ライフスタイル

ハリケーンと台風の違いや比較は?サイクロン/最大/情報

2018年11月03日更新
ハリケーンと台風の違いや比較は?サイクロン/最大/情報

ハリケーンと台風の違いは?比較も! ハリケーンと台風の違いは「発生する場所」 Instagram ハリケーンと台風の違いは、「発生する場所」です。

ハリケーンも台風も、発達した熱帯低気圧のことを意味します。

熱帯低気圧とは、熱帯地域で起こる低気圧のことで、大きくなると雨や風が激しくなるという特徴があり、世界を見渡しても発生する地域が多いと言われています。

ハリケーンの発生場所は「東経180度よりも東側に位置する北太平洋の東部」、「北大西洋」、「カリブ海」、「メキシコ湾」です。

それに対して台風の発生場所は、「東経180度よりも西側に位置する太平洋の北西部」、「南シナ海」です。

ちなみに以下の記事では、無料で使える天気予防のアプリをランキング形式でお伝えしているので、参考や比較にご利用ください。

台風などの情報はもちろん、日々の仕事や休日のレジャーのために使えるお役立ちアプリを紹介しています。

また、iPhone専用やAndroid専用のアプリも数多くお伝えしています。

ハリケーンと台風の最大風速を比較するとハリケーンに軍配が上がる Instagram ハリケーンと台風の最大風速を比較するとハリケーンに軍配が上がります。

なぜなら、ハリケーンは最大風速が33m/s(33メートルパーセカンド)の熱帯低気圧のことを表し、台風は最大風速が17.2m/s(17.2メートルパーセカンド)以上のものを表すからです。

「m/s」は、1秒で何メートル進むのかを表します。

天気予報などで表現される際には「毎秒20メートルの台風が本州に上陸しました」などと言われるケースが比較的、多く見受けられます。

ちなみに自動車が走る際の「km/h」と同じ用法ですが、こちらは1時間で何キロメートル進めるのかを表すため、単位が異なります。

ちなみに、ハリケーンの最大風速は1分間の平均風速で計測されますが、台風の最大風速は10分間の平均風速で計測されます。

こういった計測方法の違いがハリケーンの最大風速の方が大きな数値になる理由の1つであると考えられていますが、正確な比較ができないという意見もあります。

詳しく説明!ハリケーンについて!違いなども ハリケーンはアメリカ合衆国が情報管理を担当している熱帯低気圧のこと Instagram ハリケーンはアメリカ合衆国が情報管理を担当している熱帯低気圧のことです。

最大風速の強さによって5段階にカテゴリー分けがされています。

過去最大級の被害をもたらしたハリケーン「カトリーナ」は上陸時にはカテゴリー3でしたが、最盛期になるとカテゴリー5に分類されました。

アメリカで史上最大級の被害が出たハリケーン「カトリーナ」は、2005年8月29日の早朝に上陸したハリケーンです。

このハリケーンはアメリカの中南部に位置するルイジアナ州に上陸したもので、1500名以上の死者が出るという甚大な被害が発生しました。

「ハリケーン」という名前の由来は、カリブ海の神である「ウラカン(huracan)」であると言われています。

それぞれのハリケーンは、日本のように「台風1号」などという名前ではなく、人名で違いを区別することになっていますので、以下で詳しくお伝えします。

ハリケーンの違いは人名で区別される Instagram ハリケーンの違いはカテゴリーと名前で区別されます。

ハリケーンの名前には「カトリーナ」や「アンドリュー」といった人名が使われており、それぞれのハリケーンを区別して、すぐに違いがわかるようなネーミングがされています。

このようにハリケーンに人名を使う理由は、「書いたり話したりする時に人の名前を使う方が単純で分かりやすく、緯度などを用いた複雑なネーミングで表すよりもスムーズなコミュニケーションがとりやすいという理由がある」と言われており、アメリカの国立ハリケーンセンターでハリケーンに名前が付けられています。

ハリケーンに人名を用いることは、わかりやすいというメリットがありますが、その一方で問題もあったと言われています。

当初は、ハリケーンに命名される名前は女性の名前ばかりだったことに対して「平等ではない」という抗議などが発生したからです。

そのため現在では、男性の名前も使われるようになったと言われています。

詳しく説明!台風について!違いなども 台風は「大きさ」と「強さ」で表現される Instagram 台風は「大きさ」と「強さ」で表現されます。

台風の大きさは「大型」と「超大型」の2種類です。

大型の台風を「大きい」、超大型の台風を「非常に大きい」と表現することもあります。

大型の台風は、風速15m/s以上の半径が500km以上~800km未満で、超大型の台風は半径が800km以上と決められています。

一方、台風の強さを表す言葉には、「強い」、「非常に強い」、「猛烈な」という3つの言葉があります。

強い台風は最大風速が「33m/s以上~44m/s未満」、非常に強い台風は「44m/s以上~54m/s未満」、猛烈な台風は「54m/s以上」と決められています。

強い台風が来ると毎回のように被害を受ける地域もあり、怯える人は少なくないと言われています。

そんな台風について心配していると夢の中にまで台風が出てきたという人もいますが、その夢にはどんな意味があるのでしょうか。

以下の記事では台風が夢に出てくる意味や深層心理をお伝えしていますので、ぜひご覧ください。

台風の違いは番号で区別される Instagram 台風の違いは番号で区別されています。

毎年、気象庁で1月1日以降に発生した台風を、発生した順番で番号を付けていると言われています。

一度発生した台風の勢力が弱まり熱帯低気圧になった後、再度勢力を増すことで台風になった場合には、当初の番号をそのまま使うことになっています。

ちなみに、「台風」という名前の由来は、ギリシャ神話に登場する最大の怪物である「テューポーン(typhon)」であると言われています。

テューポーンの力はゼウス神に匹敵するほどの強さで、ギリシャ神話で最強の力を持っていると言われていることから、台風に脅威を示した様子がうかがえます。

また、台風やハリケーンと混同されるものにサイクロンがあり、違いがわからないという方も多いと言われています。

以下では、サイクロンについて、詳しくお伝えします。

サイクロンとは? サイクロンとは低気圧の総称のこと Instagram サイクロンとは低気圧の総称のことを意味します。

ハリケーンや台風などの熱帯低気圧も含めて「サイクロン」と呼んでいるので、発生した地域については問われません。

ちなみに、サイクロンの中には「トロピカル・サイクロン」や「エクストラトロピカルサイクロン」といった名称のサイクロンがあり、これらは低気圧の発生状況や規模、継続時間といった成り立ちによって種類分けするための言葉であると言われています。

サイクロンはハリケーンや台風という意味合いでも使われることがある Instagram サイクロンは通常、低気圧の総称のことを意味しますが、ハリケーンや台風という意味合いでも使われるケースがあります。

それは、ハリケーンや台風にあたる言葉がない場合です。

例えば、北インド洋ではハリケーンや台風の代わりに、勢力の強い熱帯低気圧のことを「サイクロンストーム」と呼び、南インド洋やオーストラリア、南太平洋では「トロピカルサイクロン」と呼んでいます。

日本では台風が毎年やってきて、不安に陥る人が多いですが、世界を見渡してみても、やはり自然災害に怯える人は少なくないということがわかります。

そんないつ来るかわからない自然災害に備えて、日ごろから非常食を準備しておくと重宝します。

以下の記事では、おすすめの非常食を紹介していますので、ぜひご覧ください。

ハリケーンと台風の違いを把握して知性をアピールしましょう ハリケーンと台風の違いは、「発生する場所」という意外にも単純なものでした。

しかし、ハリケーンと台風の違いを明確に理解している人は多くないと言われています。

そのため、台風などの話題になった時には、ちょっとした知性をアピールできるチャンスになります。

また、ニュースなどを見ている際にも、ハリケーンと台風の違いを把握しておくことで、余計な混乱をすることなく情報が頭の中にスムーズに入ってきますのでこの機会に理解しておくと良いですね。

最近ではテレビだけでなく、スマホでニュースの情報を手軽に得ることができるようになってきたので、活用している方も多いです。

そこで最後に、無料で使えるニュースアプリについてランキング形式で紹介している記事をお伝えします。

最新のニュースを素早く入手できるアプリや、ニュースを読むついでにお小遣い稼ぎができるアプリ、姿勢が良くなるアプリなどを紹介していますので、比較や検討をしてご自身にあったアプリを見つけてください。

キーワード

  • 台風
  • ハリケーン
  • 違い
  • サイクロン
  • 最大風速
  • 発生
  • 名前
  • 熱帯低気圧
  • アプリ
  • 比較
  • 低気圧
  • アメリカ
  • 区別
  • お伝え
  • 意味