美容

体につけすぎた香水の臭いを消す方法は?職場の部屋に移った臭いの対策も

2018年10月31日更新
体につけすぎた香水の臭いを消す方法は?職場の部屋に移った臭いの対策も

香水の基本の付け方と付ける量は? 香水の基本の付け方や付ける量 スプレータイプの香水は基本1、2プッシュで良いのですが、香水によって2、3プッシュでもいい製品もあります。

液体香水の場合は少し便を傾けてそこを軽くたたき1、2滴がおすすめです。

香水の基本の付け方というのは人それぞれ付け方がありますが、ここでは基本的な付け方をご紹介します。

香水にはスプレータイプと液体タイプの2つの種類があります。

まずはスプレータイプの香水の付け方からご紹介します。

スプレータイプは基本1プッシュから2プッシュで十分です。

香水の基本の付ける場所 香水をつけるには色々な場所があります。

香水を付けるうえで大切なのが体温が高い所です。

香水は体温が高くなることで香りを強く放ちますので、できるだけ体温の高い部分がおすすめです。

よく手首に付けるのは香水がにおいやすく体温が高いため選ばれます。

しっかり匂わせたいときは首や手首などがおすすめです。

ほのかに香らせたいときは脇腹やお腹、足首などがおすすめです。

付ける位置によって全く放つ力が違いますので、場面によってつける場所を選びましょう。

体につけすぎた香水の臭いを消す方法5選 体につけすぎた香水の臭いを消す方法①洗える部分は水洗い 体につけすぎた香水の臭いを消す方法1つ目は「洗える部分は水洗い」です。

香水は洗うことで匂いを落とすことができます。

石鹸を使うのがベストですが、せっけんを使ってしまうと香りが全て飛んでしまうので、水洗いがおすすめです。

そして、香水をつけすぎた場合は乾かす前に洗うことをおすすめします。

また、手をタオルなどで拭くと匂いがついてしますので極力タオルで拭くのはやめておきましょう。

濡れたタオルの匂いと香水の匂いが混じり悪臭へと変わります。

体につけすぎた香水の臭いを消す方法②アルコールで拭き取る 体につけすぎた香水の臭いを消す方法2つ目は「アルコールで拭き取る」ことです。

香水の匂いはアルコールに混ざることで匂いを抑えることができます。

もし、洗い落とせる部分ではなく洗ってる暇がないという方は、アルコールを染み込ませたコットンで拭き落とすようにしましょう。

体につけすぎた香水の臭いを消す方法③乾かす 体につけすぎた香水の臭いを消す方法3つ目は「乾かす」ことです。

香水はアルコールが気化することで香りを放ちますので、乾かし匂いを飛ばしましょう。

もし、付け過ぎたという場合もしっかりと乾かすことで迷惑にならないほどの匂いとなります。

つけすぎた時は自然乾燥では時間がかかってしまいますので、自宅の場合はドライヤーの風を当てて乾かすようにしましょう。

外にいるときは擦って乾かすことで匂いが飛びますのでおすすめです。

体につけすぎた香水の臭いを消す方法④ウエットティッシュ 体につけすぎた香水の臭いを消す方法4つ目は「ウェットティッシュ」です。

外出時の対策としておすすめするのがウェットティッシュです。

ウエットティッシュは水洗いと同じような効果があり匂いを落としてくれます。

ですが、通常のウエットティッシュでは完璧に匂いは落とせません。

ウエットティッシュで落とせない場合は、アルコールウエットティッシュがおすすめです。

上記でもご紹介した通りアルコールが消してくれますのでおすすめです。

外出の救世主でもあり、その他でも使うことができますので持っておいて損はないアイテムです。

体につけすぎた香水の臭いを消す方法⑤乾く前にふき取る 体につけすぎた香水の臭いを消す方法5つ目は「乾く前にふき取る」ことです。

ウエットティッシュなどのふき取るものが何もないという時はティッシュペーパーでも匂いをふき取ることができます。

ただし、ティッシュペーパーが拭き取れるのは濡れている時ですので、早急な対応が必要です。

職場の部屋に移った香水の臭いの対策方法5選 職場の部屋に移った香水の臭いの対策方法①サーキュレーター 職場の部屋に移った香水の臭いの対策方法1つ目は「サーキュレーター」です。

サーキュレーターは扇風機とは違い風を送るのではなく部屋の空気を循環させてくれるアイテムです。

狭い職場でも広い職場でも空気を循環させることで強いこもった匂いでも消すことができます。

また、サーキュレーターは香水対策だけでなくエアコンの吸気を循環させるために活用できます。

暑い夏や寒い冬などエアコンの空気がいきわたりにくい場所におすすめです。

職場の部屋に移った香水の臭いの対策方法②すぐに換気 職場の部屋に移った香水の臭いの対策方法2つ目は「すぐに換気」することです。

香水がきつく匂いがこもってしまった部屋では、すぐに換気することがおすすめです。

空気を入れ替える事によってある程度の香水の匂いも消すことができます。

香水が匂いが強くこもった時などにおすすめです。

職場の部屋に移った香水の臭いの対策方法③無香料消臭スプレー 職場の部屋に移った香水の臭いの対策方法3つ目は「無香料消臭スプレー」です。

無香料消臭スプレーである程度の匂いを消すことができます。

ただし、ある程度なので、匂いが残る可能性もあります。

緊急時の対応としておすすめします。

職場の部屋に移った香水の臭いの対策方法④濡らして絞ったタオル 職場の部屋に移った香水の臭いの対策方法4つ目は「濡らしして絞ったタオル」です。

濡らして絞ったタオルの端っこを持ち振り回すことで部屋の匂いを消すことができます。

この方法でタバコのこもった匂いも消すことができますので、かなり効果のある方法といえます。

髪の毛に付けることによっていい香りはしますが、香水によって髪の毛にダメージを与えてしまいます。

髪の毛にも見込むと自然な香りがすると聞いたことがあると思いますが、香水のアルコールが髪の毛にとってダメージとなり傷みます。

髪の毛を大切にしている女性の方は注意しましょう。

職場の部屋に移った香水の臭いの対策方法⑤炭 職場の部屋に移った香水の臭いの対策方法5つ目は「炭」です。

炭はかなりの消臭効果があります。

きつい匂いを放つところに炭を置いておくだけで無臭にしてくれるすごいパワーを持った消臭剤です。

消臭剤に炭を加工したものがありますが、効果があるのは消臭剤よりも本物の炭がおすすめです。

迷惑?臭い?香水の付けるべきでないNGポイント 女性は髪の毛に注意 身体に香水を付ける時におすすめできないNGポイント1つ目は「髪の毛」です。

髪の毛に香水をつけるという方も多くいると思います。

香水は髪の毛に付けるのはNGです。

髪の毛に付けることによって髪の毛からも香水のいい香りがするからと付けるのは分かります。

ですが、髪の毛によくないのでやめましょう。

また、香水は服につくと洗濯をしても匂いが取れないということにもなります。

そして、洗濯洗剤と柔軟剤の香りが混ざることでいい香りではなくなってしまうので服にかけるのはやめましょう。

服には付けない方がいい 身体に香水を付ける時におすすめできないNGポイント2つ目は「服に付けない方がいい」ということです。

服に香水をつけることでシミとなる可能性があります。

また、シミとならなくても服にとって香水はダメージとなります。

服に香りをつけたいという方も多いと思いますが、傷つきますのでおすすめは出来ません。

この方法を行う時は振り回しても水滴が飛ばない程度までしっかりと絞ることです。

また、職場で急に行うのはおかしいので仲のいい上司や同僚がいるなら相談しましょう。

迷惑となるので香水を控える場所 迷惑となるので香水を控える場所①病院 迷惑となるので香水を控える場所1つ目は「病院」です。

病院に行くために香水をわざわざつけるという方も少ないと思いますが、病院ではとても迷惑となるので付けるのはやめましょう。

病院では体調の悪い方が香水の匂いを嗅ぐことでさらに体調悪化になったりします。

周りに人に迷惑となるのでやめておきましょう。

迷惑となるので香水を控える場所②レストラン 迷惑となるので香水を控える場所2つ目は「レストラン」です。

デートなどでレストランに入るかと思いますが、レストランでは香水の匂いがとても迷惑となります。

香水の匂いが食事と混ざることで味があまり分からなくなったり美味しいと感じなくなります。

また、レストランでは同席している人だけに迷惑がかかるのではなく周辺にいる人に迷惑となります。

デートでレストランを利用することもあると思いますが、レストランに行くと分かっている場合は香水は控えるようにしましょう。

迷惑となるので香水を控える場所③葬式 迷惑となるので香水を控える場所3つ目は「葬式」です。

葬式では付けて行かないのがルールとなっており常識です。

葬式に香水は必要ないので、絶対に香水は付けないようにしましょう。

香水の付け方 香水の付け方や付ける量、付ける場所や避けたい場所など参考になったでしょうか。

香水はとてもいい香りでおしゃれには欠かせないアイテムとなってきますが、香水のつけすぎは迷惑となります。

また、付けてく場所も気を付けましょう。

つけすぎた場合はご紹介しました対策で対処しましょう。

キーワード

  • 香水
  • 匂い
  • 臭い
  • 部屋
  • 職場
  • 場所
  • 迷惑
  • 髪の毛
  • 対策方法
  • レストラン
  • 付け方
  • アルコール
  • ウエットティッシュ
  • タオル
  • 基本