ライフスタイル

結婚しない生き方を選択するとどうなる?一生の独身生活・老後の人生は?

2018年11月12日更新
結婚しない生き方を選択するとどうなる?一生の独身生活・老後の人生は?

結婚しない生き方|独身生活と老後の人生はどんな感じ? 結婚しない生き方メリット①時間の自由 結婚しない生き方で最大のメリットは、自分の時間を自由に使えることです。

現代は共働きが多くなったとはいえ、まだまだ女性が家事をするのは当たり前と思われている時代です。

結婚すれば仕事に家事、子育てと、時間に追われる生活となるでしょう。

独身であれば、何をしようとも咎められることはありません。

好きな時間に好きなものを食べて、好きな時間まで寝られます。

仕事に熱中したり、趣味を極めたり、自分磨きに没頭したりと人生を思いっきり楽しみましょう。

結婚しない生き方メリット②お金の自由 結婚しない生き方メッリト2つ目は、お金を自由に使えることです。

食べ歩きや旅行、コンサートに行ったり、好きな習い事も出来ます。

美容やファッションなど自分磨きも好きなだけしましょう。

また、計画的に貯蓄をしたりと好きなように使えます。

結婚しない生き方メリット③恋愛の自由 結婚しない生き方メッリト3つ目は、恋愛を自由にすることが出来ます。

結婚とゆう制度に縛られることなく、お互い自分の時間も大切にしながら恋愛を楽しめます。

独身生活を謳歌しながら、いつまでも恋人気分でときめいていたいですね。

結婚しない生き方メリット④結婚に伴うストレスフリー 結婚しない生き方メリットの4つ目は結婚に伴うストレスがないことです。

結婚すると家事や子育て、義理両親との不仲や介護問題、親族間のトラブルなど揉める機会は多くあります。

独身であれば、結婚に伴うストレスとは無縁の生活がおくれます。

結婚しない生き方デメリット①孤独感 結婚しない生き方で最大のデメリットは孤独を感じやすいことです。

適齢期にって友人が結婚、子育てをしているなか話しが合わなくなり、疎遠になりやすくなります。

楽しそうに余暇を楽しむ家族をみたとき、病気になって入院したときなどは特に孤独を感じやすくなるでしょう。

結婚しない生き方デメリット②お金の不安 結婚しない生き方デメリット2つ目はお金の不安です。

女性の社会進出が進んできてはいますが、平均年収をみると女性が300万未満、男性が500万程度とまだまだ大きな差があります。

毎日の生活がやっとで貯蓄ができない女性たちも少なくありません。

女性が一生独身で生きていくと仮定すると65歳から80歳までで、およそ2000から2500万前後の貯蓄が必要となるといわれています。

病気、事故などで思わぬ出費がかさむこともあり得ます。

長期的に続けられるやりがいのある仕事が必要です。

結婚しない生き方デメリット③世間体の悪さ 結婚しない生き方デメリット3つ目は世間体が悪いこともあることです。

個々のライフスタイルや価値観が多様化し、結婚を選ばない人生も増えてきました。

もはや5人に1人は独身の時代です。

けれども、結婚が常識だと悪くいわれることもあるでしょう。

また、世間体を気にし過ぎて卑屈になってしまうこともあり得ます。

結婚しない生き方デメリット④老後の不安 結婚しない生き方デメリット4つ目は老後の人生に対する不安です。

今は独身を謳歌しても、年を重ねて周りの環境が変化したり、体力の衰えを感じたときに後悔することもあります。

一生独身だと介護が必要になったとき、入院したときに傍で支えて面倒をみてくれる人がいないことは心細いでしょう。

また、孤独死の不安もあります。

結婚しない生き方を選択するにはどんな覚悟が必要? 結婚しない人生に必要な覚悟①精神的な強さ 結婚しない生き方を選択するにはどんな覚悟が必要?結婚しない人生に必要な覚悟には精神的な強さがあります。

一生独身を自ら選んでも、ふとしときに孤独や不安をかんじることもあります。

心細くなり泣きたいときもあるかもしれません。

孤独に耐えられる強さが必要です。

親や親せきに心配されたり、かわいそうな人とみられたり、世間には偏見でみちた人もたくさんいます。

人に何を言われても気にしないつもりで生きていきましょう。

結婚しない人生に必要な覚悟②お金の問題 結婚しない生き方デメリット4つ目は老後の人生に対する不安です。

今は独身を謳歌しても、年を重ねて周りの環境が変化したり、体力の衰えを感じたときに後悔することもあります。

介護が必要になったとき、入院したときに傍で支えて面倒をみてくれる人がいないことは心細いでしょう。

また、孤独死の不安もあります。

病気となってしまったり介護が必要となったときに備える医療保険、積立保険や個人年金を考えてみましょう。

また、老後に働けない状態で家賃を払い続けるのは大変です。

賃貸のままにするのか、持ち家を持ったほうが良いのかも検討しましょう。

一人暮らしの貯金方法も紹介しているので合わせてご覧ください。

結婚しない人生に必要な覚悟③親の介護問題 結婚しない人生に必要な覚悟には親の介護問題もあります。

親の介護など問題がおこったとき、他の兄弟が結婚、子育てをして手を離せない状況であることも多く、独身者の負担が大きくなりがちです。

ある程度の負担を背負うという心の準備が必要かもしれません。

結婚しない人生に必要な覚悟④老後の人生はどうなる 結婚しない人生に必要な覚悟は、老後の人生プランを考えておくことです。

結婚すると夫婦で足並みをそろえていかなければなりません。

独身であれば、自分の責任で自由に考えられます。

一生独身だと老後はどうなるか不安ですね。

そのため老後は持ち家にするのか、高齢者住宅に入るのか、老人施設を探すのかを考えておくと目標が定まります。

老後にできる趣味をみつけておくのもいいですね。

また、頼れる人が傍にいない場合は、民生委員、介護制度、地域包括支援センターなど福祉について知っておきましょう。

孤立しないよう地域とつながりをもっておきたいです 結婚をしない生き方を選択する人の特徴と方向性 一生独身を選択する人の特徴①仕事が忙しい 結婚しない生き方を選択する人の特徴は仕事です。

女性の社会進出が進み、仕事に追われて忙しい日々をおくっているなかで恋愛との両立もなかなか難しいです。

結婚となると、妊娠や出産、子育て、夫の転勤など女性が負担を抱えないといけないことも多いです。

結婚という生き方よりも、やりがいのある仕事を選択するという生き方もあるでしょう。

一生独身でいるためには仕事を続けていかなければなりません。

自分にとってやりがいのある仕事をみつけて人生を豊かにしましょう。

一生独身を選択する人の特徴②生きがいがある 結婚をしない生き方を選択する人の特徴は生きがいがあることです。

旅行をしたり、趣味に没頭していみたりと生きがいを持つ女性も多いです。

趣味でもコツコツ続けていくと、その道に進むことになるなど思わぬ結果につながることもあります。

趣味を通して人とのつながりができるなかで、いざとなったときに助けてくれる人が出 老人になると地域の老人福祉センターなどでも人とのつながりは出来ます。

老人福祉センターでは、生きがいを持って健康な毎日をすごすための取組みが行われています。

人脈を広げて助け合える関係をつくれればいいですね。

生きがいをもてる趣味や仕事などが思いつかない人には、投げやりな人生を楽しむために参考となる記事があるので参考にしてみてください。

一生独身を選択する人の特徴③理由がある 結婚しない生き方を選択する人の特徴は、何かしらの理由がある場合があります。

自分の考え方から結婚をしない生き方を選択した人や健康面の不安、こどもが産めないとことから選択した人、人付き合いが苦手な人。

人それぞれの価値観や理由から、結婚をしないという選択に至るまでの過程はさまざまです。

結婚しない生き方を選んでも後悔のない人生を積み重ねていく 人生は選択の連続です。

多様化する現在社会ではさまざまな選択肢があっていいと思います。

どんな選択をしても後悔のないようライフプランをたてましょう。

毎日を精一杯楽しみ、自分を大切に生きていってください。

キーワード

  • 結婚
  • 人生
  • 生き方
  • 選択
  • 老後
  • 生き方デメリット
  • 不安
  • 仕事
  • 覚悟
  • 一生独身
  • 独身
  • 特徴
  • 自由
  • 趣味
  • 生きがい