ライフスタイル

韓国の学生生活って実際どんな感じ?韓国人学生の生活をのぞき見してみよう☆

2018年11月23日更新
韓国の学生生活って実際どんな感じ?韓国人学生の生活をのぞき見してみよう☆

みなさんアンニョンハセヨ♡ 韓国在住で日韓夫婦のbyeol08です。

韓国好きのみなさんの中には中学生や高校生の方も多いですよね。

最近では高校生のうちに韓国に留学する子もいたりと、韓国の学校生活について気になる人もきっといるはず! そこで今回は韓国の高校の学校生活についてご紹介します♪ 1.新学期は3月から 出典: blog.naver.com これは高校だけでなく保育園~大学まで全部の教育機関で言えることですが、韓国の新学期は3月から。

9月始まりの国が多い中で韓国は日本と似た時期に新学期を迎えます。

とはいえ、日本より冬が長いので3月はまだまだ寒い季節。

入学式、始業式は分厚いコートやダウンを着ていくのがお決まりの光景です。

出典: blog.naver.com では日本と同じく「早生まれ」があるのかといえば、数年前から改正され、その年の1月1日~12月31日生まれの子が同じ学年となります。

しかし「早生まれ」として一つ上の学年に行きたい場合は申請すれば可能とのこと。

(反対に一つ下の学年に行くことも可能のようです) 何年か前までは1月・2月生まれが早生まれだったので、その時代の人たちは「빠른 ○○년생(パルン ○○年生まれ)」と自己紹介の時に言うこともあります。

2.男子校・女子校に分けられている? @sen._.00) 昔韓国は中学校・高校から男女別の学校に通うことが基本でした。

最近では中学校は共学の割合がかなり増えてきましたし、高校も中学ほどではなくても増えてきました。

しかしまだ高校は男子校、女子校のところが多いです。

@jihye_5_26) しかも共学の学校に通ったとしてもクラスは男女別のことが多いんだそう。

(これを분반(プンバン)といいます。

) 日本だと公立だったら男女別のクラスは珍しいですよね。

3.給食は誰よりも早く‼ @mini_810 韓国の学校の給食は上の写真のようなものがほとんど。

THE韓国なメニューですよね。

必ず赤い物が入っています(笑)。

ちなみにキムチは保育園の給食から出てきます。

韓国は日本のような弁当文化がもともとはなかったので、中高も基本的に給食です。

@h_wooook) 給食は教室ではなく「学生食堂」という給食を食べる専用の部屋で食べます。

しかし席数は全校生分あるわけではないので、韓国の高校では「我が先に!」と4時間目の授業が終わったら一目散に食堂にダッシュする光景がよく見られるんだとか。

確かに、勉強でお腹はすいているはず。

早く食べたいですよね(笑)。

そして給食のメニュー・味は地域ではなく学校によって全然異なってきます。

学生やママたちの間でどこの学校の給食が美味しいかの噂が出回ったりも! 4.韓国の制服はタイトに可愛い♡ @lee_gaheun) 中学・高校生活で女子の気になることの上位といえばやっぱり「制服」♡ 日本はスカートを短く(地域によっては長く)するのが定番ですよね。

韓国ではとにかく「タイト」にすることが重要なんです‼ @m0m0nini) 女性アイドルの衣装もタイトなものが多いですが、制服もなんですね。

そして足をキレイに見せるためにベージュのストッキングを履くのが定番です。

@solasido_556) 出典: blog.naver.com 最近はタイトで短いスカートだと何かと不便だ、冬は寒い、等の理由で学校によっては女子もズボンOKのところもあります。

また、ジャージで登下校している子もよく見かけます。

そしてかばんは大きいリュック、靴はスニーカーが定番です。

5.校則は厳しい! 出典: blog.naver.com 小学生の頃から紙を染めていたり、ピアスを開けている子が結構いるので校則に関しては自由なイメージ。

…でしたが、実は韓国の高校の校則は意外や意外!厳しめなんです! 化粧やコテが禁止。

携帯電話は始業~終業までは使用禁止。

男女交際禁止。

靴下の丈も決められている…など。

ちなみに男女交際禁止の学校は全体の81%も占めるんだとか…! 出典: tv.naver.com パーマや紙を染めるのも禁止の学校がほとんどですが、ソウル市は来年からパーマ・染髪を規制する校則を撤廃するよう各学校に勧告したとのこと。

これを機に少しずつ韓国の学校が自由な雰囲気になっていくかもしれませんね。

6.部活なし!自習でとにかく勉強! @dkgud_o3o) みなさんご存知の通り、韓国の教育熱は想像以上のもの。

韓国の学生たちは基本的に勉強漬けの日々を送っています。

韓国の高校では朝は午前7時~、夜は8限目までこなしたあとに午後10時まで「自律学習」をしなくてはなりません。

特に夜間の自律学習は省略して「야자(ヤジャ)」と言われています。

@djin_0719) @im_hyeon.9) 当番の見回りの先生がいるので、サボったら大変! もちろん親にも通達されるので学校でも家でも怒られてしまいます…。

しかもその後にも夜中まで塾や読書室に行って勉強する子がほとんだというのですから、もはや健康が心配になってきます…。

そのため、朝の自律学習時間は机に伏せて寝ている子もたくさんいるんだとか。

そんなわけで晩御飯も学校の給食であることがほとんどです。

7.下校時間の過ごし方 @kimse_o3o) 勉強漬けの毎日…ですがたまには息抜きも必要ですよね♡ 自律学習がない日もあるので、そんな日はみんなでカラオケに行ったりカフェに行ったり、 女子ならコスメショップに行って化粧品チェックをして過ごすんだとか。

屋台やコンビニでおやつを買って一緒に食べて帰るのもよく見る光景です。

8.修学旅行 出典: blog.naver.com 韓国の高校の修学旅行の行先の定番といえば「済州島」! ダントツで1番です! その他、地方の高校だと「ソウル」だったり、あと韓国の古都「慶州」も人気の行き先です。

@ye_bamr1217) @c_o_yurim059) 日本だと修学旅行の間、基本制服で行動する学校が結構ありますが韓国は自由。

「修学旅行コーデ」の検索をしたらいろんなブログやインスタを見つけることができます。

また服だけでなくコテなどを持って行ってヘアスタイリングする子も多くいるみたいですよ。

まとめ いかがでしたか。

韓国は公立に行く場合は基本受験はなく、私立や外国語高校、国際高校、芸術高校など特別な高校に行く場合のみ受験があります。

芸術高校だと芸能人も数多く在籍しているので「パーマ・染髪禁止」の部分は当てはまらないかもしれませんね。

日本の学校と似ているようで似ていない韓国の学校。

勉強漬けの毎日ではありますが、その中でも学生ならではの青春を見つけて謳歌しているみたいですよ♪ この記事が韓国の学校生活のことを少しでも知る機会になれば幸いです☆

キーワード

  • 韓国
  • 学校
  • 高校
  • 給食
  • 日本
  • 勉強
  • 校則
  • 定番
  • タイト
  • 早生まれ
  • 学生
  • 制服
  • 男女
  • 自律学習
  • 自由