ヘアスタイル

セルフインナーカラーのやり方とは?入れる場所のおすすめやポイントも

2018年11月22日更新
セルフインナーカラーのやり方とは?入れる場所のおすすめやポイントも

最近流行りのインナーカラーをセルフでやりたいと思う方は多いですよね。

こちらの記事では、そんなセルフインナーカラーのやり方やポイント、黒髪で入れる場合や場所について紹介しています。

セルフでインナーカラーを入れようと思っている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

人気のインナーカラーセルフでできる? 人気のインナーカラーセルフでできる?①美容室より格安でできる Instagram 人気のインナーカラーセルフでできる一つ目は、美容室より格安でできるです。

最近人気のインナーカラーですが、美容室でカラーとインナーカラー同時にやると結構高くなってしまいますよね。

その点セルフでインナーカラーを行うと、美容室の半分以下の値段で行うことができます。

そのためインナーカラーをセルフでやると美容室より圧倒的にお買い得で格安に行うことができるのです。

気軽にインナーカラーを楽しみたいという方に非常におすすめになります。

人気のインナーカラーセルフでできる?②自分の思い通りにできる Instagram 人気のインナーカラーセルフでできる二つ目は、自分の思い通りにできるです。

インナーカラーは今の髪色と合わせてカラーを選んだりデザインを工夫したりすることができますよね。

しかし美容室で行うと、自分の思い通りでないこともあると思います。

その点セルフでインナーカラーを行うと、自分の好きなところに好きな色を入れることができるため非常におすすめです。

全体をブリーチしてカラーするのと異なり、比較的簡単にインナーカラーは行うことができるため仕上がりも安心です。

人気のインナーカラーセルフでできる?③失敗はつきもの Instagram 人気のインナーカラーセルフでできる三つ目は、失敗はつきものです。

セルフでインナーカラーを行うと、自分の思い通りにできるという利点があります。

さらに全体をカラーするよりは簡単に行うことも可能です。

ですがその反面、セルフであるため失敗してしまうリスクは高いです。

さらに美容室であればお直しも可能ですが、セルフで行うとやり直しも自分で行わなければいけません。

そのためそういったリスクを考えたうえで行うことが必要です。

人気のインナーカラーセルフでできる?④ブリーチはほぼ必須 Instagram 人気のインナーカラーセルフでできる四つ目は、ブリーチはほぼ必須ということです。

インナーカラーは、インナーカラーを入れたと分かるほど色をはっきりと出したいカラーになります。

そのためブリーチで一度色を抜くことが必要です。

ブリーチして色を抜かなければ、色ムラ程度のカラーにしかならないため注意しましょう。

またブリーチは、髪を傷めるリスクもあるためしっかり確認して行う必要があります。

自分でやるセルフでインナーカラーのやり方は? 自分でやるセルフでインナーカラーのやり方①まずはアイテムを準備する Instagram 自分でやるセルフでインナーカラーのやり方一つ目は、まずはアイテムを準備するということです。

セルフでインナーカラーを行うためのアイテムを準備しましょう。

アイテムが足りないということを途中で気づくと、中途半端な仕上がりになるため注意しましょう。

セルフでインナーカラーを行うためのアイテム ブリーチ剤 カラー剤もしくはカラーバター ピン止め クリップ ヘアゴム ラップ ドライヤー 自分でやるセルフでインナーカラーのやり方②デザインを決める Instagram 自分でやるセルフでインナーカラーのやり方二つ目は、デザインを決めるということです。

セルフでインナーカラーを行う場合、そのデザインが非常に重要になります。

デザインを決めておかなければ、途中で迷ってしまうため注意しましょう。

デザインは今の髪の色との組み合わせや染める場所でパターンは様々です。

そのため先に写真などを参考にして決めておくと、決めやすくいいかもしれません。

自分でやるセルフでインナーカラーのやり方③ピンなどで髪を固定する Instagram 自分でやるセルフでインナーカラーのやり方三つ目は、ピンなどで髪を固定するということです。

このピンやクリップで髪を固定することをブロッキングといいます。

これは他の髪を誤って染めないために非常に重要な工程になります。

インナーカラーは外側まで髪の毛を染めてしまうと、非常に不格好になります。

そのため自分が染めたいところとしっかり分けるためにも、ブロッキングは確実に行うようにしましょう。

そうすることで、仕上がりの良さが格段に上がります。

自分でやるセルフでインナーカラーのやり方④決めた場所をブリーチする Instagram 自分でやるセルフでインナーカラーのやり方四つ目は、決めた場所をブリーチするということです。

デザインまで決まったら、次はブリーチを行っていきます。

ブリーチは、カラー剤よりも刺激が強いアイテムになるためパッチテストは必ず行いましょう。

またブリーチはデザインで決めたところに塗っていきます。

この際皮膚につく面積を最小限にすると、皮膚へのダメージは少ないです。

インナーカラーの場合は、根元からしっかりブリーチする必要がないため、少し下から塗っていっても問題ありません。

自分でやるセルフでインナーカラーのやり方⑤塗った部分だけラップで包む Instagram 自分でやるセルフでインナーカラーのやり方五つ目は、塗った部分だけラップで包むということです。

ブリーチ剤を髪の色を抜く部分に塗ったら、次は浸透しやすいようにラップで包んでいきます。

ラップで包む場合は全体を一回で包むのではなく、小さい房に分けて包むと包みやすいのでおすすめになります。

時短で効果を発揮したいという時は、ドライヤーで温めると通常より早く浸透するため実践してみてください。

自分でやるセルフでインナーカラーのやり方⑥決まった時間待つ Instagram 自分でやるセルフでインナーカラーのやり方六つ目は、決まった時間待つということです。

ラップで髪を包んだら、あとはブリーチ剤に記載している決まった時間を待つようにしましょう。

その際皮膚がいたくなってくる場合は、途中で洗い流すようにしてください。

また決まった時間以上に時間を置くと髪が傷みすぎてしまうため気を付けましょう。

黒髪から脱色する場合、一回では十分に脱色できない可能性もあります。

その場合は、日にちを置いて二回ブリーチをすると綺麗に染まります。

自分でやるセルフでインナーカラーのやり方⑦好きな色でカラーを入れる Instagram 自分でやるセルフでインナーカラーのやり方七つ目は、好きな色でカラーを入れるということです。

脱色をすることができたら、あとは好きな色でインナーを染めていきます。

その場合もブリーチをする時土曜の手順で行っていくようにしてください。

この場合も、根元ぎりぎりから染める必要はなく、少し間を開けて染めると綺麗に染まりやすいためおすすめになります。

せっかくセルフでインナーカラーを行っても、会社でバレて元に戻さないといけなくなったということもあると思います。

こちらの記事では、そんな時のための会社にバレないインナーカラーのおすすめについて紹介しています。

会社でインナーカラーはできないという方は、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

セルフでインナーカラーを入れる場所のおすすめは? セルフでインナーカラーを入れる場所のおすすめ①髪の毛の内側全体的に Instagram セルフでインナーカラーを入れる場所のおすすめ一つ目は、髪の毛の内側全体的にインナーカラーをいれるということです。

インナーカラーは一番入れるところに迷ってしまいますよね。

そんな時は髪の毛の内側全体にカラーするのがおすすめになります。

特におすすめなのはショートやボブヘアの髪型になります。

ロングヘアであると、少ししつこい印象を与えてしまうので要注意です。

また髪の毛の内側全体であるため、しっかりブロッキングしなければ不格好になるため注意しましょう。

セルフでインナーカラーを入れる場所のおすすめ②耳から後ろにかけて Instagram セルフでインナーカラーを入れる場所のおすすめ二つ目は、耳から後ろにかけてインナーカラーを入れるということです。

耳から後ろにかけてインナーカラーを入れるというのは、インナーカラーでは定番の場所になります。

髪を結んだり耳をかけたときに、一番綺麗にインナーカラーを見せることができるためおすすめのインナーカラーを入れる場所です。

もしもセルフでインナーカラーを入れることが初めてであったり迷ったりした場合は、この場所に入れてみてください。

セルフでインナーカラーを入れる場所のおすすめ③襟足や後ろの部分だけ Instagram セルフでインナーカラーを入れる場所のおすすめ三つ目は、襟足や後ろの部分だけインナーカラーを入れるということです。

襟足や後ろの部分だけインナーカラーを入れると、髪の毛をアレンジした時にとても映える場所になります。

そのためロングヘアなど髪の毛のアレンジをよくする髪の長さの人には非常におすすめの入れる場所です。

逆にショートであると、ほとんど目立たないためあまりおすすめとはいえません。

セルフでインナーカラーを入れる場所のおすすめ④両サイドだけ Instagram セルフでインナーカラーを入れる場所のおすすめ四つ目は、両サイドだけインナーカラーを入れるということです。

これはショートでもロングでもとてもかわいくできる、インナーカラーを入れる場所になります。

主張しすぎないため、ワンポイントインナーカラーを入れたいという人には非常におすすめです。

髪の毛をアレンジした時も、綺麗に見えてくれるためワンポイント入れたい人はぜひ両サイドに入れてみてください。

セルフインナーカラーの染め方のポイントは?|黒髪でやる場合も セルフインナーカラーの染め方のポイント①黒髪は二回ブリーチが必要 Instagram セルフインナーカラーの染め方のポイント一つ目は、黒髪は二回ブリーチが必要ということです。

黒髪の場合のセルフインナーカラーは、綺麗に染めるためにも二回はブリーチが必要になります。

そのため一度も染めていない黒髪の方は、美容室で染めるほうがいいかもしれません。

セルフインナーカラーの染め方のポイント②見えない部分はやってもらう Instagram セルフインナーカラーの染め方のポイント二つ目は、見えない部分はやってもらうということです。

セルフインナーカラーで一番難しいのは、見えない後ろの部分です。

綺麗に脱色やカラーができていなかったり余計な部分まで染まっていたりします。

そのためそうならないためにも、見えない部分は誰かにやってもらうのがポイントになります。

セルフインナーカラーの染め方のポイント③髪の毛はしっかり固定する Instagram セルフインナーカラーの染め方のポイント三つ目は、髪の毛はしっかり固定するということです。

ブロッキングして髪の毛をしっかり固定しなければ、綺麗にインナーカラーを入れることができません。

そのためセルフインナーカラーの大事なポイントになります。

セルフインナーカラーの染め方のポイント④カラーバターは温めるのがいい Instagram フインナーカラーの染め方のポイント四つ目は、カラーバターは温めるのがいいということです。

カラーバターは色を混ぜることができ、最近人気のアイテムですよね。

しかしうまく発色しないということも多いと思います。

そういう時は、ラップを巻いてドライヤーなどで温めることが重要になります。

カラーバターは温めることで本領を発揮してくれるため、綺麗に発色しないと不満の方はぜひ実践してみてください。

セルフインナーカラーの染め方のポイント⑤黒髪での複数回ブリーチは傷む Instagram セルフインナーカラーの染め方のポイント五つ目は、黒髪での複数回ブリーチは傷むということです。

ブリーチはただでさえとても髪や皮膚が傷むアイテムになります。

さらに黒髪であると、一回のブリーチでは綺麗に脱色できません。

そのため複数回ブリーチを行うと傷んでしまいます。

髪の毛の痛みを最小限にしたい場合は、日にちを置いてブリーチすることがポイントになります。

市販でやるセルフインナーカラーのおすすめデザインは? 市販でやるセルフインナーカラーのおすすめデザイン①黒髪と濃いめの色 Instagram 市販でやるセルフインナーカラーのおすすめデザイン一つ目は、黒髪と濃いめの色のデザインです。

黒髪にインナーカラーを入れようと思う場合、あまり明るい色では色が浮いてしまうことが多いです。

そのためどのような色を入れる場合も、濃いめの黒に近い色を入れることが重要になります。

黒と明るい色であれば少し下品なイメージを与えてしまうこともあるため注意が必要です。

もしも馴染みのいいデザインがいいのであれば、黒と濃いめの色でインナーカラーを入れてみてください。

市販でやるセルフインナーカラーのおすすめデザイン②グレージュとピンク Instagram 市販でやるセルフインナーカラーのおすすめデザイン二つ目は、グレージュとピンクのデザインです。

こちらのデザインは、今流行のインナーカラーのデザインになります。

グレージュとピンクは非常に相性がよく、誰にでも似合うと人気の組み合わせです。

グレーという色はそもそもとてもピンクと馴染みがいいです。

そのためグレージュとピンクはかわいらしい印象を与えてくれるデザインに仕上がります。

グレージュに合うインナーカラーを探している場合は、ぜひピンクを入れてみてください。

市販でやるセルフインナーカラーのおすすめデザイン③アッシュと緑 Instagram 市販でやるセルフインナーカラーのおすすめデザイン三つ目は、アッシュと緑というデザインです。

アッシュはくすんだ色合いの、今流行のカラーになります。

最近では見かける機会も多いですよね。

そんなくすんだアッシュ系の色には、緑系の色がとてもよく映えて綺麗に仕上がります。

緑というと少し派手なイメージもあるかもしれませんが、アッシュと組み合わせることで上品に仕上がるためとてもおすすめです。

市販でやるセルフインナーカラーのおすすめデザイン④イエロー系とパープル Instagram 市販でやるセルフインナーカラーのおすすめデザイン四つ目は、イエロー系とパープルというデザインです。

こちらのデザインは色合いだけであるとすこし派手な印象を抱くかもしれません。

しかしイエロー系にパープルを組み合わせると、ギラギラとしたイエロー系の色を落ち着かせてくれます。

そのため色落ちしてイエロー系の色合いが強くなってきても、パープルであると違和感なくおしゃれに仕上がります。

とても長持ちしやすい色の組み合わせでもあるため、頻繁に髪色を変えたくない人には非常におすすめです。

市販でやるセルフインナーカラーのおすすめデザイン⑤同じ系統の明るい色 Instagram 市販でやるセルフインナーカラーのおすすめデザイン五つ目は、同じ系統の明るい色というデザインです。

この組み合わせは、インナーカラーを入れる時には鉄板の組み合わせですよね。

同じ系統の色合いであれば、髪の色が浮くことなくおしゃれに仕上げることができます。

さらにヘアアレンジした時も、可愛く仕上がるためおすすめのデザインになります。

セルフインナーカラーのやり方やデザインを知り実際にやってみよう! セルフインナーカラーのやり方やデザインについて紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

セルフでのインナーカラーの入れ方や流行についても知っていただけたと思います。

セルフでインナーカラーを入れたいと思っている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

#ヘアスタイル KEYWORD 関連のキーワード #コーデ #写真 #夫婦 #動物占い #前兆 #夢占い #星座占い #ボディー #手相 #名前

キーワード

  • インナーカラー
  • セルフ
  • セルフインナーカラー
  • ブリーチ
  • 場所
  • ポイント
  • 黒髪
  • やり方
  • インナーカラーセルフ
  • 髪の毛
  • 市販
  • 染め方
  • 綺麗
  • 美容室
  • ラップ