美容

まつ毛パーマが持続する期間や頻度は?メリット・効果や長持ちのコツも

2018年11月20日更新
まつ毛パーマが持続する期間や頻度は?メリット・効果や長持ちのコツも

まつ毛パーマが持続する期間や頻度から長持ちする方法について紹介します。

まつ毛が痛むのではないかという不安や本当にメイクが楽になるのかということについても気になりますよね。

かけ直す間隔からメリットや効果などについても紹介するので参考してみてください。

まつ毛パーマのメリット・効果や長持ちのコツは? まつ毛パーマのメリット・効果①化粧が楽! Instagram まつ毛パーマのメリット・効果1つ目は、化粧が楽になるということです。

まつ毛パーマを施術するとまつ毛がくるりんと上がったままになるので化粧が楽になります。

ビューラーなどを使ってまつ毛を上向きにさせる時間を短縮することが可能ですよ。

しかも自分でビューラーでまつ毛を上向きにするよりも自然な仕上がりです。

まつ毛パーマのメリット・効果②お手入れが楽! Instagram まつ毛パーマのメリット・効果2つ目は、お手入れが楽ということです。

まつ毛エクステと違い、目元を触ってゴシゴシ洗っても大丈夫です。

さらにまつ毛パーマは、クレンジングの種類にも左右されません。

なので、オイルクレンジングなども気にせずに使うことができますよ。

日常生活で気を付けることがなくお手入れも楽です。

まつ毛パーマのメリット・効果③かけ直す間隔が長く長持ちする! Instagram まつ毛パーマのメリット・効果3つ目は、長持ちをすることです。

まつ毛エクステなどと違い自まつ毛にパーマの施術を施すので長持ちします。

髪の毛のパーマもエクステのように1ヶ月程度の期間で取れませんよね。

まつ毛エクステよりは少ない頻度での施術で済みますよ。

まつ毛パーマは、個人差はありますが1ヶ月半くらいは持つと言われています。

なので、4週間程度の期間で付け替えを行うまつ毛エクステよりは長持ちすると言えるでしょう。

まつ毛パーマのメリット・効果④目が大きく見える Instagram まつ毛パーマのメリット・効果4つ目は、目が大きく見えるということです。

まつ毛パーマの施術を行うとまつ毛が上向きになるので目がぱっちりして見えるという効果があります。

なので、デカ目になりたい人にもおすすめです。

まつ毛パーマのメリット・効果⑤まつ毛が痛むことが少ない Instagram まつ毛パーマのメリット・効果5つ目は、まつ毛が痛むことが少ないということです。

自まつ毛を使っているので、まつ毛に人工毛をくっつけるエクステより傷みが少ないと言われています。

まつ毛エクステは、常に人工毛を付けているので自まつ毛に負担が大きいようです。

ただ、まつ毛パーマも薬剤を使うのでダメージは0ではありません。

まつ毛パーマのメリット・効果⑥湿気に強くなる Instagram まつ毛パーマのメリット・効果6つ目は、湿気に強くなるということです。

まつ毛パーマは、湿気に左右されません。

なので、湿気で目元の化粧が落ちてしまっていた人でもまつ毛パーマを行うことで落ちにくくすることも可能ですよ。

まつ毛パーマ長持ちのお手入れのコツ①まつ毛美容液を塗る Instagram まつ毛パーマ長持ちのお手入れのコツ1つ目は、まつ毛美容液を塗ることです。

ドラッグストアなどで販売されているまつ毛美容液をまつ毛に塗るだけで大丈夫です。

お手入れもすごく簡単ですよね。

トリートメント効果がある美容液だとさらに良いでしょう。

まつ毛パーマ長持ちのお手入れのコツ②ビューラーをしない Instagram まつ毛パーマ長持ちのお手入れのコツ2つ目は、ビューラーをしないということです。

ビューラーは、まつ毛に負荷がかかってしまいます。

なので、まつ毛が痛んでしまいますよ。

まつ毛が傷んでしまうとまつ毛パーマの持ちが悪くなると言われているので注意してください。

まつ毛パーマ以上にまつ毛を上向きにしたいと欲張らない方が良いでしょう。

まつ毛パーマ長持ちのお手入れのコツ③うつぶせで寝ない Instagram まつ毛パーマ長持ちのお手入れのコツ3つ目は、うつぶせで寝ないということです。

まつげを枕に押し付けるとこすれてしまいまつげが傷みます。

まつ毛が痛むことはまつ毛パーマが取れやすくなってしまうので、横向きや仰向けに眠るように注意してください。

まつ毛パーマ長持ちのお手入れのコツ④水に濡らさない Instagram まつ毛パーマ長持ちのお手入れのコツ4つ目は、水に濡らさないこということです。

水に濡らすとまつ毛が痛んでしまうのでまつ毛パーマの持ちが悪くなってしまうので、洗顔後などはすぐに拭きとるようにしましょう。

これだけで持ちは格段に良くなります。

まつ毛パーマ長持ちのお手入れのコツ⑤化粧を控える Instagram まつ毛パーマ長持ちのお手入れのコツ5つ目は、化粧を控えるということです。

まつ毛パーマであれば、マスカラなどもしっかりと塗り込みますよね。

なので、まつ毛に負担がかかってしまいます。

化粧をする必要がないときはなるべく化粧を控えておきましょう。

まつ毛パーマのメリット・効果や長持ちのコツを紹介しました。

まつ毛パーマとよく悩むまつ毛エクステについても気になる方は、下記の記事を参考にしてみてください。

まつ毛パーマのデメリットは? まつ毛パーマのデメリット①ボリュームや長さが出ない Instagram まつ毛パーマのデメリット1つ目は、ボリュームや長さが出ないということです。

まつ毛パーマは、自まつ毛に施術を行うので自分のまつ毛以上に長さやボリュームを出すことはできません。

なので、出すことができるボリュームや長さには限度があるので注意してください。

ボリュームを出したいのであれば自分のまつ毛の状態を変えることから始めないといけません。

その代わり、まつ毛エクステよりはナチュラルな仕上がりになりますよ。

まつ毛パーマのデメリット②思い通りにならない Instagram まつ毛パーマのデメリット2つ目は、思い通りにならないということです。

自分のまつ毛をベースに施術をするので、髪のパーマと同じように毛質によってもイメージが変わってしまったりもします。

なので、理想のまつ毛になるとは限らないので注意しましょう。

まつ毛パーマのデメリット③敏感肌な方は注意 Instagram まつ毛パーマのデメリット3つ目は、敏感肌な方は注意が必要ということです。

まつ毛パーマは、パーマ液を使うので敏感肌の型には刺激が強い場合があるので注意してください。

目の周りの皮膚は薄いので他の箇所よりも酷くなってしまうこともあります。

まつ毛パーマのデメリット④まつ毛が短い方に向かない Instagram まつ毛パーマのデメリット4つ目は、まつ毛が短い方には向かないということです。

まつ毛が短いとロッドに上手く巻き付かなかったり、思ったような仕上がりにならなかったりと向いていません。

なので、自分のまつ毛と相談しましょう。

まつ毛パーマのデメリット⑤やり直しができない Instagram まつ毛パーマのデメリット5つ目は、やり直しができないということです。

まつ毛エクステであれば、気に入らないとオフして付け直すことができます。

でも、まつ毛パーマは1度かけてしまうとやり直すことができません。

まつ毛パーマは気に入らなくても1ヶ月程度は、そのままにしておかないといけません。

まつ毛パーマのデメリットについて紹介しました。

まつ毛パーマとよく悩むつけまつげについても気になる方は、下記の記事を参考にしてみてください。

まつ毛パーマの持ちが持続する期間や頻度は? まつ毛パーマの持ちが持続する期間や頻度①1ヶ月~1ヶ月半の持続 Instagram まつ毛パーマの持ちが持続する期間や頻度は、1ヶ月~1ヶ月半は平均的です。

ただ、お手入れの状態が悪いと3週間程度の持続になってしまうこともあるので注意してください。

間隔が狭くなると費用も嵩むので、できる限り長持ちさせたいですよね。

まつ毛パーマの持ちが持続する期間や頻度②8割が元に戻ってきたら Instagram まつ毛パーマの持ちが持続する期間や頻度のかけ直す目安は。

8割程度のまつ毛が元に戻ってきたタイミングになります。

お手入れの状況や毛質などによっても変わってくるので一概に間隔を決めることはできません。

髪の毛のパーマと同じように頻繁にかけ直すことはまつ毛の痛みが進んでしまうので気を付けましょう。

セルフまつ毛パーマについて セルフまつ毛パーマとは①セルフでまつ毛パーマができる Instagram セルフまつ毛パーマとは、自分でまつ毛にパーマをかける施術です。

サロンにまつ毛パーマをかけにいくと1回で5,000円程度の費用がかかってしまい負担になりますよね。

なので、自分でまつ毛パーマを自分で行ってみましょう。

意外と簡単ですよ。

ただ、皮膚が弱い方は注意してください。

セルフまつ毛パーマとは②使う材料 Instagram セルフまつ毛パーマは、専用のキットを購入して行います。

3,000円程度から販売されており、amazonなどの通販サイトでも購入することが可能です。

最初は、全ての材料が揃っているセットを購入することがおすすめになります。

セルフまつ毛パーマキットの中身の例 パーマ液の1液2液 透明のグルー まつげを整えるスティック コットン めんぼう ロッド セルフまつ毛パーマとは③手順 Instagram セルフまつ毛パーマの手順について紹介します。

所要時間は、30分から60分程度です。

仰向けで寝ながら行う方がパーマ液がしっかりと付くと評判ですよ。

危険なので目にパーマ液が入らないように注意して行ってください。

セルフまつ毛パーマの手順 1ビューラーでまつ毛をしっかりと上げてください。

2内側にクリアグルーを塗ったロッドをまぶたに貼り付けてください。

3クリアグルーでまつ毛をロッドに巻き付けてください。

4指でしっかりとまつ毛を巻き付けましょう。

5パーマ液の1液をまつ毛が隠れるくらい塗りましょう。

615分放置してください。

7パーマ液が目に入らないようにコットンで1液を拭いましょう。

8専用のスティックでまつ毛の流れを整えてください。

9パーマ液の2液をまつ毛にしっかりと塗ってください。

10再び15分程度放置すると完成です。

セルフまつ毛パーマとは④セルフまつ毛パーマの間隔 Instagram セルフまつ毛パーマの頻度も1ヶ月を基準に考えてください。

最低でも1ヶ月は間隔をあけてください。

1ヶ月以内にかけ直すとまつ毛が傷んでしまいますよ。

かけ直す目安は、サロンでの施術と同じで8割程度のまつ毛が元に戻ったときにしておきましょう。

間隔が縮まると費用も嵩むのでほどほどが良いですよね。

まつ毛パーマでキレイになろう Instagram まつ毛パーマが持続する期間や頻度から長持ちする方法について紹介しました。

まつ毛が痛むのではないかという不安や本当にメイクが楽になるのかということについてもわかりましたよね。

かけ直す間隔からメリットや効果などについても紹介したので参考してみてください。

また、セルフまつ毛パーマのかけ方も紹介したので挑戦してみてくださいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

#メイクアップ KEYWORD 関連のキーワード #コーデ #写真 #夫婦 #動物占い #前兆 #夢占い #星座占い #ボディー #手相 #名前

キーワード

  • まつ毛パーマ
  • まつ毛
  • パーマ
  • メリット・
  • デメリット
  • セルフ
  • コツ
  • まつ毛パーマ長持ち
  • 長持ち
  • 注意
  • 頻度
  • 期間
  • 持続
  • まつ毛エクステ