エンタメ

松尾諭「拾われた男」#19 「入籍前夜」京都の太秦である女優さんによろめいてしまった日

2018年11月18日更新
松尾諭「拾われた男」#19 「入籍前夜」京都の太秦である女優さんによろめいてしまった日
生まれ育った兵庫県の尼崎市。今や関西では住みやすい街ランキング一位に輝くその街は、東は大阪、西は神戸の大都市に挟まれ、大阪湾に面した沿岸部には大小様々な工場が乱立し、阪神工業地帯の中核を担う工業都市および公害の街として社会科の教科書にも載るほど有名だった。工業地帯として発展したということはそれだけ各地から出稼ぎでやってくる男たちが多く、呑み屋や競馬場、競輪場、風俗店が立ち並び、それを目当てにまた人々が集まって来て、つまり簡単に言ってしまえばガラの悪い街として関西だけではなく全国的に有名だった。その街の住人はそれなりに自分の街に誇りを持っている。例えば、市外局番が大阪市と同じ「〇六」な...

キーワード

  • 女優
  • 京都
  • 撮影
  • ホテル
  • 部屋
  • 衣装
  • シーン
  • 弥兵衛
  • 監督
  • カツラ
  • 芝居
  • 床山
  • 緊張
  • アマ
  • 東京