エンタメ

生意気な後輩との付き合い方!尊敬される先輩になるには

2018年11月05日更新
生意気な後輩との付き合い方!尊敬される先輩になるには

立場が低く悔しい思いをした新卒も、後輩ができると先輩としてのふるまいができるようになります。

ですが、後輩が生意気だと、上の立場としてのふるまいを楽しむどころか、会うたびにむかつかされていらいらさせられてしまうかもしれません。

後輩が生意気になる理由、またそんな後輩との付き合い方など、詳しくご紹介していきます。

記事の目次なにが原因?後輩の生意気な態度尊敬される先輩になるポイント!後輩への接し方編尊敬される先輩になるポイント!自分磨き編まとめ なにが原因?後輩の生意気な態度 そもそも、後輩は先輩を敬って当たり前でしょう。

社会に出る以前ん、学生時代に学んでいる人も多いはずです。

にもかかわらず、実際には生意気な態度をとる後輩も事実います。

後輩が生意気になるのは、なぜなのでしょうか。

先輩として尊敬されていない 立場が先輩後輩の関係性であったとしても、尊敬できる要素が少なければ先輩としてみられないかもしれません。

たとえば、発言に偉さを感じない、仕事ぶりが自分たちのレベルとあまり変わらない、しゃべり方が頼りないといった具合です。

勤続年数や年齢に差があっても、こうした部分からあまり尊敬されず生意気な態度をとられるという可能性は十分考えられます。

見た目で格下と評価されている 仕事が優秀であっても、見た目に威厳が感じられない。

そんな理由で生意気なのかもしれません。

仕事ぶりや話し方と同じで、見た目からも威厳がないある、尊敬できないといった雰囲気は感じられるものです。

スーツを美しく着こなしている、落ち着きあるコーデである、誠実な髪型である、そんな人はしっかり格上感を出せているでしょう。

ですが、先輩なのにスーツに着られている、寝ぐせのまま出社している、だらしがないといった見た目の人は、下に見られやすいです。

たかが見た目の問題と、侮るべきではありません。

優しさが仇になっている 優しい先輩は後輩にとっての理想像。

そんな考えをもっている人は、注意が必要かもしれません。

確かに、優しい先輩に優秀さや憧れ、尊敬を見出す後輩もいるでしょう。

ですが、優しいことを良いことに調子に乗るような若手も、わりと多いものです。

優しいのも良いことですが、締めるところはしっかり締めて、先輩の威厳を見せつけることも忘れてはなりません。

先輩としての威厳を感じていない 前述まででも少し触れていますが、先輩としての威厳はやはり欠かせません。

威厳とは、「堂々として厳かな様」という意味です。

すなわち、厳格さをしっかり見せつけられるようなふるまいが大切というわけです。

初めて後輩を持つ人としては、下の人間が入ってきて嬉しく感じているでしょう。

仲良くしたい、友達のように接したい、部活やサークルのようなノリを楽しみたい、そんな風にも思うかもしれません。

ですが、あくまで仕事上の関係であることを忘れてはなりません。

ときには、近寄りがたいほどの威厳も見せられる、そんな切り替えのうまさも求められるでしょう。

社会人としてのマナーを理解できていない 後輩が先輩を尊敬するのは、社会人として当たり前です。

それは、尊敬できなかったり、威厳を感じられなかったりしても、基本は変わりません。

ですが、そもそも社会人としてのマナーが理解できていなければ、いくら先輩の側が工夫したところで生意気さは改善されないでしょう。

根本的なマナーから、教え込む必要があります。

尊敬される先輩になるポイント!後輩への接し方編 尊敬される先輩になりたい、生意気な後輩を持つと、そんな風にも思えてくるでしょう。

ポイントを押さえて、尊敬される先輩を目指してください。

後輩への接し方による改善、自分自身を磨くことで見られ方を変えるという、2通りの面からご紹介します。

命令口調は逆効果!後輩であっても丁寧な言葉遣いで会話 威厳を見せつける代表的な方法といえば、偉そうな言葉遣いではないでしょうか。

確かに、上下関係を分からせたいとき、言葉のニュアンスにおける工夫は効果的です。

ですが、だからといって上から目線での命令口調は逆効果です。

立場に固執する、器の小さい人間と思われかねません。

後輩に対してでも、丁寧な言葉遣いを欠かさない、そんな真摯な態度こそが、本当の意味での尊敬に繋がります。

感情的な発言はNG!会話は淡々と冷静に 後輩に生意気な発言や態度をとられ続けていると、我慢も限界に達してくるかもしれません。

ときには、感情まかせに怒りをぶちまけたくもなるでしょう。

ですが、感情的な発言はNGと考えておいてください。

生意気な後輩を、さらに調子づかせてしまうかもしれません。

どんなに怒りを逆なでられても、会話は淡々と冷静におこなうよう心がけるべきです。

否定ばかりしない!良い所はきちんと褒めて 後輩が生意気になっている原因として、認めて欲しいという気持ちの裏返しであることも考えられます。

頑張りに対して正当な評価をしてもらえない、だけど後輩の立場だから直接物申すわけにもいかない、そんな微妙な立場であるために、生意気さを通して不満を伝えようとしているケースです。

威厳を見せつけたいからといって、否定ばかりではいけません。

仕事ぶりを見極めて、良いところはちゃんと褒めましょう。

後輩の心理を察してやることもまた、先輩の大事な仕事といえます。

怒らない!ダメなことはビシッと冷静に指摘する 感情的になったり否定したりしてはいけない、となると、どう指導すれば良いのでしょうか。

おすすめは、とにかく冷静かつ的確な指摘の仕方です。

余計な会話や感情は挟まず、淡々と伝えるべきことを伝えましょう。

隙を与えず、なおかつ正確な指摘をおこなうことで、真の威厳を示せるでしょう。

冷静さをキープするコツは、完璧を求め過ぎない、理論的に話す、自分の軸をしっかり持つといった方法です。

後輩よりも長く経験を積んできたわけですから、そこに自信を持って、余裕のある接し方をしましょう。

余裕のない後輩自分より、先輩である自分の方に余裕があるということ自体も、尊敬に繋がるでしょう。

尊敬される先輩になるポイント!自分磨き編 上記は、接し方であるため、ある種尊敬させる方法ともいえるでしょう。

自分自身を磨いて、それこそ尊敬されるにはどのようなポイントを押さえるべきでしょうか。

見た目も大事!身だしなみを整える 冒頭で述べたの通り、威厳を見せるには身だしなみへの意識も欠かせません。

ポイントは、いかに整った身だしなみでいられるかどうかです。

生真面目な見た目でなくても良いので、清潔感があり、マナーに沿った服装であり、また立場に合った適度な価値のブランドを選んでいるかも重要でしょう。

できる先輩という印象を、服装からアピールできます。

真面目に働く!仕事に対する姿勢を見直す 接し方や服装も大事ですが、まずは正しい先輩としての背中を見せつけるというのも大切です。

社会人の本分は仕事なわけですから、真面目に働いて、後輩の模範となれるよう心がけましょう。

憧れを感じてもらえれば、生意気な態度をやめて誠実さを真似してもらえるかもしれません。

仕事で結果を出す!後輩が見習いたくなる仕事をする 憧れを感じてもらう上で、仕事ぶりだけでは物足りないかもしれません。

ですが、結果や成績で優秀さをアピールできれば、先輩のすごさをしっかり分からせることができるでしょう。

目に見える評価や表彰なども加われば、なおさらです。

そこに至るためにも、やはり真面目さは大切です。

ビジネスマナーを身につける!指導者としてふさわしい働き方をする 若手が先輩を見てかっこいいと感じる部分に、ビジネスマナーを弁えているかどうかが挙げられます。

特に新卒年代にもなると、先輩社会人はみなマナーを理解していて憧れの対象に思えるものです。

上司との話し方や指導者としてのふさわしい働き方、またクライアントやお客さんに対する誠実な接し方などで、違いを見せつけましょう。

自分が後輩であった頃、仕事を教えてくれる先輩はかっこよく思えたことでしょう。

つまり、その当時の感覚を思い出して、どのようにすれば後輩の立場に憧れを感じてもらえるのかを考えれば良いのです。

理想の先輩像を頭に描きながら、真似してみると早いでしょう。

まとめ 生意気な後輩が自分の下につくと、何かとストレスは溜まりがちでしょう。

ですが、あなた自身が工夫をおこなうことで、後輩の意識を変えられるかもしれません。

接し方と自分磨き、それぞれの観点から対策してみましょう。

後輩の生意気さを失くすどころか、あなた自身が尊敬される理想の先輩に成長できるかもしれません。

キーワード

  • 後輩
  • 先輩
  • 尊敬
  • 生意気
  • 威厳
  • 仕事
  • 立場
  • 接し方
  • 見た目
  • ポイント
  • 憧れ
  • 仕事ぶり
  • マナー
  • 社会人
  • 冷静