ライフスタイル

貧乏人の特徴14つ|貧困層からの脱出や金持ちと貧乏な人の習慣の違いも

2018年11月20日更新
貧乏人の特徴14つ|貧困層からの脱出や金持ちと貧乏な人の習慣の違いも

貧乏人のお金の使い方の特徴7つ 貧乏人のお金の使い方の特徴①安い物をすぐに買う 貧乏人のお金の使い方の特徴その1は、安い物をすぐに買うところです。

貧乏人は、安い物に弱い人が多くいます。

貧乏なので当たり前と言われそうですが、安い物ならばオッケーと言わんばかりに見境なく買い物をします。

それがすぐに使うのをやめてしまうような商品でも、安いというだけで買ってしまいます。

そういった安い物でも大量に買ってしまうと、お金が無い状態に陥りがちです。

それを貧困層の人はしてしまいます。

安いから得をした気分でいると、いざレシートを見るとかなりの出費になっていることがよくあるはずです。

貧乏人のお金の使い方の特徴②必要以上に買いだめをする 貧乏人のお金の使い方の特徴その2は、必要以上に買いだめをすることです。

貧乏人は、安い物を見るとすぐに買ってしまいます。

それを少量買うのであればマシですが、ついつい得した気分になって大量に買いだめをする傾向が強くあります。

家に保存しておけばいいと考えるのですが、無駄になることもしばしばです。

結果、使う必要のなかったお金を使ってしまうことになります。

家族の人数を考えても、それは必要ないだろうといった大量買いをするので、無駄にしたり最後には捨てることも多々あります。

貧乏人のお金の使い方の特徴③お金が入ったら使うのでお金が無い 貧乏人のお金の使い方の特徴その3は、お金が入ったらすぐに使うところです。

お給料や何かの手当などが入ると、お金が入ったことに喜んでしまい、ついついすぐに買い物などでお金を使ってしまいます。

それが少額であったり、食料品などの必要最低限のものであれば問題ありません。

しかし貧乏人はそうなりません。

先月洋服が買えなかったとか、あそこに季節ものの靴が売っていたとか、あの店でバーゲンをしていたなどと思いつき、お金を持ってあちこち買い物をしてしまいます。

そうすると、お金が入ってもすぐにお金が無い状態になってしまいます。

無くならないまでも、次にお金が入るまでの残りの期間は貧乏な状態になります。

こういった人を金遣いが荒い人とも言いますが、金遣いの荒い人には他にも特徴があります。

関連記事にも詳しく載っているので、参考にしてみて下さい。

貧乏人のお金の使い方の特徴④貧困層は流行ものを手に入れたがる 貧乏人のお金の使い方の特徴その4は、流行りのものを手に入れたがることです。

流行ものをすぐに欲しがるのは、貧困層の特徴と言えます。

流行の服や靴、家電など、ちまたで流行っている物を欲しがる傾向が強くあります。

携帯の新しい機種が出れば、出たその日の購入したがり、実際に購入したりもします。

またそのうち安くなってからとは考えられず、すぐに手に入れようとするのが貧困層の人には多くいます。

それを手に入れるために大枚をはたいてしまい、その月は貧乏になったりすることも珍しくはありません。

貧乏人のお金の使い方の特徴⑤ギャンブルをする 貧乏人のお金の使い方の特徴その5は、ギャンブルをすることです。

貧乏人にはギャンブルが好きな人が非常に多くいます。

競輪や競馬、競艇が好きな人も多く、休みになれば外出する人も多いでしょう。

また、パチンコにつぎ込む人は非常に多く、ちょっとだけと言いながら出るまでお金を突っ込む人もいます。

ギャンブルなので、当然買ってお金を増やすこともあります。

しかし、そのお金も結局次のギャンブルの軍資金になるだけです。

最終的には負けが込んで、お金を損する人の方が多くなってしまいます。

たまに大金を手に入れる人がいますが、それはその時だけのレアケースです。

貧乏人のお金の使い方の特徴⑥お金をこまめに使いすぎる 貧乏人のお金の使い方の特徴その6は、お金をこまめに使いすぎることです。

貧乏人は、お金を本当にこまめに使います。

スーパーで買い物した後、買い忘れた商品をコンビニで買ったりします。

また、飲み物を欲しいからとコンビニにもいかず、近くにある自動販売機で買うこともあります。

こまめにお金を使うので、使う金額は少ないので気づきにくいのですが、実際はかなりお金を使ってしまいます。

それに気づかずに、こまめな買い物を繰り返すのが貧困層の特徴です。

貧乏人のお金の使い方の特徴⑦高価な買い物ができない 貧乏人のお金の使い方の特徴その7は、高価な買い物ができないことです。

貧乏人はこまめな買い物はしますが、高価な買い物を一度きりするとなった場合怖くてできません。

お金が一気に飛んでいく恐怖があるからです。

高価な買い物は、それなりの気合いと金銭的な余裕が必要になります。

そういったお金を一気に使って手放す覚悟がないため、高価な買い物はできないのです。

高価な方が長持ちしたり、壊れにくくて修理代もかさまないことを知ってか知らずかはわかりませんが、貧困層にはそういった買い物はできないのです。

貧乏人の性格の特徴7つ 貧乏人の性格の特徴①見栄っ張り 貧乏人の性格の特徴その1は、見栄っ張りなことです。

貧乏人には見栄っ張りな人が非常に多くいます。

貧乏に見えないように流行のもので身を固めたり、家にも不必要なものをたくさん置いてあったりと、人に見られてどうかという点を非常に気にします。

そのため、見栄だけで物を購入することもよくあります。

貧乏人の性格の特徴②貧困層は我慢ができない 貧乏人の性格の特徴その2は、我慢ができないことです。

貧困層は我慢ができない人が多くいます。

自分の欲望に忠実で、自分がしたいと思うことをお金が無いのにしてしまうことが多々あります。

貧乏人なのに新しい車に買い替えたり、パチンコに行ってお金をつぎ込んだりと、快楽に走ってしまう傾向が強いです。

貧乏人の性格の特徴③自分に甘い 貧乏人の性格の特徴その3は、自分に甘いことです。

自分に非常に甘く、少しくらいならと自分に言い聞かせて自分の欲望を満たしてしまう傾向が強くあります。

頑張ったからご褒美を買ってあげようと言いながら、何度も欲しいものを買ってご褒美にすることもよくあります。

また、倹約できなくても、また今度といった風です。

貧乏人の性格の特徴④家族自体が柄が悪いと思われがちな性格 貧乏人の性格の特徴その4は、柄が悪いと思われがちな性格をしていることです。

貧乏人は余裕がないため、品をずっと保つのが難しくなってしまいます。

全てはお金がないことに起因する余裕のなさのためですが、簡単に激高しがちです。

そのため、周囲から貧困層だから柄が悪いといったとらえ方をされがちです。

貧乏人の性格の特徴⑤ないものねだり 貧乏人の性格の特徴その5は、ないものねだりです。

貧乏人は常にお金が欲しいと考えてしまいます。

そして現状に満足することができません。

あるもので納得できないので、いつもないものねだりをしていまいます。

ないものねだりなので、いつも欲求不満な状態になっています。

貧乏人の性格の特徴⑥理想を追い求める 貧乏人の性格の特徴その6は、理想主義なことです。

貧乏人はお金がある生活を実際に知りません。

そのため、勝手に妄想して非常にいいものだと思い込んで入るところがあります。

お金があれば理想はこんなふうだと考え、生活も現実とはかけ離れた理想的なものを追い求めたりしがちです。

貧乏人の性格の特徴⑦家族全体が能天気 貧乏人の性格の特徴その7は、家族全体が能天気なところです。

貧乏人はあまり自分の貧乏さ加減を直視しません。

直視すると辛くなるからです。

そのため、表面上は明るく能天気にふるまう傾向が強くあります。

お金に困っている雰囲気も出さないように、家族全体で能天気に頑張るところがあるのが特徴です。

金持ちと貧乏人の習慣の違いは? 金持ちと貧乏人の習慣の違い①自己投資 金持ちと貧乏人の習慣の違いその1は、自己投資をする度合いです。

金持ちは、自分への自己投資にお金をあまりケチりません。

自分が向上するためのものであれば、お金を出します。

外見だけではなく、内面を磨こうとするのです。

本を買ったり勉強にお金を費やしたりなどです。

自己投資には全然ケチりません。

貧乏人は、服装や持ち物、髪形や化粧などの見栄えにはおもいきり投資します。

しかし、自分の中身を良くすることにはあまり自己投資をしないところがあります。

そういった自己投資の部分が金持ちと貧乏人では全く違います。

金持ちと貧乏人の習慣の違い②お金への価値観 金持ちと貧乏人の習慣の違いその2は、お金への価値観です。

金持ちと貧乏人では、お金に対する価値観が異なります。

貧乏人はお金のことを軽くみるところがあります。

お金は非常に大切なもので生活する上で重要ですが、価値が軽いため細かな買い物で浪費したり、手軽なコンビニで高いお金を払ったりします。

金持ちはお金の重要性をよく理解しているため、無駄なところで無駄なお金を使いません。

必要なものにお金をかけることは平気ですが、お金の価値に見合わないところにはお金を出さないのです。

この習慣の違いは、金持ちと貧乏人の間では歴然としています。

金持ちと貧乏人の習慣の違い③高額な支払い 金持ちと貧乏人の習慣の違いその3は、高額な支払いに関することです。

金持ちは高額な支払いに困りません。

そのため、物を購入する際に高額な商品を購入します。

洋服でも靴でも家具でも何でも、高価な物を購入して長く使用することを心がける習慣を家族全体が持っています。

それと比べて貧乏人は高額な支払いができないため、安物を買ってしまいます。

安物を買うので長く持たず、毎年のようにダメになったり壊れたりして買い替えるような状況に陥ります。

支払いの習慣一つでも、金持ちと貧乏人では全く異なります。

貧困層から抜け出す方法は? 貧困層から抜け出す方法①上を目指す 貧困層から抜け出す方法その1は、上を目指すことです。

上の目指すことで、自分の立場も名誉もお金も得ることができる可能性が広がります。

まずはしっかり学校で勉強をし、高学歴と言われる大学に入学します。

その大学でも勉学にはげみ、超一流の上場企業に入社するなり自分で起業するなりしましょう。

ずっと下にいても金持ちにはなれません。

貧乏人が貧困層から抜け出すには、自分の努力で上を目指すしかありません。

家族でもバックアップをして上を目指す方法を模索して、金持ちと同等の地位を勝ち取る以外ないので頑張りましょう。

貧困層から抜け出す方法②倹約にはげむ 貧困層から抜け出す方法その2は、倹約にはげむことです。

倹約にはげんで、必死でお金を貯めましょう。

現状の仕事を変えたり、給料の増加が望めない時は、今ある状態で何らかの方法を考えないと仕方ありません。

不必要な出費を削って家族で団結して倹約し、貯金を増やすように頑張ってみましょう。

貧乏な生活をしている場合の節約生活の方法が、関連記事に詳しく書かれています。

一人暮らしの節約術ですが、参考になることがたくさんあります。

是非読んでみてください。

貧乏人から少しでも余裕のある人になろう! 貧乏は辛いものです。

生活にも気持ちにも余裕がなく、毎日も楽しく過ごせません。

貧乏人であることが恨めしく感じるでしょう。

とは言え、貧乏人から脱却することも大変です。

金持ちになれなくても、少しでも余裕のある人になりたいものです。

大変ですが、倹約などの工夫をしながら余裕のある生活を目指しましょう。

キーワード

  • お金
  • 貧乏人
  • 特徴
  • 性格
  • 金持ち
  • 貧困層
  • 使い方
  • 買い物
  • 習慣
  • 違い
  • 余裕
  • 生活
  • 自己投資
  • 倹約
  • 高価