ライフスタイル

小学生の読書感想文の書き方のコツは?低学年/一年生/二年生/中学年

2018年11月25日更新
小学生の読書感想文の書き方のコツは?低学年/一年生/二年生/中学年

読書感想文用の本の選び方のコツは? 読書感想文用の本の選び方のコツ①映画化などされているもの Instagram まずは読書感想文用の本の選び方のコツについて見ていきましょう。

一つ目は「映画化などがされているもの」です。

映画化に限らず、原作の本がドラマ化やアニメ化など、映像になっているものを選ぶのがおすすめです。

まずその本自体に「話題性」がありますよね。

事前に情報を調べやすいですし、内容もすっと頭に入ってきやすいでしょう。

また映像などを先に見ておけば物語の内容やストーリーが頭に入ってきやすいのです。

文章によってすべての状況や、その場所の風景などを把握するのは大人であったとしても難しいことです。

映像化された書籍を選ぶと書きやすくなりますよ。

読書感想文用の本の選び方のコツ②過去に読んだことのある作品や作者の本 読書感想文用の本の選び方のコツの二つ目にご紹介するのが「過去に読んだことのある作品または作者の本」です。

過去に読んだことのある作品であれば、あらすじやおおざっぱなストーリーをまだ覚えているでしょうから、もう一度読み直して読書感想文を書くことは容易でしょう。

また、過去に読んだことのある書籍と同じ作者の本であれば、文体や文章表現の方法などが似ています。

それほど難しく考えずに読むことが可能ですから、読書感想文を書く時もそれほど難しいことはないはずです。

一度経験したことや物と言うのは、次もう一度であったときに自分の中にすっと馴染みやすくなります。

読書感想文用の本の選び方のコツ③自分の興味のある分野 読書感想文用の本の選び方のコツの三つ目は「自分の興味のある分野」を選ぶと言うことです。

課題ですから、推奨されている本なども学校によってはあるかもしれません。

その中でも自分が興味を持てる分野の本を見つけるように心がけてください。

興味がなければ何よりもまず「読む」と言うことが苦痛になります。

読書感想文ですから、本を読まなければ始まりませんよね。

ましてや小学生の読書感想文ともなれば「楽しい内容や興味のある内容」でなければ読書をする時の集中力が保たれません。

読書感想文用の本の選び方のコツは何よりも自分が興味を持てる内容でしょう。

読書感想文とは、何よりも文章力を鍛える方法として取り入れられています。

文章力とは、将来とても大切に関わってくることでもあるのです。

以下の記事では、文章力を鍛えるトレーニング方法や、相手に伝わりやすい文章の書き方や構成について、詳しくまとめられています。

是非そちらの記事も合わせてご参考にいかがですか。

低学年の小学生の読書感想文書き方のコツや例文は? 低学年の小学生の読書感想文書き方のコツや例文①一年生は気になる部分に線 まずは低学年の小学生の読書感想文書き方のコツや例文についてご紹介して行きます。

まず一つ目は「気になる部分に線を引く」と言うことです。

特に一年生にお勧めの方法で、線でなくても不戦などを活用しても良いでしょう。

低学年の小学生の場合、どうしても注意力が散漫しがちですし、物事を忘れやすいのです。

よって、小学生低学年や一年生くらいの子供であればその時の感情や感じたこと、気になることなどにしっかりと線を入れたり付箋を貼って行くようにしてあげましょう。

主人公のこの台詞が気になった、ここの表現や日本語がわかりやすかった、など簡単なことで構わないですから記憶に残るように記しておきましょう。

低学年の小学生の読書感想文書き方のコツや例文②一年生は書き始めが重要 一年生や二年生のうちは、「書き始めが重要」であると言われています。

低学年や一年生の読書感想文では、まず書き始めにその本を選んだ理由を書き記すようにしましょう。

なぜこの本が良いのか、この本を読みたいと考えた理由をまず始めに書いておくのです。

理由を示すことによって、読書感想文の内容を書きやすくなります。

例文をご紹介します。

一年生や二年生は「私が読書感想文に選んだ本は○○と言う本です。

この本を選んだのは、○○が○○だったからです。

」や「私がこの本を選んだのは、絵がかわいいからと言う理由でした。

」と本への入り込みをして、選んだ理由を書きましょう。

選んだ理由から、印象や感じたことを広げやすくなりますよ。

低学年の小学生の読書感想文書き方のコツや例文③一年生二年生は思い出から 一年生や二年生と言った低学年の小学生において、読書感想文の書き方のコツは「思い出」を思い出して行くことです。

特に一年生では本を読んで感じたこと、どんな感情が動いたのかなどをしっかりと思い出したり覚えておく必要があります。

読書感想文ですから、何よりも自分の思い出を記すのが良いでしょう。

特に一年生二年生の場合は、感情的になりやすい時期でもあります。

よって、自分が感じたことや思い出が引き出されやすいのです。

読書感想文においても自分が感じた感情や思い出を記すのが良いでしょう、例文としては「私は○○と言う本の中で、こう言ったことを感じました。

○○がかっこ良かったです。

」などでしょう。

低学年の小学生の読書感想文書き方のコツや例文④一年生二年生は楽しさ重視 一年生や二年生と言った、低学年の読書感想文においては「楽しさを重視」して問題はありません。

子供自身が「楽しい」と感じられなければ、読書の感想は出てきませんし感想文を書こうと思っても飽きてしまいます。

大切なのはその本を読んで楽しかったのかどうか、なのです。

低学年は本人が楽しいと感じられれば必然的に読書の後の感想はたくさん出てきます。

例文としては「私は○○と言うキャラクターの○○がかわいくて好きです。

」「あのシーンは読んでいてとても楽しかったです。

」と言ったもので問題はありません。

その本を読んだことによって、どれだけ楽しめ方のかどうかを表現しましょう。

中学年の小学生の読書感想文書き方のコツや例文は? 中学年の小学生の読書感想文書き方のコツや例文①あらすじを記すこと 中学年の小学生の読書感想文書き方のコツや例文についても見て行きます。

まず一つ目に挙げられるのが「あらすじを記す」と言うことです。

低学年にくらべて中学年くらいになってくれば、ある程度物語を簡潔に表現することが出来るようになります。

中学年のうちに間接的にあらすじを書く、ことをしっかりと学びましょう。

例文としては「私が読書感想文に選んだのは○○と言う本です。

○○は、主人公が仲間と一緒に大冒険を繰り広げます。

途中何度もくじけそうになりますが、仲間と一緒に乗り越えて行く物語です。

」このように文章自体は簡単で問題はありません。

しっかりと相手に内容を伝えると言う手段を取り入れるようにしましょう。

中学年の小学生の読書感想文書き方のコツや例文②シリーズや作者の紹介 小学生の一年生や二年生と比べて中学年では「シリーズや作者の紹介」を入れることが重要です。

ある程度物語を把握出来るようになる時期でもありますから、選んだ本には同じシリーズがあるのかどうか、作者はどんな人なのかの詳細を入れこむようにしましょう。

読書感想文は説明する力をつけることができるのです。

例文をご紹介します。

「私は○○と言う本を選びましたが、この本には○冊のシリーズがあります。

こういった物語でこれから同じシリーズを読みたいと思っています。

」「○○を書いたのは○○さんと言う方で、この本以外にも○○と言う本を書いています。

」読書感想文の終わりくらいに入れこむといいでしょう。

中学年の小学生の読書感想文書き方のコツや例文③直後の感想を盛り込む 中学年の小学生の読書感想文書き方のコツや例文の三つ目にご紹介するのが「読んだ直後の感想を記す」ことです。

中学年と言ってもやはり小学生ですから、読み終えた直後の感想や感じたことと言うのはすぐに薄れてしまいます。

読書感想文の頭の部分に読んだ直後の感想を書きましょう。

忘れないようにメモしても良いですね。

例文をご紹介します。

「私は○○と言う本を読んで、この物語は○○であると感じました。

読み終わった後感動して涙が出そうになりました。

」「私は○○を読んでから、○○に挑戦したいと感じました。

」と言ったように、読み終えてすぐの感想を読書感想文のなるべく始めの方に書くようにしましょう。

文章を書くと言うのは、一年生から二年生、小学生から中学生、高校生と進級して行くうちに自己紹介文やレポートなど文章力が求められるようになります。

以下の記事では、ポートフォリオの自己紹介文について、挨拶文の書き方など詳しくまとめられています。

高学年の小学生の読書感想文書き方のコツや例文は? 高学年の小学生の読書感想文書き方のコツや例文①自分との共通点を考える 中学年の小学生の読書感想文書き方のコツや例文についてご紹介します。

まず一つ目は「自分との共通点を考える」です。

高学年くらいになってくると、読んでいる本や物語の主人公と自分を比べたり重ね合わせることが出来るようになってきます。

そう言ったときに大切なのが「共通点」を見つけると言うことです。

物語の内容や登場人物と、自分はどんな共通点があるのか、逆に何が違うのかを考えてみましょう。

共通点が見えてくると、物語への入り込みがさらに深まりますし読書感想文の内容も深まって行くのです。

自分との考え方の違いや感情の一致などをしっかりと捉えられるようになれば、さらに具体性のある感想文が出来上がります。

例文をご紹介します。

「私は主人公の○○と言う気持ちがわかります。

理由は、私も○○をしたことがあるからです。

」「私も○○をしたことがあり、このキャラクターの行動は正しいと思います。

だけど、○○をしなかったのは間違っていると感じました。

」このように共通点を見つけた後、自分の考えが書けると良いですね。

高学年の小学生の読書感想文書き方のコツや例文②自分の感情が動いた部分 中学年の小学生の読書感想文書き方のコツや例文の二つ目は「自分の感情が動いた部分」を書き記すことです。

読書感想文ですから、もちろんあらすじを書き記すだけでは終われません。

自分がどう感じたのか、自分が感動したのはどの部分なのかを読書感想文に書き入れるようにしましょう。

高学年くらいになってくれば、自分がどう感じたのか自分の感情が動いた場面などをしっかりと理解出来るようになるでしょう。

物語やシーン、台詞など何でも構いませんから「悲しい」「嬉しい」「楽しい」など自分の感情が動いたと感じる部分がどこだったのかを書き入れましょう。

例文としては「私は主人公が言った○○と言う台詞がとても感動しました。

なぜなら仲間を思った言葉だからです。

」「○○のシーンはとても辛いと感じました。

どうして主人公がこんなことをしたのだろうと悲しくもなります。

」つまり一種の引用ですね。

レポートなどを書く時の文章力にも繋がりますよ。

高学年の小学生の読書感想文書き方のコツや例文③作者が伝えたかったこと 中学年の小学生の読書感想文書き方のコツや例文の三つ目は「作者が伝えたかったこと」を考えてそれを書き入れることです。

作者がどんな気持ちでこの物語を書いているのか、一体何を伝えたいのかを考えることで文章を読み解く力が養われるのです。

作者の伝えたいことを記すことで、文章の完成度もかなり上がるでしょう。

例文としては「私はこの物語を通して、作者の○○さんはこう言ったことを伝えたいんだと思います。

」「私は作者はこう言った気持ちで物語を作っていて、○○を表現したいのだと思います。

」と言うような内容で書き入れましょう。

しっかりと内容を捉えられている読書感想文が完成しますよ。

読書感想文の書き方が学べるおすすめの書籍は? 読書感想文の書き方が学べる書籍①だれでも書ける最高の読書感想文 Amazonで詳細を見る 読書感想文の書き方が学べるおすすめの書籍として、まずご紹介するのが「だれでも書ける最高の読書感想文」です。

読めない、書けないと悩んでいる方に向けた、もしもから始める発想法が記されています。

使ってはいけない言葉や本を選ぶコツまで指南してくれますよ。

読書感想文を書くためのさまざまな工夫が、しっかりと書かれていて小学生の子供を持つ親御さんからも高い評価を得ています。

難しい言葉が使われていないので、子供と一緒に学ぶことが出来ますね。

読書感想文の書き方が学べる書籍②子どもの「書く力」は家庭で伸ばせる Amazonで詳細を見る 読書感想文の書き方を教えてくれるおすすめの書籍の二つ目は「作文・読書感想文 子どもの「書く力」は家庭で伸ばせる」です。

小学校に入るととにかく文章を書くことが求められるようになるでしょう。

作文をめんどくさいと感じてしまう子供に、書く力を与える方法を記した書籍です。

こちらの書籍を読んで、気づくことや文章が自然の自分に馴染んでいくことがわかるようになると言われています。

子供の書く力を、以下に家庭や親御さんの力で引き出してあげられるのかをしっかりと教えてくれますよ。

親押してのあり方や、役割などについても記されています。

読書感想文の書き方が学べる書籍③読書感想文の達人あらゆる作文のヒント Amazonで詳細を見る 読書感想文の書き方が学べる書籍の三つ目は「読書感想文の達人 -あらゆる作文のヒント-」です。

こちらの書籍は作文とはどう言ったものなのか、夏休みの課題に苦しんでいる子供たちに向けたものです。

親子で一緒に作文や読書感想文に取り組む方法を分かりやすく解説しています。

読書感想文以外にも、就活の自己アピールや企画書制作など、将来に役立つ情報も盛りだくさんです。

本を読んで理解する方法、自分の意見をどうやって表現するのかなど、詳しくまとめられている書籍です。

書くことや読むことのすばらしさを教えてくれる本ですよ。

小学生の読書感想文は家族で一緒に考えよう! 小学生とは言っても、読書感想文はかなり重要であり今度の国語力や文章力アップにとても重要なほど関わってくるのです。

このもの文章力を鍛えるためには、本人だけでは意味がありません。

しっかりと家族で教えてあげたり、一緒に考えることが大切なのです。

また一年生や二年生など学年いよっても書き方は変化します。

文章力とは、将来においても密接にかかわってくることでもあります。

正しい日本語や、伝わる文章やレポートの書き方などをしっかりと養うためには小学生の頃の読書感想文がとても重要だと言うことなのでしょう。

しっかりと読んで理解する力も付きますから小学生のうちに読書感想文のコツをつかんでおけるようにしましょう。

中学校や高校、大学生と上がっていくうちに「レポート」と言うものや課題に出会うこともあるでしょう。

ではこのレポート文字数1000字程度とは、どのくらいの範囲が許されるのでしょうか?レポート1000字の許容範囲から、A4レポート用紙の文字数について以下の記事で詳しくまとめられていますよ。

キーワード

  • 読書感想文
  • 小学生
  • コツ
  • 例文
  • 読書感想文書き方
  • 書き方
  • 一年生
  • 中学年
  • 書籍
  • 物語
  • 読書
  • 作者
  • 感想文
  • 二年生