ライフスタイル

仕事辞めたい病とは?仕事が辛いのは甘え?うつ病/後悔/やめる方法

2018年11月03日更新
仕事辞めたい病とは?仕事が辛いのは甘え?うつ病/後悔/やめる方法

仕事辞めたい病とは? 仕事辞めたい病とは「いつも仕事をやめることを考えている人」 仕事辞めたい病とは、いつも仕事をやめることを考えている人のことです。

多かれ少なかれ、誰もが一度は仕事を辞めたいと感じると言われていますが、仕事辞めたい病の人は、ほとんどいつも仕事を辞めたいという思いで頭がいっぱいです。

大半の人は、一時的な仕事の忙しさや大変さから、仕事を辞めたいと思うことがあっても、その気持ちはいつしか和らいだり、何かのきっかけでモチベーションが上がったりするものです。

しかし、仕事辞めたい病の人は、恒常的に仕事を辞めたいと切望しており、時には体調不調に陥ることもあります。

仕事辞めたい病の人は「仕事をやめるなんて甘えるな」と言われがち 仕事辞めたい病の人は「仕事をやめるなんて甘えるな」と言われがちです。

仕事辞めたい病の人はそうでない人に比べて、仕事を辞めたいと考えている程度が強く、真剣かつ深刻に仕事を辞めたいと考えていますが、それが甘えだと思われることは少なくありません。

仕事辞めたい病の人には甘えではなくうつ病の人もいる 仕事辞めたい病の人は「単純に甘えている人」というレッテルを貼られがちですが、うつ病にかかっている人もいます。

日本人のうつ病患者は増加傾向にあると言われています。

うつ病は精神面への影響だけでなく、身体面にも影響を及ぼすことが多いと言われています。

精神的な負担が大きくなりすぎると、急に涙が止まらなくなってしまう人もいます。

以下の記事では、そういった場合の対処方法についてお伝えしているので、合わせてご覧ください。

仕事が辛いときの対処法9選 仕事が辛いときの対処方法①ミスを後悔せずにしっかりと心身を休ませる 仕事が辛いときの対処方法の1つ目は、ミスを後悔せずにしっかりと心身を休ませることです。

仕事が辛いと感じる時には、些細なミスを後悔しすぎたり、とても仕事が立て込んでいて忙しかったりと、精神的に余裕がなくなっている時が多いと言われています。

そうした時には、しっかりと休息を取って心身を休ませることが大切であると考えられています。

しかし、そうは言ってもなかなか休むことができなくて辛い状況に追い込まれるのが仕事というものです。

真面目な人ほど、しっかりと自分の仕事をこなそうとするので、自分で自分を追い込んでしまう人が多いと言われています。

仕事が辛いときの対処方法②仕事量を減らすため過度な気遣いをやめる 仕事が辛いときの対処方法の2つ目は、仕事量を減らすため過度な気遣いをやめるということです。

仕事量を減らして余裕を作ることで、仕事に感じていた「辛い」という感情が和らぐことがあります。

仕事に対して真面目に取り組む人は、与えられた仕事を1人でやり遂げようとする傾向があるので、無理をしないことが大切です。

仕事が辛いときの対処方法③いきいきと仕事をしている人の理由を知る 仕事が辛いときの対処方法の3つ目は、いきいきと仕事をしている人の理由を知るということです。

職場の中には、ムードメーカーと言われる明るくて良い雰囲気を作り出す人がいるケースがあります。

他にも、とても快活でいつもやる気に満ち溢れている人がいる場合もあります。

仕事で辛いときには「いきいきと仕事をしている人は、なぜいつも元気に働けるのか?」という所に注目してみることで、新たな発見ができるかもしれません。

仕事が辛いときの対処方法④職場環境を改善する 仕事が辛いときの対処方法の4つ目は、職場環境を改善するということです。

仕事が辛いと感じる原因の多くは、職場の人間関係であると言われています。

他にも仕事場が古かったり、汚かったりといったハード面での問題や、整理整頓ができていなかったりといった要因が仕事辞めたい病のきっかけになっている可能性があります。

仕事が辛いときの対処方法⑤仕事をやめることを切望する原因を把握する 仕事が辛いときの対処方法の5つ目は、仕事をやめることを切望する原因を把握するということです。

自分自身が仕事のどういったところに辛い気持ちを感じているのかを把握することで、解決に近づくことができます。

仕事が辛いときの対処方法⑥甘えの心を受け入れて定時で帰る 仕事が辛いときの対処方法の6つ目は、甘えの心を受け入れて定時で帰るというものです。

仕事が辛いと感じているときは、モチベーションが上がらず、心身への負担が蓄積している可能性が高いです。

そのため、帰りたいという甘えの気持ちを受け入れて残業せずに定時で帰ることも重要です。

「金曜日は毎週習いごとを始めたんで」とか「火曜日は子供の面倒を見る人がいないので」など、上司や同僚が立ち入りにくい理由を作っておくと、問い詰められる可能性が少ないのでおすすめです。

以下の記事では、定時に帰れる仕事を紹介していますので合わせてご覧ください。

仕事が辛いときの対処方法⑦健全な企業の特徴を正しく理解する 仕事が辛いときの対処方法7つ目は、健全な企業の特徴を正しく理解するというものです。

会社が健全なら、その仕事を辛いと感じる自分自身に問題や甘えがある可能性があるからです。

反対にブラック企業であることがわかったら、退社の検討のために気持ちを切り替えられるので、辛さを緩和できると言われています。

仕事が辛いときの対処方法⑧後悔しないように退職後の人生を考える 仕事が辛いときの対処方法の8つ目は、後悔しないように退職後の人生を考えるというものです。

仕事をやめる前に退職後のことを考えておくことは、現在の仕事から離れることをイメージすることですから、仕事に対する辛い気持ちが和らぐ可能性があります。

これは仕事をやめると後悔しそうな人に有効な方法と言われています。

仕事が辛いときの対処方法⑨ストレスを発散する 仕事が辛いときの対処方法の9つ目が、ストレスを発散することです。

ストレスを上手く発散できれば、次の日への活力になりますので、仕事が辛いという感情も和らぐ可能性があります。

「仕事ができる人ほど、うまくストレスを発散している」と言われることもありますので、自分なりのストレス発散方法を見つけることをおすすめします。

以下におすすめのストレス発散方法を紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

仕事辞めたい病|おすすめストレス発散方法9つ 仕事辞めたい病の人へのストレス発散方法①以前に仲のよかった友達と話す 仕事辞めたい病の人へのストレス発散方法の1つ目は、以前に仲のよかった友達と話すというものです。

以前に仲の良かった友達は、現在の生活とは少し離れた存在であることが多く、それゆえにざっくばらんに本音で話すことができるというメリットがあります。

仕事辞めたい病の人へのストレス発散方法②食事やお酒を楽しむ 仕事辞めたい病の人へのストレス発散方法の2つ目は、食事やお酒を楽しむというものです。

美味しい食事やお酒は、それだけで気分が良くなるものです。

いつもより仕事を頑張った時や、ヘトヘトに疲れてしまって気力が出ない時は、自分へのご褒美だと思って美味しい食事やお酒を楽しみましょう。

仕事辞めたい病の人へのストレス発散方法③スポーツをする 仕事辞めたい病の人へのストレス発散方法の3つ目は、スポーツをすることです。

特に仕事で身体を動かさない人にとってスポーツは有効なストレス発散方法になります。

毎日仕事をしていると思った以上に身体がなまってしまいますので、たまに身体を動かすと良い気分転換になります。

仕事辞めたい病の人へのストレス発散方法④芸術・映画を楽しむ 仕事辞めたい病の人へのストレス発散方法の4つ目は、芸術・映画を楽しむということです。

芸術や映画は普段の生活では感じることができない新鮮な感情を呼び起こしてくれることがあるので、気分転換になり、ストレスが発散できることが期待できると言われています。

仕事辞めたい病の人へのストレス発散方法⑤趣味を見つける 仕事辞めたい病の人へのストレス発散方法の5つ目は、趣味を見つけるということです。

楽しめる趣味を見つけることができると、日々の生活に張りが出てくるというケースは多く、充実した毎日を過ごしやすいと言われていることから、仕事を辞めたいというストレスの発散につながり、有効だと考えられています。

仕事辞めたい病の人へのストレス発散方法⑥旅行する 仕事辞めたい病の人へのストレス発散方法の6つ目は、旅行するということです。

毎日の生活とは全く異なる環境に身を置ける旅行は、新鮮な感情を芽生えさせてくれることから、ストレス発散に効果的だと言われています。

仕事辞めたい病の人へのストレス発散方法⑦ゆっくり入浴する 仕事辞めたい病の人へのストレス発散方法の7つ目は、ゆっくり入浴するということです。

ゆっくりとお風呂に入ることで、リラックス効果や疲労回復効果を期待できることから、ストレス発散に有効だと言われています。

仕事辞めたい病の人へのストレス発散方法⑧カラオケで歌う 仕事辞めたい病の人へのストレス発散方法の8つ目は、カラオケで歌うということです。

大きな声を出して歌うことは、日々のストレスを発散させることが期待でき、腹式呼吸をすることで健康にも良いと言われているので、仕事辞めたい病の人にとって効果的であると言われています。

仕事辞めたい病の人へのストレス発散方法⑨ぐっすりと眠る 仕事辞めたい病の人へのストレス発散方法の9つ目は、ぐっすりと眠ることです。

ぐっすりと眠って体を休めることで、心身共に元気になることは多く、ストレス発散効果も期待できると言われています。

仕事辞めたい病|やってはいけないストレス発散法4つ 仕事辞めたい病の人がやってはいけないストレス発散法①暴飲暴食 仕事辞めたい病の人がやってはいけないストレス発散法の1つ目は、暴飲暴食です。

体に負担が大きい暴飲暴食は、体調悪化の原因になり、生活習慣病にもつながると言われているので、やってはいけないストレス発散方法であると言われています。

仕事辞めたい病の人がやってはいけないストレス発散法②生活習慣を乱す 仕事辞めたい病の人がやってはいけないストレス発散法の2つ目は、生活習慣を乱すことです。

眠る時間や起きる時間が不規則であったり、食事の時間がバラバラだったりすると、体に負担がることから、やってはいけないストレス発散方法であると言われています。

仕事辞めたい病の人がやってはいけないストレス発散法③仕事に打ち込む 仕事辞めたい病の人がやってはいけないストレス発散法の3つ目は、仕事に打ち込むことです。

ストレスを仕事を納得するまでやることで発散しようとする人がいます。

しかし、完璧にこなすことができない仕事も多く、次から次へと仕事が降りかかってくることもあることから、やってはいけないストレス発散方法であると言われています。

仕事辞めたい病の人がやってはいけないストレス発散法④後悔による自傷行為 仕事辞めたい病の人がやってはいけないストレス発散法の4つ目は、後悔による自傷行為です。

仕事に対する後悔や責任感から、自分のことを傷つけたり、責めたりすることで、仕事で犯した罪悪感を晴らそうとする人がいます。

しかし、自分を傷つけても状況が良くなる可能性は低く、体調を崩したり、さらなるストレスの増加につながるというデメリットの方が大きいと言われています。

仕事辞めたい病を理解して充実した日々を過ごしましょう 仕事辞めたい病は、誰しもが陥る可能性があります。

仕事は辛いことも多く、人間関係も大変です。

しかし、そういった困難を乗り越えてこそ人間的に成長ができるので、さらなる高みを目指しながら充実した日々を過ごしましょう。

キーワード

  • 仕事
  • ストレス
  • 発散方法
  • 発散
  • 対処方法
  • 後悔
  • 可能性
  • 方法
  • 食事
  • 心身
  • 生活
  • うつ病
  • 日々
  • 期待