ライフスタイル

生涯独身で人生を後悔する時15つ|男性・女性の高齢独身の老後の不安も

2018年11月10日更新
生涯独身で人生を後悔する時15つ|男性・女性の高齢独身の老後の不安も

生涯独身のメリット・デメリットは? 生涯独身のメリットは「自由がきく」 生涯独身でいることのメリットは、何と言っても「自由がきく」ということです。

時間もお金も自分のために自由に使うことができるのは、最大のメリットとも言えます。

自分の働いたお金を誰に気兼ねすることなく自由に使えて、休みの日や仕事終わりの時間に何をするのも自由です。

結婚すると、独身のときのように飲みに行ったり、趣味に没頭したりすることが難しくなります。

さらに、配偶者の顔色を伺ったり、気を遣うのも生活の一部になってしまうので、独身のような自由とかけ離れてしまいがちです。

生涯独身でいることは、自分主体で生活を送ることができるので、自由でいられるのです。

生涯独身のデメリットは「孤独」 逆に生涯独身のデメリットは「孤独」です。

何をするのも自己責任で、弱っているときに寄り添ってくれる人も、頼れる人もいないというのが、最大のデメリットと言えるでしょう。

帰宅しても家に誰もいない寂しさをずっと味わう羽目になったり、「孤独死」を想像して不安になってしまう人も多くいます。

自分のことをすべて自分で背負わなければいけない生涯独身は、孤独と常に隣り合わせな状態と言えます。

一人だからこそ気楽な部分もありますが、一人だからこその不安と寂しさも多くあるのです。

一人暮らしの寂しさを解消するときには、ぜひ下の記事で紹介している解消法を試してみてください。

あえて生涯独身を選ぶ人の特徴は? 生涯独身を選ぶ人の特徴①自分で何でもできる あえて生涯独身を選ぶ人には特徴があります。

まず1つ目の特徴は「自分で何でもできる」です。

男性でも女性でも、自分で何でもできる人は、生涯独身を選ぶ傾向があります。

男性の場合、料理を始めとする家事全般を一通りこなせて、家事をすることが苦痛に感じないと、未婚のままでいることがあります。

女性の場合、力仕事などの男性を必要とするようなことも自分でできてしまうと、わざわざ結婚する理由が見つからずに生涯独身を選びがちです。

男性も女性も、自分で何でもできてしまうと、他人の力を借りようとしないので、結婚をすることの意義を見出せないということが多いのです。

生涯独身を選ぶ人の特徴②理想が高い 生涯独身を選ぶ人の特徴2つ目は「理想が高い」です。

生活スタイルや将来の自分に対する理想が高い人ほど、生涯独身を選ぶ傾向があります。

理想が高いが故に、こだわりも強くなってしまって、他人が入る隙がなくなってしまうとも言えるでしょう。

たとえば、独立などの理想を持って仕事をしている人や、年収に高い目標を設定している人などは、結婚が仕事の邪魔になり得ると考えることがあります。

仕事だけに限らず、理想が高い人は、結婚が自分の理想の実現の邪魔になると考えてしまって、生涯独身を選ぶことがあるのです。

生涯独身を選ぶ人の特徴③自立している 生涯独身を選ぶ人の特徴3つ目は「自立している」です。

精神的にも金銭的にも自立している人は、生涯独身を選びがちです。

自立しているからこそ、結婚して配偶者を得る必要性がないと思ってしまうことが多いです。

結婚が依存に繋がると感じ、依存することもされることも嫌がって生涯独身を選ぶ傾向があるのです。

もちろん自立している人でも結婚することはあります。

自立している人は、人としての魅力が高いので、自立することを目指している人も多くいます。

精神的な自立を目指す人は、下の記事を参考に自立する方法を試してみると良いかもしれません。

生涯独身を選ぶ人の特徴④自分が最優先 生涯独身を選ぶ人の特徴4つ目は「自分が最優先」です。

とにかく自分が一番で、自分のことを最優先に考えている人は、生涯独身を選ぶ傾向があります。

結婚すれば、自分を最優先にすることは難しくなります。

だからこそ、自分を最優先に考えていたい人は、一生独身の道を進むのです。

後悔したくないのに生涯独身になる人の特徴は? 後悔したくないのに生涯独身になる人の特徴①変われない 後悔したくないのに生涯独身になる人にも特徴があります。

1つ目は「変われない」です。

結婚に向いていないポイントを自分で理解していても変われない人ほど、生涯独身になって後悔したくないのに一生独身になってしまう傾向があります。

変われない人ほど、結婚相手として見てもらえないのです。

筆者の知人にも、変われなくて一生独身になりそうな女性がいます。

交際していた男性から、何度も「部屋を片付けて」「掃除をして」と言われていたのに、何度言われても変わることができず、結局付き合っていた男性に別れを告げられたのです。

変われない女性とは結婚できないというのが、付き合っていた男性の考えでした。

後悔したくないのに生涯独身になる人の特徴②マイペース 後悔したくないのに生涯独身になる人の特徴2つ目は「マイペース」です。

マイペースな人は、自分のペースを崩さないので、生涯独身になってしまう傾向があります。

結婚は、ある程度相手のペースに合わさなくてはいけません。

しかしマイペースな人ほど、相手のペースに合わせることができず結婚できない傾向があるのです。

生涯独身の人生を後悔する瞬間10選 生涯独身の人生を後悔する瞬間①病気やケガをしたとき 続いて、生涯独身を選んだ人が、生涯独身の人生を後悔する瞬間を紹介します。

1つ目は「病気やケガをしたとき」です。

病気やケガをしても、自分のことは自分でしなくてはいけないのが、生涯独身の現実です。

病気やケガをしたときに、看病してくれる人がいないのはつらいですよね。

病院に行くのも一苦労ですし、自分の食事を準備したりするのも大変です。

生涯独身を選んだことで、一人しかいない部屋で、病気やケガと闘っている瞬間に、強い孤独や無力感を感じて、生涯独身の人生を後悔しがちです。

生涯独身の人生を後悔する瞬間②親が亡くなったとき 生涯独身の人生を後悔する瞬間2つ目は「親が亡くなったとき」です。

親が亡くなった瞬間に、孫を見せてあげられなかったことを後悔したり、本当に自分が一人になってしまったと生涯独身の人生を後悔することがあります。

親に結婚の心配をされていた人は、最期まで心配させてしまったと後悔することもあります。

親が亡くなるのはただでさえつらいことですが、未婚であったが故に後悔することは多いようです。

それまでは生涯独身であることを何とも思っていなくても、親の死をきっかけに急に孤独が強くなったり、親への負い目を感じてしまうこともあるのです。

生涯独身の人生を後悔する瞬間③未婚の友人が結婚したとき 生涯独身の人生を後悔する瞬間3つ目は「未婚の友人が結婚したとき」です。

未婚同士で気が知れた友人が結婚すると、生涯独身であることを後悔する瞬間が訪れがちです。

未婚の自分を恥じたり、未婚の友人が周りにいなくなって不安や孤独を感じることが多いようです。

特に、結婚適齢期を過ぎて高齢になっていくほど「まさかあの人が結婚するなんて」という場面に直面することが多く、結婚できた友人と未婚で独身の自分を比べてしまう傾向が強くなります。

結婚した人と未婚の人では、徐々に話も合わなくなってしまったり、今までのような付き合いができなくなっていくので孤独感も増します。

生涯独身の人生を後悔する瞬間④親の介護が必要になったとき 生涯独身の人生を後悔する瞬間4つ目は「親の介護が必要になったとき」です。

元気だと思っていた親に介護が必要になったときに、頼る人がいないと生涯独身の人生を後悔することがあります。

親の介護が必要になると、仕事にも影響が出たり、肉体的にも金銭的にも、精神的にも負担が増えてきます。

結婚していて配偶者がいれば、どこかで頼ることができて負担が軽減できていたと感じると、生涯独身の人生を後悔するのです。

特に一人っ子の人や、親と同居している人などは、親の介護が必要になったときの負担が大きいので、結婚していないことを後悔しがちです。

生涯独身の人生を後悔する瞬間⑤友人や親戚の子供と触れ合ったとき 生涯独身の人生を後悔する瞬間5つ目は「友人や親戚の子供と触れ合ったとき」です。

友人の家に遊びに行ったときや、親戚の子供と遊んだときなど、子供と触れ合ったときに生涯独身で子供がいない人生を後悔することがあります。

子供がいないことの劣等感を感じる人もいますが、単純に子供がいないことの寂しさが襲ってきてしまうこともあるのです。

「子供がいればどんな人生だったのか」と結婚して子供ができた人生を想像して、余計に孤独を募らせて後悔することもあります。

特に女性は、子供と触れ合って独身を後悔する傾向が強いです。

生涯独身の人生を後悔する瞬間⑥周囲の目が気になったとき 生涯独身の人生を後悔する瞬間6つ目は「周囲の目が気になったとき」です。

親戚の集まりや、同窓会などに参加したときなど、周囲の目が気になって生涯独身の人生を後悔することがあります。

周りが既婚者だらけになると、未婚の自分が周りにどう見られているか気になって、生涯独身であることを気にしてしまうのです。

生涯独身の人生を後悔する瞬間⑦入院したとき 生涯独身の人生を後悔する瞬間7つ目は「入院したとき」です。

病気やケガなどで入院したときに、生涯独身の人生を後悔する人もいます。

入院していても未婚だと自分のことは自分でやらなくてはいけなくなります。

入院中の洗濯や必要なものの差し入れなど、入院中に助けてもらえない瞬間に、後悔の念が出てきてしまうのです。

生涯独身の人生を後悔する瞬間⑧暗い部屋に帰ったとき 生涯独身の人生を後悔する瞬間8つ目は「暗い部屋に帰ったとき」です。

一生独身の道を進むと、毎日誰もいない暗い部屋に帰ることになります。

帰った瞬間に家の電気が消えていると、一気に寂しさが襲ってきて、生涯独身の人生を後悔することがあるのです。

生涯独身の人生を後悔する瞬間⑨話し相手がいないとき 生涯独身の人生を後悔する瞬間9つ目は「話し相手がいないとき」です。

嬉しいことやつらいことなど、話したいことはあるのに、話し相手がいないときに生涯独身の人生を後悔する瞬間が訪れることがあります。

一生独身でいると、話したいと思った瞬間だけでなく、話し相手がいない人生が一生続くと感じて孤独が増します。

生涯独身の人生を後悔する瞬間⑩老後を考えたとき 生涯独身の人生を後悔する瞬間10個目は「老後を考えたとき」です。

老後を考えたときに、生涯独身の人生に不安や孤独を感じて後悔することがあります。

一生独身でいると、老後はどうなるのかと不安になります。

孤独死のリスクも上がるので、不安は一層強くなります。

一生独身でいることがどんな老後を迎えてしまうのか考えてしまって不安と孤独に襲われるのは、男性も女性も同じです。

老後をどうやって過ごすか計画を立てたとしても、もちろん不安はつきまといます。

配偶者や子供がいないからからこそ、老後の不安が尽きることがなく一生独身の道を選んだことを後悔する傾向があります。

高齢独身の男性・女性が抱える老後の不安や後悔5つ 高齢独身の男性・女性が抱える老後の不安や後悔①面倒を見てくれる人 続いて高齢独身の男性・女性が抱える老後の不安や後悔を紹介します。

1つ目は「面倒を見てくれる人」です。

高齢独身の人は、誰が自分の面倒を見てくれるのかと不安になることがあります。

子供がいる高齢独身の人も、子供に面倒を見てもらえるかどうかはわからないので、不安になりがちです。

筆者の父親は、まさにこの高齢独身だったのですが、自分の面倒を見てくれる人の不安を拭うことができず、子供である筆者が親元を離れた途端に15歳年下の女性と再婚しました。

身の回りの世話や介護が必要になったときの不安が、父親を再婚へと焦らせたのです。

高齢独身の男性・女性が抱える老後の不安や後悔②お金 高齢独身の男性・女性が抱える老後の不安や後悔2つ目は「お金」です。

高齢独身の人は、お金に関する不安を持ちがちです。

ある程度貯金がある人でも、自分の貯金で老後を過ごせるのか不安を持ちますし、独身であるが故に自由にお金を使ってきた人は大した貯金がなくて後悔することもあります。

高齢になればなるほど、お金を生むことが難しくなっていきます。

独身だと配偶者の収入に頼ることもできないので、自分のお金を自分で工面することに不安や後悔が生まれてくるのです。

老後資金の必要額の目安については、下の記事で紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。

高齢独身の男性・女性が抱える老後の不安や後悔③いつまで働けるのか 高齢独身の男性・女性が書ける老後の不安や後悔3つ目は「いつまで働けるのか」です。

高齢になればなるほど、体力が衰えたり、物覚えが悪くなり、いつまで働けるのかという不安を抱きます。

高齢独身の男性や女性は、金銭面で養ってくれる人がいない分、いつまで働けるのかというのは大きな不安材料と言えます。

高齢独身の男性・女性が抱える老後の不安や後悔④親の介護 高齢独身の男性・女性が抱える老後の不安や後悔4つ目は「親の介護」です。

自分も高齢になってくると、さらに高齢な親の介護も不安になります。

高齢独身だと、親の介護の負担が重いので、結婚している人に比べて不安が強くなりがちです。

「老老介護」の不安に苛まれる高齢独身は、高齢化が進んでいるので増える一方です。

高齢独身の男性・女性が抱える老後の不安や後悔⑤死んだ後 高齢独身の男性・女性が抱える老後の不安や後悔5つ目は「死んだ後」です。

自分の死んだ後の葬式のことやお墓のことを不安に思うことがあります。

子供がいる人ならまだしも、一生独身だった高齢独身の人は、自分が死んだら葬式はどうなるのかなど死後の不安に苛まれ続けることがあります。

生涯独身で後悔したくない人は行動するべきことは? 一生独身で後悔しないために行動すること①いい相手を見つける 最後に一生独身で後悔しないために行動するべきことを紹介します。

まず1つ目は「いい相手を見つける」です。

一生独身という道を捨てて結婚するのももちろんですが、パートナーとして結婚しなくても一緒にいてくれるいい相手を見つけることで、後悔しないように対処することができます。

結婚を前提として婚活するのも良いですし、人の多い場所に出向いて新たな出会いを求めるのも良いでしょう。

とにかくいい相手は探さないと見つかりません。

一生独身の道を進んで後悔したくないのなら、相手を探すのが最も手っ取り早いと言えます。

婚活してもいい相手と巡り合えなかった人もいると思います。

しかしいい相手と結婚に結び付かなかったのには、何かしらの理由がある可能性があります。

下の記事を読めば、婚活がうまくいかなかった理由が見つかるかもしれません。

ぜひ下の記事を読んで、自分を見つめなおして婚活に挑んでみてください。

一生独身で後悔しないために行動すること②理想を捨てる 一生独身で後悔しないために行動すること2つ目は「理想を捨てる」です。

高い理想を持ち続けることは、一生独身で後悔する傾向があります。

だからこそ理想を捨てるのです。

たとえば、結婚相手に求める理想や自分が思い描く将来の自分の理想を捨ててみましょう。

理想を捨てることで、新たな出会いや新たな世界が広がる可能性があります。

可能性が広がれば、選択肢が増えることになるので、一生独身で後悔することを避けることができるでしょう。

一生独身で後悔しないために行動すること③男・女の価値を上げる 一生独身で後悔しないために行動すること3つ目は「男・女の価値を上げる」です。

何歳になっても男性・女性としての価値を上げておけば、思いがけないタイミングで結婚に結び付く可能性を生み出します。

年齢を理由にして諦めず、男性・女性としての価値を上げることを心がけましょう。

適度な運動や健康的な食事で、健康を維持して元気で居続けることも、病気やケガを避けて不安を払拭してくれる要素になり、男性・女性としての価値を上げることとあわせて一石二鳥の効果があります。

生涯独身で後悔しないように先を見据えて行動しよう 生涯独身を貫くことは悪いことではありません。

生涯独身を貫くのであれば、後悔しないように先を見て行動することが大切です。

生涯独身の道を選ぶなら、先を見据えて行動しましょう!もし一生独身を後悔すると思うなら、結婚への道を進むことも視野に入れましょう!どの道を選ぶかは、自分次第ですよ。

キーワード

  • 後悔
  • 生涯独身
  • 不安
  • 人生
  • 結婚
  • 独身
  • 老後
  • 一生独身
  • 高齢独身
  • 子供
  • 特徴
  • 理想
  • 傾向
  • 生涯