお菓子などはやめましょう。

入院中というのは色々な方から品物をもらいます。

そして、入院中は朝の7時から8時ごろに朝食を取り昼の12時にはお腹がすいていない状態でしっかりと食事が出てきます。

そして、空腹になる前に夕食と入院中は基本お腹がすくことと良いのはめったにありません。

なので、お菓子を差し入れしても食べきることができず腐ってしまいます。

また、病院というのはとても衛生面に厳しい場所なので腐りやすいものというのはあまりおすすめできません。

そして、腐ったからといって捨てるにも場所がないので、捨てるにも困ってしまいます。

差し入れをする時には賞味期限、消費期限が近いお菓子には注意しましょう。

入院中の人に差し入れで注意すること・マナー②フォークやスプーンがいる 入院中の人に差し入れで注意することやマナー2つ目は「フォークやスプーンがいるもの」です。

差しい入れに選ばれるものに多いのがヨーグルトやプリンなどですが、こういったお菓子類はスプーンが必要となってきます。

また、使い捨てのスプーンを準備してもかたずけるのに邪魔となります。

入院中の気遣いというのはとても入院患者にとって必要ですが、保管場所が必要となったり食べるのにわざわざフォークやスプーンが必要になるお菓子やご飯というのはとても面倒なので差し入れに選ぶのはやめましょう。

入院中の人に差し入れで注意すること・マナー③皮をむかなければいけない 入院中の人に差し入れで注意することやマナー3つ目は「皮をむかなければいけない」ものです。

皮をむかなければ食べれないフルーツというのは、すぐに食べることができない、入院患者が一人で皮をむくことができないなどのデメリットが多くあります。

入院中の患者への差し入れと言えばフルーツですが、手間がかかりすぐに食べることができず、ゴミが出てしまうのは差し入れに向いていません。

フルーツを持って行く時は食べやすいよう、ゴミが出ないよう対策を取りましょう。

入院中の人に差し入れで注意すること・マナー④生ごみが出るプレゼント 入院中の人に差し入れで注意することやマナー4つ目は「生ごみが出るプレゼント」です。

生ごみが出るプレゼントというのは、上記でもご紹介した通り皮付きのフルーツなどです。

フルーツなど生ゴミが多く出る食べ物はあまりおすすめできません。

病院内は生ごみを捨てることができる場所が決まっていたりと動ける患者ならいいのですが、動けない患者の場合には大変迷惑となります。

差し入れするときは生ごみの出ない品物を贈りましょう。

入院中の人に差し入れで注意すること・マナー⑤花はNG 入院中の人に差し入れで注意することやマナー5つ目は「お花はNG」です。

お見舞いの品と言えばお花というイメージがありますが、お花の手土産を禁止している病院もあります。

お花はとてもきれいで心が癒される送りものですが、贈るのはやめましょう。

花を禁止する理由はいくつかあります。

1つ目は衛生面です。

お花は綺麗に見えますが、虫などが付着している可能性もあるため衛生的ではありません。

2つ目は花粉です。

贈る相手には花粉のアレルギーがなくてもほかの患者さんが花粉のアレルギーを持っているかもしれません。

3つ目は管理できないことです。

お花は毎日水の入れ替えなど行わなければいけませんが、患者にとって毎日行うというのは難しい話で、ドラマのように看護師がお水を代えてくれるということもありません。

お花は綺麗ですが、衛生的ではないのでやめましょう。

入院中の人に差し入れで注意すること・マナー⑥病院食で出るもの 入院中の人に差し入れで注意することやマナー6つ目は「病院食で出るものは避ける」ことです。

病院食でもよく出るのがフルーツや乳製品です。

こういったものが食事で高確率で出てきますのであまりおすすめは出来ません。

入院中の人に差し入れで注意すること・マナー⑦食べていいものを聞いておく 入院中の人に差し入れで注意することやマナー7つ目は「食べていいものを聞く」事です。

入院中の患者というのは食事制限がされている可能性があります。

入院中の患者が食べたいといっても実際は医師が止めているものもあります。

入院中の患者が食べたいものがあるといってもまずは医師に確認しましょう。

食べてはいけないものを食べてしまうと症状をさらに悪化させることになります。

入院中の人に差し入れで注意すること・マナー⑧喜べないものはNG 入院中の人に差し入れで注意することやマナー8つ目は「喜べないものはNG」です。

これは当たり前かもしれませんが、よくあるのが友人たちが励まそうとジョークグッズなどを持って行きますが、本人が必ず喜ぶとは限りません。

ジョークグッズで励まそうと考えるのではなく他の方法で励ましましょう。

入院中の人に差し入れで注意すること・マナー⑨大量に持って行かない 入院中の人に差し入れで注意することやマナー9つ目は「大量に持って行かない」ことです。

入院中となると必要なものや必要でないものなど多く手土産として渡してしまいますが、消費しきれずに邪魔なものとなってしまいます。

また、病室もあまり広くなく大量においても邪魔となり、緊急処置が行われる際も邪魔となり危険です。

病室というのはドラマのように広くなく、個室でもあまり広いとは言えません。

大量に持って行かず、準備してあるのなら少しずつ渡しましょう。

入院中の人に差し入れを選ぶ際のポイント! 入院中の人に差し入れを選ぶ際のポイント①患者が食べれるもの 入院中の人に差し入れを選ぶ際のポイント1つ目は「患者が食べれるもの」です。

入院中の患者は皆色々なものが食べれる訳ではありません。

患者が食べたくても医師が止めている場合がありますので患者が食べていいものを把握してから選びましょう。

入院中の人に差し入れを選ぶ際のポイント②好き嫌い 入院中の人に差し入れを選ぶ際のポイント2つ目は「好き嫌い」です。

入院中の患者に送るものは好き嫌いを聞いてから贈りましょう。

好きなものならまだいいのですが、嫌いなものを贈ってしまうと消費に困ってしまいます。

食べ物以外のものでも好き嫌いを把握しておきましょう。

入院中の人に差し入れを選ぶ際のポイント③アレルギーのある食べ物 入院中の人に差し入れを選ぶ際のポイント3つ目は「アレルギーのあるもの」です。

差し入れといって色々なものを送るのは良いですが、患者がアレルギーが無いかを把握しておきましょう。

入院中に差し入れが影響しアレルギーの症状が出てしまっては元も子もありません。

間違ってもアレルギーの出る食べ物はやめましょう。

もし、食べ物のアレルギーが分からないという方は「ピーナッツ」「甲殻類」「そば」と言ったアレルギー反応が強く出る食べ物はやめておきましょう。

暇つぶし編|入院中の人におすすめな差し入れランキングTOP3! 入院中の人に喜ばれる人気おすすめの暇つぶし差し入れランキング3位:本 入院中の人に喜ばれる人気おすすめの暇つぶし差し入れランキング3位は「本」です。

暇つぶしといえば人気アイテムといえば本です。

病院で静かに時間をつぶすことができますのでおすすめです。

本が苦手という方には難しくないような内容の本などがおすすめです。

入院中は難しい本を読んで勉強する時ではないので、楽しく暇つぶしができる本を選びましょう。

もし、読みたい本が分からない時は漫画がおすすめです。

毎日お見舞いに行くなら毎日1冊ずつプレゼントなど楽しむ気持ちを持たせてあげると喜ばれます。

入院中の人に喜ばれる人気おすすめ暇つぶし差し入れランキング2位:脳トレ 入院中の人に喜ばれる人気おすすめの暇つぶし差し入れランキング2位は「脳トレ本」です。

入院中というのは静かな空間でとても暇です。

脳トレ本があれば静かの空間で集中して暇をつぶすことができます。

本が苦手な方には脳トレ本をプレゼントしましょう。

入院中の人に喜ばれる人気おすすめ暇つぶし差し入れランキング1位:塗り絵 入院中の人に喜ばれる人気おすすめの暇つぶし差し入れランキング1位は「色塗り絵」です。

色塗り絵といっても子供用の色塗り絵ではありません。

近年人気のある大人用の色塗り絵です。

大人用の色塗りは細かなデザインで真剣にやり込めば1枚に何時間も費やすことができます。

大人の色塗り絵は慣れてくるととてもハマりますので、すぐに終わってしまいますので、終わるころに追加で色塗り絵をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

色塗り絵プレゼントするときは12色では楽しめないので、24色以上入った色鉛筆も付けて渡しましょう。

保存編|入院中の人におすすめな差し入れランキングTOP3! 入院中の人に喜ばれる人気おすすめの保存できる手土産第3位:煎餅 Instagram 入院中の人に喜ばれる人気おすすめの保存できる手土産ランキング第3位「煎餅」です。

煎餅は保存が利くので入院中には最適といえるお菓子です。

煎餅には色々な味がありますので1種類ではなくアソートになったタイプを送りましょう。

上記でもご紹介しました通り、入院中というのはあまりお腹がすきません。

煎餅1枚でかなり満足できますので、あまり多くの数は渡さないようにしましょう。

食べきれる分ぐらいが丁度おすすめです。

入院中の人に喜ばれる人気おすすめの保存できる手土産第2位:チョコレート 入院中の人に喜ばれる人気おすすめの保存できる手土産ランキング第2位「チョコレート」です。

甘いお菓子が好きという方にはチョコレートがおすすめです。

お腹がすかなくても口が寂しいという時に手軽に食べることができますので、入院中の方にとっては大変喜ばれるお菓子です。

また、チョコレートはゴミもあまり出ないのでゴミのことも考えるととてもおすすめです。

チョコレートは栄養があり空腹も満たしてくれます。

甘いものが好きな入院中の患者にはチョコレートにしましょう。

入院中の人に喜ばれる人気おすすめの保存できる手土産第1位:クッキー Instagram 入院中の人に喜ばれる人気おすすめの保存できる手土産ランキング第1位「クッキー」です。

クッキーは手軽に食べることができ、ゴミが出ないのがポイントです。

また、1位になったのはチョコレートよりも手軽に食べることができコスパもよく煎餅のように食べるとき大きな音が出ないことです。

クッキーは袋に小分けになっているタイプもおすすめですが、缶に入っているタイプもおすすめです。

プレゼントするときはゴミのあまり出ない保管できるようなクッキーにしましょう。

入院中の人への手土産にいかがでしょうか。

本当に喜ばれる入院中の人におすすめな差し入れランキングTOP3! 本当に喜ばれる入院中の人におすすめなお見舞い品第3位:DVDプレイヤー 本当に喜ばれる入院中の人におすすめなお見舞い品ランキング第3位「DVDプレイヤー」です。

入院中というのはとにかく暇な時間が長く続きます。

そして、長い間動くこともできないので人が来ない間は寝るぐらいしかすることがありません。

そんな時に役立つのがDVDプレイヤーです。

DVDプレイヤーなら映画などを見ることができ、スマホとは違い通信制限などかからずに見ることができるので入院患者にとってはとてもうれしい品物です。

手土産としては大きなものですが、入院患者の喜ぶ顔を見ることができます。

ついでに好みのDVDを付けてあげるとさらに喜ぶこと間違いなしです。

本当に喜ばれる入院中の人におすすめなお見舞い品第2位:テレビカード 本当に喜ばれる入院中の人におすすめなお見舞い品ランキング第2位「テレビカード」です。

病院というのは基本テレビは有料となっています。

毎日本を読むのは続かないという方や誰かがお見舞いに来てくれるとは限りません。

そんな時に暇つぶしになるのがテレビです。

テレビは付けているだけで、暇つぶしとなり憂鬱な気持ちを少しは晴れることができます。

また、テレビカードというのは少し高額となっているため長い期間入院する人にとってはかなりの負担となります。

そんな負担を解消してあげるのもお見舞いに来た人の気遣いです。

本当に喜ばれる入院中の人におすすめなお見舞い品第1位:音楽プレイヤー 本当に喜ばれる入院中の人におすすめなお見舞い品ランキング第1位「音楽プレイヤー」です。

テレビカードは1枚1,000円はします。

お見舞いといっても毎回手土産に購入するとかなりの負担となります。

そんな時におすすめするのが音楽プレイヤーです。

音楽プレイヤーはかなりの時間を潰すことができます。

また、集中しなくても流れているだけで暇とはなりません。

病院内というのは静かですが、話し声や機械の音がうるさい時もあります。

そういった音がストレスとなりますが、音楽プレイヤーは妨げ効果にもあります。

入院中の患者へ「音楽プレイヤー」をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

実は困る渡されると迷惑する入院中の人へのお見舞い品TOP3! 実は困る渡されると迷惑する入院中の人への品物第3位プリザードフラワー Instagram 実は渡されると迷惑する入院中の人への品物第3は「プリザーブドフラワー」です。

プリザーブドフラワーは生花ではないので、病院側としても禁止はされていないのですが、入院する患者にとって貰うならもっと使い道のあるものがうれしいと感じます。

実際に、お花というのは雰囲気を明るくする効果などがありますが、実用的なものがを欲している方も多いので、手土産にプリザーブドフラワーは1つだけというのはやめておきましょう。

実は困る渡されると迷惑する入院中の人への品物第2位パジャマ Instagram 実は困る渡されると迷惑する入院中の人への品物第2位「パジャマ」です。

パジャマは入院を長引かせるというイメージのある贈り物で患者にとっては嬉しいかもしれませんが、病院側としてはいい気分にはなれません。

また、欲しいと願わない人にとっても保管にこまるので迷惑な差し入れです。

入院中の贈り物というのは正直悩んでしまうものですが、イメージの悪い贈り物もありますので、入院患者に渡す品物は無難に日持ちする食べ物などがおすすめとなっています。

実は困る渡されると迷惑する入院中の人への品物第1位エール本 実は困る渡されると迷惑する入院中の人への品物第1位「エール本」です。

大きな事故やケガで入院している人に必ず1つはプレゼントされるエール本ですが、エール本というのは読んでも絶望の中にいる状態で読んだとしても綺麗ごとにしか感じずさらに絶望へと繋がります。

大きな事故で負ったケガや病気で入院している方は身体も弱っていますが、心もかなり衰弱しています。

そんな時に「明るい言葉」や「がんばれ」といった言葉は重く感じさらに辛くなります。

エール本というのは必ず喜んでもらえるとは限らないのでプレゼントするのはやめましょう。

入院中の患者への差し入れ Instagram 入院中の患者への品物の注意点やマナー、差し入れを選ぶときのポイントなどは参考になったでしょうか。

入院中というのは何でもかんでも差し入れすれば喜ぶとは限りません。

まずは病院に必ず相談しましょう。

そして、必ず喜んでもらえる品物を贈り物をしましょう。

キーワード

  • 入院
  • 差し入れ
  • 患者
  • マナー
  • 注意
  • 病院
  • 品物
  • プレゼント
  • ポイント
  • アレルギー
  • 暇つぶし差し入れランキング
  • 手土産
  • チョコレート
  • お菓子
  • 保存