ライフスタイル

知っておいて損はない♡日本から持って行くべき必需品‼

2018年11月10日更新
知っておいて損はない♡日本から持って行くべき必需品‼

みなさんアンニョンハセヨ♡ 韓国在住で日韓夫婦のbyeol08です。

日本のお隣の国韓国。

近いとはいえなかなか日本のものは手に入りにくかったり、割高だったり…。

実際住んでみたら予想外の日本のあんな物やこんな物が恋しくなります。

そこで今回は日本から韓国に持っていくと便利なものをご紹介します☆ 韓国に長期間住む予定がある方は必見です! 1.お気に入りのスナック・お菓子類 出典: yuki-japantourguide.com まずオススメするのが日本のスナック・お菓子類です。

韓国にももちろんおいしいスナックやお菓子はありますが、お菓子の種類やクオリティーは日本の方が豊富です。

最近では日本のお菓子を韓国のコンビニやマートで見かけることも増えてきましたが、値段が日本より高め。

出典: tabippo.net 特にオススメするのがスイーツ系のお菓子です。

日本の方がひと箱(一袋)に沢山入っていて、値段はさほど変わりません。

味も断然日本の方に軍配が上がります。

韓国はスナック菓子は結構あるのですが、スイーツ菓子の種類が少なめなんです…。

そんなわけで、お気に入りのお菓子がある人は持ってきておくといいですよ☆ 2.味噌 出典: gooshuo.tw 日本の味といえば醤油と味噌‼ 醤油は韓国にもあるのでこだわりがなければ韓国のもので大丈夫ですが、日本の味噌は韓国にはありません…。

(돤장という韓国の味噌がありますが、日本の味噌と違うので、同じようには使えません) マートに行くと輸入品で売られてはいますがほぼ倍近い値段で売られています。

海外に住んでいるからこそ恋しくなる日本の味。

筆者は味噌汁以外にもサラダなんかに使ったりしますよ。

ちょっと重いのがネックですが持ってきてその分の価値は十分あります☆ 3.ポン酢 出典: www.excite.co.jp 味噌以外の調味料でオススメしたいのがポン酢です。

ポン酢も韓国には置いてないのでポン酢好きの人は持ってくることをオススメします。

特に冬場だと日本の鍋が恋しくなりますよね…。

ポン酢があるだけで韓国で作られる和食の幅がグッと増えますよ。

4.ドレッシング ここ数年韓国でもシーザードレッシングなどをよく使うようになってきましたが、以前の韓国ではドレッシングといえば果物を使った甘いものが主流でした(キウイドレッシングなど)。

初めて食べた時は衝撃でしたね…(笑)。

それでも日本人の口に合うドレッシングはまだまだ少ないのが現状です。

おうちで野菜を沢山食べたい時は、日本のドレッシングが欲しくなるはずです‼ 5. 粉末の出汁(ほんだしやコンソメなど) 出典: novelty-ya.com 韓国にも粉末の出汁は沢山売られています(ダシダがそうですよね)。

でもそれは韓国料理を作る際あると便利なもの。

家で韓国料理以外の料理を作るという方は日本から粉末の出汁を持って行くようにしましょう! 筆者はほんだし、コンソメ、鶏ガラスープの素は切らさないように日本から持ってきています。

和食以外にも日本の家庭で食べる洋食や中華の味も再現できますよ☆ 6.インスタント・レトルト食品 出典: www.furusato-tax.jp 日本のインスタント・レトルト食品のバラエティーの豊富さ、クオリティーのすごさは海外に出て初めて気付かされます。

本当にあっぱれ‼(笑) インスタントで思い出すものと言えばラーメンがありますよね。

韓国にもありますが日本のラーメンと違うんですよね。

(韓国人も日本のラーメンはそのままラーメン(라멘)ということがほとんどです) 他にもパスタソースもやカップスープ、お茶漬けの素、焼きそば、味噌汁、カレーやシチューのルー…挙げたらキリがありません。

手軽に食べられてしかも美味しい日本のインスタント・レトルト食品、マストです! 7.ラップ 出典: negros-francisco-xavier.blogspot.com 日本のラップも持って行って損はありません。

もちろん韓国にもラップはありますが、切れにくかったり、しっかりお皿にくっつかないことが多いんです…。

しかもラップを切る時に芯からうまくはがれなくて、芯に貼りつい取れない…なんてこともよくあります。

何気にストレスになるので(笑)、ラップも日本から持っていくと良いでしょう☆ 8.洗剤・柔軟剤 @ai_home☺︎ こちらも少々重い物ですが、洗剤と柔軟剤もぜひ日本から持っていくといいでしょう。

というのも、韓国の水が硬水だからなのか、一度洗濯するとふわふわだった服やタオルが堅くなってカピカピになるってことがほとんどなんです。

これはショックですよね。

でも洗剤や柔軟剤を日本のものに変えるだけで結構柔らか感が復活するんです。

どっちもは持ってこれないという人は柔軟剤だけでももってくると違います! @hyell_o) ちなみにダウニーは韓国にもあるのでダウニーが好きな人は韓国にあるもので十分かもしれません。

そしてスティック洗剤は韓国ではあまり見かけないのでこれも持ってくると良いでしょう。

染みがついてしまったらそこに洗剤を塗るだけでいいですからね、便利ですよ! 9.ノート @bulletjournal_happyfeeling) これは個人差があるかもしれませんが、個人的に日本のノートの方が使いやすい、書きやすい印象があります。

ノートのの綴じ方や紙質、また罫線が日本のノートの方がしっくりくるんです‼ 韓国のノートもデザインが可愛い物は豊富ではありますが…。

実用性を重視される方は日本からノートを持ってきてもいいかもしれません☆ 10.薬 @trial__w 日本のものと比べて韓国の薬は即効性がありすぐ治るケースが多いです。

国が違えば薬で使用できる成分も変わってくるもの。

日本は慎重にその成分を決める傾向がありますが、韓国はとりあえずOKにしてダメなら使用不可にしようという傾向があります。

万が一韓国の薬が体に合わない場合も考えられますので、特に常備薬がある方は日本から必ず持ってくるようにしましょう。

【番外編】日本から家電を持ってくる際は注意しよう! @__y212) この記事を読んでいただいている方のなかには、日本の家電を韓国に持って行きたい人もいるのではないでしょうか。

その際は注意が必要です。

日本と韓国は電圧数が違うので、変換プラグだけ使用すれば故障してしまうからです。

ヘアドライヤーや͡コテといった持ち運びがしやすい物もです(海外でも使用OKのものは使えます)。

どうしても日本の家電を韓国で使いたい場合は変圧器を購入して使用するようにしましょう。

まとめ いかがでしたか。

無印良品やユニクロ、GU、ダイソーなど日本企業も韓国に数多く進出していますが、日本と品揃えが違ったり、同じ商品なのに価格が高いことがほとんど。

日本のものが恋しくなったらすぐ手に入りそうで入らなかったり、値段がネックになったりすることが結構あるんですよ。

日本のアマゾンや楽天市場などで購入して海外発送するという方法もありますが、こちらも時間とお金のコストがかかってしまいますよね。

韓国に来てから「日本のあれが欲しいのに!」とならないために、韓国に渡航する前に入念にチェックしておくようにしましょう‼

キーワード

  • 日本
  • 韓国
  • ノート
  • ドレッシング
  • ラップ
  • ポン酢
  • 味噌
  • お菓子
  • ラーメン
  • オススメ
  • 洗剤
  • 値段
  • レトルト食品
  • インスタント・
  • 出汁