ライフスタイル

幼稚園と保育園の違いや比較!どっちがいい?保育所の費用も

2018年11月22日更新
幼稚園と保育園の違いや比較!どっちがいい?保育所の費用も

幼稚園と保育園の違いは?比較も! 幼稚園と保育園の違いや比較①目的としていることが違う Instagram 幼稚園と保育園の違いや比較1つ目として、幼稚園と保育園とでは目的としていることが根本的に違うということがあげられます。

幼稚園というのは、幼児をその年齢に適した環境下で保育し、心と身体の発達を助けます。

一方で、保育園では仕事や病気などの保育にかける事情がある乳児や幼児を保育することを目的としています。

幼稚園と保育園の違いや比較②幼稚園は3歳から保育園は0歳から Instagram 幼稚園児と保育園児の違いや比較2つ目として、保育される園児の対象年齢の違いがあげられます。

幼稚園は、園や自治体の決まりなどによって異なりますが、基本的には3歳から小学校入学前までの幼児が入園の対象年齢となります。

一方で、保育園は、0歳から小学校入学前という幅広い乳児や幼児が入園の対象年齢となります。

幼稚園と保育園の違いや比較③かかってくる費用が違う Instagram 幼稚園と保育園の違いや比較3つ目として、かかってくる費用に違いがあります。

保育料だけをみると、公立であれば自治体が世帯収入によって算出します。

幼稚園であれば、全国平均で見ても1万円前後となります、保育園であれば、園児の年齢によって異なりますが、全国平均で2万~6万円とかなり幅があります。

その他にかかる費用として、入園準備品がありますが基本的に必要となるものは同じです。

違いがあるものとしては、幼稚園では学ぶために必要となるお道具箱や教材などの費用が多くなる一方で、保育園ではお昼寝用の布団の費用やその乾燥費や給食費などがかかってきます。

幼稚園と保育園の違いや比較④一般的な保育時間が違う Instagram 幼稚園と保育園の違いや比較4つ目として、一般的な保育時間が違うということがあげられます。

幼稚園では、9:00~14:00までが保育時間とされており、一般的な保育時間は4時間とされています。

一方で、保育園では、7:30~19:00までが保育時間とされており、一般的な保育時間は8時間とされています。

幼稚園でも保育園でも、一般的な保育時間以上の保育は延長保育として受け入れてくれる場合もあります。

どちらも昼食を園にてとりますが、幼稚園ではお弁当である場合もあれば給食である場合もあるのに対して、保育園での昼食は必ず給食となります。

幼稚園と保育園の違いや比較⑤管轄省庁や法令が違う Instagram 幼稚園と保育園の違いや比較5つ目として、管轄する象徴や守るべき法令が違うということがあげられます。

幼稚園は、厚生労働省が管轄する教育施設であり、学校教育法のもとに教諭免許を持った幼稚園教諭によって幼児の保育が行われます。

一方で、保育園は厚生労働省が管轄する児童福祉施設であり、児童福祉法のもとに国家資格を持った保育士によって乳児や幼児の保育が行われます。

幼稚園が教育施設と聞くと、小学校入学に向けての勉強の補助的役割を果たしてくれそうですし、保育園が児童福祉施設と聞くと手厚く面倒をみてくれそうな印象があります。

しかし、幼稚園や保育園の基本方針については、その園によって異なります。

したがって、幼稚園であっても手厚く面倒を見るということ力を入れている園もあれば、保育園であっても小学校にむけての勉強の補助的役割を果たすことに力を入れている園もあります。

詳しく説明!幼稚園について!違いなども 詳しく説明!幼稚園について①幼稚園に通うメリット Instagram 詳しく説明!幼稚園について1つ目として、幼稚園に通うメリットについてご紹介します。

先の幼稚園と保育園の違いや比較で述べたように、幼稚園では一般的な保育時間が短いため、後援した後に親とこと一緒に過ごす時間が多いです。

このため、コミュニケーションが取れる上に、年齢に適したお稽古事にも通いやすいでしょう。

また、保育される園児の年齢が保育園に比べると高いため、園庭が広く設けられたり遊具がたくさんある場合が多いです。

そして、幼稚園では親も園の活動に積極的に参加する機会が多いです。

他にも、幼稚園では登園時間や降園時間が同じこともあり、親同士の親睦が深めやすく小学校入学に向けての情報交換がしやすいでしょう。

詳しく説明!幼稚園について②幼稚園に通うデメリット Instagram 詳しく説明!幼稚園について2つ目として、幼稚園に通うデメリットについてご紹介します。

幼稚園は、先に述べたように保育してくれる時間が短いので、親が仕事に着きにくいという傾向にあります。

確かに、保育時間が4時間となっていますので、フルタイムで働くことは難しく、パートタイム勤務となるので職種が限られます。

また、幼稚園では園での活動に親が参加する機会が多いので、働ける雇用形態や職種はますます限られてきます。

そして、園での活動に参加することは親同士の親睦が深まる一方で、親同士のトラブルが発生することも考えられますので注意が必要です。

親同士のトラブルが気になるという方は、下記の「幼稚園でママ友がいない主婦の特徴5選」の記事がおすすめです。

ママ友を作るに向けて注意すべき点や子供絵の影響などが詳しくあっかれていますので、せひチェックしてみて下さいね。

詳しく説明!保育園について!違いなども 詳しく説明!保育園について①保育園や保育所に通うメリット Instagram 詳しく説明!保育園について1つ目として、保育園や保育所に通うメリットについてご紹介します。

保育園や保育所に通う最大のメリットは何といっても保育のプロである保育士とともに子育てできることです。

親が苦労する生活習慣の身につけ方やトイレトレーニングやバランスの取れた食事などにプロの力が借りられます。

また、幼稚園に比べると保育園や保育所は保育されている年齢層が幅広いため、同年代以外の子供と接する機会が増え、集団生活の過ごし方を学ぶことができます。

この集団生活によって、身の周りのことや運動などにおいて、普通より早い段階でできることが多くなるのも保育園や保育所に通うメリットの1つでしょう。

詳しく説明!保育園について②保育園や保育所に通うデメリット Instagram 詳しく説明!保育園について2つ目として、保育園や保育所に通うデメリットについてご紹介します。

最近では、共働きなどの理由から、保育園に通わせたいという親が多く、空いている保育園に入園する傾向が多く、保育園を選ぶことができないというのがデメリットの1つです。

また、年齢層の低い頃から入園して親と離れて長い時間を過ごす保育園や保育所は、周りの人から通わせていることをかわいそうだといわれることがあるのもデメリットの1つです。

しかし、保育園や保育所で過ごす時間というのは、子供にとって最大の学びの時間です。

一概に、かわいそうとはいえないことを知っておきましょう。

年齢層の低いころから入園させる保育園や保育所で心配になるのが、キチンと親と離れられるのかということではないでしょうか。

しかし、保育園や保育所には正式に通う前に慣らし保育という期間が設けられています。

下記の「保育園・幼稚園の慣らし保育とは?」の記事に詳しくかかれていますので、ぜひチェックして下さいね。

結局のところ幼稚園と保育園どっちがいいの? 幼稚園と保育園どっちがいい①どちらに通っても遊ぶことも学ぶこともできる Instagram 幼稚園と保育園どっちがいいか1つ目として、どちらに通っても子供は自分で学ぶことができるというということです。

確かに、幼稚園の方が文部科学省が管轄する教育施設ですから、小学校での勉強に向けての準備に繋がることが多く学べるかもしれません。

しかし、保育園では年下の園児をお世話したり、そのお世話する姿を見たりして幅広い年齢層でのコミュニケーションのあり方やとり方などの道徳的な教育や社会性を学ぶことができます。

また、幼稚園では教育に力を入れすぎて遊べないのではないかという懸念をもたれるかもしれませんが、乳児や幼児を保育する幼稚園や保育園ですから、遊びの時間というのはどの園でも大切にしています。

どちらがいいではなく、どちらに通っても子供は遊ぶことも大切なことを学ぶこともできるのです。

幼稚園と保育園どっちがいい②保育時間の短さやお昼寝は就学に影響しない Instagram 幼稚園と保育園どっちがいいか2つ目として、幼稚園の保育時間の短さや保育園のお昼寝の習慣は就学には影響しないということがあげられます。

幼稚園で短い時間しか過ごしていなくても、保育園でお昼寝する習慣があっても、小学校になると子供は自然と順応するものです。

幼稚園と保育園の違いを知ろう! 今回は、幼稚園と保育園の違いや比較についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

幼稚園と保育園には、それぞれにいいところがあり、どっちがいいということは決してありません。

したがって、親が通わせられる・通わせやすい保育環境の方を選べば、子供は自然と元気に遊び・大切なことを学んでくれるでしょう。

キーワード

  • 保育
  • 幼稚
  • 違い
  • 比較
  • 保育所
  • 保育時間
  • 説明
  • 幼児
  • デメリット
  • 子供
  • 一方
  • 費用
  • 入園